“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集

東京はいつだって文化の発信地だ。新しいもの古いもの、何かが蠢く瞬間を東京はすぐにキャッチする。何かを抱えてこの地にやってきた者、何かを抱えてそこに生まれた者、抱えた何かを葬り去ろうとする者、抱えた何かにまみれてしまっている者。東京はそうした様々な人々の情熱を表現へと還元させてくれるカルチャー・アマルガム・シティと言っていい。

かたや京都は東京よりはるかに長い町としての歴史を抱え、そのあまりに深い伝統と亡霊に時折足元を掬われながらも、常に若く無邪気な息吹が次々とやってきてはその伝統にひるむことなく上書きしていく町。老弱男女が一つになって生活を営み、しかも音楽も他の文化も食生活もが同じ土俵の上にある。それらフラットな土壌の上で定期的に新鮮な風が吹く京都は、文化が蓄積されアップデートされていく町と言えるかもしれない。

そんな文化の東西の文化発信源をそれぞれ拠点とする若き音楽家、バンドが3月3日の渋谷に揃う。さりげなく発表され、さりげなく話題を集めているイベントだが、よくよく考えたらこれは前代未聞級の素晴らしい企画だ。主催者の度量の大きさに感服する。

2010年代以降の東京のフレッシュなフィールドでは《東京インディーズ》なる枠組みが広く自由に解き放たれて久しい。cero、スカート、シャムキャッツ、ミツメ、柴田聡子、トリプルファイヤー、どついたるねんといった世代から、岡田拓郎、吉田ヨウヘイgroup、ROTH BART BARONといったその次のラウンド組、あるいはayU tokiO、ポニーのヒサミツ、1983、ラッキー・オールド・サン、さらには、D.A.N.、ドミコ、FALSETTOS、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ、カネコアヤノ、井手健介、折坂悠太、東郷清丸、石指拓朗……。

京都もTurntable Fims、パイレーツ・カヌー、長谷川健一、吉田省念、キツネの嫁入り、あるいはHomecomings、FULL TEENZ、odd eyes、ムーズムズ、いまはメンバーは京都を離れてしまったがHi,how are you? 、もしくはMadegg、in th blue shirt、TOYOMU、さらにはMadeggとdagshenmaによるAcrylやPolar Mらが作品を出す電子音楽系レーベルのshrine.jp周辺が2010年代以降も地盤を温めている。そこへ、中村佳穂、本日休演、台風クラブ、Seuss、ギリシャラブ、バレーボウイズ、she said、渚のベートーベンズ、はたまた今年《コーチェラ》へ出演するおとぼけビ〜バ〜らがさらに新しい息吹を送り込んでいるという塩梅で……。

なんの脈絡もなく思いつく限り並べてみたものの…… ああ、もう名前をこうして名前を挙げるだけでワクワクする!

この日集結するのはこうした精鋭たちの中のほんの一部ではある。でも、改めて東と西の若い音楽文化を体感するには絶好の機会だ。

3月3日に渋谷で会いましょう。

岡村詩野

>>> こちらもあわせてどうぞ : 矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編

東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉イベント詳細

2018年3月3日(土)@渋谷・TSUTAYA O-nest
時間 : OPEN 13:30 / START 13:55
チケット : 前売3,400円 / 当日3,900円(+1ドリンク別)
※20歳未満の方は受付にて500円キャッシュバック(要身分証明書提示)
※再入場可 / 小学生以下無料

【出演】(五十音順)
石指拓朗 / 折坂悠太 / カネコアヤノ(バンド・セット) / ドミコ / 中村佳穂(バンド・セット) / 西村中毒 / バレーボウイズ / 本日休演 / ラッキーオールドサン(バンド・セット)他

【トークセッション “東京のうた、京都のうた”】
松永良平 × 岡村詩野

DJ】
Mikiki DJs(天野龍太郎、田中亮太 etc.) / 岡村詩野 / 松永良平

【出店】
ココナッツディスク

【Ticket info】
・e+ : 1月15日(月)から
・ローソンチケット : 1月16日(火)から
・O-nest店頭
・ココナッツディスク吉祥寺店

“うたのゆくえ”開催に寄せて──須藤朋寿(Bouquet)

