How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Seven Forty Seven -- Boards Of Canada  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:46 N/A
2
Dett -- Plaid  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:13 N/A
3
Oval Moon (IBC mx) -- Autechre  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:18 N/A
4
Elecktroids Bonus Circuit -- Elecktroids  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:43 N/A
5
Rattlesnake -- Clark  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:01 N/A
6
Sam Lac Run -- Plaid  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:54 N/A
7
Mega Donutz Dub -- Nightmares On Wax  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:15 N/A
8
Biofeedback Dub -- Nightmares On Wax  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:13 N/A
9
Tronix -- Flying Lotus  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:48 N/A
10
Sixty Forty -- Broadcast  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:31 N/A
11
As Link -- Seefeel  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
Album Info

シーンの概念を塗り替え続け、リスナーの感覚を常に刷新してきたUK屈指のインディペンデント・レーベル <Warp Records>の設立を記念してリリースされた大好評のコンピ・シリーズ『Warp20』。シリーズ第1弾、2弾として先日同時発売された究極のベスト・アルバム『Warp20 (Chosen)』、そして究極のカバー集『Warp20 (Recreated)』はさすが20周年! と感じさせる素晴らしい内容の作品だったが、第3弾にあたる本作は前出の2作品以上に強力な内容のコンピレーションとなっている。『Warp20 (Unheard)』は、Warpの20年の歴史の中から奇跡的に発見された11曲のお宝音源を収録した超貴重な作品。Boards of Canadaの未発表音源である「Seven Forty Seven」は、2006年5月の『Trans Canada Highway』以来となる彼らのリリース作品である。その他Autechre、Broadcast、Elektroids、Nightmares on Waxなどなど、ファン垂涎の貴重な音源のみを収録!!

Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

7 tracks
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

Autechre、オフィシャルストアでのみ販売されていたライブ音源が突如公開!

1 track
Dance/Electronica

11 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

〈BEATINK POP-UP〉開催決定 サンダーキャット、ルイス・コールらの最新グッズを販売

〈BEATINK POP-UP〉開催決定 サンダーキャット、ルイス・コールらの最新グッズを販売

音楽レーベル〈BEAT RECORDS〉が、夏フェス・シーズン到来の盛り上がりをひと足先に楽しめるポップアップ・ストアが1日限定でオープンすることが決定した。 いよいよ7月末に〈FUJI ROCK FESTIVAL '23〉、8月には〈SONICMANI

〈SONICMANIA2023〉であの盟友コンビが5年ぶりに揃う

〈SONICMANIA2023〉であの盟友コンビが5年ぶりに揃う

2023年8月18日(金)に開催される東京〈幕張メッセ〉にて開催される〈SONICMANIA〉の第1弾出演者が発表された。〈BEAT RECORDS〉からはフライング・ロータス、サンダーキャットが出演決定。 ブラー、ケンドリック・ラマーという強力なヘッド

クラーク、9月発売『Body Double』からレア音源公開

クラーク、9月発売『Body Double』からレア音源公開

00年代〈Warp〉の象徴クラークが、2022年9月30日 (金) にリリースする未発表+レア音源集『05-10』に収録されるレア音源”Frau Wav (Brief Fling)”を公開した。 クラークは、『05-10』のほかに、2006年にリリースし

ナイトメアズ・オン・ワックスが3年ぶり新曲「Imagineering」公開

ナイトメアズ・オン・ワックスが3年ぶり新曲「Imagineering」公開

チル〜ダウンテンポの巨匠ナイトメアズ・オン・ワックスが新曲「Imagineering」をトレーラー映像と共に公開した。 30年を超えるキャリアにおける最高傑作との呼び声も高いアルバム『Shape The Future』から3年、「Imagineering

フライング・ロータス主催のストリーミング・イベントに長谷川白紙が登場

フライング・ロータス主催のストリーミング・イベントに長谷川白紙が登場

スサンダーキャットやルイス・コールなどの人気アーティストが所属するフライング・ロータス主宰の音楽レーベル〈Brainfeeder〉が、毎週木曜日にTwitch内で行っているストリーミング・イベント「THE HIT」。 本イベントに、日本から長谷川白紙の出

FLYING LOTUS、最新作『YASUKE』リリース

FLYING LOTUS、最新作『YASUKE』リリース

Netflixオリジナルアニメシリーズ「Yasuke - ヤスケ-」が昨日全世界配信が4月29日に開始したのに続き、フライング・ロータスが手がけた音楽が、一つのアルバムとしてリリースされることが決定。 ストリーミングとデジタル配信は、本日よりスタートし、

View More News Collapse
フライング・ロータスが音楽を務めるアニメ「Yasuke - ヤスケ-」本予告映像解禁

フライング・ロータスが音楽を務めるアニメ「Yasuke - ヤスケ-」本予告映像解禁

フライング・ロータスが音楽を務めるアクションファンタジー時代劇、Netflixオリジナルアニメシリーズ「Yasuke - ヤスケ-」の本予告映像&キーアートが解禁された。 「Yasuke -ヤスケ-」は、戦国時代を舞台に描かれる、アフリカ人で初の武士とな

フライング・ロータスが、サンダーキャットとニキ・ランダを迎えた新曲をリリース

フライング・ロータスが、サンダーキャットとニキ・ランダを迎えた新曲をリリース

フライング・ロータスが、盟友サンダーキャットをヴォーカルに迎えた「Black Gold」と、同じく長年に渡ってコラボレーションを続けているニキ・ランダを迎えた「Between Memories」という新曲2曲を同時リリースした。 ・https://fly

ele-king年末号が増ページ特別仕様で刊行、オウテカ4万5千字インタヴュー収録

ele-king年末号が増ページ特別仕様で刊行、オウテカ4万5千字インタヴュー収録

恒例のele-king年末号が増ページ特別仕様で刊行される。   ●オウテカ4万5千字インタヴュー ──ヒップホップ、海賊放送、そしてシュトックハウゼンからレイヴまでを語る 使用機材についてのコラムやディスクガイド付き ●特集:エレクトロニック・リスニ

サンダーキャットとフライング・ロータスが第63回グラミー賞にノミネート

サンダーキャットとフライング・ロータスが第63回グラミー賞にノミネート

トム・ヨークからケンドリック・ラマーまで、幅広いトップアーティストからリスペクトを受け、〈Warp〉からリリースしてきた自ら作品が2000年以降の音楽シーンに多大なる影響を及ぼしてきただけでなく、進化を続けるレーベル〈Brainfeeder〉を主宰。次々

フライング・ロータス〈BRAINFEEDER〉によるSP A/V ライ
ヴ『EXTRAVAGANZA』の配信が決定

フライング・ロータス〈BRAINFEEDER〉によるSP A/V ライ ヴ『EXTRAVAGANZA』の配信が決定

フライング・ロータスが主宰する音楽レーベル〈Brainfeeder〉がスペシャル A/V ライヴ『EXTRAVAGANZA』の配信を発表した。 最新のテクノロジーを取り入れたオーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンスはもちろん、映画監督としても独特の感性で

オウテカ、ニューAL『PLUS』をサプライズでリリース

オウテカ、ニューAL『PLUS』をサプライズでリリース

オウテカが10月16日にリリースされたアルバム『サイン』に続く連作『プラス』をサプライズでリリースした。 全11曲約65分の構成となった『サイン』に対して本作『プラス』は9曲64分に及ぶ音源が収録されている。 なおCDとLPが11月20日にリリースされる

オウテカ、ニューAL『SIGN』10/16発売決定

オウテカ、ニューAL『SIGN』10/16発売決定

オウテカが待望のニューアルバム『SIGN』を10月16日にリリースすることが発表された。 11曲のトラックに現在のオウテカのエッセンスを注ぎこんだ本作。 国内盤CDには、ボーナストラック"n Cur"が追加収録され、解説書が封入される。 また初回生産限定

フライング・ロータス、最新インストALから"Remind U"MV公開

フライング・ロータス、最新インストALから"Remind U"MV公開

超大作『FLAMAGRA』のリリースから1周年を記念し、5月にインストゥルメンタル盤『Flamagra (Instrumentals)』をリリースしたフライング・ロータス。 アルバム収録の楽曲"Remind U"のミュージック・ビデオを公開した。 映像の

フライング・ロータス『Flamagra』のインスト盤を本日リリース

フライング・ロータス『Flamagra』のインスト盤を本日リリース

共同プロデューサーを務めたサンダーキャット最新アルバム『It Is What It Is』の大ヒットも記憶に新しいフライング・ロータス。 自らキャリアのターニングポイントと語り、代表作『Cosmogramma』の続編にも位置付けている超大作『Flamag

フライング・ロータス、最新AL『lamagra』のインストゥルメンタル盤5月29日発売

フライング・ロータス、最新AL『lamagra』のインストゥルメンタル盤5月29日発売

フライング・ロータスがアルバム『Flamagra』のリリースから1年を経て、27曲収録の超大作をインストゥルメンタル盤として5月29日にリリースすることが決定した。合わせて"Black Balloons Reprise (Instrumental)"が公

