STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.4 解散をかけた、三浦菜々子大マラソン大会

左から、椎名彩花、西園寺未彩、三浦菜々子、河村ゆりな、岸森ちはな

EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。

特集第4弾となる今回は、4月17日に行われた三浦菜々子大マラソン大会の様子をレポート。他のメンバー4人との間にできてしまった溝を埋めるために行われた42.195kmのフル・マラソン。「途中で脱落した場合は解散」という条件がついた本マラソンだったが、並走する車内に開設された移動式CDショップで『Dancing Again』を5枚予約すると三浦の代わりにファンが1km走れるという内容やTwitterでのStereo Tokyo Officialの発言が炎上。長時間に渡りトレンド入りするなど賛否両論話題を呼んだ。OTOTOYは同マラソンに完全密着。写真とともに42.195kmの道のりを振り返る。同時に、マラソン後に初披露された新曲「RUN」のフル試聴もスタート!!

1万枚売れたら解散となる運命のシングルより「RUN」を先行フル試聴

レーベル Bermuda Entertainment Japan  発売日 2016/05/04

※ 曲名をクリックすると試聴できます。


RUN
作詞 : RIKU
作曲 : autoclef

乱れた呼吸のまま
鼓動は高鳴って
まだ見えないゴールに向かって
ただ前に進むだけ

いま走り続ける 一人ぼっちで
解けた魔法の 見知らぬ行方
流れた涙 拭く暇はないから
踏み出そう

わたしが生きるこの世界で
ただひたすら走り続ける
みんなに会うその瞬間まで
少しづつ そう 近づいて行く 待ってて

いま探し続ける 手探りのまま
逃げたい気持ち 振り払いながら
(みゆう、れい)
それぞれの想い 信じられなくても
構わない

わたしが生きるこの世界で
ただひたすら走り続ける
みんながいるその場所まで
必ず そう たどり着くから 待ってて

ドキュメンタリー・レポート : 三浦菜々子大マラソン大会

なんのために走るのか、そしてその先には何があるのか。結論から言うと、物理的に得られるものは何もない。それでもなぜStereo Tokyo、そしてそのオタクたちは共にマラソンを走り抜けたのか。その理由は、ただ単純にそうしたほうが面白いから。たったそれだけ。


Stereo Tokyo / RUN(Official Video)

2016年4月17日(日)三浦菜々子大マラソン大会

8:00 : 相模原警察署(神奈川県相模原市中央区富士見1丁目1-1)よりスタート
17:00頃 : 青山EDITION(東京都港区 赤坂8丁目10-22)へゴール
ゴール後、ライヴでカップリング曲を1曲だけ披露
※途中で脱落の場合はStereo Tokyoは解散になります。

ルール
基本的には三浦菜々子が走ります。他のメンバー、及びファンの皆様は下記の方法で三浦を助けることができます。

■メンバー : 「三浦救助BOX」から1枚引き、お題を達成することで三浦の代わりに1km走ることができます。
■ファン : 当日並走する車内に移動式CDショップが開設されますので、そこで5/4発売「Dancing Again」を5枚ご予約頂けますと三浦の代わりに1km走ることができます。

4月17日(日)、Stereo Tokyoがグループの解散をかけてマラソン企画を行った。ランナーはメンバーの三浦菜々子。彼女とほかのメンバーの間にある溝を埋め、再びグループとして結束するために今回のイベントが計画されたそうだ。しかしながらアイドルにおけるマラソン企画はやや使い古されたネタでもある。昨年にはPOPのカミヤサキが100キロを走破し、過去にもBiS、BiSHらが何度もマラソンを行ってきた

そしてStereo Tokyoはもうひとつの制約を運営より課されている。それは5月4日に発売されるシングル『Dancing Again』がリリース・パーティーまでに1万枚売れた“ら”解散というもの。いわゆる解散商法とも揶揄される「◯◯枚売れなかったら解散」とは真逆に、このグループの場合は売れてしまったら解散なのだという。

そもそもStereo Tokyoとは5人組のアイドル・グループで、その音楽性は本格的なEDMサウンドを指向したもの。ライヴでは大量の札束をばら撒き、巨大なクラッカーを打ち鳴らす。また大量の泡を浴びながら音楽にまみれるイベントを開催するなど、エンターテイメント性を強く打ち出したパフォーマンスを行っている。さらにこれまでのCDリリース時の施策や、プロデューサー水江のインタヴュー時の発言などが賛否両論を呼んできた。そうした点を踏まえると、今回の2つの施策における狙いも浮かび上がってくる。これまで様々なアイドルが行ってきた動きをStereo Tokyo流にアレンジし、いかに面白さを生み出すか。

また彼女たちの主催イベントでは、ライヴハウスではなくクラブを会場として選ぶことが多く、そこではステージという垣根をなくし、メンバーがフロアでお客さんと一体になりながら歌って踊る。そういったところからStereo Tokyoのイベントはライヴというより、パーティーと表現したほうがその実態に近い。演者が提供するパフォーマンスを観客が受け取るというよりも、その関係性をごちゃごちゃにしながら、とにかく馬鹿騒ぎをして一緒に熱狂的な盛り上がりを生み出す。主役は演者ではなく、そこにいる全員というノリ。Stereo Tokyoのそうした姿勢に応えるかのように、ファンも主体性を持って、パーティーを盛り上げるべく様々な試みを行ってきた。後述するが、今回のマラソン企画でもファンの自主的な働きの数々には驚かされた。そうしたStereo Tokyoとファンの動きが結実したのが今回のマラソン企画だった。

