GHEEE、3年ぶりの新作を高音質で販売!

90年代中盤以降、渋谷系の流れを受けてギター・ロック・バンドたちが独自のシーンを築く中で、代表的な存在として活躍していたPEALOUT、PLAGUES、ZEPPET STORE。その中心メンバーが結成したGHEEE(ギー)が、3rdアルバム『Ⅲ』をリリース! メンバーそれぞれが別の活動を行う中、GHEEEとして年間20~40本ものライブを精力的に行い、ロック・バンドとして類稀なパワーを身に付けた、その真価をまざまざと見せつける作品となっている。ototoyでは高音質のHQD(24bit/48kHz)でお届け。さらに、アルバム購入者には歌詞付きのデジタル・ブックレットをプレゼント!

III

GHEEE

Album ¥2,057


GHEEE / Ⅲ

1. Silver tongue / 2. Fast as nozomi / 3. The brilliant mexican blues / 4. Pretty insane ride / 5. Love in the shelter / 6. Rainbow chasing / 7. Bloody Tiffany / 8. Guess / 9. Tumbling flowers / 10. Loop road #8 / 11. Chain / 12. You're my plane

販売形式 : mp3 / HQD(24bit/48kHzのwav)

☆アルバム購入者には歌詞付きのデジタル・ブックレットをプレゼント!

深沼元昭&近藤智洋 INTERVIEW

ミュージシャン同士が集まって結成されるバンドは数あれど、明確なコンセプトを持って意義のある活動を続けている例は少ない。たいていはアルバム1枚のみのお祭り感覚で終わってしまい、継続的に何かを成し遂げることはほとんどないのが現状だろう。ベテランであればなおさらだ。

その意味で、2007年に結成されたGHEEEはここまで粘り強い活動を続けている。各々のスキルを活かしたシンプルかつラウドなギター・ロックはどこまでもブレることがないし、ライヴもコンスタントに行なっている彼ら。そして、このたび3作目のアルバム『Ⅲ』が完成した。このフレッシュな新作とこれまでのGHEEEの活動を含めて、バンドの中心人物である近藤智洋と深沼元昭に話を聞いた。

インタビュー&文 : 田山雄士

遠慮なく4分の1でいられる

——まず、GHEEEのこれまでの活動を振り返っていかがですか?

深沼元昭(以下、深沼) : 音楽的には場数を踏んで成長してGHEEEとしてのサウンドができていってる半面、4年間やってきてメンバー同士の関係性がびっくりするほど変わらないんですよね(笑)。みんな別のバンドやソロでものすごく忙しいんですけど、GHEEEをやることがそれぞれの音楽活動の中に自然に組み込まれてる気がします。基本的に雰囲気が穏やかで安心できる場所です。

——忙しいながらも充実していると。

深沼 : ライヴをやるのは大変ですけどね。リハも全然できないし、本番に対してリハの回数が極端に少ないから当日のライヴハウスのリハでなんとかする。そこで誰かがいないのも日常茶飯事だし(笑)。
近藤智洋(以下、近藤) : 会う時間がすごく短い状況なので、ある意味音を出してる瞬間が凝縮されてるというか。そういうのがどんどんライヴのたびに積み重なってるから、外から見たバンド感はより強くなってるんじゃないかな。

——今回のアルバムを聴くと、リズム隊の二人との呼吸もかなりよくなってきてる気がします。

近藤 : この4年間でHisayoちゃんもYANAもいろいろ他のバンドを始めて、そこで吸収したものをうまく持ち帰ってきてくれてるよね。自分の個性として出せてると思う。
深沼 : このバンドでは遠慮なく4分の1でいられるんですよ。誰も率いてなくて4人が適度な距離感で歩いてる感じなんだけど、バンドとしての演奏力は上がってきてますね。

——「Silver tongue」のリズムなんて、めちゃくちゃクールですよね。この曲を初めてライヴで聴いたとき、アルバムの世界観が見えた気がしました。

深沼 : GHEEEの場合は俺がある程度パイロット曲を狙って作るんですよ。近藤さんとのツイン・ヴォーカルをいかに演出するかとかメンバーそれぞれの個性とかいろいろ考えながら。「Silver tongue」はある種ミュージカル的にみんなの出番が次から次にやって来て、全員の今の魅力がよく見える曲になったと思います。

