ついに大ブレイク、水曜日のカンパネラ! OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BEAT、Homecomings等の英詞を主体とするバンド勢なども、とにかくすばらしい作品をどんどんリリース。アンダーグラウンドでは、新宿LOFTを中心に活動するNATURE DANGER GANGやHave a Nice Day!が、アイドル、パンク、クラブ勢を巻き込み、新たなムーブメントを創り上げ、11月18日@恵比寿リキッドルームで950人ものお客さんを動員したのは、2015年を語る象徴的な事件であった。そして、OTOTOYがずっと応援してきた水曜日のカンパネラの大ブレイク、さらにはeastern youth、クラムボンの非の打ち所が無い傑作アルバムのリリースは、感無量の事件でもあった。(飯)

選・文 : 飯田仁一郎、西澤裕郎、河村祐介

まずは聴きたいマストの5作品

水曜日のカンパネラ『ジパング』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. シャクシャイン / 2. 猪八戒 / 3. メデューサ / 4. ラー / 5. ツイッギー / 6. ウランちゃん / 7. ライト兄弟 / 8. 小野妹子 / 9. 西玉夫 / 10. マッチ売りの少女







トラップやジュークなど、ベース・ミュージックを下敷きにしながら、あくまで歌詞のモチーフは西遊記だったり多摩川のタマちゃんだったりと、水曜日のカンパネラ節を貫いた5作目。グループの知名度があがるなかでも安定を求めず、コムアイの肌感覚をケンモチヒデフミが妥協せず落とし込んでいくことで、的確に時代感覚を捉えた。結果的に2015年を象徴した作品となっている。(西)

cero『Obscure Ride』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3(デジタル・ブックレット付き)
【Track List】
1. C.E.R.O / 2. Yellow Magus(Obscure) / 3. Elephant Ghost / 4. Summer Soul / 5. Rewind Interlude / 6. ticktack / 7. Orphans / 8. Roji / 9. DRIFTIN' / 10. 夜去 / 11. Wayang Park Banquet / 12. Narcolepsy Driver 13. FALLIN'






今年のシーンのなかで台風の目となったcero、まさに待望の作品として迎えられたアルバム。ネオ・ソウル、アフロビートなどを迎えたバリアリックな質感さえもあるそのサウンドに話題が行きがちだが、その歌詞においても、いまの東京を切り取るグルーヴがある。「シティ・ポップ」なる言葉で矮小化されてはならない、ここにはその先に広がる音楽の多様な体験があることがすばらしい。(河)

クラムボン『triology』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Lightly! / 2. アジテーター / 3. the 大丈夫 / 4. Rough & Laugh / 5. agua / 6. noir / 7. Scene 3 / 8. はなさくいろは-bon bori ver. / 9. バタフライ / 10. yet-triology ver. / 11. Re-ある鼓動 / 12. Lightly・・・






本作『triology』は、アニソンでも大活躍するミトが、メンバーを鍛え上げ、クラムボン流ポップスとして新たな地平で生み出した恐るべき作品。11月6日日本武道館のライヴでの3人の佇まいに、バンドの強度、そして30周年を見据えたバンドの強い意思をみた。(飯)

eastern youth『ボトムオブザワールド』

【配信形態】
24bit/96kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. 街の底 / 2.鳴らせよ 鳴らせ / 3. イッテコイ カエッテコイ / 4. ナニクソ節 / 5. コンクリートの川 / 6. 茫洋 / 7. テレビ塔 / 8. 道をつなぐ / 9. 直に掴み取れ / 10. 万雷の拍手







個人的には、2015年のベストディスク。ゆらゆら帝国『空洞です』に匹敵する音楽家が目指す最高到達点。同郷音楽家は逝き、15年連れ添ったメンバーは離れた。それでも、吉野寿は解散せず、変わらず街の底で唄っていくことを宣言した。その姿勢こそが、名作『ボトムオブザワールド』を生み出したのだ。(飯)

Suchmos『THE BAY』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. YMM / 2. GAGA / 3. Miree / 4. GIRL feat.呂布 / 5. Get Lady / 6. Burn / 7. S.G.S / 8. Armstrong / 9. Alright / 10. Fallin' / 11. Pacific / 12. Miree BAY ver.