“東京”と“京都”、二つの街。

馴染のレコード屋、通いなれた道、高いビル、乗りなれた電車や地下鉄。田舎から出てきて早10年、住み慣れた東京の街。フォークソングで聴いたあの喫茶店、迷路のような古い町並み、貸自転車、訛り言葉。何故だか妙に親しみと、懐かしさを覚えた、京都の街。

その街の景色や日常が生む音楽もあれば、音楽を介して変わる景色や日常もある。東京にも、京都にも。

全国各地で多くの素晴らしい音楽に出会ってきたこの数年。とりわけ、京都の街、そしてそこで出会った若く誠実な音楽家たちによる“うた”の数々に感銘を受けた。「いつか東京にいる多くの人に届けたい。そして、東京で共鳴する音楽家たちと出会う日がきたら…」そんなことをぼんやりと考えていた。

そしてこの1,2年の間に、全国的な知名度を急速に上げている京都の音楽家たち。そんな数年間の総まとめとして、いまの“東京と京都のうたを紡ぐ”というテーマを掲げたイベントを開催する運びとなりました。東京、京都、それぞれの視点から先を見据える素晴らしい音楽家、ライター、DJ、レコード屋の皆さんと共に、この先の行方を占います。

平成30年春、新しい“うたの時代”の訪れを告げるような一日になることを、そして来てくれた皆さんにとって少しだけ特別な一日になること願って。

須藤朋寿(Bouquet)

〈うたのゆくえ〉出演アーティスト一覧(五十音順)

>>> 石指拓朗
>>> 折坂悠太
>>> カネコアヤノ
>>> 台風クラブ
>>> ドミコ
>>> 中村佳穂
>>> 西村中毒
>>> バレーボウイズ
>>> 本日休演
>>> ラッキーオールドサン

石指拓朗

>>> 石指拓朗 公式HPはこちら

折坂悠太

>>> 折坂悠太 公式HPはこちら

カネコアヤノ

>>> カネコアヤノ 公式HPはこちら

台風クラブ

>>> 台風クラブ 公式HPはこちら

ドミコ

>>> ドミコ 公式HPはこちら

中村佳穂

>>> 中村佳穂 公式HPはこちら

西村中毒


Nishimurachudoku(西村中毒)「ひかり」

>>> 西村中毒 公式HPはこちら

バレーボウイズ

>>> バレーボウイズ 公式HPはこちら

本日休演

>>> 本日休演 公式HPはこちら

ラッキーオールドサン

>>> ラッキーオールドサン 公式HPはこちら

OTOTOYでは出演者の楽曲も配信中!

o

 
 

