album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
コラール主よ人の望みの喜びよ BWV 147 -- アレシュ・バールタ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16
トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565 -- アレシュ・バールタ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 09:29
管弦楽組曲 第 3番 二長調 BWV .1068-2 G線上のアリア -- ブルーオーロラサクソフォン・カルテット  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:25
歌劇セルセ, HWV. 40: 第 1幕 樹木の陰で ラルゴ ''オンブラ・マイ・フ'' -- ミロスラフ・ケイマル/アレシュ・バールタ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:01
ハレルヤ -- 前田勝則/松井慶太/東京混声合唱団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:33
ピアノ・ソナタ 第 11番イ長調 K. 331-3 トルコ行進曲 -- 三輪郁  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:37
交響曲 第 40番 ト短調 K. 550-1 Molto Allegro -- 武藤英明/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:42
アダージョ ト短調 -- ミロスラフ・ケイマル/アレシュ・バールタ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:15
3声のカノン ニ長調 -- オーボエ・アンサンブル HAIM  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:47
精霊の踊り -- ロマン・ノヴォトニー/ヤナ・ボウシュコヴァー  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:10
交響曲 第 101番 ニ長調 時計, Hob. I 101: 2. Andante -- 飯森範親/日本センチュリー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:09
トランペット協奏曲 変ホ長調, Hob. VIIe-1: 1. Allegro -- ハンス・ガンシュ/マルティン・ジークハルト/スピリット・オヴ・ヨーロッパ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:20
交響曲 第 5番 ハ短調, 作品 67 運命: 1. Allegro con brio -- 朝比奈隆/大阪フィルハーモニー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:33
エリーゼのために, WoO. 59 -- 宮谷理香  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:14
ピアノ・ソナタ 第 8番 ハ短調, 作品 13 悲愴: 第二楽章 Adagio cantabele -- 菊地裕介  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:02
序曲 「ローマの謝肉祭, 作品 9 -- 飯森範親/東京交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:58
メヌエット, 作品 13-5 -- フランティシェク・ホスト/デュオ・ディ・バッソ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:00
歌劇 ウィリアム・テル 序曲 -- 飯森範親/ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 11:53
菩提樹 -- 里井宏次/ザ・タロー・シンガーズ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:34
劇付随音楽真夏の夜の夢: 結婚行進曲 -- 沼尻竜典/日本センチュリー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:24
12の練習曲, 作品 10: 3. 別れの曲 -- 江崎昌子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:15
ノクターン 第 20番 嬰ハ短調, 遺作: レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ -- 江崎昌子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:07
小犬のワルツ -- 清水和音  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:48
トロイメライ -- 清水和音  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:14
楽劇 ワルキューレ ワルキューレの騎行 -- エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:52
婚礼の合唱 -- トロンボーン・クァルテット・ジパング  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:34
歌劇アイーダより凱旋の場 -- 飯森範親/山形交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:36
連作交響詩 わが祖国, ヴルタヴァ (モルダウ) -- 小林研一郎/読売日本交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 11:54
ハンガリー舞曲 第 5番 ト短調 -- 小林研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:31
歌劇 イーゴリ公, ダッタン人の踊り -- 小林研一郎/アーネム・フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 12:06
白鳥 -- カレル・フィアラ/クヴィータ・ビリンスカ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:19
アルルの女 第 2組曲: ファランドール -- ゲルト・アルブレヒト/読売日本交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:11
喜歌劇 「天国と地獄」 序曲 -- 飯森範親/山形交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 09:51
狂詩曲スペイン -- 小林研一郎/日本フィルハーモニー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:39
交響曲 第 9番 ホ短調 作品 95 新世界より 第2楽章 -- ズデニェク・マーツァル/チェコ・フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 11:44
ユモレスク, 作品 101-7 -- 清水和音  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:09
タイスの冥想曲 -- 小林美恵/加藤洋之  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:04
ペール・ギュント 第 1組曲, 作品 46: 朝 -- ゲルト・アルブレヒト/読売日本交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:24
ソルヴェイグの歌, 作品 23-19 -- 半田美和子/山田武彦  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:50
ツィゴイネルワイゼン, 作品 20 -- 小林美恵/加藤洋之  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:46
夢のあとに -- 水野由紀/干野宜大  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:09
愛のあいさつ -- 石川静/クヴィータ・ビリンスカ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:06
行進曲 威風堂々, 作品 39 - 第 1番 ニ長調 -- ウラディーミル・アシュケナージ/シドニー交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:09
歌劇ジャンニ・スキッキ: 私のお父さん -- トロンボーン・クァルテット・ジパング  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:00
歌劇 トゥーランドット, 誰も寝てはならぬ -- トロンボーン・クァルテット・ジパング  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:45
月の光 -- 児玉桃  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:05
歌劇 カヴァレリア・ルスティカーナ, 間奏曲 -- 飯森範親/ヴュルテンベルク・フィルハーモニー管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:12
交響詩 ツァラトゥストラはかく語りき, 作品 30: 日の出 (導入部) -- オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団/エド・デ・ワールト  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:55
交響詩フィンランディア, 作品 26 -- ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団/ウラディーミル・アシュケナージ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:06
ジムノペディ 第 1番 -- パスカル・ロジェ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:22
あなたが欲しい -- パスカル・ロジェ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:58
ワルツ金と銀 -- トロンボーン・クァルテット・ジパング  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:28
ヴォカリーズ 作品 34-14 -- 豊嶋泰嗣/藤森亮一/武本京子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:32
組曲惑星, 作品 32: 木星 - 快楽の神 -- ジョン・ヴィクトリン・ユウ/フィルハーモニア管弦楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:18
愛の喜び -- ヴァディム・チジク/船越清佳  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:29
ボレロ、Op.81 -- ウラディーミル・アシュケナージ/NHK交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 15:21
亡き王女のためのハヴァーヌ, M. 19 -- 沼尻竜典/トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:07
アルハンブラの想い出 -- 佐藤正美  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:36
ラプソディ・イン・ブルー -- 中野翔太  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 16:24
パガニーニの主題による狂詩曲 作品 43 より第 18変奏 -- 豊嶋泰嗣/藤森亮一/武本京子  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:58
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 346:16
Album Info