——近藤さんが弾くギターのイントロも今までと違う質感があります。

深沼 : 今までは作曲者の俺がまずイントロを弾いて、みんなに乗っかってきてもらうことが多かったんだけど、この曲はイントロで自分が何もやってないんですよ。他のみんなの演奏に乗っかって、歌から入っていく。で、そこから自分も弾いて、サビで近藤さんの歌が登場して、Hisayoちゃんもソロで歌う場面がある。そういう演出を考えるのが楽しいですね。

——PVもかっこいい仕上がりですよね。

深沼 : Hisayoちゃんがフィーチャーされてます。主演女優登場って感じで(笑)。
近藤 : あの映像は凝縮されたGHEEEをよく表わしてるね。

——近藤さんと深沼さんがいっしょにバンドをやってみて、お互いにすごいと思ったところは?

近藤 : 一番思うのはすごく客観的というか、常に一歩外から自分たちのことを見る視点が深沼くんにはある。さっきの話もそうだけど、パイロット曲を実際ちゃんと作ってくるからね。あとはミックスかな。

——他にはどんなときに客観性を感じますか?

近藤 : たとえば、歌の振り分けとかね。曲を書いてきても「近藤さんここ歌って下さいね」みたいなのがちゃんとできてて、頭で想像しながら曲を書いてるんだなって。俺は基本何も考えてないから(笑)。

——深沼さんはいかがですか?

深沼 : 近藤さんは本当に考えるより先に行動する人で、こんなにキャリアが長いのにその気持ちを失ってない。歌詞がまだ3行くらいしかできてないのに、平気で人前で歌っちゃうし(笑)。

——それはライヴでやってしまうということ?

深沼 : そう、まだ書いてきたばかりのやつをすぐに。ほとんど歌詞なんかできてないのに、「ここはだいたいこんなようなことをやるから」って言って、それに俺がコーラス付けるわけですよ(笑)。そういう状態でもとにかく人に見せていける勇気がすごい。俺はわりとそういうのちゃんとしてないと人前で出さない方なので。

——普通はそうですよね(笑)。

一同:(爆笑)

——自分の音楽的なルーツをこのバンドに持ち込んでいる感覚はありますか?

深沼 : そういうのは全然ないですね。コンセプトはある程度考えてあるから、それにふさわしい曲を書くだけ。
近藤 : 基本的にスピード感のある曲っていうのがコンセプトとしてあるから、バラードはあまりやらない。あってもアルバムで1曲くらい。ドラムは手数が多いよね。
深沼 : GHEEEの曲はリズムが一番難しいのでYANAさんには相当な負荷がかかるんだけど、それを一生懸命叩くことによって説得力が増してると思う。やっぱりYANAさんじゃないとGHEEEの音にならないんですよね。ライヴでも曲間ろくになしでアスリートみたいだけど、やり切ってる姿が大事なんです。あれで弱音を吐かないドラマーはなかなかいないですよ。

どう隙間を縫って暴れようかな

——前作から3年ぶりのアルバムですが、何か大きな変化はありますか?

深沼 : アルバムの作り方が特殊ですね。これまではリリースありきでやってきたところがあって、まずアルバムを作ってからその曲をライヴでやっていくということが多かったんですよ。でも、今回の曲はライヴでもうほとんどやってしまってるんです。それが集まってアルバムになってるのは自分のキャリアの中でもすごく珍しい。

——それって、さっき話に出た近藤さんの性格が大きいんですかね。

近藤 : あははは!
深沼 : とりあえずやっちゃうみたいな(笑)。
近藤 : 最近は新曲が半分くらいのライヴをやってたから。

——前作『RECONQUISTA』はファースト『GHEEE』の延長線上というか、ファーストの瞬発力や突破力をより突き詰めたアルバムだったと思うんですけど、それに比べて今回のサードは楽曲のバリエーションも増えて、また新たな段階に入った印象があります。

近藤 : 『RECONQUISTA』のツアーでライヴが変わったのが大きいかな。ファーストの頃はお客さんを見ながらただ演奏するだけの感じだったから、そのツアーに入る前くらいから客席の空気感をもうちょっと揺らしたい、変えたいと思ってたんだよね。俺が途中でギター置いてスタンドマイクだけで歌ったり客席に降りたりするようになって、ライヴが横の線から縦の線になった感覚というか、ちょっとずつ雰囲気が変わってきた。そういう雰囲気を踏まえたものがこの3年間に作った曲の要素としてあると思う。
深沼 : そうですね。ライヴやってく上で必要なものを作ってるところがありましたよね。