ブラック・ミュージックをモチーフにしたバンドが目立った2015年において、頭一つ抜け出していたのがSuchmos。ディアンジェロ、ジャミロクワイ、J・ディラの3アーティストをファイバリットにあげ、ソウルやジャズ、ヒップホップからの影響を高い演奏技術でクールでモダンに仕立てながら、エモーショナルでダンサブル。音楽で成り上がろうという態度も最高。文句なし。(西)

さらに深める5作品

長谷川健一『Breath』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. きらいなあなたと / 2. 誕生日 / 3. にほんのひと / 4. うたうは喜び / 5. 夜の風景 / 6. 逆光 / 7. 君のお父さん / 8. 春夏秋冬 / 9. 一回きりの歌 / 10. 誰がため



toe『HEAR YOU』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 116bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. Premonition (Beginning Of A Desert Of Human) / 2. A Desert Of Human / 3. Commit Ballad feat. Chara / 4. The World According To / 5. My Little Wish / 6. Song Silly feat. Olivia Burrell / 7. Boyo / 8. Time Goes feat. 5lack / 9. オトトタイミングキミト feat. Kimura Kaela / 10. G.O.O.D.L.U.C.K feat. U-zhaan / Kumi Maya Ayaya / 11. Because I Hear You


never young beach『YASHINOKI HOUSE』

【配信形態】
左 : 124bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
右 : 16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. どうでもいいけど / 2. ちょっと待ってよ / 3. あまり行かない喫茶店で / 4. 散歩日和に布団がぱたぱたと / 5. 無線機 / 6. 夏がそうさせた / 7. どんな感じ? / 8. 駅で待つ / 9. chill morning



吉澤嘉代子『箒星図鑑』

【配信形態】
24bit/48kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC
※ハイレゾとは?
【Track List】
1. ストッキング / 2. 逃飛行少女 / 3. 未成年の主張 / 4. ブルーベリーシガレット / 5. なかよしグルーヴ / 6. キルキルキルミ / 7. 美少女 / 8. チョベリグ / 9. ケケケ / 10. シーラカンス通り / 11. 泣き虫ジュゴン / 12. 雪 / 13. 23歳






NATURE DANGER GANG『THE INFERNO』

【配信形態】
16bit/44.1kHz WAV(WAV / FLAC / ALAC) / AAC / MP3
【Track List】
1. オープニング / 2. NDGノテーマ - NDG vs KΣITO / 3. 自然危険愚連隊 - NDG vs DJ DON / 4. カフカでいいんじゃな〜い? - NATURE DANGER GANG / 5. Last Summer 〜ひと夏の経験〜 - NDG vs Gnyonpix / 6. フィッシャーキング - NDG vs Masayoshi Iimori / 7. ハーフタイムショー(独唱) / 8. Pocket Jupiter - NDG vs 食品まつり / 9. SAMURAI RORD - NDG vs CRZKNY / 10. ラストアクションヒーロー - NDG vs Seimei & Taimei / 11. どぱ - NDG vs 国士無双 / 12. グランドフィナーレ前 13. 生きてる - NDG vs LEF!!! CREW!!




o

 
 