8:00 相模原警察署前より三浦菜々子大マラソン大会スタート

スタート地点となったのは神奈川県にある相模原警察署前。朝8時と早い時間にも関わらず、約50名ほどのファンが有志で制作したTシャツやのぼりと共に、三浦を応援するためにその場へと駆けつけている。目指すはこの日のライヴ会場である港区のクラブ「青山EDITION」。メンバーである西園寺未彩のホイッスルを合図に、三浦菜々子によるグループの解散をかけた戦いの火蓋が切って落とされた。

早朝7時に町田駅に集合し、スタート地点の相模原警察署に移動したStereo Tokyoのメンバー

この日のために三浦菜々子を応援するTシャツがファンの手によって自主的に作られた

メンバーとともにストレッチをして準備を怠らない

スタートの直前「とにかく頑張りますとしか言えないです。夏を迎えなきゃいけないんです、Stereo Tokyoは」と力強い言葉で語った三浦。そんな決意を胸にスタートした矢先、わずか50メートルほど進んだところでファンが待ち構えており、走者は交代。なぜか颯爽と走り始める男性。次第に小さくなっていく後ろ姿。

これは今回ランナーと共にタワレコの移動販売車が並走しており、Stereo Tokyoの新作を5枚予約購入するごとに、三浦の代わりに1キロ代走できるというシステムが用意されていたため。三浦からタスキを繋いだ“すーさん”という男性は、タワレコ移動販売店が開店するやいなや、三浦菜々子の名前にちなんで35枚を予約購入。解散を阻止するため7キロもの距離を代走する権利を得ていた。購入時に話を伺うと「全く走りに自信がない」と語っていたが思わぬ快走を見せ、すーさんの活躍によりマラソン企画は順調に動き始めたのだった。

突然、車のドアが開き、タワーレコードの出張予約即売所が出現

SNSにアップするための写真を撮るため集うStereo Tokyoのファンたち

早速、35枚の大量予約をするファン(すーさん)。このマラソンで一番予約をした人でもある

運命をかけた42.195kmのマラソンがスタート

走りはじめたのに、わずか50mですーさんにたすきが渡る

ゴールに向けてひたすら走るすーさん(CDを35枚予約したので7Km走った)

ここからStereo Tokyoの存続をかけてファンが金を払って走り、当のメンバーたちは車で移動するという謎の展開に突入。一応「1万枚売れたら解散」という制約も設けられているため、タスキを繋ぐためファンが代走するたびに、ジリジリと解散に近づいてしまうというジレンマも抱えてはいた。がしかし購入したCD枚数分の距離をランナーが走り終えるたびに、プロデューサーの水江が「このままじゃ三浦が走っちゃう」とタワレコをオープンさせると、ファンたちは「面白そうだから」「解散してほしくないから」など、それぞれの理由を胸にかなりの悪天候のなかとりあえず走った。

そんな必死な彼らをよそにstereo陣営はのんきなモード。プロデューサーの水江は「吉野家行く?」「お金が無いなら2万までは貸せるよ」「ATMのあるところまで行こうか」などと発言を繰り返す。そろそろ新譜予約者も現れなくなってきた頃、オタクたちは自分たちが持ち込んだ企画を提案。ゲームや黒ひげ危機一発によって次なるランナーを決めていくことなった。黒ひげ危機一発では持参したファンが2連続で負け、計2キロ走らさせる憂き目にあい、またボックスの中から引いたボールに名前が書かれていた人が走るというゲームでは、うっかりと参加してしまった筆者やStereo TokyoスタッフまでもがCDを購入し走ることに。当の三浦の走行距離は未だ50メートルにも関わらず、参加者全員がマラソン企画に巻き込まれていく。

その姿を車内から応援するStereo Tokyoのメンバーたち

すぐ応援に飽きてスマホを見始めるメンバーとプロデューサーの水江文人

最初のランナーが7kmを走り終える前に再びCDの予約が入る

たすきを受け取り走り始めるセカンド・ランナー

続々と予約が入っていく

ファンからファンにたすきが渡り、順調にゴールへの距離を縮めていく

お腹がすき、コンビニで軽食を選ぶStereo Tokyoのメンバーたち

黒ひげ危機一発で予約者(ランナー)を選ぼうと言い出し、企画者がまさかの当選

走行中にブレイクダンスをみせるファンたち

今度は玉に名前が書かれている人が予約をすることに

当選したのは、動画中継をしていたStereo Tokyoスタッフのインターン生。戸惑いの表情が隠せない

再び行った黒ひげ危機一発で、またもや企画者が当選。さらに5000円払って1kmを走る

プロデューサー水江、ファンに向かって「CDを買うのにお金が足りなくなった方にはお貸ししますよー」

そして再びボールを引く。当選したのは…

OTOTOYライターの鶯巣大介。自腹で5,000円を支払い5枚を予約(領収書は切っていない)

1kmとはいえ苦渋の表情

続いてたすきを渡されたのは、Stereo TokyoのスタッフA氏

お昼時。レストランをみつめると…

一目散にお店のなかへ飛び込んでいくスタッフA氏。このままお昼休憩に突入

メンバーとファン総勢30人くらいで一緒にランチ。たっぷり1時間。悲壮感ゼロでピース

>>昼食を終えて、ついに予約が途絶える。雨の中、三浦菜々子が入りはじめる!! レポートその2 メンバー始動編へ

TOP