STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?ーーVol.8 すーさん(Stereo Tokyoファン)インタヴュー

左から、河村ゆりな、椎名彩花、三浦菜々子、西園寺未彩、岸森ちはな

EDMアイドル、Stereo TokyoとStereo Fukuokaによる合同グループ、STEREO JAPANが、2016年5月4日にシングル『Dancing Again』をリリース。5月29日にELE TOKYOにて開催されるリリース・パーティまでに同シングルが1万枚“売れたら”解散する。パーティをすることに力を入れてきたSTEREO JAPANが、なぜこのタイミングでそうした舵を取ったのか? 果たして1万枚売れて解散してしまうのか? その経緯から動向、結果まで、OTOTOYではインタヴューやライヴレポートなどで毎週追いかけていく。更新日は毎週月曜日を予定。

特集第8弾となる今回は、三浦菜々子大マラソン大会にてCDを40枚買って走ったStereo Tokyoのファン、すーさんへのメール・インタヴューを掲載。かつてOTOTOYでは「アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!」というタイトルでプロデューサーの水江文人へのインタヴューを掲載したが、すーさんはStereo Tokyoを応援すること、マラソンをすることでなにから解放され、なにを得たのか? その真意を文章の隅々から読み込んでみてほしい。

1万枚売れたら解散となる運命のシングルを配信スタート

STEREO JAPAN / Dancing Again
【配信価格】
WAV / ALAC / FLAC / AAC : 単曲 200円 / まとめ購入 400円

【Track List】
1. Dancing Again
2. RUN


STEREO JAPAN / RUN

INTERVIEW : すーさん(Stereo Tokyoファン)

ーーすーさんは、三浦菜々子大マラソン大会にてCD35枚を最初に購入し、7㎞(途中で5枚買い足して合計8km分の走る権利を手にいれた)を走りました。なぜ、いきなり35枚購入したのでしょう。

35枚にしたのは、菜々子の7にちなんでです。7㎞×1㎞5枚で35枚です。できる限り三浦菜々子さんに並走したい考えでしたが、17年近く運動らしい運動をしていなかったので、後半、走れなくなるだろうと思っていました。後半ヘルプで走って、自分がリタイアしてしまったら解散。そんなことは出来ないので、序盤に走りたかったです。パリピのみんなは、走る順番をクジ引きで決める面白そうな企画を考えていましたが、自分が序盤に走りたい考えを理解してくれたのでありがたかったです。

スタート前にCDを35枚購入した、すーさん

ーーこの企画に参加するにあたり、どういう計画を立てていましたか?

三浦菜々子さんは8㎞までしか走ったことがなかったらしいので、当日の流れとしては、三浦菜々子さんが8㎞走った辺りで、ヘルプで7㎞走ることを見込んでました。マラソンがスタートして直ぐ自分に交代するのは予想外。後半、自分が走れなくなったのは予想どおりだったので、実質、三浦菜々子さんに並走して走れたのは、そんなになかったと思います。そこは残念でした。この企画に参加するために、当然、走れる身体づくりをしなければいけませんでしたが、勤め人なので平日は思うようにトレーニングできませんでした。マラソン大会の前の週の新木場での〈ギュウ農フェス〉が、いい感じで自宅から長距離だったので、ここでトレーニングと予行演習を兼ねて走り、自分の身体に「来週はフル・マラソンを走るんだぞっ」て事を教えこみました。そして超回復を狙い、あとはもう、マラソン当日、ぶっつけで走っちゃうしかない。そんな感じでした。

ーーすーさんのブログを拝見するに、CDの購入枚数にかかわらず、42.195km走ろうとされていたようですが、どのような想いがあったのでしょう。

三浦菜々子さんが好きなので、出来る限り並走して一緒にいたかったです。出来る限りと言うのが最大、企画の42.195㎞ですね。口下手のため、普段イベントで三浦菜々子さんを元気づけられるような言葉をかけてあげれてないので、走る事で応援している気持ちを伝えたかったです。

ーー率直に「1万枚売れたら解散」やマラソンの企画自体をどう思いましたか。

〈HPB Chihana〉で発表された「大切なお知らせ」というのが、考えたくはなかったけど三浦菜々子さんの卒業という可能性も有りうると思いもあったので、「大切なお知らせ」が卒業発表ではなかったのでホッとしました。いろいろびっくりしましたが。マラソンとか。今までの実績から言えば、1万枚は難しいらしいし、よくわかりません。実感ないし、解散してもまた再結成してくれるんじゃないかと軽く考えてしまっています。他の現場で、一回のイベントで100枚程度を軽く購入する人を見たことあるので、そういう人達が反応してきたら、1万枚超えもあると思います。OTOTOYさんの第1回はじまり編の動画は、何回見ても笑ってしまいます。


【発表】STEREO JAPAN、シングルが1万枚売れたら解散!?