——ライヴの積み重ねによってできたアルバムなんですね。

深沼 : まさにそうです。
近藤 : ある程度の曲数が溜まった時点で、最後の詰めでライヴで全然やってない「Rainbow chasing」や「You're my plane」を書き足した形だね。俺が前作から飛躍的によくなったと思うのは、深沼くんのミックス。深沼くんに話を聞いたら、去年は他の仕事で80曲くらいミックスをやったらしくて。そういうのがたぶん経験値として活きてて、バンドの音を立体的に見せれるようになってるんだと思う。

——そうですね。「The brilliant mexican blues」や「Pretty insane ride」は今までにないカラっとした疾走感があって、音もすごくいいなって。

深沼 : 俺のエンジニアとしてのスキルも上がってるかもしれないけど、それぞれのパートの録り方を前よりもよく理解してきたんだと思います。前は出たとこ勝負だったのが今はよくわかってるから。

——アルバムの中盤以降、「Love in the shelter」や「Tumbling flowers」などではアコギをうまく織り交ぜてますよね。

深沼 : 「Tumbling flowers」は曲の頭から最後までけっこうずっとハモってるんですけど、メロディの感じを考えてもそうした方が活きるんです。それなら、ギターはエレキが主張する場面がもっと少なくてもいいなと思って。

——制作で苦労した楽曲はありますか?

深沼 : そんなにはないです。たとえば「The brilliant mexican blues」は最初はもっと全然シンプルな曲だったから、それにどう味付けをしていくかというのはありましたけどね。
近藤 : 1回録ったあとに、深沼くんからコーラスやギターを足した音源が送られてくるのね。それ聴くのが楽しみでさ。さっきの「Tumbling flowers」ももともとライヴではエレキでガシガシやってたんだけど、アコギにしましょうかって言ってくれて。そういうふうにアレンジが変わったものが送られてくるのが新鮮なんだよね。

——こういうバランス感覚のバンドは珍しいですよね。

深沼 : ツイン・ヴォーカルで3枚アルバム作ったのは大したもんですよね。普通こういうのって1、2枚で破綻するから。
近藤 : だいたい企画モノで終わっちゃうからね。1枚作ったけど、その後どうなったんだろう? ライヴもやらなくなったし、みたいな。
深沼 : あとは絡む曲がなくなって、それぞれのソロの集合体みたくなっちゃうとか。
近藤 : こんだけベタなツイン・ヴォーカルっていうのもありそうでないから。

——GHEEEはお二人の中でどういう位置付けですか?

深沼 : いい意味でプロ・ミュージシャン同士の部活ですね。みんな忙しい中で大変なんだけど、ちゃんとやることはやって集まってそれをライヴで見せる。このバンドがあることによって他の活動もひとつの気分転換としてやれるし、いろんなバランスが自分の活動の中ですごくいい位置にあるバンドなんだと思います。
近藤 : 俺は自分にとっての遊び場で、本当に自由に遊ばせてもらってる。ソロのときはバンドをどう仕切っていくかを考えるけど、GHEEEではまったくそんなこと考えない。音楽の姿勢としてはどう隙間を縫って暴れようかなみたいなことを考えてる。音的にもソロではアコースティックがメインだし、GHEEEではエレキのガンガン歪んだ音でやる。その両方があるから今の自分のバランスが取れてるんだよね。

——バランスが取れる場所なんですね。

深沼 : あとは長くやってきてるから、1つのことだけ集中してやってもいい結果にならないのがわかってるっていうのがある。
近藤 : そういうのは十分これまでやってきたからね。
深沼 : 10年以上のバンドを1つやって、全体のキャリアで言ったらもう20年だし。となると、音楽でやりたいことも1種類じゃないから。
近藤 : 1つのことをやるのはもう無理になってきてるんだよね。たぶん若いときだったら、メンバーとガーッとケンカしてでも自分のやりたいことを全部1つのバンドで消化しようとすると思うけど。だったら極端に分けてやった方がもっとおもしろいんじゃないかなって。
深沼 : 俺も出力するチャンネルが10くらいないと間に合わない。エンジニアもやりたいし、打ち込みもやりたいし、全部それなりの場所で放出していきたい。結局1ヵ所に集約しても、聴く方がわけわかんなくなっちゃうだろうし。GHEEEならGHEEEで求められているものだけを出す方が集中してできますね。

