多彩なミュージシャンを迎えた“出来事”。アナ、2人体制で再確認したポップスの“イメージ"

京都のインディー・レーベルSecond Royal Recordsからアナの5thアルバム『イメージと出来事』がリリース!! 前作『HOLE』をリリース後、2011年末にドラマーのNOMAが脱退。ふたりになった彼らが届けてくれた新作には、YeYeアニス&ラカンカ、タノシオリ(saltlee)、谷健人(Turntable Films)などなど、多くのミュージシャンが迎えられ、"ふたり"という枠からも抜け出していた。

ふたりになって、あらためてバンドのアイデンティティが"メロディと詞"だと再確認し、それを活かすために選んだ道。Turntable Filmsの谷健人がベースで参加した朗らかなホーン・サウンドが絡む、ダンサブルなソウル・チューン「妙な季節」や、YeYeとのロマンチックなハーモニーが際立つ「かなしみのこちら側 feat.YeYe」など、より豊かな表現に彩られた11曲。アナの真骨頂といえる、ポップ・アルバムの誕生です。


アナ / イメージと出来事

【配信価格】
wav 単曲 250円 / まとめ購入 2,000円
mp3 単曲 200円 / まとめ購入 1,800円

【Track List】
01. 永遠だったかもしれない / 02. 下弦の月 / 03. 妙な季節 / 04. かなしみのこちら側 feat.YeYe / 05. サヨナラの位置 / 06. コピーのように / 07. モーニングベル / 08. 荒野でコーヒーを ~follow you~ / 09. 長いお別れ / 10. 渚にて / 11. ハイライト

【ゲスト・ミュージシャン】
YeYe / アニス&ラカンカ / タノシオリ(saltlee) / 谷健人(Turntable Films) / 嶋岡良介(I HATE MONDAYS) / 有田恭子 / 高垣空斗 / 植木晴彦 etc

INTERVIEW : アナ

2011年末にドラムのNOMAが脱退し、2人体制になったアナ。しかしながら、それでもバンドとしての歩みが止まってしまうことはなかったようで、サポート・メンバーの人選、構成など再出発には多少の時間がかかったものの、メンバー曰く「やりたいことは見えてたので、それを実現するための動きをしてた」とのこと。かくして完成した約3年ぶりの新作『イメージと出来事』はまさにマスターピースと言える、過去最高のポップ・アルバムとなった。

数多くのゲスト・ミュージシャンの参加、ブラスセクションや鍵盤をはじめとする華やかなアレンジ、ジョン・デイヴィス(U2、Paul Weller、The Stone Rosesほか)によるマスタリングなども心躍るポイントであるが、何よりすばらしいのはアナの持ち味が存分に生きた仕上がりになっていることだ。インタビューではその強みについて、重点的に話を聞いた。

従来までのサンプリングも一切なし。センチメンタルやノスタルジックという言葉に収まらない深みのあるこのアルバム。四季折々の風景や日本的な情緒も楽しみながら聴いてみてほしい。

インタビュー&文 : 田山雄士

流行りを追いかけたり、そういうのと勝負したりするんじゃなくて

——アナは結成が1997年だから、同郷のバンドで言うとMO'SOME TONEBENDERといっしょなんですよね。もちろん年齢は違いますけど、活動期間としては。

大内篤(Gt、Cho) : あははは! それはさすがに恐れ多いですけどね。

大久保潤也(Vo、Gt、Sampler) : 普通に福岡でライヴ観に行ってましたから(笑)。

——でも、もう立派な中堅だと思います。そんなバンドが長い活動期間を経て、5枚目でこういう豊潤なアルバムを完成させたことはとても感慨深いというか。おふたりにとっても、いままでにはない質感の特別な1枚になったんじゃないですか?