ーーブログに「豪雨の中、びっくりドンキーに着いたものの、ここで普通に食事をとったら、横っ腹が痛くなると思ったし正直懐も寒かったので、事前に購入してあったキャラメルで栄養補給。お店の入り口で雨宿りしながら出発を待ちました」と書かれています。なぜ、ここまでして走りきろうと思ったのでしょう。

マラソン企画は他ではあったようですが、自分はこの手の企画は見たことも聞いたこともないので加減がわかりませんでした。前の週に新木場まで走った時、すごくきつくて完走出来なかったので、とにかく頑張ろう。解散してほしくない。解散するなら、マラソンの結果がどうとか1万枚がどうとかではなく、話し合いで自分たちで決めてほしいと思っていたので、とにかくガチでした。1㎞走るのにCD5枚購入は私だって「はぁ? なにそれ」と思いましたが、惚れたファンの弱み。企画にのらせていただきました。楽しそうな気もしたし実際楽しかったです。

ーー「残り7.7㎞。ここで私の大マラソン大会はリタイアで終幕」と記載されていますが、そのときどのようなことを思いましたか。

もう途中から、1人で走ったり歩いたりしていました。このままのペースだとライヴに間に合わないとわかった時は、完走したい気持ちはありましたので一瞬どうしようか、と思いましたが、やっぱりライヴを見ないなんて本末転倒だと思いリタイアしました。自分は意固地になりがちな性格なんですが、ここでは意地を張らず正しい選択ができました。

ーーマラソン企画自体はTwitterを発端に大きな炎上騒ぎとなりました。この企画を否定的に見ている人たちに言いたいことはありますか。

暇がないので、他の人のツイートあまり見ないし、この時は走ってたので正直、どう炎上してたのかわかりません。読めば多分イラッとしたのかもしれませんが、読んでないので、話題にしてくれたらしい事に感謝しています。Stereo Tokyoのメンバーは皆んな、可愛いし、いい娘達ですよと伝えたいです。

ーーStereo Tokyoを知ったきっかけを教えてください。ブログには「自分はアイドル業界に詳しくない」と書いてらっしゃいましたが、なぜStereo Tokyoを好きになったのでしょう。

私は三浦菜々子さんが所属する事務所の先輩、女優兼モデルの前田希美さんをずっと応援しているんです。その事務所のイベントで、デビューしたばかりの三浦菜々子さんに会っているのですが、それまでのグッズ購入で金欠状態で、これ以上誰かのファンになったり好きになったりするのはやめようと決めてた時期なので、挨拶ぐらいしかしませんでした。同じ事務所の俳優さんが、いたずら天使というユニットを立ち上げ、旗あげ公演をする事となった時、出演する女優さんがなかなか決まらない様子でヤキモキしてたところ、出演を決めてくれたのが三浦菜々子さんでした。実績が全くないユニットの劇に出演を決めるくらいだからから、きっと本当に演技の好きな娘なんだろうな、いい娘なんだろうなと思いました。そして実際舞台を見て、その可愛らしくもしっかりした演技。舞台勘の良さ。決定的だったのが、千秋楽で共演者が仕掛けたアドリブへの返しの演技。どんなアドリブだったかは割愛しますが、役をしっかりつかんで、ただ台詞を棒読みするわけでなく相手の台詞をよく聞いてるからこそ。すっかり虜になってしまいました。その三浦菜々子さんがステレオ東京としてデビュー。岸森ちはなさんと西園寺未彩さんに初めてお会いしました。間に休止期間を挟み、次に会った時にはStereo Tokyoと名前を変え、音楽のスタイルもEDMに変わっていました。そこで椎名彩花さん、河村ゆりなさんに初めて会いました。

ーーすーさんが思うStereo Tokyoの魅力を教えてください。また、メンバーに伝えたいことがあったら、自由にお書きください。

メンバーはハイレベルで可愛いです。そして皆んな優しくて良い娘です。三浦菜々子さんには、アイドルとして活動していけば、つらい事がこれからもあると思います。良い事よりつらい事の方が多いのかも。そうだとしても、やめないでほしくてマラソンでヘルプしたのは、本当は三浦菜々子さんのためではなく、三浦菜々子さんに会える場所を残したい自分のためだけですね。三浦菜々子さんがたくさん楽しい思い出をStereo Tokyoで作っていける事を願っています。三浦菜々子さんが選んで進む道を信じて応援しています。

西園寺未彩さんは、ステレオ東京時代から、優しく対応してもらっています。人生相談にのってもらうこともあり、的確なアドバイスに助けられています。西園寺さん自身は不安や悩みをファンに見せたりしない、まさにアイドルだと思います。でも高校生の女の子なんだから不安や悩みはあるのが自然。特典会の時などに、西園寺さんの相談にのってあげたいです。あとは、食べたい盛りかもしれないけど、食べすぎに注意ですかね。

岸森さんは、ビジュアルがとてもお強い方だ思います。綺麗ってことです。感受性が強く、Stereo Tokyoで幸せそうにダンスをする姿がとても好きです。表情豊かで、「Buddhist Bounce」以降、今まで以上に歌詞に合ったいろんな表情で表現してくれるようになった気がします。魅力的です。子供好きなのか、子供と接するときの優しい表情がとてもいいです。

