album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Pink Jungle House  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:28
Motel  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:27
自転車にのって  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:10
fam fam  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:57
なんもない日  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:09
雨が降れば  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:06
夢で逢えたら  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:38
明るい未来  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:53
お別れの歌  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:13
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 32:01
Album Purchase Privilege

booklet.pdf
Album Info

never young beach、1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成! 昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品になり得る。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。──※【fam】 [ファム] スラング英語の意味(血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間)

Note

この作品は、アルバムでご購入いただくと歌詞ブックレットがPDFで付属します

Discography

Rock

never young beach、1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成! 昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品になり得る。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。──※【fam】 [ファム] スラング英語の意味(血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間)

Rock

never young beach、1年ぶりとなる2nd Album『fam fam』(ファムファム)が遂に完成! 昨年5月にリリースしたデビューアルバム『YASHINOKI HOUSE』が各方面で賞賛を浴び、いまだロングセールスを続ける彼等が、最高にごきげんな2ndアルバムを6月8日にリリースします。前作リリース以降、ライブでも定番となり音源化が待たれた「お別れの歌」「Motel」「Pink Jungle House」が遂に収録。またボーカル安部の心境の変化が垣間見える名曲「fam fam」「明るい未来」。映画のシリーズ3部作のような陽気で呑気でドラマチックな展開をみせる「なんもない日」「雨が降れば」「夢で逢えたら」。そして初のカバー作品として、ネバヤンがリスペクトする高田渡の代表曲でもある「自転車にのって」を収録した全9曲。極上のポップサウンドはそのままに前作以上にロックンロールし地に足つけて等身大の歌詞をうたった今作は、いまの日本の音楽シーンに一石を投じるような重要な作品になり得る。いよいよ夏のイメージを超え、春夏秋冬いつ聴いてもどこで聴いても生活に寄り添うような気持ちのいい1枚。ひとりもいいけど家族や仲間と一緒に聴いてほしい最高な1枚。紛れもなく名盤です。ジャケットデザインは、前作『YASHINOKI HOUSE』の全てのアートワークを手掛けた京都在住のイラストレーター”オオニシアキオ”氏がタイトルロゴを担当。レコーディングでは、エンジニアとして前作に続きYogee New Waves、ペトロールズ、踊ってばかりの国、髭などを手掛けるhmcの池田洋が、そしてテックサポートには、ギターに林宏敏(踊ってばかりの国)、ドラムに佐藤謙介(髭, ex.踊ってばかりの国)を迎え制作。──※【fam】 [ファム] スラング英語の意味(血縁の家族・堅い絆で結ばれた仲間)

Rock

ソフト・サイケデリック・デイドリーム・ポップ! 蒼く甘いメロディがゆらめく白昼夢ベッドルーム・ポップ全8曲!! never young beach現体制前の、安部と松島による宅録ユニットでの作品。即完売し現在入手不可能の手作りダンボール加工ジャケ+ZINE付の自主制作音源が、OTOTOY限定で配信開始。

Rock

Yogee New Wavesに続く、Roman Labelの第2弾アーティスト、never young beach、待望の1stフル・アルバムが完成! 細野晴臣を中心とした、はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデートした、平均年齢23歳、結成から僅か半年となる東京の若者5人組。昭和な純喫茶から漂う珈琲のにおい、春の訪れから夏休みまでのワクワク、真夏の蒸せ返るような暑さ、残暑から秋に移り変わる哀愁など、様々な景色、におい、感情、日常が混じり合った独特な空気感、そしてユーモア溢れる歌詞が自然と流れていく全9曲。トリプルギターのアンサンブルが最高に気持ち良く、サイケデリックでエキゾチック、かつ極上のポップサウンドは彼等にしか成せないオリジナリティに溢れた傑作。バンド主宰の安部がバンド編成になる前に宅録で制作した自主制作盤(名盤)から3曲(M-4,5,9)を再びミックスし直し収録している。夏の気怠さ全開の名曲『夏がそうさせた』は必聴! エンジニアには、Yogee New Wavesをはじめ、ペトロールズ、踊ってばかりの国、クリープハイプなどを手掛けるhmcの池田洋を迎え制作。

Rock

Yogee New Wavesに続く、Roman Labelの第2弾アーティスト、never young beach、待望の1stフル・アルバムが完成! 細野晴臣を中心とした、はっぴいえんどやティン・パン・アレー周辺の70年代J-POPサウンドを現代にアップデートした、平均年齢23歳、結成から僅か半年となる東京の若者5人組。昭和な純喫茶から漂う珈琲のにおい、春の訪れから夏休みまでのワクワク、真夏の蒸せ返るような暑さ、残暑から秋に移り変わる哀愁など、様々な景色、におい、感情、日常が混じり合った独特な空気感、そしてユーモア溢れる歌詞が自然と流れていく全9曲。トリプルギターのアンサンブルが最高に気持ち良く、サイケデリックでエキゾチック、かつ極上のポップサウンドは彼等にしか成せないオリジナリティに溢れた傑作。バンド主宰の安部がバンド編成になる前に宅録で制作した自主制作盤(名盤)から3曲(M-4,5,9)を再びミックスし直し収録している。夏の気怠さ全開の名曲『夏がそうさせた』は必聴! エンジニアには、Yogee New Wavesをはじめ、ペトロールズ、踊ってばかりの国、クリープハイプなどを手掛けるhmcの池田洋を迎え制作。

