album jacket
TitleDurationPrice
永遠だったかもしれない  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:33
下弦の月  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:33
妙な季節  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:03
かなしみのこちら側 feat.YeYe  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:13
サヨナラの位置  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:17
コピーのように  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:28
モーニングベル  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:09
荒野でコーヒーを -follow you-  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:34
長いお別れ  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:22
渚にて  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:02
ハイライト  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:07
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 42:21
Album Info

「アナ」 3年ぶりの新作は、 バンド史上もっともポップスへと傾倒した11曲入りフル・アルバム。 YeYe、 アニス&ラカンカなど多彩なゲスト・ミュージシャンも参加。 前作 『HOLE』 から約3年ぶり、 アナの通算5枚目となるニュー・アルバムが完成。 11年末にドラマーNOMAが脱退し2人体制になった事で、 アナのアイデンティティは 「”メロディ”と”詞”のバンド」 だと再確認。 「とにかく良い楽曲を作っていきたい」 という一心で臨んだ今作は、 アレンジの端正なまとまり、 耳に残るソングライティング、 聴き手を選ばない間口の広さという意味で、 バンド史上もっともポップスへと傾倒したアルバムになりました。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

大久保潤也&大内篤によるユニット「アナ」、Avec Avecをアレンジャーに迎えた楽曲も収録した5年ぶりの新作リリース

大久保潤也&大内篤によるユニット「アナ」、Avec Avecをアレンジャーに迎えた楽曲も収録した5年ぶりの新作リリース

福岡で結成され、現在は東京を拠点に活動する大内篤・大久保潤也による音楽ユニット、アナが5年ぶりの新作をリリースする。 ヴォーカル大久保潤也はコピーライターや作詞家として数々の作品を手がけ、最近ではヒップホップ・アイドルlyrical schoolへ楽曲を

アナ、約3年ぶりの新作はスペシャル仕様! リード曲「Boys Don‘t Cry」が今だけフルで聴ける

アナ、約3年ぶりの新作はスペシャル仕様! リード曲「Boys Don‘t Cry」が今だけフルで聴ける

2016年に結成10周年を迎えたアナが、前作『イメージと出来事から』約3年ぶりとなる新作「「恋」にまつわるいくつかの」を完成させた。 クラップが軽快に跳ねるダンサブルなビートに、込み上げるシンセ&ギター・リフ、そして胸を焦がすメロディ・ラインと重なるコー

金太郎飴の老舗とバンドがコラボ、キャンペーン・ソング制作

金太郎飴の老舗とバンドがコラボ、キャンペーン・ソング制作

2人組編成のポップ・バンド、アナが金太郎飴の老舗「金太郎飴本店」のキャンペーン・ソング「飴模様」を制作。同楽曲は、金太郎飴本店の特設サイトにて現在試聴可能となっている。 100年以上続き、金太郎飴の元祖である金太郎飴本店は、auのプロモーション「英雄金太

Articles

アナ、バンド史上もっともポップスへと傾倒した3年ぶりのフル・アルバムをリリース!

インタヴュー

アナ、バンド史上もっともポップスへと傾倒した3年ぶりのフル・アルバムをリリース!

多彩なミュージシャンを迎えた“出来事”。アナ、2人体制で再確認したポップスの“イメージ"京都のインディー・レーベルSecond Royal Recordsからアナの5thアルバム『イメージと出来事』がリリース!! 前作『HOLE』をリリース後、2…

アナ『HOLE』インタビュー

インタヴュー

アナ『HOLE』インタビュー

2010年の暮れ。ひさしぶりにアナのライヴを観て、その変貌ぶりにずいぶん驚かされた。抜群のショー・マン・シップがありながらも線の細い印象があった彼らのサウンドが、実にたくましく成長し、よりバンドらしい骨太さを身に付けていたのだ。次の作品は素晴らしいものにな…