折坂悠太

Pop

Discography

People who bought this artist's album also bought

Popular albums of same genre

News

東西のうたを紡ぐ〈第二回 うたのゆくえ〉、出演日割り&第三弾出演者発表

東西のうたを紡ぐ〈第二回 うたのゆくえ〉、出演日割り&第三弾出演者発表

「東西の“うた”を紡ぐ」というテーマを掲げ、3月30日(土)、31日(日)の二日間、京都・VOXhall(3ステージ)を会場に開催される〈第二回 うたのゆくえ〉。その第三弾出演者が発表となった。 今回追加発表となったのは、先日行われたキネマ倶楽部でのワン

表紙・巻頭にあいみょん、バックカバーにKing Gnu『 ぴあMUSIC COMPLEX ( PMC ) Vol.12 』 好評販売中

表紙・巻頭にあいみょん、バックカバーにKing Gnu『 ぴあMUSIC COMPLEX ( PMC ) Vol.12 』 好評販売中

『ぴあMUSIC COMPLEX(PMC) Vol.12』 が発売となっている。 表紙&巻頭特集にあいみょんが登場。 昨年は『第69回NHK紅白歌合戦』への初出場も果たすなど、 今や若者のみならず幅広い世代から支持されている。 2月4日付オリコン週間スト

後藤正文が主催する”APPLE VINEGAR -Music Award-”ノミネート作品を発表

後藤正文が主催する”APPLE VINEGAR -Music Award-”ノミネート作品を発表

昨年、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION/Gotch)が「少しでも音楽にまつわる何かが盛り上がれば、意味があるんじゃないかな」という気持ちでスタートさせた、新進気鋭のミュージシャンが制作したアーティストに送られるアワード、APPL

アジカンのツアーにTempalay、ホムカミ、折坂悠太、MONO NO AWARE、ROTH BART BARONら全7組参加

アジカンのツアーにTempalay、ホムカミ、折坂悠太、MONO NO AWARE、ROTH BART BARONら全7組参加

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが全35公演におよぶツアー〈ホームタウン〉を開催。ライヴハウスを舞台にしたツアー前半戦に参加するフロントアクトが発表された。 ツアーに参加するのは、Age Factory、Homecomings、ROTH

折坂悠太、角銅真実、東郷清丸ら6組が「新しい試みにトライする」新イベント開催

折坂悠太、角銅真実、東郷清丸ら6組が「新しい試みにトライする」新イベント開催

ライヴ・イベント〈on the border〉が12月15日(土)に江ノ島OPPA-LAにて開催される。出演者は、折坂悠太、角銅真実、東郷清丸、荒井優作、ermhoi、hirotomo kauaiの6組。 企画のコンセプトは、「全出演者が新しい試みにトラ

カクバリズム Presents〈Quiet Spark #3〉、2019年1月12日(土)渋谷CLUB QUATTROにて開催決定

カクバリズム Presents〈Quiet Spark #3〉、2019年1月12日(土)渋谷CLUB QUATTROにて開催決定

2019年1月12日(土)渋谷QUATTROにて、カクバリズム主催イベント〈Quiet Spark #3〉の開催が決定した。 2008年より不定期で開催しているこちらの企画が、久しぶりに2019年の年始に開催される。出演はcero髙城晶平のソロプロジェク

View More News Collapse
『奇妙礼太郎 × 折坂悠太』年明け1月24日にLa.mamaにて2マン・ライヴ開催

『奇妙礼太郎 × 折坂悠太』年明け1月24日にLa.mamaにて2マン・ライヴ開催

2016年に〈ワーナーミュージック・ジャパン〉よりメジャー・デビューを果たし、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのヴォーカルとしても活動中のバンドマンでありロック・ヴォーカリスト奇妙礼太郎と、ルーツ・ミュージックに新たな息吹を与え、世代も

折坂悠太、最新作『平成』より「さびしさ」のミュージック・ビデオを公開

折坂悠太、最新作『平成』より「さびしさ」のミュージック・ビデオを公開

折坂悠太が本日リリースした最新作『平成』より「さびしさ」のミュージックビデオを公開。 多くのアーティスト/クリエイターからアルバムに寄せたコメントも到着した。 映像監督は小原譲(DRAWING AND MANUAL)。折坂とはCM制作の仕事をきっかけに出