News

〈細野さん みんな集まりました!〉にジム・オルーク、スカート、高城晶平(cero)、堀込高樹(KIRINJI)ら出演決定

〈細野さん みんな集まりました!〉にジム・オルーク、スカート、高城晶平(cero)、堀込高樹(KIRINJI)ら出演決定

音楽活動50周年となる日本音楽界の巨匠・細野晴臣を敬愛してやまないアーティスト達が集い、勝手にお祝いをする120%ファン目線の4日間〈細野さん みんな集まりました!〉。 各界の細野さんラヴァーズが大集結となっているこのイベントに、今回追加出演者として、D

never young beach、秋にCHAIとアジアツアー開催

never young beach、秋にCHAIとアジアツアー開催

never young beachがCHAIとのアジアツアー開催を発表した。 また、これに合わせてオリジナルアナログターンテーブルの追加販売も決定となった。 never young beachとCHAIがツーマンでライヴツアーを回るのは今回が初。 10月

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第4弾出演アーティスト&出演日発表

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第4弾出演アーティスト&出演日発表

8月16日(金)、17日(土)に21回目の開催を迎える、北海道のオールナイトの野外ロックフェス〈RISING SUN ROCK FESTIVAL〉が第4弾出演アーティストと出演日を発表した。 今回の発表で初登場13組を含む合計30組のアーティストの出演が

東京・神戸で開催のインドア・フェス〈Q〉にクラムボン追加

東京・神戸で開催のインドア・フェス〈Q〉にクラムボン追加

3月31日に神戸・ワールド記念ホール、4月14日に東京・両国国技館にて開催されるインドア・フェス〈Q(キュー)〉。その最終出演者としてクラムボンが発表された。 すでにGODIEGO、Cornelius、ハナレグミ、ペトロールズ、never young b

新イベント〈Q〉東京・神戸で開催 ゴダイゴ、Cornelius、ペトロールズら出演

新イベント〈Q〉東京・神戸で開催 ゴダイゴ、Cornelius、ペトロールズら出演

インドア・フェス〈Q(キュー)〉が3月31日に神戸・ワールド記念ホール、4月14日に東京・両国国技館にて開催。両公演の出演者として、GODIEGO、Cornelius、ハナレグミ、ペトロールズ、never young beachが発表された。 〈Q〉は福

岡山発の野外フェス〈STARS ON〉の10周年特別企画が渋谷で開催!

岡山発の野外フェス〈STARS ON〉の10周年特別企画が渋谷で開催!

岡山県美星町で行われているフェス〈STARS ON〉。 このフェスの10周年を記念したイベントが、東京は渋谷〈TSUTAYA O-EAST〉にて2月16日(金)に行われる。 十周年特別企画「STARS ON ~道玄坂の役~」と題して、〈STARS ON〉

View More News Collapse
1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

2月23日(金)にLIQUIDROOMで〈「CULPOOL -wave 04-」NEO〉が開催されることが決定した。 2015年夏に恵比寿リキッドルームを拠点にスタートした“トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティ”〈CULPOOL(カル

HYUKOH、来日公演直前に特番公開 インタビューやネバヤンとの対談も

HYUKOH、来日公演直前に特番公開 インタビューやネバヤンとの対談も

10月2日から大阪を皮切りに福岡・東京・仙台の全4来日公演をおこなう韓国のロック・バンドHYUKOH(ヒョゴ)。 彼らの特集番組「HYUKOH in JAPAN#1.5」が、スペースシャワーTVの公式YouTubeに公開された。 番組では、オカモトレイジ

日韓バンドの国境を越えたスペシャル・ショウ、HYUKOHとネバヤンの対バンを見逃すな!

日韓バンドの国境を越えたスペシャル・ショウ、HYUKOHとネバヤンの対バンを見逃すな!

