How To Buy
TitleDurationPrice
どうでもいいけど  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:07
ちょっと待ってよ  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:20
あまり行かない喫茶店で  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:34
散歩日和に布団がぱたぱたと  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49
無線機  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:11
夏がそうさせた  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:31
どんな感じ?  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:09
駅で待つ  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49
chill morning  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:47
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 27:17
Album Purchase Privilege

booklet.pdf
Album Info

Yogee New Wavesに続く、Roman Labelの第2弾アーティスト、never young beach、待望の1stフル・アルバムが完成! 細野晴臣を中心とした、はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデートした、平均年齢23歳、結成から僅か半年となる東京の若者5人組。昭和な純喫茶から漂う珈琲のにおい、春の訪れから夏休みまでのワクワク、真夏の蒸せ返るような暑さ、残暑から秋に移り変わる哀愁など、様々な景色、におい、感情、日常が混じり合った独特な空気感、そしてユーモア溢れる歌詞が自然と流れていく全9曲。トリプルギターのアンサンブルが最高に気持ち良く、サイケデリックでエキゾチック、かつ極上のポップサウンドは彼等にしか成せないオリジナリティに溢れた傑作。バンド主宰の安部がバンド編成になる前に宅録で制作した自主制作盤(名盤)から3曲(M-4,5,9)を再びミックスし直し収録している。夏の気怠さ全開の名曲『夏がそうさせた』は必聴! エンジニアには、Yogee New Wavesをはじめ、ペトロールズ、踊ってばかりの国、クリープハイプなどを手掛けるhmcの池田洋を迎え制作。

Note

この作品は、アルバムでご購入いただくと歌詞ブックレットがPDFで付属します

Discography

Rock

約4年ぶりとなるニューアルバム『ありがとう』が遂に完成。レコーディングには安部(Vo.Gt)、巽(Ba)、鈴木(Drs)に加えてライブサポートでもお馴染みの岡田拓郎(Gt)、下中洋介(Gt)、香田悠真(Key,Pf)らが参加。今のnever young beachの風を吹かせて再構築させた『哀しいことばかり』からアルバムが始まり、安部のキレとテンポのいい啖呵売(たんかばい)のようなボーカルがバンドのグルーヴに融合していく『毎日幸せさ』。鍵盤とギター、リズム隊と織りなすサウンドに”泥中の蓮”を安部なりの目線で歌い上げる『蓮は咲く』。60~70年代の風や大地の煤れた色や匂いに、6人のエッセンスという音を落とし込んだ『Oh Yeah』『風を吹かせて』。リズミカルなピアノと片や同じ時代に日本で産まれた和モノの匂いも醸し出す『らりらりらん』。映画主題歌にも起用された『こころのままに』と『Hey Hey My My』。最後に今作を総括するようなそれぞれの人生における還る場所、人、ペット、大事なすべてのものにいつでも”かえろう”と奇しくもエンディングソングとなった『帰ろう』の全9曲を収録。

9 tracks
Rock

約4年ぶりとなるニューアルバム『ありがとう』が遂に完成。レコーディングには安部(Vo.Gt)、巽(Ba)、鈴木(Drs)に加えてライブサポートでもお馴染みの岡田拓郎(Gt)、下中洋介(Gt)、香田悠真(Key,Pf)らが参加。今のnever young beachの風を吹かせて再構築させた『哀しいことばかり』からアルバムが始まり、安部のキレとテンポのいい啖呵売(たんかばい)のようなボーカルがバンドのグルーヴに融合していく『毎日幸せさ』。鍵盤とギター、リズム隊と織りなすサウンドに”泥中の蓮”を安部なりの目線で歌い上げる『蓮は咲く』。60~70年代の風や大地の煤れた色や匂いに、6人のエッセンスという音を落とし込んだ『Oh Yeah』『風を吹かせて』。リズミカルなピアノと片や同じ時代に日本で産まれた和モノの匂いも醸し出す『らりらりらん』。映画主題歌にも起用された『こころのままに』と『Hey Hey My My』。最後に今作を総括するようなそれぞれの人生における還る場所、人、ペット、大事なすべてのものにいつでも”かえろう”と奇しくもエンディングソングとなった『帰ろう』の全9曲を収録。

9 tracks
Rock

約4年ぶりとなるニューアルバム『ありがとう』が遂に完成。今作はアルバムからの 2nd先行シングル。 アルバムレコーディングには安部(Vo.Gt)、巽(Ba)、鈴木(Drs)に加えて、ライブサポートでもお馴染みの岡田拓郎(Gt)、下中洋介(Gt)、香田悠真(Key,Pf)らが参加。リズミカルなピアノと片や同じ時代に日本で産まれた和モノの匂いも醸し出す『らりらりらん』。