コラム

いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選
・2018年02月21日・いま聴くべきは、こいつらだ! ──2018年最初の、OTOTOYおすすめ10選 昨年2017年も、CHAIやバレーボウイズ、台風クラブをはじめ、数多くのニュー・カマーが登場し、傑作を生み出すことでインディー・シーンを盛り上げていましたね。さて年は変わって2018年。今年はどんな音楽と出会うことができるのでしょうか?! 2018年に入り、2ヶ月が経とうとしているいま、今年にはいって、すでにリリースされたOTOTOY的おすすめ10選を掲載! 2018年のはじまりはこいつらから! それではいってみましょ〜!! キイチビール&ザ・ホーリーティッツ『トランシーバ・デート』 2018年、まず注目していただきたいのはこちら! “ハッピーサッドの先にあるハッピー”を歌う5人組ロック・バンド、キイチビール&ザ・ホーリーティッツです! Theピーズやホフディランなど、90年代のロック・バンドの影響を感じさせつつも、彼ら独特のユルくて鋭いサウンドを展開するこのバンド、あなたのハートをグッと掴むこと間違いなし! 1stアルバム『トランシーバ・デート』には、現段階の彼らの代表曲「パウエル」をはじめ、ヴォーカルのキイチビールのかわいら
by 鈴木 雄希
“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集
[CLOSEUP]・2018年02月09日・“東京と京都のうたを紡ぐ”イベント〈うたのゆくえ〉特集 東京はいつだって文化の発信地だ。新しいもの古いもの、何かが蠢く瞬間を東京はすぐにキャッチする。何かを抱えてこの地にやってきた者、何かを抱えてそこに生まれた者、抱えた何かを葬り去ろうとする者、抱えた何かにまみれてしまっている者。東京はそうした様々な人々の情熱を表現へと還元させてくれるカルチャー・アマルガム・シティと言っていい。 かたや京都は東京よりはるかに長い町としての歴史を抱え、そのあまりに深い伝統と亡霊に時折足元を掬われながらも、常に若く無邪気な息吹が次々とやってきてはその伝統にひるむことなく上書きしていく町。老弱男女が一つになって生活を営み、しかも音楽も他の文化も食生活もが同じ土俵の上にある。それらフラットな土壌の上で定期的に新鮮な風が吹く京都は、文化が蓄積されアップデートされていく町と言えるかもしれない。 そんな文化の東西の文化発信源をそれぞれ拠点とする若き音楽家、バンドが3月3日の渋谷に揃う。さりげなく発表され、さりげなく話題を集めているイベントだが、よくよく考えたらこれは前代未聞級の素晴らしい企画だ。主催者の度量の大きさに感服する。 2010
高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編
[POWERPUSH]・2018年01月23日・高橋健太郎、橋爪徹と2017年のハイレゾを振り返り2018年を占う──OTOTOYトピック2018 ハイレゾ編 昨年末より掲載してきた音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ編、アイドル編、J-POP編、ロック編と続き、今回はハイレゾ編。“ハイレゾ音楽制作ユニット”として活動する音楽ユニット、Beagle Kickのプロデューサーであり、オーディオ・ライター、音響エンジニアとしても活動する橋爪徹を迎え、音楽評論家であり、プレイヤー、サウンド・エンジニアも務めるOTOTOYシニア・プロデューサーの高橋健太郎と、2017年のハイレゾ関係の動向を振り返り、今後のハイレゾを取り巻く環境を占う対談を行なった。 ハイレゾってなに? って方はまずはこちらのページをチェックです! ハイレゾ対談 : 橋爪徹 × 高橋健太郎 高橋健太郎(以下、高橋) : 橋爪さんはオーディオ・ライターと録音と、どんなバランスでやっていらっしゃるんですか。 橋爪徹(以下、橋爪) : 現在は週4で働きながら、空いた時間でオーディオ記事を作ったり、OTOTOYでも配信しているBeagle Kickを和田(
てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編
[CLOSEUP]・2018年01月11日・てらいなくポップに振り切る新世代──矢島和義、岡村詩野に訊く、OTOTOYトピック2017ロック編 昨年末からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップ、アイドルに引き続き今回はロック編!! 様々な出来事が起きた2017年、ロック・シーンはどんな一年だったのでしょうか。スカートやミツメなどと縁深いレコード屋・ココナッツディスク吉祥寺店から名物店長・矢島和義、そして音楽評論家の岡村詩野を迎えて振り返ります。対談の最後にはお二人からベスト・ディスク5タイトルを選出していただきました。お読み逃しなく!! もう「インディーだからカッコいい」っていう概念がないインタヴュー&文 : 鈴木雄希 構成 : 阿部文香 ──まず今年ロック・シーンにもいろんなことが起きたと思うのですが、おふたりが感じるキーワードみたいなものってありましたか? 矢島和義(以下、矢島):なんだろう…… 「メジャー」かな。スカートや、どついたるねん、never young beach(以下、ネバヤン)、Yogee New Waves(以下、ヨギー)とかもメジャー・デビューをしたし。あとラブリーサマーちゃんがCMの曲をやったりとか、イ