コラム

スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W
OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ!
[CLOSEUP]・2017年12月19日・OTOTOY・クリスマス特集2017! ──聖夜にぴったりのクリスマス・ソングを新作からピックアップ! 待ちに待ったクリスマスの季節! OTOTOYでもクリスマス特集をやっちゃいます。イルミネーションに染まり、イベント・ムードに街が包まれる年の瀬。クリスマスに予定がある人も、今年は一人でのんびりという人も、しっとりと音楽を聴く冬を過ごすのはどうでしょうか。 今回はニュー・リリースのタイトルの中から、とっておきのクリスマス・ソングたちをセレクト!! スタッフ一押しのクリスマス・ソングの数々を、レヴューと合わせて、お楽しみください。 文 : 阿部文香 H ZETTRIO 『H ZETTRIOのChristmas Songs』 ユニークかつテクニカルなピアノで独自のグルーヴを生み出し続ける珠玉のピアノ・トリオ、H ZETTRIOによるクリスマス・コンセプト・アルバム。初となるコンセプト・アルバムでは、誰もが一度は聞いたことのあるクリスマスのスタンダード・ナンバーの数々を、H ZETTRIO流に大胆アレンジ。たくさんの煌めきを詰め込んだようなワクワクするサウンドは、老若男女を問わず、聴く者の心を昂ぶらせること間
by 阿部 文香
OTOTOY AWARDS 2017──2017を彩った珠玉の名アルバム──
・2017年12月11日・OTOTOY AWARDS 2017──2017年、OTOTOYを彩った珠玉のアルバム30選── 今年もやってまいりました“OTOTOY AWARD”。今年もOTOTOY配信中の作品から選りすぐりの30作品を紹介します。さまざまなフォーマットでのリリースも多い最近ですが、ここではあえてのオリジナル・アルバムに絞ってのジャンルを超えた30作品をランキング形式でおとどけします(シングル、ミニ・アルバム、ライヴ・アルバムなどは除外させていただきました! 悪しからず!)。OTOTOYお得意のフレッシュな新人から、この国の音楽シーンを作ってきたベテランまで多様な音楽性のチャートができあがりました。ぜひとも買い逃しなく! またそれぞれのジャンルに特化、その道の識者に2017年の音楽事情をきく「OTOTOYトピック2017」も展開中! ぜひともご覧ください(「OTOTOYトピック2017」1月中旬まで続きます!)。 30. Maison book girl 『image』【レヴュー】コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組ニューエイジ・ポップ・ユニット、Maison book girlによるメジャー1stア
トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編
[CLOSEUP]・2017年12月07日・トランプ、ミーゴス、ゆるふわ、そしてPUNPEE──渡辺志保に訊く、OTOTOYトピック2017ヒップホップ編 ということで、OTOTOYの年末企画としてさまざまなジャンルの識者に、その年のポイントを訊くという企画「OTOTOYトピック2017」スタートです(年間ベストももうすぐ発表ですよ)。トップ・バッターはヒップホップ。本文中にもあるように、本国アメリカはもちろん、ここ日本も含めてヒップホップ、そしてラップという表現は世界中のポップ・カルチャーを席巻しております。ということで、ここで「いまのヒップホップってどうなっているの?」というOTOTOY編集部の問いに快く答えてくれたのは、block.fmの名物ヒップホップ番組「INSIDE OUT」のMC、さらにはさまざまな文章仕事でもおなじみ、日米のヒップホップはもちろんアメリカのアップデーテッドなポップ・カルチャーにも詳しい、渡辺志保を迎え、2017年、ヒップホップにまつわるトピックをいくつかあげてもらい語っていただきました。それではどうぞ。 米トランプ新政権誕生 〜ヒップホップのメインストリームはよりコンシャスに〜 インタヴュー & 構成 : 高木理太─
あなたは何バンド知っている?ーー音楽好きの若者が選ぶ! 2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選!
[CLOSEUP]・2017年11月30日・あなたは何バンド知っている?ーー2018年ブレイクが期待される超早耳アーティスト10選 個人的な体験として、2017年は去年と比べて圧倒的なヒット作がないといった声をしばしば聞く。しかし、当たり前ながら新しいバンドや新しい曲は絶えず生まれ続けている。そういった意味では2017年は、シティ・ポップから別のモードに移行する音楽シーンの基礎となる土台作りの年だったのかもしれない。海外でいえば、RideやSlowdiveの新作リリースによって生まれたシューゲイザー復興だったり、Anderson PaakやThe Internetといったフューチャー・ソウルのトレンドがWONKやyahyelを経て、日本でも開花しはじめていることだったりと、にわかに新しい音楽シーンの芽生えを感じさせることもあった。そこでライヴに足繁く通うOTOTOYインターンが2018年の音楽シーンを賑わしそうな若手アーティストを10選ピック・アップし、いち早く来年を占う!! 群雄割拠となった2017年、2018年はどうなる? エレクトロニカなのか、ドリーム・ポップ / シューゲイザーなのか、オルタナなのか、フューチャー・ソウルなのか、はたまたギタ
by 中の人
〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット
[CLOSEUP]・2017年09月15日・〈りんご音楽祭2017〉開催直前!! オーガナイザー・ 古川陽介と巡る「松本」の激オススメスポット 2017年9月23日(土)、24日(日)、長野県松本市にて〈りんご音楽祭2017〉が開催される。松本市の古民家を改造したパーティーハウス〈瓦RECORD〉に集う地元地域のスタッフたちが作り上げている地域密着型の野外フェスティバル〈りんご音楽祭〉。9年目となる今年は、日本全国各所からポップ・ミュージックとアンダーグラウンドの垣根を越えた186組のアーティストが出演!! トークブースも加わり、よりおもしろみと挑戦に満ちた今年の開催を目前に、〈瓦RECORD〉オーナーで主催者であるdj sleeperこと古川陽介に松本のオススメスポットを案内してもらった。さらに、毎年恒例の「RINGOOO A GO-GO 2017」出演者のコンピレーション・アルバムを期間限定で無料ダウンロード!! 7ステージ・全186組による夢の2日間が長野県松本で開催りんご音楽祭20172017年9月23日(土)、24日(日)@長野県松本市アルプス公園時間 : 9月23日 10:00 / 9月24日 9:00料金(税込)■通し券 13,800
by 西澤 裕郎