折坂悠太、10/3発売の新アルバム『平成』よりRAMZAを招いて制作された表題曲「平成」MV公開

折坂悠太、10/3発売の新アルバム『平成』よりRAMZAを招いて制作された表題曲「平成」MV公開

折坂悠太が10月3日にリリースする最新作『平成』より表題曲となる「平成」のミュージック・ビデオを公開した。 表題曲「平成」は、折坂のバンド編成名義「折坂悠太(合奏)」のサポートメンバーでの生演奏を元に、名古屋のトラックメイカーRAMZAが再構築して制作を

折坂悠太、新作アルバム『平成』より「さびしさ」が9月13日J-WAVEで初オンエア

折坂悠太、新作アルバム『平成』より「さびしさ」が9月13日J-WAVEで初オンエア

ルーツ・ミュージックに新たな息吹を与え、世代もジャンルも超越した歌を響かせるアーティスト、折坂悠太。 10月3日にリリースされる最新作『平成』よりリード曲となる「さびしさ」が9月13日朝放送のJ-WAVE TOKYO MORNING RADIOにて初オン

ブルーズや民族音楽、ジャズの要素を取り入れポップスに昇華した折坂悠太の最新作『平成』が10月3日にリリース決定!

ブルーズや民族音楽、ジャズの要素を取り入れポップスに昇華した折坂悠太の最新作『平成』が10月3日にリリース決定!

ルーツ・ミュージックに新たな息吹を与え、世代もジャンルも超越した楽曲を独特の歌唱法で歌い上げるアーティスト、折坂悠太。宇多田ヒカルや後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION) 、小山田壮平 (andymori、AL) など多数ミュージ

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

〈ボロフェスタ2018〉第1弾でtoe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ、リミエキ×ロ吉、折坂悠太、台風クラブ、ベランダ、ホムカミら29組決定

2018年10月26日(金)27日(土)28日(日)の3日間にわたり、京都で開催される音楽フェス〈ボロフェスタ2018〉。 その出演アーティスト第一弾が発表された。 今回アナウンスされたのは、toe、Polaris、King Gnu、カネコアヤノ(バンド

折坂悠太、人気曲「馬市」を7インチ・レコードで発売 オオルタイチによるリミックスも収録

折坂悠太、人気曲「馬市」を7インチ・レコードで発売 オオルタイチによるリミックスも収録

〈FUJI ROCK FESTIVAL 2018〉や〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO〉にも出演が決定し、今注目を集めているアーティストのひとり、折坂悠太。 唯一無二の歌い手として、多くの識者から関心を寄せられる彼

”東京と京都のうたを紡ぐ”イベント「うたのゆくえ」ひとりキイチビール&牧野ヨシ出演決定 タイムテーブルも発表

”東京と京都のうたを紡ぐ”イベント「うたのゆくえ」ひとりキイチビール&牧野ヨシ出演決定 タイムテーブルも発表

3/3(土)、渋谷TSUTAYA O-nestで開催される、京都と東京という2都市における“うた”にフォーカスしたイベント「うたのゆくえ」。 その全出演者とタイムテーブルが発表となった。 既に発表されている、石指拓朗、折坂悠太(合奏)、カネコアヤノ(バン

”東京と京都のうたを紡ぐ”イベント「うたのゆくえ」に折坂悠太とドミコが追加出演

”東京と京都のうたを紡ぐ”イベント「うたのゆくえ」に折坂悠太とドミコが追加出演

3/3(土)に渋谷TSUTAYA O-nestで開催される、京都と東京という2都市における“うた”にフォーカスしたイベント「うたのゆくえ」。 その全出演者が発表となった。 最終発表で追加されたのは、圧倒的な歌唱で多くのアーティストから称賛の声を集める孤高

Gotch創設の音楽アワードに折坂悠太、CHAI、PUNPEEら10作品ノミネート

Gotch創設の音楽アワードに折坂悠太、CHAI、PUNPEEら10作品ノミネート

GotchことASIAN KUNG-FU GENERATIONのVo.Gt後藤正文が創設した音楽の新人賞「Apple Vinegar Award」の特設サイトがオープンし、2017年のノミネート10作品が発表された。 Apple Vinegar Awar