大久保 : ありがとうございます。現実的なところでドラムがいなくなってしまってメンバーが変わったし、いままでの流れからは違う作品にはなりますよね。だけど、もともと結成当初はふたりだったし、自分たちとしては元に戻ったような感覚も強いんですよ。バンドを続ける中で余計なものが落ちて、ずっとやりたかったことがやっとできました。マインドが最初の中学生くらいに立ち返れたというか、いろいろ悩まずに好きなことをやろうと。3人のときはバンドっていう意識がすごくあって、そのメンバーで出せる音を出そうとしてたんです。だから、やれることが若干絞られてて。

大内 : ギターやドラムの出す音のキャラクターとかね。要は3人っぽいサウンドにする縛りですね。

大久保 : アナってこう思われてるだろうからこれはナシとか、なんかいろいろ悩んじゃってた面もありました。ファーストを出した頃は周りにもいなかったせいか、自分たちではそんなつもりさらさらないのに、エレクトロ・ポップとかテクノ・ポップとかよく言われてて。で、そのイメージがたぶんずーっと続いてて、そういう曲を期待されてる感がありましたね。もちろん、好きではあったんですけど。

——かと言って、自分たちがロック・バンドだとも思ってない?

大内 : 考えたことないよね(笑)。

大久保 : まったくない(笑)。ロックじゃないと思ってます。3人の絆や信頼はもちろんあったけど、熱いケンカとかしなかったし。

大内 : 本当に仲よくやってる感じ。

大久保 : まー、いまこんなふうに言ったものの、確かにライヴ・ハウスとかではロック・バンドとして捉えられますね。そうなると、本当はポップがやりたくてもできなくなる。ポップはすごくナメられるというか、軽く見られるじゃないですか。だから、ロック・バンドっぽい意識で、曲もポップになりすぎないようにアレンジしたり、奇抜な恰好をしてみたり、ドリルで弾いてみたり(笑)。っていうのを敢えてやってたところがあったんですけど、前作を出したあとくらいから日本語の歌ものをやるバンドも増えてきて、それに関しては10年以上やってきた自負があるし、むしろ誇っていいんだなって。そう思えて、吹っ切れましたね。今回はひたすらポップをやりました。

左から大内篤(Gt、Cho)、大久保潤也(Vo、Gt、Sampler)

——まさに、ポップに振り切ったアルバムになりましたよね。

大久保 : いま、音楽の寿命ってすごく短いじゃないですか。リリースして1年経ったら、もう誰も聴いてないんじゃないかみたいな。でも、自分たちが学生時代に聴いてたCDとかはいまだに聴けるから、そういう10年後にも聴けるような普遍的なものを作りたいっていう話は、コンセプトとして早い段階からしてました。

大内 : ドラムが抜けた時点で、2つの選択肢があったんですよ。打ち込みっぽいのを増やして、2人だけでガッツリやれるものにするか。それとも、もっといろんな人を呼んで作るスタイルにするか。そのときに、やっぱりずっと聴けるような音楽をやりたいよねっていう話になりました。流行りを追いかけたり、そういうのと勝負したりするんじゃなくて。いつまでも聴ける音楽を作るために、ふたりでできることしかやらないんじゃなく、必要に応じて誰かの力を借りる。今回はそれが自然にできて、アナとしての変わらない色は出せてると思います。

大久保 : バンドであるという意識がいい意味で取れたところで、自分たちの強みは何だろうってなったときに、メロディと詞だと思ったんです。なので、それがいちばん伝わりやすいように曲を完成させていきました。今までの僕らだったら、上手いピアノを入れたりYeYeをフィーチャリングしたりとかもあり得なかったんですけど、メロディと詞に最もふさわしいものをかなり客観的に選択するようにしましたね。あとは、詞がネガティヴな内容の場合に曲をダンサブルにしてバランスを取るみたいな、サウンドまでまとめて考えるのはもうやめようと。とにかく、メロディと詞を生かすのを最優先に楽曲制作を進めました。

——あらためて、どんなメロディと詞がアナの持ち味だと思いますか?