RECOMMEND

PLAGUES / OUR RUSTY WAGON

90年代を唯一無二のR&Rで駆け抜けたプレイグスが2010年に突如、復活。自らその軌跡を辿り直したリテイク・ベスト・アルバム。全て新録によるオール・キャリアの代表作に加えて、新曲2曲を含む全30曲を収録した、あらゆる世代を震撼させるマスターピース。

acari / プリズム

三浦コウジの独特で繊細な歌声と切ないメロディー、60'sソフトロックやUSオルタナティブを消化したサウンドは、センチメンタルながら激しく包み込まれる独自の世界。フジファブリックも手がけた片寄明人(Great 3)をプロデューサーに迎えて、いよいよシーンに急浮上する。

wheellz / 20 -Twenty-

60年代UKから90年代オルタナまでを消化したサウンド、狂気を内包したメロディアスな楽曲と、カリスマ性を備えたボーカルが圧倒的な存在感を放つ3ピース・ギターロック・バンド。浅井健一とのコラボでも辣腕を振るう深沼元昭(プレイグス)プロデュースによる1stフル・アルバム。

GHEEE PROFILE

Vocal&Guitar : 近藤智洋(ex.PEALOUT)
Vocal&Guitar : 深沼元昭(Mellowhead/PLAGUES)
Bass : Hisayo(tokyo pinsalocks/a flood of circle)
Drums : YANA(NACANO/ZEPPET STORE)

90年代中盤以降、渋谷系の流れを受けて先鋭的かつ洋楽志向のギターロック・バンド達が独自のシーンを築く中、その代表的存在として活躍していたPEALOUT、PLAGUES、ZEPPET STORE。その中心メンバー達が満を持して2007年初頭、新たに結成。近藤智洋(PEALOUT)と深沼元昭(PLAGUES)の各フロント・マンがツイン・ボーカルをとる夢の2トップが実現。2007年7月25日に1stアルバム『GHEEE』、2008年3月12日に2ndアルバム『Reconquista--レコンキスタ--』を発売すると、全国各地でライブも展開。そのラウドかつ問答無用のギター・ロックは世代を超えて熱い支持を集めている。

o

 
 