FLYING LOTUS、デンゼル・カリー参加曲「BLACK BALLOONS REPRISE」のMV公開

FLYING LOTUS、デンゼル・カリー参加曲「BLACK BALLOONS REPRISE」のMV公開

今年5月にリリースした超大作『Flamagra』をリリースし、9月には圧巻の3Dライヴで来日公演を大成功させたフライング・ロータス。 そんな彼が、同アルバムに収録されているデンゼル・カリー参加曲「Black Balloons Reprise」のミュージッ

〈WARP〉30周年記念リリース、94年にBBC『Peel Session』で披露されたSEEFEELの貴重な音源解禁

〈WARP〉30周年記念リリース、94年にBBC『Peel Session』で披露されたSEEFEELの貴重な音源解禁

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、ついに今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 その偉大なる歴史を祝した30周年記念12"作品シリーズ『WXAX

フライング・ロータス来日公演最速ライヴレポート公開

フライング・ロータス来日公演最速ライヴレポート公開

フライング・ロータス、昨年のソニックマニアに続く3Dライヴである。 新作『FLAMAGRA』を引っさげての単独公演。早くからソールドアウトとなった会場の新木場スタジオコーストは、開演15分前になってもまだ長蛇の列が会場を取り囲んでいた。  1週間前に発表

フライング・ロータス単独公演、最新ツアーグッズ開場1時間前より販売開始

フライング・ロータス単独公演、最新ツアーグッズ開場1時間前より販売開始

いよいよ明日、新木場STUDIO COASTで超待望&一夜限りの3Dライブを披露するフライング・ロータス。 SOLD OUT公演にも関わらず、自身の主宰レーベル〈BRAINFEEDER〉所属の超人、ルイス・コールの出演も決定し、ますます話題となっている本

フライング・ロータスの3Dライヴ公演にルイス・コールがサプライズ出演決定

フライング・ロータスの3Dライヴ公演にルイス・コールがサプライズ出演決定

今年5月に超大作アルバム『FLAMAGRA』をリリースし、過去作を凌駕する豪華ゲスト陣はもちろん、その圧倒的な出来栄えに世界中で喝采を浴びたフライング・ロータス。 そんな彼が、オーディエンスの度肝を抜く圧巻の3Dライヴを披露する超待望の単独来日公演が迫る

〈WARP RECORDS〉30周年記念作品『WXAXRXP SESSIONS』発売決定

〈WARP RECORDS〉30周年記念作品『WXAXRXP SESSIONS』発売決定

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、ついに今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 その偉大なる歴史を祝した30周年記念12"作品シリーズ『WXAX

スクエアプッシャー、OPN、ビビオが集結、〈WARP RECORDS〉30周年スペシャルDJツアー開催決定

スクエアプッシャー、OPN、ビビオが集結、〈WARP RECORDS〉30周年スペシャルDJツアー開催決定

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 その偉大なる歴史を祝し、スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイン

PLAID、『Polymer』からスキー・マスクによるリミックス公開

PLAID、『Polymer』からスキー・マスクによるリミックス公開

大胆かつ心に響くエレクトロニッ ク・ミュージックで、エイフェックス・ツインやオウテカと共に、長きに渡ってエレクトロニック・ミュー ジック・シーンを牽引する〈WARP〉の看板アーティスト、プラッド。 最新アルバム 『Polymer』より「Maru (Ske

Collapse

Articles

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

インタヴュー

UKテクノのベテラン・デュオ、プラッドによるドリーミーな新作をハイレゾ配信

エド・ハンドリー、アンディ・ターナーによる、このテクノ・ユニットは1990年代初頭から現在にいあたるまでエイフェックス・ツインらとともにブリティッシュ・テクノを象徴する存在であり続けている。ビョークのコラボレーターでもあり、ルーツ・オブ・エレクトロニカであ…

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

レヴュー

新作『You're Dead』ハイレゾ配信開始! フライング・ロータス、ジャズへ!

ついにリリースされるフライング・ロータスの新作『You're Dead!』。ビート・ミュージックという潮流を作り出したこれまでの作品から一転し、そのサウンドはここ数年、音楽シーンを騒がせている新たな流れの”ジャズ”に呼応するように変化させている。レジェンド…

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

レヴュー

1ヶ月のOTOTOY配信中のクラブ・ミュージックまとめ連載

ということで、OTOTOYにて配信されているクラブ・ミュージックや、マニアックな音源で、記事で紹介しきれなかった音源を約1ヶ月のタームでびしびし紹介しておりますこのコーナー。第2回目でございます。OTOTOY配信曲だけでなく、最近のクラブ・ミュージックの最…

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介します。音源を試聴しながらレビューを読んで、ゆ…

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/9/18~2013/9/24)

