渋谷慶一郎、ATAK過去作品をマンスリーで配信!

第7弾 : 2018年3月11日配信開始タイトル

第7弾は、2作のサウンド・トラック作品。渋谷慶一郎が作曲・演奏・レコーディングの全てを自らのスタジオで一人で行った、限りなくソロアルバムに近い内容の作品で、世界的写真家、杉本博司のドキュメンタリー作品、映画『はじまりの記憶 杉本博司』のサウンドトラック『ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto』。もう1作は、こちらも世界的な芸術家、荒川修作を捉えたドキュメンタリー作品、ドキュメンタリー映画『死なない子供、荒川修作』のサウンドトラック。ことらも渋谷慶一郎のソロ・アルバムといっていい感覚の体制で作られた作品。

第7弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2012年4月25日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya / ATAK018 Soundtrack for Memories of Origin Hiroshi Sugimoto
01. Five Elements
02. Lightning Fields
03. The Day After
04. Architecture
05. Theaters
06. Timeless
07. Study
08. Mathematical Models
09. Empty Garden
10. Lightning Fields2 / W.H.F Talbot 他、全16曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

2013年9月13日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya / ATAK019 Soundtrack for Children who won’t die, Shusaku Arakawa
01 天命反転のテーマ
02 ヘレン・ケラーのために
03 建築する身体
04 死なないための葬送曲
05 夢
06 意味のメカニズム (with Madeline Gins)
07 天命反転のテーマ (Rhodes Piano version)
08 ミステイク (with Madeline Gins)
09 アナザーテクスチャー1
10 アナザーテクスチャー2 他、17曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)



ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり

第6弾 : 2018年2月11日配信開始タイトル

第6弾は、2011年のリリースを中心に3作品を配信。まずはフルクサスへの参加など、まさにエクスペリメンタル・ミュージックのレジェンドとして長らく活動を続ける刀根康尚による1996年から2010年まで14年の歳月をかけて制作された『万葉集』をテーマにしたライフワーク的作品をコンパイルした『ATAK016 MUSICA SIMULACRA』。伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のサウンドトラックとして制作され、渋谷プロデュースのもと、Oval、真鍋大度、ミカ・ヴァイニオ、Ametsub、そして朋友evalaらが参加したコンピレーション形式の作品『ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on L』。そしてもう1作は太田莉菜をヴォーカルに、作詞に菊地成孔を迎えた、『セイジ 陸の魚』のメインテーマをポップにビルドアップした『ATAK101 サクリファイス 渋谷慶一郎 feat. 太田莉菜』。



第6弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2011年1月27日オリジナル・リリース
Yasunao Tone / ATAK016 MUSICA SIMULACRA
01. Book1-1
02. Book2-95
03. Book3-313
04. Book5-897-903
05. Book6-1040
06. Book9-1715
07. Book11-2833
08. Book14-3348
09. Book16-3803
10. Book17-4016 他、全11曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり

2012年2月15日オリジナル・リリース
ATAK017 Sacrifice Soundtrack for Seiji “Fish on Land”
01. Keiichiro Shibuya / Sacrifice Seiji “Fish on Land” Opening
02. Ametsub / Cycle
03. evala / Beginning
04. Keiichiro Shibuya + Marihiko Hara / Chord
05. Daito Manabe / Triangulate
06. evala / Recall
07. Oval / Two
08. evala / Water
09. Keiichiro Shibuya / Raveling
10. Keiichiro Shibuya / Act of Love  
他、原摩利彦、ミカ・ヴァイニオの楽曲など全23曲収録



【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,500円(税込)

2011年1月27日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya / ATAK101 サクリファイス 渋谷慶一郎 feat. 太田莉菜
01. サクリファイス (feat. 太田莉菜)
02. サクリファイス (ピアノ+ヴォーカル バージョン) [feat. 太田莉菜]
03. サクリファイス (インストゥルメンタル バージョン) [feat. 太田莉菜]
04. サクリファイス (ダブミックス バージョン) [feat. 太田莉菜]









【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,000円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり

第5弾 : 2018年1月11日配信開始タイトル

第5弾は、2009年リリース、昨年惜しくも亡くなったPan Sonicとしての活動でも知られるフィンランドの電子音楽アーティスト、ミカ・ヴァイニオのソロ『ATAK012 OLEVA』、さらには数奇な運命でATAKへの録り下ろしアルバムとなった2009年の『ATAK014 “STATION 15, ROOM 3.064″ PARTS 1-5'』。そして渋谷慶一郎のプロデュースによる、カナダの女性アーティスト i8u(アイ・エイト・ユー)とトマス・フィリップスによる、ドローン / フィールド・レコーディングを総括する決定的傑作『ATAK013 Ligne』。



第5弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2009年2月18日オリジナル・リリース
Ø Mika Vainio / ATAK012 OLEVA
01. Unien Holvit
02. S-Bahn
03. Set The Controls To The Heart Of The Sun
04. Frekvenssi
05. Loihdittu
06. Vastus
07. U-Bahn
08. Koituva
09. Mojave
10. Tasanko 他、全13曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり
2009年7月15日オリジナル・リリース
i8u + Tomas Phillips / ATAK013 Ligne
01. Ligne
02. Point
03. Donnée
04. Ligne Keiichiro Shibuya Remix