笹口騒音〈笹フォークジャンボリー〉最終出演者発表!折坂悠太、たかはしほのから追加

笹口騒音〈笹フォークジャンボリー〉最終出演者発表!折坂悠太、たかはしほのから追加

3月21日に東京・上野水上野外音楽堂で開催される笹口騒音主催〈笹フォークジャンボリー2018〉。 その最終出演者が発表された。 追加で発表されたのは折坂悠太、小棚木もみじ、たかはしほのか(リーガルリリー)、円庭鈴子の4組。すでに発表されている笹口騒音、呂

折坂悠太、17ヶ所を巡る弾き語り投げ銭ツアー開催決定

折坂悠太、17ヶ所を巡る弾き語り投げ銭ツアー開催決定

折坂悠太が、全17カ所を巡る弾き語り投げ銭ツアーの開催を発表した。 小山田壮平、GONTITI、後藤正文、寺尾紗穂、坂口恭平らが賛辞を送る本格派シンガーソングライター、折坂悠太。 今回は、1月17日リリースの新作ミニアルバム『ざわめき』を引っさげて17ヶ

折坂悠太、1月リリース予定のミニアルバム『ざわめき』より「芍薬」MVを公開

折坂悠太、1月リリース予定のミニアルバム『ざわめき』より「芍薬」MVを公開

折坂悠太が、新たに「芍薬」MVを公開した。 折坂悠太は、小山田壮平、GONTITI、後藤正文、寺尾紗穂、坂口恭平らが賛辞を送るシンガーソングライター。 今回は、2018年1月17日にリリースする新作ミニアルバム「ざわめき」から、新たな始まり予感をさせるリ

SSW折坂悠太、初のバンド編成によるスタジオ作『ざわめき』リリース決定

SSW折坂悠太、初のバンド編成によるスタジオ作『ざわめき』リリース決定

小山田壮平、GONTITI、後藤正文、寺尾紗穂、坂口恭平らが賛辞を送る本格派シンガーソングライター、折坂悠太。 日常の瞬間をシネマティックに掬い上げ、全ての人の心を掴むソウル・ミュージックをたずさえて、新作EP「ざわめき」を2018年1月17日にリリース

Nozomi Nobody&根津まなみ主催のフェス〈下北沢CIRCUS FES 2017〉タイム・テーブルを発表

Nozomi Nobody&根津まなみ主催のフェス〈下北沢CIRCUS FES 2017〉タイム・テーブルを発表

10月28日(土)に下北沢のCIRCUSと世田谷カトリック教会の2会場で行われる〈CIRCUS FES 2017〉のタイム・テーブルが発表された。 〈CIRCUS FES 2017〉は“下北沢一小さな音楽フェス“ともいわれ、シンガー・ソングライターのNo

折坂悠太、平櫛田中邸で収録のライヴ映像2本公開

折坂悠太、平櫛田中邸で収録のライヴ映像2本公開

折坂悠太が、本日、2本のライヴ映像を公開した。 公開されたのは、平櫛田中邸で収録されたライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』より「口無し」、そして平櫛田中邸で収録されたがアルバム未収録のキャンディーズ楽曲

折坂悠太、彫刻家・平櫛田中旧邸収録のライヴ盤『なつのべ』をリリース

折坂悠太、彫刻家・平櫛田中旧邸収録のライヴ盤『なつのべ』をリリース

折坂悠太が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリースする。8月18日(金)、代官山・晴れたら空に豆まいてで開催するワンマン・ライヴより販売が行われる。 平櫛田中は

松井文 2ndアルバム『顔』よりモロ師岡出演のMV公開

松井文 2ndアルバム『顔』よりモロ師岡出演のMV公開

平成元年うまれのフォークシンガー松井文が4月26日に発売する2ndアルバム『顔』。 その収録曲「いつになったら」のミュージック・ビデオが公開された。 このMVには、『キッズ・リターン』『シン・ゴジラ』など多くの映画・テレビドラマへの出演で知られる俳優・モ

Collapse

Articles

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

レヴュー

折坂悠太「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評

平成生まれの奇才SSW、折坂悠太の「さびしさ」を読み解く──「岡村詩野音楽ライター講座」より合評ルーツ・ミュージックに新しい風を吹き込み、宇多田ヒカルや後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、小山田壮平(AL、ex : andymor…

音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載

インタヴュー

音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載

音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から…

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー…