Kilk recordsからデビューを記念して、フリー・ダウンロード配信開始!

hydrant house purport rife on sleepy(ハイドラント・ハウス・パーポート・ライフ・オン・スリーピー)が待望のデビュー・アルバム『roll over post rockers , so what newgazers』を11月16日にリリースする。すでに海外でもライヴを敢行し、その反応も上々。これまではほとんど自分たちのホームページでの無料配信しか行なってこなかった彼らが、ひょんなことから近頃売り出し中のレーベル、Kilk recordsと出会ったというのだから面白い。

hydrant house purport rife on sleepyが繰り出すサウンドはきわめて自由度が高い。ポスト・ロック、シューゲイザー、プログレ、サイケ、ヒップ・ホップ、アンビエントなどなど、自分たちが好む音楽を無邪気にミックスさせている。それにしても、ごった煮感の強さに反して、アルバムはとても風通しのよい仕上がりなのがお見事。青木裕(unkie、downy)、森大地(Aureole)、cuushe、Ferriをはじめ、ゲスト・ミュージシャンも彼らの新たな船出に華を添えている。こういうD.I.Yなバンドはなかなかいないということも、インタビューから伝わればうれしい。まずは、OTOTOYのみの先行配信でフリー・ダウンロードを行う『wonderlust EP』を聴いてみてほしい。きっとフルレンス作への興味が湧くはずだから。

インタビュー&文 : 田山雄士

>>>『wonderlust EP』のダウンロードはこちらから(期限 : 10/20〜11/20)


hydrant house purport rife on sleepy / wonderlust EP

【Track List】
1. from kitchen to the garden / 2. vote feat.chiyo(kottur) / 3. confronts difficultly / 4. bet on magic feat.ferri / 5. wonderlust / 6. long moment feat.mike hannah(the mootekkis)

INTERVIEW

自己完結していたところがある(yawn of sleepy)

——hydrant house purport rife on sleepyはもうすでに海外でもライヴをやってるんですよね?

金子祐二(以下、祐) : はい。結成して少し経ってから、2008年にカナダで1ヵ月強のツアーを回りました。
yawn of sleepy(以下、Y) : バンドの初期に、今回のアルバムの1曲目でも参加してくれてるカナダのミュージシャンのAlex Keleher(Wooden Wives)と日本のライヴで友達になって、彼がカナダに呼んでくれたんです。割としっかりとしたコミュニティがあって、彼はほぼマネージャーのポジションでサポートに徹してくれました。やっぱり、日本にはない環境で自分たちを試してみたかったし、そういう手ごたえを求めていましたね。

左からsleepy it、金子泰介、金子祐二、yawn of sleepy

——ツアーの感触はどうでしたか?

Y : もう、めちゃくちゃよかったです! 自分たちの音楽が伝わってるのがわかった。ギャラもどんどん上がっていったし、すぐにいろんなところに呼ばれるようになってスケジュールが詰まっていったし、大変だったけど楽しかったですね。カナダのインディー・シーンの空気も体感できました。

——その前までは楽曲の制作に没頭してたんですか?

祐 : そうですね。日本に自分たちのスタジオを持っていたこともあって、初期の段階から曲は録っていましたね。
Y : バンドの結成前から、ちょいちょい機材も集めていました。

——組んだばかりのバンドがいきなりスタジオを作るのって、けっこう独特だと思うんですけど。

Y : ですよね(笑)。ドラムの金子がスペースを融通してくれたんです。そこに色々な楽器を持ち込んでいるうちに、まずまずの状態になったっていう感じで。

——じゃあ、初期の段階からスタジオが所有できてて、諸々の作業は基本そこでやっているんですね。

祐 : このアルバムもそうですね。録りに関してはほぼ全部です。

——そういった環境がありながら、ようやくデビュー・アルバムのリリースとなるわけですが、時間がかかった理由は何かありますか?

Y : 僕らって、自分たちの曲を作ってそれを楽しんだら、またすぐに次の曲に取りかかるんです。もちろん、並行してライヴもやりますけど、その辺りで自己完結していたところがあるのかもしれません。
祐 : 曲を作っては、フリー・ダウンロードという形でホームページ上に発表していました。完全に配っている感じでしたね。

——そのときの反応はどうでしたか?