1 track
Rock

約4年ぶりとなるニューアルバム『ありがとう』が遂に完成。今作はアルバムからの先行シングル。アルバムを総括するようなそれぞれの人生における還る場所、人、ペット、大事なすべてのものにいつでも”かえろう”と奇しくもエンディングソングとなった。

1 track
Rock

never young beach ニューシングル、「こころのままに」。成熟したバンドの新境地を感じさせる、温かな優しさに満ちたミディアムナンバー。

1 track
Rock

never young beach ニューシングル、「こころのままに」。成熟したバンドの新境地を感じさせる、温かな優しさに満ちたミディアムナンバー。

1 track
Rock

never young beach 約2年ぶりとなる新曲シングルカット never young beach 約2年ぶりとなるシングル曲 ”Hey Hey My My A Version / B Version” のリリースが決定!昨年はスチャダラパーとのコラボ楽曲を2曲発表し、never young beach 単体としては ”サイダーのように言葉が湧き上がる” から約2年ぶりとなる新曲 ”Hey Hey My My” が遂に発表!「好きな時に好きな場所で好きな方を聞いて頂きたい。」という思いから、今作は A version と B Version とメロディラインが異なる楽曲が2曲同時リリースとなっている。

2 tracks
Rock

never young beach 約2年ぶりとなる新曲シングルカット never young beach 約2年ぶりとなるシングル曲 ”Hey Hey My My A Version / B Version” のリリースが決定!昨年はスチャダラパーとのコラボ楽曲を2曲発表し、never young beach 単体としては ”サイダーのように言葉が湧き上がる” から約2年ぶりとなる新曲 ”Hey Hey My My” が遂に発表!「好きな時に好きな場所で好きな方を聞いて頂きたい。」という思いから、今作は A version と B Version とメロディラインが異なる楽曲が2曲同時リリースとなっている。

2 tracks
Rock

never young beach、1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成! 昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品になり得る。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。──※【fam】 [ファム] スラング英語の意味(血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間)

Bonus!
9 tracks
Rock

never young beach、1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成! 昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品になり得る。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。──※【fam】 [ファム] スラング英語の意味(血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間)

Bonus!
9 tracks
Rock

ソフト・サイケデリック・デイドリーム・ポップ! 蒼く甘いメロディがゆらめく白昼夢ベッドルーム・ポップ全8曲!! never young beach現体制前の、安部と松島による宅録ユニットでの作品。即完売し現在入手不可能の手作りダンボール加工ジャケ+ZINE付の自主制作音源が、OTOTOY限定で配信開始。

8 tracks
Rock

Yogee New Wavesに続く、Roman Labelの第2弾アーティスト、never young beach、待望の1stフル・アルバムが完成! 細野晴臣を中心とした、はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデートした、平均年齢23歳、結成から僅か半年となる東京の若者5人組。昭和な純喫茶から漂う珈琲のにおい、春の訪れから夏休みまでのワクワク、真夏の蒸せ返るような暑さ、残暑から秋に移り変わる哀愁など、様々な景色、におい、感情、日常が混じり合った独特な空気感、そしてユーモア溢れる歌詞が自然と流れていく全9曲。トリプルギターのアンサンブルが最高に気持ち良く、サイケデリックでエキゾチック、かつ極上のポップサウンドは彼等にしか成せないオリジナリティに溢れた傑作。バンド主宰の安部がバンド編成になる前に宅録で制作した自主制作盤(名盤)から3曲(M-4,5,9)を再びミックスし直し収録している。夏の気怠さ全開の名曲『夏がそうさせた』は必聴! エンジニアには、Yogee New Wavesをはじめ、ペトロールズ、踊ってばかりの国、クリープハイプなどを手掛けるhmcの池田洋を迎え制作。