大内 : それは僕の方が説明できるかな。大久保の歌詞がよくある日本のものと違うって感じるのは、そんなに一文で具体的な何かを伝えてない点ですよね。日記っぽくは一切ないし、一行に考える余地がたくさんあると思うんですよ。なおかつ、言葉数も少ない。そういうのは今あまり聴かないし、個性なんじゃないかな。ただ、実際のところ、前作までの大久保の詞は自分に起きた現実がベースになってたので、なるべく認識しないようにしてたんです。近くにいる僕には具体的にわかっちゃうから。でも、今作はそこがすごく変わってて、大久保が僕にもわからないことを書いてる。創作というか、いろんなモチーフがあって、現実とはかけ離れたものを詞にできてる。どこでも聴ける、いつになっても聴ける強度があるのは、たぶんそのへんが大きいんじゃないかと。

大久保 : 単純に楽しいとかハッピーみたいなことは歌う気にならなくて、基本的にはどっちかと言うと後ろ向きなことの方が書きたいんですよ。でも、決してネガティヴなわけじゃなくて、そこに感じられる美しさを歌ってるんです。大内が言ったとおり、これまでは実体験を基にした歌詞がほとんどで、そうじゃなきゃ嫌なくらいでしたね。それが今回は——タイトルが『イメージと出来事』になったのはそのせいなんですけど——半分以上は空想で歌詞を書いたり、映画や小説からヒントを得たりして、自分に起こったことに関してもちょっと俯瞰してるんです。すごく悲しい現実の出来事も映画を観てる感覚で書いてみたりとか。作詞の方法としては新しかったし、進歩できたのかなと。とはいえ、聴いてくれた人は大久保の歌詞だって思ってもらえるはずです。感動するものは変わってないので。

——メロディに関してはどうですか?

大内 : これは正解かどうかわからないですけど、曲の中にあまり無理がないっていうか。たとえば、こんないいサビができたから、それに何かしらのAメロ、Bメロをくっ付けるみたいな作り方をしてないところですね。サビのあとにほかの部分を聴くと、“どうしてこう繋がったんだ?"ってツッコミたくなるような、メロディの協調性がない曲って多いじゃないですか。大久保の場合は始まりから終わりまでちゃんと作ったんだなって思える。

——確かに整合性があるし、曲の展開がナチュラルですよね。前作の曲ですけど、「ランデブー」はそういう面が際立ってて、今回のアルバムに近い世界観がある曲だと思いました。〈今は憶えてないけど忘れられない出来事なんです〉っていう歌詞もそうだし、あの曲に漂う儚い感じを、より大切に紡いで、アルバムを通して昇華したのが本作なのかなって気もしてて。

大久保 : あー、なるほど。意識してなかったですけど、「ランデブー」は前作の完成間際にできた曲だし、似たものが表われてるかもしれないですね。世界観は自分の中ではわりと一貫してるんですよ。日本語でずっと歌い続けてるのも、日本人の感性がいいなって思ってるからで。正月も海外はパーティーをするじゃないですか。でも、日本は鐘を打って静かに過ごす。そういう正月や盆の雰囲気が好きだし、花が散るのを楽しむとかもそう。日本人のソウルって言うんですかね。ある意味、J Soul Brothersです(笑)。

大内 : いやいや、それは違うやろ(笑)。

すべての嘘(イメージ)も本当(出来事)もいっそ映画のように俯瞰して作品にする

——今回のアルバムは“イメージと出来事"を記録するような意味合いが強いんですか?

大内 : すぐ忘れちゃうんですよ、最近。

大久保 : 記憶力が衰えてきて(笑)。

——と言うと?

大久保 : なんて言うんだろうなぁ。たとえば、何か映画を借りてきて、はじめて観るやつだと思ってたら、「あれ? コレ観たことあるな」って。しかも思い出すと、めっちゃ好きだった子と観たやつだったりするっていう。なんか自分の中ではやたらと美化してるけど、実際の記憶としてはどんどん薄れていってることが多いなって感じたんです。逆に言うと、それってどんな出来事も捉え方によってはすごい思い出になる。なので、記録するというよりは、すべての嘘(イメージ)も本当(出来事)もいっそ映画のように俯瞰して作品にするってことですね。あまり感情的にならずに。