Y : 嬉しいことを言ってもらえる時もあるし、反応が物足りないと感じることもありましたね。レコード屋さんに行ったり、ネットを見たりして他のバンドのいい評判を聞く度に「うーん、負けてねえのにな」って思っていました。もっと自分たちの音楽が拡がってくれたらって思いつつも、いいものが作れてたから「よし! 次! 」みたいな気持ちが強かったです。

——大きな話ですけど、日本の音楽シーンに対して何か思ってたりはしましたか?

金子泰介(以下、泰) : 思う以前のことだったよね(笑)。
Y : そうそう、無知なんですよ。今も割とそう。
sleepy it(以下、S) : こうやって僕らのアルバムがちゃんと世に出るのをきっかけに、徐々に知らなかったシーンも聴くようにはなってますね。色んなバンドとライヴ・ハウスで共演することも最近は増えてますし。
Y : 前野(健太)さんくらいですね。ちゃんと聴いてたのは。昔から友達なんですよ。当時から今の感じのスタイルでしたね。それもミュージシャンというよりは、友達だから聴いていたんです。

——意外な名前が(笑)。アウトサイダー的な部分で波長が合ったんですかね? 今作のタイトル『roll over post rockers , so what newgazers』も「物申す! 」みたいに取れるところがなくもないじゃないですか。

Y : 僕らはシーンに対して、憤りや怒りはそこまでないですよ(笑)。ま、一時期はありましたね。それこそカナダでツアーをしてみて、ライヴ・ハウスのシステムとかもまったく違う経験をしたんです。インディペンデントっていう言葉の意味合いが日本とは違いますよね。そういうことも思いましたけど、現在は、今ある環境の中で楽しく野心的にやれてます。憂うべき状況ではない。タイトルにヘヴィな毒はなくて、ただそう思うから付けただけですね。

——音楽ジャンルを指すワードがタイトルに2つ入るのも珍しいなって。

泰 : 決してそのジャンルが嫌いとかではないんですよ。むしろ好きなんです。
Y : ちょっとスパイス効きめなことを言わせてもらうと、ポスト・ロックやシューゲイザーってパンクと同じくらい簡単だと思うんですよ。引きで見たときに、めちゃくちゃ精密ではないというか。もちろん、突き詰めていけば深みはとてつもなくあります。だから、なんて言うのかな。「すごく簡単なことなんだよ? 」っていうのを言いたいだけです。テクニカルなパンクが成立しないとか、そういうことですね。攻撃性や嫌悪感を込めてるわけじゃない。

——個人的にニューゲイザーっていう言葉は好きじゃないですけどね。

Y : そうそう。「ニューゲイザー」とか「スターゲイザー」とかって、言葉自体が笑っちゃうようなものじゃないですか。「so what」は「何なの? 」ってこと。ただ、そうやってあれこれ言うのも含めて楽しんでるんですよ。愛情を持って、その要素を曲にも入れてますからね。かと言って、「だから、僕らがすごい」なんて主張は一切ないです。否定的なメッセージもほぼない。チクリとあるくらい(笑)。

——ブレない芯があるんですね。Kilk recordsとの出会いについても教えてください。

祐 : 千葉に新松戸FIREBIRDっていうライヴ・ハウスがあるんですけど、そこのブッキングの方からイベント出演のお誘いをいただいたのがきっかけですね。それでKilkのGlaschelimと共演して、Kilkの森(大地)さんにもお会いできたんです。
Y : それが今年の6月ですね。

——え!? 今年なんですか? ごめんなさい。出会いはもっと前なのかと勝手に思ってました。そこからもうリリースって、凄まじい制作スピードですね。

祐 : 半年経ってないです(笑)。
S : レコーディングも、まだだったしね。
Y : デモ音源が少しは形になってましたけど、ほとんど一から練り直しました。今までのストックからのベスト選曲とかでもないんです。この2ヵ月くらいは、凄い楽しかったですよ。

——ライヴ・ハウスで森さんと初めて会った時点で、いきなり契約から何からすべての話が進んだってことですか?

Y : そうですね、ありがたいことに。ライヴの日に決まったんじゃなかったかな。森さんが言うには、今まで契約したアーティストの中で最速らしいです(笑)。森さんがフランクに誘ってくれたのが全てですね。もう「いつ出します? 」みたいな感じでしたね。

——その日がなかったら、今こういう形でアルバムが出てなかったかもしれないですか?