【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 750円(税込)

2009年9月7日オリジナル・リリース
Mika Vainio / ATAK014 “STATION 15, ROOM 3.064″ PARTS 1-5
01. Station 15, Room 3.064 Part 1
02. Station 15, Room 3.064 Part 2
03. Station 15, Room 3.064 Part 3
04. Station 15, Room 3.064 Part 4
05. Station 15, Room 3.064 Part 5








【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 900円(税込)

第4弾 : 2017年12月11日配信開始タイトル

第4弾となるリリースは、2006年リリースの渋谷慶一郎、中村としまる、ノルベルト・モスランによるスリリングなライヴを収録した『ATAK008』。2007年リリース、渋谷慶一郎の、世界初の三次元立体音響を実現したヘッドフォンによるリスニング専用の作品『ATAK010 filmachine phonics』。そして渋谷慶一郎はもちろん、故ミカ・ヴァイニオが在籍したパン・ソニック、灰野敬二らのライヴを収めたレーベル初の映像作品となったライヴ作品『ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』(動画データを配信)。



第4弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2006年8月13日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya+Norbert Moslang+Toshimaru Nakamura / ATAK008
01. 3'42 / Keiichiro Shibuya
02. 3'57 / Keiichiro Shibuya
03. 3'49 / Keiichiro Shibuya
04. 2'39 / Keiichiro Shibuya
05. 6'20 / Keiichiro Shibuya
06. 7'32 / Keiichiro Shibuya
07. 1'17 / Keiichiro Shibuya
08. 10'30 / Keiichiro Shibuya
09. 4'04 / Keiichiro Shibuya
10. 5'30 / Norbert Moslang 他、13曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)


2007年2月2日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya / ATAK010
01. data logi/tm_vertical and diffusion
02. jet horizontal/variation of aggression
03. CA_r18
04. CA_r110/guernica_war piece
05. logistic white haze_invisible film and machine









【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり


2007年10月10日オリジナル・リリース
Pan sonic Keiichiro Shibuya Keiji Haino Goem evala / ATAK011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3
01. ATAK NIGHT 3












【配信形態 / 価格】
こちらは動画作品です
動画データ購入 1,050円(税込)


『ATAK 011 LIVE DVD ATAK NIGHT 3』のサンプル動画


第3弾 : 2017年11月11日配信開始タイトル

第3弾となるリリースは、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラック2曲が加わった、2011年の『ATAK000+』。『ATAK002』での共演からの親交でリリースされることになった高橋悠治、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして高橋悠治と、ATAKの2人(渋谷慶一郎とmaria)による緊迫のライヴを収めた『ATAK007』の3枚。



第3弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2011年9月11日オリジナル・リリース(元になった『ATAK000』は2002年12月18日リリース)
keiichiro shibuya / ATAK000+
01. 1'11+
02. 1'55
03. 4'49
04. 5'51
05. 5'18
06. 4'12
07. 4'13
08. 4'37
09. 5'32
10. 5'10 他、全11曲収録





【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり

2005年7月13日オリジナル・リリース
yuji takahashi / ATAK006
01. gs-portrait(2005)
02. dctnzlgr(2005)
03. dsvgrt(2005)
04. wktnwb(2005)
05. hptn(2005)
06. krzlgch(2005)
07. kumo-rinzetsu 260795 雲輪舌260795 (1995)
08. und flieder in die sonne それとライラックを日向に (1989)
09. time(1963)





【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

2006年1月25日オリジナル・リリース
yuji takahashi + keiichiro shibuya + maria / ATAK007
01. 4'39
02. 1'02
03. 4'27
04. 3'29
05. 3'03
06. 0'52
07. 4'15
08. 1'16
09. 1'36
10. 3'46 他、全20曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

ATAKの公式ショップにCDの僅少在庫あり


第2弾 : 2017年10月11日配信開始タイトル

第2弾となるリリースは、国内外60組の先鋭的な電子音響〜サウンドアート系のアーティストを集め、60秒の曲を収録したイラク戦争へのプロテスト・アルバム『60 sound artists protest the war』。アイスランドはレイキャビクを拠点にしていたスティルアップステイパによる『ATAK003』、パーカッショニスト、ジェイソン・カーン、マイクロスコピック・サウンドの雄、シュテインビリュシェル、DSPマスター、キム・カスコーンの3アーティストのコラボレートによる『ATAK004』。さらにATAKにとって待望のリリースとなったゴエム『ATAK005』の4枚です。



第2弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


2003年6月15日オリジナル・リリース
V.A. / 60 sound artists protest the war
01. roel meelkop / raw
02. shirtrax vx.shirtrax / easy lover
03. keith rowe / 1 min. in texas
04. stephan mathieu / kartenhaus
05. pomassl / emptarda notch
06. slipped disk / record:bgd 3.20-21
07. bernhard günter / heiwa no tame no haiku
08. kim cascone / gps jammer outpu
09. doron sadja / untitled
10. yamataka eye / tr37 他、全60曲収録