——“忘れられない"って思ってるのに意外と忘れてること、ありますよね。

大久保 : 山田太一の『冬の蜃気楼』っていう小説を読んで、そのへんのことを実感させられたんです。全体的な雰囲気はそこからインスパイアされてますね。登場人物が3人(女1人、男2人)いる青春小説で、まずは10代、20代の頃の話があって、20年くらい経ったあとに3人が再会するんですけど、3人とも記憶にズレがあるんですよ。1人が重要な出来事として捉えてた思い出が、「そんなことあったっけ?」みたいな感じになってて、それが僕にとってはリアルに思えて。いま、僕が大事にしてる出来事も、時が経てばおそらく嘘に近いほどに変わってるんじゃないかなって。となると、想像で歌詞を書いても、聴いた人の捉え方によっては現実と同じくらいの大切な出来事になれる気がしたんですよね。

——話を聞いてると、年齢的なものも大きく影響してるような。

大内 : 年齢はだいぶ関係してますねぇ。

大久保 : 30を超えたのがね。

大内 : 行間や余白がある。20代のころの方がわかりやすいセンチメンタル感だった。

大久保 : 昔の曲を聴くと、センチメンタルやなーって感じだもんね。コイツ、ナイーヴだなぁ。ボロボロやなーみたいな(笑)。

——「ハイライト」では、ついに〈もう子供じゃない〉って歌ってますもんね。

大久保 : あははは! そう、ついに言ってしまった(笑)。

——「コピーのように」の〈つづいてるこの道が下るだけの坂でも 君となら緩やかに下っていきたい〉〈いつか動かなくなるまで〉も、枯れた魅力があってびっくりしました。大久保さんの死生観みたいなものがじんわり見えてくるんですよね。

大久保 : それこそ、日本の美学として思ってるところで、死を大事にしてるというか。意識的に渋く書いたわけじゃないですけど、新しい面が自然に出てるのかもですね。

——プロデュースは前作に引き続いて上田修平(Rufus)さんですが、新たな注文や要望は何かしら出したんですか?

大久保 : あまりギミックを入れずに、メロディと歌詞を立たせるっていうコンセプトを伝えた上で、ホーンとかはしっかり生で録ること。あとは、最終的に古くさくならないものにしたかったので、シンセの音選びなんかには後々になっても浮かないように気を遣ってもらいました。

——ゲストも多く参加してて、女性ヴォーカルやコーラスを多く取り入れてますね。

大久保 : 女性ヴォーカルは前から入れたかったんですけど、やっぱりバンドの意識を優先して敢えてフィーチャーしてなかったんですよね。でも、今回は楽曲優先で考えて、女の人が歌ってるのが見える曲には誰がしっくりくるかを想像して、積極的にオファーしました。「かなしみのこちら側」はYeYeに歌ってもらうのがふさわしいと思ったから、そのためにキーまで変えてます。

——「永遠だったかもしれない」でのアニス&ラカンカのドゥワップ調のコーラスも新鮮でした。

大久保 : こういうのはなかったですよね。今作はソウルを聴いて参考にしてるから、その影響が随所に表われてます。あのコーラスはデモの段階で入ってたんですけど、アレンジを考えたときに女性でやりたいって思いました。見汐(麻衣)さんは福岡出身で以前も僕らの作品に参加してくれてたし、アニス&ラカンカのハーモニーは音源を聴いても抜群だったので。とてもいい仕上がりになりました。

——Turntable Filmsの谷健人さんのベースもすばらしいですね。特に、先行シングルにもなった「妙な季節」でのプレイは曲にいい弾みを付けてて。

大内 : すごくいいですよね。曲がある程度できた段階で、谷くんに弾いてもらいたい、アレンジしてもらいたいって思ったんです。仮のベースは入れてたんですけど、もっと本格的なものにしたくて、彼が合うだろうなって。

大久保 : 「妙な季節」はいままでじゃ絶対にできなかったタイプの曲ですね。曲自体は書けてたかもしれないですけど、ああいう方向に完成できなかったと思うんですよ。プレイにしても歌にしても、表現力がアップしたものになりました。


アナ / 妙な季節

——アレンジも過去最高に華やかですけど、そんな中で大内さんはどういうアプローチを心がけましたか?