祐 : またフリー・ダウンロードで自分たちのホームページだけに載せてたかも。ただ聴いてもらいたいだけでしたから。
Y : そうだね。ずっと意固地になってるのも違うと分かってはいつつも、そうしたんだろうね。今回は森さん達とやれて本当によかったです。これまではずっと4人でやっていたのもあったし、作業がとにかく楽しかった。
S : パッケージ化するよりも目先の考え方だったというか。フリー・ダウンロードを行うのも、今日作った曲をすぐに聴いてもらいたかったんですよね。
泰 : おかしいくらい何も考えてかったよね(笑)。

「日本でもこんなに自由にやれるんだよ」って伝わればいい

——CDのリリースはカナダでのライヴで売ったものだけ?

Y : そうですね。向こうでツアーの合い間に録って、ミックスしてCDに焼いたやつですね。CDに焼く作業が間に合わないくらいに売れたんですよ。

——そんな話を聞くと、もっと早い段階でオフィシャル作品を出してほしかったって思っちゃうんですけど、そういった諸々を経て、このデビュー・アルバムはどういう内容にしたかったんですか?

Y : シンプルに今あるものを全部見せたかったですね。面白いと感じてるスタイルとか機材とかをそのまま活かしました。僕らって、シーンに対していい意味で無関心だったし、すごく無邪気にいられることができた。あとは海外へツアーに行けたり、自分たちのスタジオがあったりする幸運がある。そういう状況を謳歌してるのが伝わるアルバムにできたんじゃないかな。
祐 : これまでのいろいろな出会いを象徴する1枚でもあるよね。
Y : 森さんに捧げる部分もあるね。今までの自分たちだったら、これは出来ていない。
泰 : デモと最終の音源とではまるで別モノですね。作る過程はとても新鮮でした。いろんな人に参加してもらえたこともそう。出会いがあってこそ、僕らの感性も変わったと思います。
S : 完成形が想像できてなかったから、驚きの連続で楽しかったですね。メンバー以外の参加は意義のある経験でした。
Y : つい偏執を守っちゃうのってどのジャンルにもあるじゃないですか。でも、今回は自分自身に詰め寄ることで取っぱらえた気がしますね。

——ゲスト・ミュージシャンも多彩で面白いですよね。

Y : もともとの知り合いから初めてお願いする方まで、基本的に僕らがオファーさせてもらいました。曲やサウンドと合う人を考えてお願いしましたね。

——たとえば、Ferriさんをフィーチャーした「love and rain」は幽玄な歌と曲調が合っててとても素敵なんですけど、どういう作り方をしたんですか?

Y : あれはコテコテのヒップホップ・ビートが基本にあったんだよね?
S : 曲は僕ですね。ビート先行で、J Dillaをイメージしました。
祐 : ファースト・インスピレーションは誰かが出しますね。そこからみんなでアレンジしていきます。

——アルバム全体として、サウンドで気を遣ったことは何かありますか?

Y : とにかく自由に。それだけですね。でも、以前はテーマを設けた時もありました。アナログ・シンセを買って、それをメインにアルバム1枚作ろうとか。
祐 : 1つのテーマに寄せる時もあれば、今回のように色々とごちゃ混ぜになっているものもありますね。

——1曲目の「60 seconds」はイギリスっぽい質感があるなと思いました。ブリット・ポップやクリエイション・レーベルが好きな人にも反応してほしいです。

Y : ありがとうございます。無意識なんですけどね。単発として作って、オーバー・ダブを重ねて「どう? 」みたいなやり方なので(笑)。

——直感なんですね。あと、プロデューサーというわけではないですが、森さんとのやり取りは作品に影響があったんじゃないかなと。

Y : ありましたね。今年の6月に出会って、7月に打ち合わせをして、8月に録音をして、9月に完パケだったんですけど、そんなハードなスケジュールの中、全部のタームで僕らのために時間を割いてくれたのはありがたかったです。スタジオにもよく来てくれたし、メンバーと森さんの5人でサウンド以外についても話し合えました。
泰 : スルっと懐に入ってくるような人ですよね(笑)。