Bonus!
9 tracks
Rock

Yogee New Wavesに続く、Roman Labelの第2弾アーティスト、never young beach、待望の1stフル・アルバムが完成! 細野晴臣を中心とした、はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデートした、平均年齢23歳、結成から僅か半年となる東京の若者5人組。昭和な純喫茶から漂う珈琲のにおい、春の訪れから夏休みまでのワクワク、真夏の蒸せ返るような暑さ、残暑から秋に移り変わる哀愁など、様々な景色、におい、感情、日常が混じり合った独特な空気感、そしてユーモア溢れる歌詞が自然と流れていく全9曲。トリプルギターのアンサンブルが最高に気持ち良く、サイケデリックでエキゾチック、かつ極上のポップサウンドは彼等にしか成せないオリジナリティに溢れた傑作。バンド主宰の安部がバンド編成になる前に宅録で制作した自主制作盤(名盤)から3曲(M-4,5,9)を再びミックスし直し収録している。夏の気怠さ全開の名曲『夏がそうさせた』は必聴! エンジニアには、Yogee New Wavesをはじめ、ペトロールズ、踊ってばかりの国、クリープハイプなどを手掛けるhmcの池田洋を迎え制作。

Bonus!
9 tracks
HipHop/R&B

スチャとネバヤン、令和に合体!どこか“センス”が似ているスチャダラパーとnever young beachの新曲が2曲同時リリース決定。その名も「ネバやんとスチャやん」、そして「スチャやんとネバやん」!!

2 tracks
HipHop/R&B

スチャとネバヤン、令和に合体!どこか“センス”が似ているスチャダラパーとnever young beachの新曲が2曲同時リリース決定。その名も「ネバやんとスチャやん」、そして「スチャやんとネバやん」!!

2 tracks

News

岡田拓郎、山本英監督による映画『熱のあとに』のサントラLP発売

岡田拓郎、山本英監督による映画『熱のあとに』のサントラLP発売

岡田拓郎が楽曲を手がけた、山本英監督による映画『熱のあとに』オリジナル・サウンドトラックがLPとして2024年6月19日(水)に発売されることが決定した。 柴田聡子や never young beach など日本のオルタナティブ・シーンで多くの作品に携わ

〈FUJI & SUN ’24〉7月にWOWOWで放送決定

〈FUJI & SUN ’24〉7月にWOWOWで放送決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉がWOWOWで放送されることが決定した。 当日ライヴパフォーマンスが行われる「SUN STAGE」、「MOON STA

〈FUJI & SUN ’24〉タイムテーブル発表&初のオフィシャルグッズ登場

〈FUJI & SUN ’24〉タイムテーブル発表&初のオフィシャルグッズ登場

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 開催を目前に控え、タイムテーブルが発表された。 バラエティに富んだ全32組のアーティストが、富士山のまばゆい自然の

〈FUJI & SUN’24〉第5弾で柴田聡子、HAPPY追加 3ステージ全32組の最終ラインナップ決定

〈FUJI & SUN’24〉第5弾で柴田聡子、HAPPY追加 3ステージ全32組の最終ラインナップ決定

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第5弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、詩人として文学界からも注目を集め、形態を選ばない表現で言

〈FUJI & SUN ’24〉第4弾でcero、ペトロールズ、never young beach、Hedigan’s、HIMIら10組

〈FUJI & SUN ’24〉第4弾でcero、ペトロールズ、never young beach、Hedigan’s、HIMIら10組

2024年5月11日(土)、12日(日)静岡県富士市「富士山こどもの国」にて開催されるキャンプインフェス〈FUJI & SUN ’24〉。 その第4弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、結成20年を迎えなお新たなポップスの形を提示する cer

ネバヤンの最新AL『ありがとう』がCD化決定、シリアルナンバー入りの初回限定盤でリリース

ネバヤンの最新AL『ありがとう』がCD化決定、シリアルナンバー入りの初回限定盤でリリース

2023年6月にデジタルとレコードでリリースされrたnever young beachの最新アルバム『ありがとう』が、CD化となり2月7日に全国流通で発売決定。 レコーディングには安部(Vo.Gt)、巽(Ba)、鈴木(Drs)に加えてライヴサポートでもお

View More News Collapse
Helsinki Lambda Club、10周年ツアー東京公演に柴田聡子の出演が決定

Helsinki Lambda Club、10周年ツアー東京公演に柴田聡子の出演が決定

ニューアルバム『ヘルシンキラムダクラブへようこそ』をリリース後、10th Anniversary Tour "ヘルシンキラムダクラブへようこそ”を各地13箇所回ってきたHelsinki Lambda Clubが、明日9月26日(火)に東京公演を渋谷Spo

Helsinki Lambda Club、10周年記念ツアーで初の7人体制ライヴを披露&全公演撮影OK

Helsinki Lambda Club、10周年記念ツアーで初の7人体制ライヴを披露&全公演撮影OK

Helsinki Lambda Clubが、今月2023年8月9日(水)にニューアルバム『ヘルシンキラムダクラブへようこそ』をリリースし、「Apple Musicオルタナティブランキング」1位を獲得するなど話題を集めるなか、いよいよ明日よりアルバムと同タ