大内 : さっきも言ったとおり、以前は詞とあまり関係ないところでギターを弾いてたんですけど、ちゃんと曲の世界観に沿っていきたいなと思いました。だから、目立つフレーズをみたいなことは考えなかったし、バンドらしくギター・リフっぽいものを入れようとかもなかったですね。詞を意識した弾き方をしてるつもりです。

——そうですね。「モーニングベル」「長いお別れ」も音数が少なくても、エキゾチックかつラグジュアリーな雰囲気がうまく出てますし。

大内 : この2曲ではエレキ・シタールを使ってます。「妙な季節」も派手な印象があるかもしれないんですけど、あれのAメロなんてやっぱりなかったテイストで。Aメロに関してはドラムとベース、ギターも1本だし、その上で大久保が歌ってる。いままでだったら何かしらちょっとしたシンセが鳴ってたりしたのが、バサッと切るところを切れてるのがいいですね。前作の名残りが見えたら「そういうのはもうやらなくていいと思うよ」ってダメ出しするようにしてましたから。

——前作では、海外シーンとの共振を意識したりもしてましたもんね。

大久保 : インディ・ロック的なところに移籍したし、そういう音も入れようとか。レーベルとして初の日本語詞アーティストだったのもあって、何かと考えるポイントはありましたね。

大内 : 今回はもう、Second Royal Recordsっぽさがなくてもいいやって。

大久保 : ここ3年くらいでセカロイもメインはバンドになってきましたしね。そういった中でしっかり看板でいられる存在ならいいのかなと。

——最終的に、ポップスと言える楽曲群がこうして揃ったわけだし。

大久保 : 10年経っても聴けること、メロディと詞を存分に立てることを意識して、余計な部分を削ぎ落としつつ、“2人になってもアナ"っていうものを目指していったら、結果としてポップスだった感じです。やりたいことを素直にやれた。いままでで1番やれましたね。自分たちだけじゃやれないことはいろんな人が手伝ってくれたし。

大内 : ポップなものを作りたい思いはずっと昔からあって、それができたアルバムだから、本当に長く聴かれてほしいですね。

大久保 : うん。長く聴いてもらうことにこだわって作ったのは初めてだし、「妙な季節」はまさにそういう普遍性を歌った曲でもありますしね。色あせない自信作ができたと思います。

過去作はこちら

アナ / HOLE

サンプリング・ミュージックからの発展を遂げたダンサブルなサウンド・アレンジ、センチメントな唄心、真っ直ぐ染み入る歌詞、そしてカラフルなハーモニーがこれでもか! と押し寄せる。踊れるのに切ない、珠玉のエレクトロニック・ポップ・ミュージック。

>>特集ページはこちら

Second Royal Records

Turntable Films / LIVE

Turntable Filmsが初のライヴ・アルバム。2012年暮れから今年初頭に開催されたワンマン・ツアーから、選りすぐりの17曲を収録した今作。バンド・メンバー3人に、地元・京都で活躍する手練のアーティスト5人が加わった、8人編成での演奏です。グロッケンシュピールやマンドリン、ラップ・スティールなどが彩る柔らかなアンサンブルによって、バンドの突出した魅力であるソングライティングの良さがあますところなく表現された、芳醇な香り漂うライヴ・アルバムになっています。

Homecomings / Homecoming with me?

ヴォーカル&ギター、ベース、ドラムの女子3名&リード・ギターの男子1名、京都の大学のフォークソング部内にて結成され「80'S洋楽ヒット、世界各国のインディポップ、クリスマスソングの影響を受けた」という4人組。抜群のメロディと女の子全員でハモりまくるコーラスワーク、部活内で培われたという意外にも骨太なサウンド、とにかくフレッシュな感性が弾けまくったファースト・ミニ・アルバム。まるで青春の中の一瞬を切り取ったかのようなキラキラと眩しすぎる一枚!!