——わかる気がします。OTOTOYではEPの『wonderlust EP』が先行配信されるんですよね? しかも、やっぱりフリー・ダウンロードっていう太っ腹なリリースで。

Y : お披露目としていいかなって。そっちもジャンルのこだわりのなさが出てる1枚になってます。自己紹介的なものですね。「日本でもこんなに自由にやれるんだよ」っていうのが伝わったらいいなと思います。シンプルに言えば、「音楽って楽しいでしょ? 」ってだけなんですよ。僕らは自分たちの音楽を自分たちですごく楽しめてる。それが強みです。

RECOMMEND


Class Actress / Rapprocher

ポスト・チルウェイヴの新旗手、クラス・アクトレスがアニマル・コレクティヴが主宰するPaw Tracksの姉妹レーベルCarparkからデビュー・アルバムを遂にリリース! 待望のデビュー・アルバムはEPから各段の進化を遂げ、レーベル・メートであるUSインディー界のエース、トロ・イ・モワの諸作とも並ぶであろう傑作!

PREFUSE 73 / The Only She Chapters

現代音楽への傾倒が顕著に現れているのが本作『The Only She Chapters』。ビートやループを基盤とするものより、現代音楽のスピリットにより近づき、ピッチ・フォークのBest Hope for 2010に選ばれた注目のシンガー、Zola JesusやMy Brightest Diamond、そして今は亡きBroadcastのTrish Keenanなど多くの女性ヴォーカルがフィーチャーされている。本人がalbum-as-femaleと語り、女性をテーマにしたというこの異端な作品には、これらのヴォーカリストの他にも、UK在住の日本人イラストレーター、Yuko Michishitaや、写真家Angel Ceballosなどが制作に関わっている。

Toro Y Moi / Freaking Out

今年2月にリリースされた2nd『アンダーニース・ザ・パイン』がチル・ウェイヴをネクスト・レヴェルへと押し上げた傑作として全世界から称賛を浴びたトロ・イ・モワが新曲5曲を収録したEPをリリース!

INFORMATION

2011年11月16日にデビュー・アルバムをリリース!

海外から大絶賛されている日本の至宝、hydrant house purport rife on sleepyがKilk recordsからデビュー! タイトル『roll over post rockers , so what newgazers』が示すように、ポスト・ロックにもシューゲイザーにも飽きてきている人々への救世主的な作品。誰の力も借りることなく、彼ら所有のスタジオで録ったものを配信のみという形で届けてきた彼ら。「ようやく自分達を分かってもらえるレーベルと出会えた」として2011年Kilk recordsと契約。全曲録りおろしのデビュー・アルバムには、青木裕(downy/unkie)、森大地(Aureole/kilk records主宰)、cuushe、Ferri、Lööfなどが参加。

PROFILE

hydrant house purport rife on sleepy
2006年結成。sleepy it(gt、key、machine)、金子祐二(b、key、gt)、金子泰介(dr、key、machine)、yawn of sleepy(vo、gt、key、machine)の男性4人からなるバンド。ポスト・ロック、シューゲイザー、プログレ、サイケ、クラウトロック、ヒップ・ホップやアンビエントなどをミックスさせたようなサウンドが特徴。音源製作によって探求・啓発を続ける事を基本コンセプトとし、現在は「音楽によってぼくらはもっとクールでいるべきだ」というバーニング・スピアのライナー・ノーツをテーマに掲げている。過去には、配信限定で莫大な数の作品をリリース。ライヴにも定評があり、現在も都内のライヴ・ハウスを中心に活動中。2008年には、5都市12箇所17回にもおよぶカナダ・ツアーを敢行し、限定500枚のCDを完売させる。

hydrant house purport rife on sleepy official HP

 
 