安部勇磨、初のバンド編成ワンマンに岡田拓郎、藤原さくららが出演決定

安部勇磨、初のバンド編成ワンマンに岡田拓郎、藤原さくららが出演決定

never young beachの安部勇磨が、ソロプロジェクトとして5月にリリースしたEP「Surprisingly Alright」の制作メンバーを迎えた初のバンド編成ワンマンライヴを2023年8月3日(木)に東京〈赤坂 草月ホール〉にて開催。今回、

安部勇磨、最新EPより「抱きしめて」MV公開&初ワンマン決定

安部勇磨、最新EPより「抱きしめて」MV公開&初ワンマン決定

never young beachのボーカル&ギターとして活動をしている安部勇磨の最新EP『Surprisingly Alright』より「抱きしめて」のミュージックビデオが公開された。 5月に公開された前作「Go Back」の続編とも言えるようなビデオ

【オフィシャルレポ】〈FUJI & SUN’23〉アジカン、cero、木村カエラ、折坂悠太ら2日間で総勢21組が熱演

【オフィシャルレポ】〈FUJI & SUN’23〉アジカン、cero、木村カエラ、折坂悠太ら2日間で総勢21組が熱演

静岡県富士市「富士山こどもの国」で2023年5月13日(土)14日(日)でキャンプフェス〈FUJI & SUN’23〉が開催された。 今年で4回目を迎える「FUJI&SUN」は、富士山の麓(ふもと)の絶景をバックに“音楽” “アクティビティ” “キャンプ

ネバヤン、約4年ぶりの新作ALリリース決定&東阪ワンマンも開催

ネバヤン、約4年ぶりの新作ALリリース決定&東阪ワンマンも開催

never young beachが、前作『STORY』から約4年ぶりとなるニューアルバム『ありがとう』を2023年6月21日(水)にリリースすることが発表された。 レコーディングには安部(Vo.Gt)、巽(Ba)、鈴木(Drs)に加えてライヴサポートで

ネバヤン安部勇磨、5月リリースの新作EPよりリードトラックを明日先行配信

ネバヤン安部勇磨、5月リリースの新作EPよりリードトラックを明日先行配信

never young beachのヴォーカル & ギターとして活動をしている安部勇磨が、最新EP「Surprisingly Alright」を2023年5月17日(水)にリリースすることが決定した。また、リリースに先立ってリードトラック"Go Back

〈FUJI & SUN ‘23〉君島大空 出演で最終ラインナップ決定&タイムテーブル公開

〈FUJI & SUN ‘23〉君島大空 出演で最終ラインナップ決定&タイムテーブル公開

2023年5月13日(土)14日(日)の2日間にわたり静岡県富士市「富士山こどもの国」で開催されるキャンプフェス〈FUJI & SUN ‘23〉。 本日、第5弾追加アーティストが発表された。 今回出演がアナウンスされたのは、MOONSTAGEへの出演とな

〈FUJI & SUN ‘23〉第4弾でアジカン、寺尾紗穂、岡田拓郎、マヒトら決定

〈FUJI & SUN ‘23〉第4弾でアジカン、寺尾紗穂、岡田拓郎、マヒトら決定

2023年5月13日(土)14日(日)の2日間にわたり静岡県富士市「富士山こどもの国」で開催されるキャンプフェス〈FUJI & SUN ‘23〉。 その第4弾出演アーティストが発表された。 ヘッドライナーとして出演するASIAN KUNG-FU GENE

〈FUJI & SUN ‘23〉第3弾でEGO-WRAPPIN’、 折坂悠太ら6組決定 日割りも公開

〈FUJI & SUN ‘23〉第3弾でEGO-WRAPPIN’、 折坂悠太ら6組決定 日割りも公開

2023年5月13日(土)14日(日)の2日間にわたり静岡県富士市「富士山こどもの国」で開催されるキャンプフェス〈FUJI & SUN ‘23〉の第3弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、EGO-WRAPPIN’(Acoustic Set