韓国最旬バンドのHYUKOH(ヒョゴ)が、〈SUMMER SONIC EXTRA〉としてnever young beachと対バン公演を行なうことがわかった。 2年連続〈サマーソニック〉出演を決めたHYUKOH。ロック然としたダイナミックな音に、圧倒的な

〈Erection〉10周年記念 自由が丘でブロックパーティー、UNITではスチャ、ネバヤン、ZOMBIE-CHANG出演3マン

〈Erection〉10周年記念 自由が丘でブロックパーティー、UNITではスチャ、ネバヤン、ZOMBIE-CHANG出演3マン

不定期で開催されているイベント〈Erection〉が今年で10周年。 10周年を記念して、自由が丘でのブロックパーティー、さらに代官山UNITではスチャダラパー、never young beach、ZOMBIE-CHANGの3マン・ライヴが開催される。

トクマルシューゴ主催フェス『TONOFON FESTIVAL』2年ぶりに開催決定、二階堂和美やネバヤンなど出演

トクマルシューゴ主催フェス『TONOFON FESTIVAL』2年ぶりに開催決定、二階堂和美やネバヤンなど出演

6月25日(日)、トクマルシューゴ主催ライヴ・イベント『TONOFON FESTIVAL』の開催が決定した。 昨年の10月に6枚目のアルバム『TOSS』を4年ぶりにリリースしたトクマルシューゴ。そのトクマルシューゴが、2年ぶりとなる『TONOFON FE

ラッキーオールドサン、傑作2ndアルバムで青春の輝きとポップスの魔法を届ける

ラッキーオールドサン、傑作2ndアルバムで青春の輝きとポップスの魔法を届ける

注目を集める若手バンド・シーンにおいて、ひときわタイムレスで普遍的なメロディときらめきを携えた男女ポップ・デュオ、ラッキーオールドサンが、約2年ぶりとなる2ndフル・アルバム『Belle Époque』を完成させた。リリースは4月12日予定。 ティン・パ

本気の文化祭〈半日'16〉ミツメ、5lackに加え、ネバヤン、STUTS、髙城晶平が追加

本気の文化祭〈半日'16〉ミツメ、5lackに加え、ネバヤン、STUTS、髙城晶平が追加

ライヴ・イベント〈半日'16〉が10月30日(日)に恵比寿 ザ・ガーデンホールにて開催。その第2弾アーティストが発表となった。 同イベントは“大人たちによる本気の文化祭”をテーマにしたもの。2014年夏に代官山UNIT、SALOON、UNICEの3フロア

新宿アルタに「HMV record shop」10月開店、ネバヤン、吉田美奈子、AKB48「恋チュン」アナログ盤限定販売

新宿アルタに「HMV record shop」10月開店、ネバヤン、吉田美奈子、AKB48「恋チュン」アナログ盤限定販売

東京・新宿の新宿ALTA 6Fに「HMV record shop 新宿ALTA」が10月1日(土)にオープンすることが発表された。 同店は、2014年8月に東京・渋谷にオープンした「HMV record shop 渋谷」に続く、アナログレコード専門店の2

never young beach、新曲「夏のドキドキ」を7インチでリリース

never young beach、新曲「夏のドキドキ」を7インチでリリース

never young beachが新曲『夏のドキドキ』をアナログ7インチでリリースすることが決定。8月31日(水)よりHMVにて販売がスタートする。 「夏のドキドキ」はドゥーワップ調のオールディーズ・サウンドで、歌詞は少年時代の夏休みを想起させるノスタ

〈ボロフェスタ〉第1弾でサニーデイ、クラムボン、銀杏、トーフ、岡崎体育ら20組

〈ボロフェスタ〉第1弾でサニーデイ、クラムボン、銀杏、トーフ、岡崎体育ら20組

京都の音楽フェスティバル〈ボロフェスタ〉が10月28日(金)、29日(土)、30日(日)の3日間にわたって開催。その出演者第1弾がこのたび発表となった。 同フェスは今年で開催15周年を迎える。今回出演がアナウンスされたのはサニーデイ・サービス、クラムボン

never young beach、新MV公開&ツアー・ゲストにキセル、ヨギー決定

never young beach、新MV公開&ツアー・ゲストにキセル、ヨギー決定

6月8日にリリースを迎えるnever young beachの2ndアルバム『fam fam』から、表題曲「fam fam」のミュージック・ビデオが公開。また同作のリリース・ツアーの名古屋・大阪公演のゲストが発表された。 ミュージック・ビデオは「あまり行

never young beach、2ndアルバムから「明るい未来の話」MV公開

never young beach、2ndアルバムから「明るい未来の話」MV公開

never young beachが6月8日にリリースする2ndアルバム『fam fam』から、「明るい未来」のミュージック・ビデオが公開。ミュージック・ビデオにはモデルのkanokoと中村有が出演。ディレクターは前作の「あまり行かない喫茶店で」に続き安

6/12(日)竹原ピストルの対バンはキセル! DJにネバヤン安部

6/12(日)竹原ピストルの対バンはキセル! DJにネバヤン安部

竹原ピストルとキセルの対バンライヴが実現! 6月9日から4日間連続5公演行われる〈宮川企画「マイセルフ,ユアセルフ」〉の全公演に出演する竹原ピストル。 最終公演となる6月12日(日)渋谷TSUTAYA O-nest夜公演の竹原ピストルの対バン相手が未発表