インタヴュー

いわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバムをハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月07日・このメンバーじゃなきゃやりたくないーーいわきのロックを体現するバンドnotice it、5年ぶりのアルバム完成 2007年に結成された、いわきを拠点に活動する4人組ロック・バンド、notice it。尖ったポップ感覚とロックのダイナミズムを、ポストパンク、ダンス・ロック、オルタナティヴなどの音楽を通過し昇華させている。津波から生還したヴォーカル政井大樹を中心に福島を代表するバンドとして活動を続け、約5年ぶりとなる2ndアルバムをリリースし全国に発信する。アルバム・タイトルの『lamp』は、過去戦争や震災の被害から幾度も復活し周りを照らし続ける地元の塩屋崎灯台からインスピレーションされ、自身もそういう音楽を発信したいという想いからつけられたという。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、1曲フリー・ダウンロードするとともにメンバー4人へのSkypeインタヴューを掲載する。 >>「Symbol」のフリー・ダウンロードはこちらから
by 渡辺 裕也
野崎りこん、待望のデビュー作『野崎爆発』を配信開始&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月09日・オタク文化とヒップホップの融合ーーネット・カルチャー発のラッパー・野崎りこんって一体なにもの? 電波少女、OMSBへの客演、ぼくのりりっくのぼうよみとの共作など、ネットを中心に活動してきた野崎りこんが、術ノ穴よりデビュー作をリリース。その名も『野崎爆発』!! 兵庫県神戸市出身、キングギドラを聴いたことでヒップホップにハマり、自分の好きなゲームなどの音楽要素を組み合わせてラップをスタートさせた野崎。ニコ動など動画サイトで曲を発表する中で電波少女のハシシから声をかけられ電波少女のメンバーとなった時期や、SIMI LABのOMSBと共演するなど、その楽曲が耳の早いクリエイターに評価されてきた。OTOTOYでは豪華特典音源付きで同作を配信、初インタヴューを掲載する。 待望のデビュー作を特典トラック付きで配信野崎りこん / 野崎爆発'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 257円(税込) アルバム 1,543円(税込)【収録曲】1. Tokyo Human2. Go Stupid3. rainy rainy4. Ama Yadori5. PCクリニカ feat. _本りな6. 某桜
by 西澤 裕郎
The ManRayを見逃すな! 話題のバンドの1stシングルを独占ハイレゾ&期間限定フル試聴開始
[CLOSEUP]・2017年06月14日・いまヤツらから目を離すな! The ManRay、待望の1stシングルを独占ハイレゾ配信&期間限定フル試聴 新たな才能が、またこの国のインディ・ロック・シーンに現れた。The ManRayというこのバンドは、各所のライヴハウスなどで活躍し、じわりじわりとその名前を広げつつある。最近では、いま最も勢いのあるバンドが集まる人気のイベントとなっている〈BLOCK PARTY〉のコンピにも楽曲を提供するなど、さらなる活動の場を広げている。なにより写真をみていただきたい。そのただずまいもなんだかいい。そんな注目が集まるなかで、このたび待望の1stシングル『You will be mine』をリリースする。そのクールなロックンロール・サウンドは、なるほど資料でリバティーンズや00年代中頃のガレージ・ロック・リヴァイヴァルが引き合いに出されることも納得のサウンドだ。本シングルでさらに広く、その名前が知れ渡ることになるだろう。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信。さらには期間限定(6月21日(水)19時終了)のフル試聴を開始する。そして、まだまだ謎の多い彼らにインタヴューを行なう。間違いなく、ネクスト・ブレイクが目前に迫
by ライター真貝聡
ヒロネちゃん「日常と宇宙」を描くーーピアノ弾き語りからバンド・サウンドまで彼女の魅力を活かした傑作誕生
[CLOSEUP]・2017年06月19日・ヒロネちゃん"日常と宇宙"を描くーーピアノ弾き語りからバンド・サウンドまで彼女の魅力を活かした傑作誕生 現在大学生のシンガー・ソングライター、ヒロネちゃんが、「日常と宇宙」をコンセプトに制作した3作目のフル・アルバム『ゆめのゆめ』をリリース。そのコンセプト通り、全体を通してヒロネちゃんにとっての"日常感"と"宇宙のような世界観"の両方を垣間見ることができる本作は、「宇宙」に関する言葉を歌詞に多く使いながら、誰もが抱く日常にあふれる様々な感情や情景を描いた作品に仕上がっている。ヒロネちゃんの持ち味であるピアノ弾き語りからバンド・サウンドまで、豊かなアレンジとサウンドにて表現された本作を、OTOTOYではハイレゾ配信し、作品に迫るロング・インタヴューを掲載する。 待望の3rdアルバムをハイレゾ配信スタートヒロネちゃん / ゆめのゆめ'【配信価格】(左)WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC(右)WAV(32bit/96kHz)単曲 250円(税込) / まとめ購入 2,000円(税込)【TRACK LIST】''1. こおりのなか2. 思い出せない夢みたいに3. ワンダーテンダー4.
by 純三