今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今週の推薦盤を2~3枚ピックアップし、ライターによるレビューとともにご紹介いたします。 音源を試聴しながらレビューを読ん…

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

レヴュー

クラークの新作『Feast / Beast』TAICO CLUB出演前に突如発表

TAICO CLUB出演前に突如発表されたクラークの新作の詳細が明らかになった。『Feast / Beast』と名付けられ、2枚組CDとしてのリリースが決定している本作は、クラークがマッシヴ・アタック、デペッシュ・モード、バトルス、アモン・トビンの楽曲を徹…

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

コラム

FUJI ROCK FESTIVAL '13開催目前! フジロックから広げる洋楽入門

さあ、今年もそわそわしはじめる時期がやってきましたね。そうです。もう2013年のフジロック・フェスティバルの開催まであとわずかなんです。タイムテーブルも発表されたことだし、わくわくしながらスケジュールを考えているわけですが、果たしてどっちのステージに向かう…

Boards Of Canada 8年振りの新作『Tomorrow's Harvest』をリリース

レヴュー

Boards Of Canada 8年振りの新作『Tomorrow's Harvest』をリリース

8年ぶり、フル・アルバムとしては4枚目となるボーズ・オブ・カナダのアルバム『Tomorrow's Harvest』。これまでの活動同様、ヴェールに隠されたその全貌が6月5日ついに公開された。果たして、その姿とはいかに?''【価格】''mp3 単曲 200円…

WARPを代表するユニット、オウテカの11作目となるオリジナル・アルバムを配信開始!

レヴュー

WARPを代表するユニット、オウテカの11作目となるオリジナル・アルバムを配信開始!

2013年2月27日、オウテカが最新アルバム『Exai』を発表した。『Exai』と名付けられたこのアルバムは、メンバーであるロブ・ブラウンと、ショーン・ブースの2人にとって11枚目のフル・アルバム。2010年のスタジオ・アルバム『Oversteps』、20…

Flying Lotus『Until The Quiet Comes』

連載

Flying Lotus『Until The Quiet Comes』

最先端の音楽シーンにおいて、もはや誰もが認める中心人物として君臨するフライン グ・ロータス。ジャズやソウル、エレクトリック・ミュージックにおける過去の偉大な巨匠たちが抱いた野心やヴィジョンを共有し、誰も見たことがない圧倒的な世界観を作りあげた最新作が登場。…

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

連載

ボーカロイド特集『なるほど・ザ・ボーカロイドvol.1』

YouTubeやニコニコ動画などのネット動画共有サービスが生活の中で当たり前になった頃、「初音ミク」という言葉をちょこちょこ目にするようになった。どこかの無名アイドル歌手が自分の歌っている姿を動画に収めて公開しているんだなと感心しながらスル―していると、段…

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

レヴュー

NINJA TUNE 20周年記念 特集!

''V.A. / NINJA TUNE XX Vol.1 & Vol.2''数曲を除きほとんどが未発表曲で構築されたVol.1にはToddla T、Dorian Concept、Zomby、Eskmoを始め現在のUKビート・ミュージック・シーンを若くして引…

View More Articles Collapse
flying lotus『Cosmogramma』 text by 定金啓吾

レヴュー

flying lotus『Cosmogramma』 text by 定金啓吾

美しいコズミックなジャズ。胸躍るダブステップ。 心を落ち着かせるハープ、ディープなグルーヴと疾走感を生むサンダーキャットのベース、チリチリとざらついたどこか肌のぬくもりを感じさせる感触すら残す電子音。美しく昇華していくような47分間、この音楽に耳を傾けるこ…

Autechre ニュー・アルバム『Oversteps』HQD高音質配信開始!

その他

Autechre ニュー・アルバム『Oversteps』HQD高音質配信開始!

世界のエレクトロニック・ダンス・ミュージック界のトップに君臨するAutechre。彼らの2年ぶりの新作『Oversteps』が高音質HQDファイルで発売。記念すべき10作目となる今作は、多彩なトラックに乗せられたシンプルで美しいメロディが印象的な作品。24…

Autechre ニュー・アルバム『Oversteps』ロブ・ブラウン インタビュー by 定金啓吾

インタヴュー

Autechre ニュー・アルバム『Oversteps』ロブ・ブラウン インタビュー by 定金啓吾

今回質問に答えてくれたのは、比較的インタビューイーであることの多い、ショーン・ブースではなく、相棒のロブ・ブラウン。余り反応が良くないのでは? という心配は1問目で吹き飛ぶ。しゃべる、しゃべる、あっという間の1時間。おかげで質問の半分くらいしか聞くことが出…

Collapse