インタヴュー

Kotoe Suzuki、自らが歩んできた音楽の軌跡
・2018年06月20日・自らが歩んできた音楽の軌跡──Kotoe Suzuki、待望の1stアルバムを独占ハイレゾ配信スタート ブラジリアン、ラテン・ジャズ、ポップス、クラシックを見事に融合し、独自の音楽を表現するピアニスト「Kotoe Suzuki」。そんな彼女が待望のデビュー・アルバム『Kotoe』をリリースする。今作には、これまでに書き溜めてきた情感豊かなオリジナル曲と斬新にアレンジされたジャズ・スタンダード曲が収録されている。レコーディングには、ベテランから新進気鋭の若手ミュージシャンまで参加し更に強力な楽曲に。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信をスタートするとともにインタヴューを掲載。記念すべき今作をぜひインタヴューとともにお楽しみください。 待望の1stアルバムを独占ハイレゾ配信Kotoe Suzuki / Kotoe'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/ 48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 200円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. Teardrops from Heaven2. Bebe3. Samba da Pergunta4. So
by ?
“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──【対談】タナカユーキ × R-指定
[PICKUP]・2018年06月22日・いま1番“キメラなバンド”スサシの魅力に迫る──タナカユーキ(SPARK!!SOUND!!SHOW!!) × R-指定 ポップでファンキーでハードコアなサウンドと、ユーモアたっぷりのリリックで、さまざまなジャンルを横断するスサシことSPAK!!SOUND!!SHOW!! 。フルスロットルで活動してきた彼らが、ベスト・アルバム的、1stフル・アルバム『火花音楽匯演』を2018年6月6日にリリースした。今回このリリースを記念して、スサシのフロントマンであるタナカユーキとR-指定(Creepy Nuts)の対談を掲載。親睦が深く、お互いの楽曲にも参加している彼らだからこそわかる、スサシ、そしてCreepy Nutsの魅力とは!? 編集部もびっくりするほどノンストップで話が繰り広げられた対談をお楽しみください! スサシのベスト・アルバム的、初のフル・アルバム!! SPARK!!SOUND!!SHOW!! / 火花音楽匯演'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【価格】アルバム 2,000円(税込) / 単曲 250円(税込)【収録曲】''1. ドカーン2. ポップらしい。
by 岡本 貴之
ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは?
・2018年06月22日・ゆるめるモ! プロデューサー田家大知が語る、5年目以降の課題とは? そして無料で全国に講演へ伺います! 4人組ガールズ・ニューウェーブ・グループ、ゆるめるモ! が、結成から5周年を迎えた。そして、その集大成となる初のベスト・アルバム『音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~』と、シングル『HIPPY MONDAYS EP』を2018年5月9日(水)に同時リリース。同2作品を提げ、リリース・ツアー真っ最中のゆるめるモ! のプロデューサー田家大知にインタヴューを敢行した。これまでの5年間を振り返り、ゆるめるモ!のこれからについて語ってもらった。そして、「もっとゆるめるモ! を広げたい!」という熱い想いから生まれた番外編スピンオフ・イベント〈ゆるめるモ! の音楽よもっと回れ!!~たけPのどこでも行くよ!~〉開催も決定! そちらもあわせてチェックを! 初のベスト・アルバムをハイレゾ配信中ゆるめるモ! / 音楽よ回れ!! MUSIC GO ROUND ~ゆるベスト!~'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(配信形態 24bit/ 48kHz) / AAC>>> ハイレゾとは?'【配信価格】単
by 西澤 裕郎
田んぼ、ベルリン、生活、そして天体──オオヤユウスケ(Polaris)×Bose(スチャダラパー)
・2018年06月20日・田んぼ、ベルリン、生活、そして『天体』──【対談】オオヤユウスケ(Polaris) × Bose(スチャダラパー) オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans / So many tears)によるロック・バンド、Polarisが、前作『Music』から、実に3年4ヶ月ぶりとなるフル・アルバム『天体』をリリースした。OTOTOYでは今作をリリース日の2018年6月20日から1ヶ月間、独占ハイレゾ配信を実施します! Polarisサウンドを聴くなら絶対ハイレゾがオススメ! ぜひ作り込まれたそのサウンドを細部までお楽しみください。そしてこのリリースにあたり、Polarisのフロントマン、オオヤユウスケの指名によって、スチャダラパーのBoseとの対談が実現! 彼らがなにを考えて、この社会を生きているのか。2人の考え方に迫った対談をお届けします。 3年4ヶ月ぶりのフル・アルバムを期間限定独占ハイレゾ配信! Polaris / 天体'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,200円(税込)【収録曲】1.