全60アーティスト、60曲収録 : 詳しい収録アーティストなどは上パッケージ・リンクから詳細を確認ください

【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

2004年5月22日オリジナル・リリース
stilluppsteypa / ATAK003
01. 0'37
02. 1'10
03. 4'08
04. 3'15
05. 3'00
06. 2'29
07. 0'16
08. 2'30
09. 2'11
10. 0'29 他、全10曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

2004年11月27日オリジナル・リリース
kimcascone + jason kahn + steinbruechel / ATAK004
01. 4'39
02. 2'59
03. 7'39
04. 3'50
05. 4'46
06. 3'34
07. 8'00
08. 3'28
09. 3'21
10. 7'37 他、全11曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

2004年11月27日オリジナル・リリース
goem / ATAK005
01. 2'47
02. 4'35
03. 4'22
04. 6'04
05. 5'05
06. 6'25
07. 2'05
08. 4'06
09. 4'53
10. 5'14 他、全11曲収録





【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
アルバムまとめ購入 1,050円(税込)

第1弾 : 2017年9月11日配信開始タイトル

第1弾となるリリースは、初のピアノ作品として渋谷慶一郎のキャリアを語る上でも欠かすことのできない『ATAK015 for maria』。しかも、その制作の起点となったDSDオリジナル・ヴァージョンを世界初配信。さらにレーベル初期のリリースとなる『ATAK001 slipped disc』。そして高橋悠治との『ATAK002 keiichiro shibuya + yuji takahashi』を配信開始!

第1弾配信作品の解説インタヴューはコチラ


DSD版のリリースは世界初配信

Keiichiro Shibuya / ATAK015 for maria(DSD 2.8MHz)
01. for maria
02. BLUE
03. sky riders
04. Blue fish
05. angle passed
06. painful
07. open your eyes
08. Ida
09. when attitudes become form
10. one plus two 他、全14曲収録




【配信形態 / 価格】
DSD 1bit / 2.8Mhz
アルバムまとめ購入 3240円(税込)


2009年9月11日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya / ATAK015 for maria
01. for maria
02. BLUE
03. sky riders
04. Blue fish
05. angle passed
06. painful
07. open your eyes
08. Ida
09. when attitudes become form
10. one plus two 他、全14曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
単曲購入 324円(税込) / アルバムまとめ購入 1,620円(税込)

2002年10月29日オリジナル・リリース
slipped disc / ATAK001
01. 1'56
02. 6'13
03. 0'58
04. 0'17
05. 2'00
06. 6'18
07. 2'35
08. 6'04
09. 7'54
10. 4'33 他、全15曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
単曲購入 324円(税込) / アルバムまとめ購入 1,080円(税込)

2003年6月3日オリジナル・リリース
Keiichiro Shibuya + Yuji Takahashi / ATAK002
01. 1'07
02. 2'20
03. 3'29
04. 0'17
05. 0'06
06. 2'46
07. 1'15
08. 5'39
09. 5'23
10. 4'25 他、全15曲収録




【配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / FLAC / ALAC
AAC
単曲購入 324円(税込) / アルバムまとめ購入 1,080円(税込)

PROFILE

渋谷慶一郎

音楽家。1973年生まれ。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。2002年に音楽レーベルATAKを設立、国内外の先鋭的な電子音楽作品をリリースする。代表作にピアノソロ・アルバム『ATAK015 for maria』『ATAK020 THE END』、パリ・シャトレ座でのソロコンサートを収録した『ATAK022 Live in Paris』など。また、映画「はじまりの記憶 杉本博司」、ドラマ「TBSドラマSPEC」など数多くの映画・TVドラマ・CMの音楽も担当。2012年には、初音ミク主演による世界初の映像とコンピュータ音響による人間不在のボーカロイド・オペラ「THE END」をYCAMで発表。同作品は、その後、東京、パリ、アムステルダム、ハンブルグ、オーフス、アブダビ、ジョージアなど世界数カ国で公演が行われ、現在も上演要請が絶えない。2016年にはサティ、ピカソ、コクトーのコラボレーション作品「Parade(パラード)」のリメイク「Parade for The End of The World」をパリで発表。2017年にはパリ・オペラ座でパリ・オペラ座・エトワール、ジェレミー・ベランガールとビデオ・アーティストチームのエイドリアンM & クレアBとのコラボレーションによる「Scary Beauty」のダンスバージョンを発表。最新作はアンドロイドとオーケストラによるモノオペラ「Scary Beauty」で今年9月に初演が決定、その後は世界巡回が予定されている。これまでにアーティストの杉本博司、複雑系研究者の池上高志、ロボット学者の石黒浩、パリ・オペラ座・エトワールのジェレミー・ベランガールなど数多くのアーティスト、またルイヴィトンやピガール、エルメネジルド・ゼニアといったファッションブランドともコラボレーションを展開している。現在は東京とパリを拠点に活動を展開している。

>>ATAK Official Site

この記事の筆者
TOP