HOTEL MEXICO / Her Decorated Post Love

ワールドワイド・デビューを果たし、アメリカツアーも大成功を収めるなど、世界規模での活動と盛り上がりを見せるHOTEL MEXICO。PitchforkやFADERを始めとした海外メディアからの高い評価に加えて、bounce誌の洋楽特集にジェームズ・ブレークやトロイモワ等と、同誌の邦楽特集にもceroやシャムキャッツ等と共に「今後ブレイクが期待されるアーティスト」として紹介された。国内での盛り上がりも高まる中でリリースされる、前作から約2年半ぶりとなる全曲新録のセカンド・アルバム。

LIVE INFORMATION

アナ「イメージと出来事」リリースツアー "2014年の出来事"

2014年2月22日(土)@新代田FEVER
開場 18:00 / 開演 18:30
出演 : アナ、Chocolat & Akito、Small Circle of Friends
前売 : 3,000円(別途ドリンク代)
問い合わせ : 新代田FEVER (03-6304-7899 / http://www.fever-popo.com/)
企画・制作 : SECOND ROYAL RECORDS

※チケット発売日 : 2014年1月29日(水))
プレイガイド : ローソン(L:70258)、e+、FEVER店頭販売
アナ・オフィシャル・ページ予約 : http://www.a-naweb.net/#contact

2014年3月23日(日)@京都METRO
開場 18:00 / 開演 18:30
LIVE : アナ、YeYe
前売 : 2,500円(別途ドリンク代) / 当日 : 3,000円(別途ドリンク代)
問い合わせ : 京都METRO (075-752-2787 / http://www.metro.ne.jp/)
企画・制作 : SECOND ROYAL RECORDS

※チケット発売日 : 2014年1月29日(水)
ぴあ(Pコード:223-831)、ローソン(Lコード:52343)、e+ (http://eplus.jp/)
アナ・オフィシャル・ページ予約 : http://www.a-naweb.net/#contact

2014年4月26日(土)@梅田Shangri-La(ワンマン)
開場 18:00 / 開演 18:30
前売 : 3,000円(別途ドリンク代)
問い合わせ : サウンドクリエーター (06-6357-4400 / http://www.sound-c.co.jp)
企画・制作 : SECOND ROYAL RECORDS 主宰 : SOUND CREATOR

※オフィシャルHP先行 : 2014年2月3日(月)〜2月16日(日)
※チケット発売日 : 2014年3月8日(土)10:00~
ぴあ、ローソン、e+ (http://eplus.jp/)

2014年4月28日(月・祝前日)@福岡BEAT STATION(ワンマン)
開場 19:30 / 開演 20:00
前売 : 3,000円(別途ドリンク代)
問い合わせ : BEA (092-712-4221 / http://www.bea-net.com)
企画・制作 : SECOND ROYAL RECORDS 協力 : BEA

※オフィシャルWEB先行受付 : 2014年2月1日(土)13:00~2月10日(月)18:00
アドレス : http://l-tike.com/a-nawebfukuoka/
※BEA会員WEB先行受付 : 2014年2月15日(土)12:00~
アドレス : http://www.bea-net.com/
※チケット発売日 : 2014年3月1日(土)10:00~
ぴあ(Pコード:222-839)、ローソン(Lコード:83978)、e+ (http://eplus.jp/)

PROFILE

アナ

福岡で結成され福岡で活動を続けてきたが、現在は東京に拠点を移し活動中。バンド名は97年に雑誌コーナー「CORNELIUSとバンドやろうぜ!!」への掲載(大久保、大内は当時中学生!)を期に命名、その後某航空会社からのバンド名使用差し止めというレアな経験を経て現在の表記に落ち着く。異例の速さでのメジャー・リリース、映画への楽曲提供、映像作品の主演、他アーティストのプロデュース、ドリルメーカー makita社とのタイアップ、福岡の名物フェス「Sunset Live」への連続出演、過去にスチャダラパー、口口口、group_inouなどを召喚した自主イベント「PATROL」主催など精力的かつマルチに活躍してきた彼等が、2010年京都発インディーズ・レーベルSecond Royal Recordsに電撃移籍。移籍第1弾のアルバム『HOLE』を2011年4月27日にリリース、全国“HOLE"ツアーも大成功をおさめた。2011年末にNOMA(ドラム)が脱退。そして前作から2年半、プロデューサーに前作から引き続き上田修平、ゲストに数々の同世代ミュージシャンを向かえ大久保潤也・大内篤の2人体制になっての初となる作品『イメージと出来事』を完成させる。

>>アナ Official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事