by 鈴木 雄希
祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド座談会──20周年に向けてつける色は?
・2018年06月19日・祝19周年!!〈WaikikiRecord〉所属バンド大集合座談会──20周年に向けてどんな色をつける?? ポップスをこよなく愛し、ELEKIBASSやワンダフルボーイズが所属する〈WaikikiRecord〉が19周年を迎える!!! 今回は2018年7月16日(月)、TSUTAYA O-NESTにて開催される、19周年記念イベント〈WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-〉の開催にあたり、出演バンドであるELEKIBASS、ワンダフルボーイズ、空中カメラ、PARIS on the city! のそれぞれのフロントマンに集まっていただき、座談会を開催。またこの座談会の掲載にあたり、各バンド1曲ずつのフリー・コンピも期間限定で配信開始! これを機会にぜひ〈WaikikiRecord〉所属バンドの音楽に触れてみよう! イベント開催を記念してのフリー配信も実施中! WaikikiRecord 19th ANNIVERSARY PARTY-Guaranteed to Make You Feel Good!-'【配
by ?
“心動かす音楽”とは──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー)
・2018年06月13日・なぜ音楽で涙腺を刺激することができるのか──高橋勇成(paionia)×たかはしほのか(リーガルリリー) 等身大でありながら力強い歌詞、そして繊細でありながら破壊力抜群なサウンドでリスナーを魅了するロック・バンド、paionia。2008年の結成から10年の時を経て、2018年6月13日に初の1stフル・アルバム『白書』を配信開始した。今回OTOTOYではこれまでpaioniaともライヴで多くの共演を果たし、彼らの音楽のファンであると公言するリーガルリリーのたかはしほのかを迎えて対談を掲載する。paioniaの音楽を聴いて、涙を流したというたかはしほのかが語るpaioniaの魅力とは。高橋勇成が語るリーガルリリーの音楽が心を打つ理由とは。そして彼らがなぜ歌を歌うのか、聴いたものの心に響く歌を作り続ける彼らの対談をおたのしみください。 10年目にリリースされる1stフル・アルバムを配信開始 paionia / 白書'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 150円(税込) / アルバム 1,800円(税込)【収録曲】''1. バックホーン2. 田舎で
by ?
「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始
・2018年06月13日・あの日の“きらめき”や“ときめき”をそのままに──「ひがみソングの女王」関取花、新アルバムを配信開始 “ひがみソングの女王”として多くのメディアに出演し、注目を集めるシンガー・ソングライター、関取花が2018年6月13日(水)に新アルバム『ただの思い出にならないように』をリリースする。LUCKY TAPES、おかもとえみ(フレンズ他)栗原正己&川口義之(栗コーダーカルテット)、田中佑司(bonobosほか)、神谷洵平(赤い靴ほか)など、多彩なゲストが参加した今作をOTOTOYでも配信スタートしました。“あの頃のきらめき”や“あの時の感情”をそのままに詰め込まれた今作を掘り下げるべく、関取花へのインタヴューを行なった。 多彩なゲストも参加した新アルバム 関取花 / ただの思い出にならないように'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】1. 蛍2. しんきんガール3. 親知らず4. オールライト5. バイバイ6. 動けない7. 朝8. あの子はいいな9.
1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?!
・2018年06月08日・1stオニアルバム『GAWARA!』をハイレゾ・リリース! ──ONIGAWARAって一体ナニモノヨ?! 竹内サティフォと斉藤伸也による、スーパー J-POPユニット、ONIGAWARA。1stアルバム『エビバディOK?』をリリースし、全国デビューを果たし、ペンライト・シングルやインスタントカメラ・シングル、写真集シングルなどどいった変わり種シングルをリリースしてきた彼ら。そんなONIGAWARAが、2018年6月8日(金)に“1stオニアルバム”『GAWARA!』という、一見ハチャメチャなアルバムをリリース! リリースに合わせて今作『GAWARA!』を、OTOTOYにて1ヶ月間の期間限定独占ハイレゾ配信でお届け。今回先行シングルであり、収録曲の「ナンバーワンちゃん」にちなんで、犬カフェ『肉球のきもち』さんで取材を敢行。ONIGAWARAのふたりとワンちゃんによるキュートな写真も要チェックです! 約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムを期間限定独占ハイレゾ配信 ONIGAWARA / GAWARA!'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価
by 岡本 貴之