by 鈴木 雄希
スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』
[CLOSEUP]・2017年12月28日・スカート・澤部渡に訊く2017年に聴きたい旧作&今年の作品、シーンを紐解く『Year in Music 2017』 岡村詩野が講師を務め、音楽に関わるさまざまな表現を学ぶ場『岡村詩野音楽ライター講座』。先日まで開かれていた2017年の10月期では『Year in Music 2017』を共通テーマとし、2017年にリリースされた作品の中からベスト・ディスクを選出し、原稿を執筆してきました。本ページでは、今回の講座の最終回にゲスト講師として登場していただいた、スカートの澤部渡氏と岡村詩野のトークセッションの模様を掲載。さまざまな音楽が生み出された2017年に聴くべき名作について語ってくれています。またライター講座の講座生によって選定された、2017年のベスト・ディスクについてのレヴューも掲載。昨年の音楽シーンの振り返りにもどうぞ! >>『Year in Music 2017』はこちらから!!
2017年J-POPをタワーレコード年間チャートを元に振り返る──OTOTOYトピック2017 POP編
[CLOSEUP]・2017年12月27日・2017年J-POPをタワーレコード年間チャートを元に振り返る──OTOTOYトピック2017 POP編 2017年も残すところあとわずか。今年の音楽トピックをジャンルごとに振り返る「OTOTOYトピック2017」も年内最後の更新となります。ヒップホップ編、アイドル編と続き、今回はJ-POP編。安室奈美恵の引退宣言、彼女のベストアルバムがチャートを賑わせました。大ヒット曲がなかったなんてネットで言われたりもしていますが、実際はどうなんでしょう? そこで、タワーレコードの年間チャート「ベストセラーズ2017」を元に、タワーレコード広報室室長の谷河立朗さん、レーベル事業部長の行達也さんとともに2017年のポップシーンを振り返りました。 2017年J-POPを、タワーレコード年間チャートを元に振り返る タワーレコード・ベストセラーズ2017 邦楽アルバムTOP201. 安室奈美恵 / Finally2. 嵐 / 「untitled」3. 関ジャニ∞ / ジャム4. ONE OK ROCK / Ambitions 5. Suchmos / THE KIDS6. Hi-STANDARD / The Gift7. H
by 西澤 裕郎
宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編
[CLOSEUP]・2017年12月20日・結成・加入・卒業・解散・メジャー進出──宗像明将に訊く、OTOTOYトピック2017アイドル編 今月からスタートした「OTOTOYトピック2017」。ヒップホップの次はアイドル編です。他ジャンルに比べて、活動時期がある程度限られているジャンルだからこそ、日々の喜怒哀楽な情報や発表でアイドル界隈は大いに賑わいました。そんな2017年のアイドル・カルチャーはどんな一年だったのか、音楽評論家の宗像明将とともに振り返ります。今年のアイドル10タイトル選出もありますので読み逃しなく〜。 ライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年 インタヴュー & 構成 : 田尻菜穂子──2017年のアイドル界隈、ざっくり言うとどんな一年でしたか。 去年は欅坂46の圧勝でしたし、今年も私はNGT48の「世界はどこまで青空なのか?」のMVを何度となく見たのですが、巨大資本の圧勝というムードで終わらなくて良かったなと思いますね。フィロソフィーのダンスの活躍も目立ちましたし。ただ、「資本」というと「ラストアイドル」にライヴ・アイドル・シーンが掻き回された一年でもありましたね。あと、男性アイドルシーンの活性化も感じました。二丁目の魁カミング
【最大50%オフ】ファイナルファンタジー30周年記念!──高音質サントラが期間限定プライス・オフ!
[CLOSEUP]・2017年12月20日・ファイナルファンタジー・シリーズ30周年記念!──高音質サントラが期間限定、最大50%プライス・オフ! スクウェア・エニックスの大人気ゲーム〈ファイナルファンタジー〉は2017年でシリーズ30周年! それを記念しOTOTOYでは12月20日(水)より3週間、歴代人気シリーズのサウンドトラックの最大50%プライス・オフがスタート! そして今までハイレゾでは未配信だったタイトルもカタログに新規追加! 最新作から懐かしのあのタイトルまで...ぜひこの機会をお見逃しなく! 期間 : 2017年12月20日(水)〜2018年1月9日(火) ご購入の際の注意点プライス・オフ価格は期間内(2018年1月9日(火)まで)に決済した商品まで適応されます。割引期間内にカート挿入しただけでは適応されません。決済のタイミングが上記時間から外れた場合は通常の価格が適応されますのでご注意ください。(12:01以降の決済では割引価格が適応されません)アルバム購入のみプライス・オフが適用されます。 プライス・オフ対象アルバムはこちら! FINAL FANTASY ORCHESTRAL ALBUM 【配信形態】24bit/96kHz(W