河村ゆりなさんは、バッキバキなダンスがかっこいいです。自分はアイドルに詳しくないですが、ダンスは更にわかりません。だから河村ゆりなさんが自分にとってダンスの世界標準です。これからも、かっこいいダンスをみせてほしいです。自分はよく写真を撮るのですが、撮った写真を後で見返すと、河村ゆりなさんは、かっこいい写真が撮れてることが多く、絵になる人だと思います。

椎名彩花さんは、真っ先にステージからフロアに降りてきて、パリピに混じって踊ってくれます。そこからパリピのボルテージが更に上がって、最高のPartyになってると思います。椎名彩花さんがいたからこそ、今のStereo Tokyoがあると思います。膝を大事にしながら、これからも頑張ってほしいです。料理や裁縫が得意な椎名さんがStereo Tokyoになった経緯にすごく興味があります。OTOTOYで椎名彩花さんをクローズアップして、その辺の記事を書いてほしいです。

自分は昨年度に配属されていた職場が、平日はとっても大変なところだったのですが、そこを1年間頑張って乗り切れたのは、週末のStereo TokyoのPartyのおかげです。全て忘れて思いっきりぶち上がれる、あの楽しい時間がなければ、きっと倒れていたと思います。Stereo Tokyoにすごく助けられました。難しく感謝の言葉を言うのはStereoらしくないので、ただこれだけ。いつだって、StereoTokyoは楽しくって最高!

ーーすーさんから見たパリピ(Stereo Tokyoファンの呼称)とはどういう人たちでしょう?

いろいろなアイドル現場を経てきていて、いろんなアイドルを知っているところは、他のアイドル現場と変わらないと思います。他のアイドル現場と比べて、音に厳しい人が多いように思います。音がいい会場だとテンションが上がって、音が悪いとテンションが上がらない。そんな人達だと思います。後は楽しむことに貪欲ですね。個や小数のグループで楽しむより会場全体を盛り上げて楽しむことが好きな人達だと思います。その点で言うと、自分は全然パリピらしくないですが、フル・マラソンなど走れるはずもない身体でなんの根拠もなく、マラソン挑戦する事に決めた思考回路はahoそのもので、ahoさで言ったら、自分はパリピだなと思いました。

ーーすーさんがパリピになってよかったこと、よくなかったことなどがあれば教えてください。

パリピになって、楽しいと思える時間が増えました。世界がまた一つ広がったとも思います。クリエイティブなパリピの仕掛けに対し、それはよくないんじゃないか、やりすぎなんじゃないかなって思う事が、結果、楽しいことにつながったりすることが多いので、終わってみないと良い悪いはわかりません。Partyは永遠に続くので、それがわかるのは、ずっと先のことだと思います。良し悪しも必要ですが、楽しいかどうかだけを聞いてほしいですね。そして私は何も考えず楽しんでいるので最高です♪

ーー最後に、すーさんにとって走ることとはなんでしょう。

メンバーからは写真ばかりとっている印象を持たれていますが、ドロップの最中は一眼レフ振り回してぶち上がっています。だから自分の撮る写真にはドロップ中の写真が少ないです。ありますけどね。普段、Stereo Tokyoを盛り上げるわけでもなく、何もしてあげれてないし、口下手で上手く想いを伝えられてないので、走ることでStereo Tokyoを応援している気持ちを伝えられたらいいなと思いました。伝わったかどうかわかりませんが、走ることは口下手な人間が想いを込めれる一つの手段だったと思います。

取材&文 : 西澤裕郎
写真 : 大橋祐希

次回更新は5月23日(月)

Stereo Tokyoの現状をレポート

連載第1回 はじまり編

連載第2回 南波一海によるメンバー・インタヴュー前編

連載第3回 南波一海によるメンバー・インタヴュー後編

連載第4回 解散をかけた、三浦菜々子大マラソン大会

連載第5回 平賀哲雄によるメンバー・インタヴュー前編

連載第6回 平賀哲雄によるメンバー・インタヴュー後編

連載第7回 autoclef(サウンド・プロデュース)インタヴュー

これまでのリリース作品をチェック!!

>>>>録りたてライヴ音源フリーDLでぶちあがれ!! EDMアイドル、STEREO JAPANに男性メンバー加入
>>>>アイドル・オタクはどこまでパリピになりうるのか?ーーSTEREO JAPANディレクター・水江に訊くEDMの現在とこれから
>>>アイドル・ヲタクをEDMで解放せよ!!ーーSTEREO JAPANディレクター・水江に訊くEDMアイドルの真意とは?

>>>イビザの日(1月23日)に渋谷VISIONで開催されたリリパのハイレゾ音源をフリーDL!!

PROFILE

Stereo Tokyo

Stereo Tokyoは日本で最も独自なガールズ・グループです。
その人数は6人で構成されています。
その最もな特徴は、かわいいこと、そしてクラブなことです。

Official HP

TOP