〈FUJI & SUN ‘23〉第2弾でnever young beach、ハナレグミ出演決定

〈FUJI & SUN ‘23〉第2弾でnever young beach、ハナレグミ出演決定

2023年5月13日(土)14日(日)の2日間にわたり静岡県富士市「富士山こどもの国」で開催されるキャンプフェス〈FUJI & SUN ‘23〉の第2弾出演アーティストが発表された。 「富士山と学び、富士山と生きる。」をコンセプトに、富士山を間近に望む圧

never young beach、「Hey Hey My My」MV公開

never young beach、「Hey Hey My My」MV公開

never young beachが新曲「Hey Hey My My」を7月13日に配信リリースし、MVが公開された。 「Hey Hey My My」は約2年ぶりの新曲。シングルには「好きな時に好きな場所で好きな方を聞いて頂きたい。」という思いから、「H

ネバヤン、約3年ぶりとなるワンマンツアー開催決定

ネバヤン、約3年ぶりとなるワンマンツアー開催決定

never young beachが2019年5月に開催した〈never young beach HALL TOUR 2019 “STORY”〉以来、約3年ぶりとなるワンマンツアー〈never young beach おひさしぶりツアー 2022〉の開催

音楽とクラフトの野外フェス〈CreemaYAMABIKO FES 2021〉タイムテーブル発表

音楽とクラフトの野外フェス〈CreemaYAMABIKO FES 2021〉タイムテーブル発表

2021年11月6日(土)・7日(日)に開催する音楽とクラフトの野外フェスティバル〈Creema YAMABIKO FES 2021〉のついにタイムテーブルが発表となった。 ハナレグミ、 クラムボン、 never young beach、 TENDRE、

3年ぶりの開催となる星空フェス〈STARS ON 21〉第一弾出演アーティスト発表

3年ぶりの開催となる星空フェス〈STARS ON 21〉第一弾出演アーティスト発表

美しい星空で知られる星の郷、岡山県美星町で開催の秋フェス「STARS ON」。 一昨年の台風、昨年の新型コロナウイルス感染拡大、2年連続で開催を断念していたが、3年ぶりに「STARS ON 21」の開催が決定した。 

『出演していただくアーティストの方

【急上昇ワード】スチャとネバヤン、マイペースに2曲同時リリース

【急上昇ワード】スチャとネバヤン、マイペースに2曲同時リリース

キャリア30周年を越える日本語ラップの開拓者トリオ、スチャダラパーと、2014年結成から高い音楽性で活躍を続けるバンド、never young beachがついに合体。 本日5月26日(水)、スチャとネバヤンとして、新曲“ネバやんとスチャやん”、“スチャ

Helsinki Lambda Club、巽啓伍(never young beach)初監督MV「IKEA」を本日20時プレミア公開

Helsinki Lambda Club、巽啓伍(never young beach)初監督MV「IKEA」を本日20時プレミア公開

11月25日(水)に全13曲入りのセカンド・フル・アルバム『Eleven plus two / Twelve plus one』をリリースしたHelsinki Lambda Club。 Vampire Weekendへのオマージュを込めた楽曲「ミツビシ・

never young beach、初有料配信ライヴ開催決定

never young beach、初有料配信ライヴ開催決定

”never young beachが配信ライブをするとこうなります。” never young beach初の有料配信ライヴ『The Pentagon Session @Setagaya Studio』の開催が決定した。一癖も二癖もある、never y

Collapse

Articles

OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──

コラム

OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──

その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました。こちらでは30位から11位を発表します。今年の音楽、ちゃんとチェックしてから2017年へい…

ハイレゾ独占配信! never young beachの2ndアルバム配信&インタヴュー後編公開

インタヴュー

ハイレゾ独占配信! never young beachの2ndアルバム配信&インタヴュー後編公開

ついにリリースとなったnever young beachの2ndアルバム『fam fam』! OTOTOYではハイレゾ独占配信(もちろん通常音源もあり)が、歌詞ブックレット付きでスタート。「血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間」を意味するスラング英語“fam”…

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

インタヴュー

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代のインディ・シーンやカルチャーと密接な存在として異彩を放つようになったnever young beach。1年を圧倒…

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never young beach、Suchmos等の良質な日本語ロック勢だけでなく、YOUR ROMANCE、YKIKI BE…

日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集

コラム

日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集

今、日本のインディー・シーンがおもしろいことになっている。独自の視点で都市生活における心の機微を綴った歌詞とサウンドスケープで最先端ポップスを奏でるYogee New Wavesや、80年代やリアルタイムのUSインディーを取り込んだドリーミー&アンビエント…

never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開

インタヴュー

never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開

Ykiki BeatやYOUR ROMANCEらと肩を並べ、にわかに注目を集めているインディ・シーンの新世代。Yogee New Waves有するRoman Labelの第2弾アーティストであるnever young beach、ファースト・アルバム『YA…