D.A.N.、新作MV第2弾&ツアー詳細発表

D.A.N.、新作MV第2弾&ツアー詳細発表

明日4月20日(水)に1stアルバム『D.A.N.』をリリースするD.A.N.。リリースを目前にアルバム収録曲から「Zidane」のミュージック・ビデオをYoutubeにて公開。さらにリリース・ツアーの全日程を発表した。 「Zidane」はRed Bul

never young beach、2ndアルバム『fam fam』発売決定! 初のワンマン・ライヴも開催

never young beach、2ndアルバム『fam fam』発売決定! 初のワンマン・ライヴも開催

never young beachが1年ぶりとなる2ndアルバム『fam fam』(ファムファム)を6月8日にリリースすることが決定した。 また、初のワンマン・ライヴを行うことも決定した。 アルバム・タイトルにある言葉”fam(ファム)”は、スラング英語

〈SYNCHRONICITY’16〉第3弾でfox capture plan、ヨギー、ネバヤンら決定

〈SYNCHRONICITY’16〉第3弾でfox capture plan、ヨギー、ネバヤンら決定

4月24日(日)に渋谷4会場にて開催される都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY’16〉 その出演アーティスト第3弾が発表された。 第3弾では〈SYNCHRONICITY〉ではお馴染みのfox capture plan、toconoma、JAB

台湾インディー重要バンド2組、森林&落日飛車が日本ツアー開催

台湾インディー重要バンド2組、森林&落日飛車が日本ツアー開催

台湾のインディー・ロック・バンド、森林(FORESTS)と落日飛車(Sunset Rollercoaster)の2組が全国7公演の日本ツアーを行うことが発表された。 今年1月にOGRE YOU ASSHOLEと共に台湾ツアーを開催したことで日本でも知名度

近郊型ゆるフェス〈SLOW DAYS〉開催決定 第1弾にシャムキャッツ、ミツメ、Yogee、ネバヤン

近郊型ゆるフェス〈SLOW DAYS〉開催決定 第1弾にシャムキャッツ、ミツメ、Yogee、ネバヤン

近郊型ゆるフェス〈SLOW DAYS〉の開催が決定した。 開催の季節は4月、お昼からの開催で風と緑の気持ちよい埼玉県・所沢航空記念公園を会場として行われる。 〈SLOW DAYS〉には特に気負ったコンセプトも奇抜なブッキングプランもなし。気持ちよい空間で

Collapse

Articles

OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──

コラム

OTOTOY AWARD 2016──30位〜11位編──

OTOTOY AWARD 2016──OTOTOY特選年間ベスト作品、30位〜11位を発表!その年の音楽総決算、OTOTOY AWARD。今年はジャンルをぶち抜いて、アルバム、シングル含めて総合チャートとして、2016年にイキの良かった50枚を選出しました…

ハイレゾ独占配信! never young beachの2ndアルバム配信&インタヴュー後編公開

インタヴュー

ハイレゾ独占配信! never young beachの2ndアルバム配信&インタヴュー後編公開

“fam”と送る音楽三昧な日々の結実──never young beach、2ndアルバム『fam fam』ハイレゾ独占配信ついにリリースとなったnever young beachの2ndアルバム『fam fam』! OTOTOYではハイレゾ独占配信(もち…

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

インタヴュー

2016年夏の決定盤、never young beachの2ndアルバム予約&先行曲配信スタート! インタヴュー前編も公開

明るい現実との向き合い方──快楽&実行主義なnever young beachの2ndアルバム先行曲配信&予約開始『YASHINOKI HOUSE』をリリースしてから1年。そのトロピカルなフォークロックははっぴいえんどの再来を思い浮かべさせるも、より現代の…

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──

ついに大ブレイク、水曜日のカンパネラ! OTOTOY AWARDS 2015──邦楽ロック / ポップス編──2015年、インディーズとアンダーグラウンドは本当に面白かった。cero以降と言ってもよいだろうYogee New Waves、never you…

日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集

コラム

日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”特集

今こそインディーがおもしろい! YogeeやThe fin.に続き日本の新しいポップ・シーンを切り拓く“新世代バンド”を見逃すな!!今、日本のインディー・シーンがおもしろいことになっている。独自の視点で都市生活における心の機微を綴った歌詞とサウンドスケープ…

never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開

インタヴュー

never young beach、ファースト・アルバムと幻の自主音源配信&インタヴュー公開

2015年にタイプスリップしてきたはっぴいえんど? いや彼らはnever young beach——初作品と幻の自主音源配信&インタヴューYkiki BeatやYOUR ROMANCEらと肩を並べ、にわかに注目を集めているインディ・シーンの新世代。Yoge…