忘れらんねえよ、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』リリース&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年06月21日・音楽を作っているとき、ほぼノーストレス宣言!!!!ーー忘れらんねえよ、柴田が語る「歌と言葉とメロディ」 忘れらんねえよが、両A面シングル『いいひとどまり / スマートなんかなりたくない』をリリース。ヴォーカル・柴田隆浩が音楽的アプローチと歌詞も大きく変えたと語る「いいひとどまり」は、ジャンルに囚われず、聴いてくれるリスナーと正面から向かいあったメッセージ・ソングとなっている。そしてHonda原付キャンペーンCMソングに選出された「スマートなんかなりたくない」は、忘れらんねえよ流のポップ・パンクに。4月2日には日比谷野外大音楽堂でのワンマンも成功させ、9月からは〈ツレ伝ツアー2017〉に旅立つ柴田隆浩に本作についてインタヴューで迫った。 両A面シングルを配信スタート忘れらんねえよ / いいひとどまり / スマートなんかなりたくない1. いいひとどまり2. スマートなんかなりたくない3. マイナビバイトの歌 2017【配信形態 / 価格】AAC単曲 257円(税込) / アルバム 750円(税込) ITNTERVIEW : 柴田隆浩 「歌と言葉とメロディ」。取材中、柴田隆浩は繰り返しそう言った。言わずもがな、
by 岡本 貴之
サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、1stシングルをハイレゾ配信&メンバー個別インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月08日・サイケデリック・トランスで踊り狂えるアイドルーーMIGMA SHELTER、メンバー個別インタヴュー掲載 BELLRING少女ハートの後継グループ・There There Theres、“柳沢あやの”のソロ・プロジェクト・CLOCK & BOTANなど、挑戦的なグループを輩出している事務所AqbiRecが手がける“サイケデリック・トランスで踊り狂える”6人組アイドル・ユニット、MIGMA SHELTER(ミグマ・シェルター)。エスニックな楽曲でライヴ会場をざわざわさせている彼女たちの初音源を、OTOTOYでは7月8日(土)よりハイレゾ配信。前回のメンバー初インタヴューに続き、今回はメンバーの個別インタヴューをお届けします! 2017年台風の目となるか? 要注目です!! >>メンバー全員への初インタヴューはこちら>ヨネコ「神になりたいと思いながらやっています」>アマリ「燃え尽きて終わりたい」>コテジュン「ライヴ・アイドルの頂点を目指したい」>ミミミユ「武道館でライヴをしたい」>セイセイ「サイケデリック・トランスに限らず取り入れたい」>コマチ「明るく盛り上げていきたい」>>初インタヴューはこちら'' BELL
by 西澤 裕郎
あら恋ベスト・アルバム発売記念アラフォー対談!!
[CLOSEUP]・2017年04月28日・戻った理由? 「当時付き合っていた女の子が京都に居たから」──あら恋ベスト・アルバム発売記念アラフォー対談!! 叙情派シネマティックDUBバンド“あらかじめ決められた恋人たちへ”が今年2017年、活動20周年を迎えた。これを記念して20周年記念ベスト『あらかじめ決められた恋人たちへ- 20th BEST -』をリリース。あら恋の軌跡を、ぜひハイレゾで堪能して欲しい。 そして今回、あら恋リーダーの池永正二と旧知の仲でもあるシンガー・ソングライターのゆーきゃん、Limited Express (has gone?)のギタリストでオトトイ編集長も務める飯田仁一郎の3人による対談をお届け。彼らはもうすぐ40歳(アラフォー)。ちょうどボアダムス等の関西の盛り上がりと関西ゼロ世代の狭間の時期に関西で切磋琢磨し、のちに同時期に東京に上京、そして今は各々の道へ…… 気づけばベテランとなった彼らが、今何を思い活動を続けているのか。 この記事は、今からミュージシャンを目指すもの達、そして現在音楽家を目指している者達に大きな光りを与えることだろう…… か? 今年活動20周年を迎えたあら恋のベスト盤! あらかじめ決められた恋人た
by JJ
アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談!
[CLOSEUP]・2017年05月02日・アイドルとしての最終目標は? 「コインロッカーになりたい」──地下アイドル界トップ3鼎談! 地上波のテレビにも登場し活動のフィールドを広げるぱいぱいでか美。「ぼったくり物販」でその名を知らしめた里咲りさ。独自の戦略で熱狂的なファンを多く生み出し続ける絵恋ちゃん。強い個性を放ちながら活動を続ける3人を集めて、鼎談を敢行。ファンとの距離感や、アイドルとしての最終目標など、さまざまなことを語ってくれた。 今回の鼎談に合わせて、ぱいぱいでか美の新作『PPDKM/桃色の人生!』を配信開始。さらに里咲りさが4月にリリースしたトリプルA面シングル『S!NG / 410 / 小年小女』がハイレゾで登場! 音源とともに鼎談をお楽しみください。 約1年半ぶりとなる新シングル! ぱいぱいでか美 / PPDKM/桃色の人生!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 756円 (税込)【収録曲】''1. PPDKM 2. 桃色の人生!3. 言いたいことはありません 4月5日発売のトリプルA面シングルがハイレゾで登場里咲りさ / S!NG/
by 純三
筆者について
田山 雄士 (田山 雄士)

ライター/編集者です。

同じ筆者による他の記事