楽しい!どの曲もみんな知っているクラシックの超名曲BEST60EXTON、TRITON、CRYSTON、3つのレーベルから誰もが知っている名曲を厳選して収録しました。ピアノ・ソロから、管楽器のアンサンブル、ヴァイオリン、合唱、オーケストラまで幅広い楽曲をご紹介します。様々な作曲家の音楽が揃い、はじめてクラシックを聴く方にもとっておきのアルバムです。

Discography

Classical/Soundtrack

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第10回コンサートのライヴ収録です。幾度の公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう。

Classical/Soundtrack

ポーランドの知られざる天才作曲家ユリウシュ・ザレンプスキは、ショパンが確立させた音楽スタイルと美しさを受け継ぎながら、ポーランド人の誇り溢れる素晴らしいピアノ作品を生み出しました。名ピアニストであったことの伺えるヴィルトゥオーゾ的な部分と、新たな音楽語法の独創性は抜きん出た才能を感じさせます。ポーランド音楽を知り尽くしたピアニスト・江崎昌子による演奏で、このザレンプスキの名曲から溢れる「ポーランドの心」をお届けします。

Classical/Soundtrack

当盤発売をむかえる2019年は、江崎昌子のデビュー20周年であり、日本とポーランドの国交樹立100周年という記念すべき年となります。長年ショパンをレパートリーの中心に据えて活動を続けてきた彼女は、世界的にもショパン弾きとして知られています。ショパンの生涯に深い思いを馳せ、楽曲の研究を重ねてきたからこそ可能となった演奏がここに収められています。真摯な姿勢で、過多に飾ることなく純粋に気高い精神で奏でられた名演をご堪能ください。

Classical/Soundtrack

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第8回、第10回コンサートのライヴ収録です。幾度の公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう。

Classical/Soundtrack

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第13回コンサートのライヴ収録です。幾度の公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう。

Classical/Soundtrack

近年、益々多岐にわたる活動を展開している注目のピアニスト宮谷理香による人気シリーズ「音楽の玉手箱」待望の第3弾の登場です。「アマービレ」と題した珠玉の名曲アルバムには、シューマン=リストの献呈、メンデルスゾーンの春の歌やメトネルの春といった愛の季節である「春」にちなんだ曲を、間にグリーグの叙情小曲集、宮谷のライフワークであるショパンの名曲を織り交ぜ、今日まで愛され息づいている珠玉の作品が聴き手を美しい音楽の世界へと導いていきます。アルバムの最後にはショパンのピアノ協奏曲第2番から美しい第2楽章ラルゲット(ピアノ独奏アレンジ)が愛の詩として添えられました。宮谷の情感溢れるピアノの調べを是非お楽しみください。

Classical/Soundtrack

生涯にわたり自由と豊かな色彩表現を追い求めたフランスを代表する作曲家ドビュッシーが遺した、まる音の印象絵画のような数々の美しいピアノ作品。パリ国立高等音楽院で研鑽を積み、フレンチピアニズムを継承するピアニスト菊地裕介が描くドビュッシー・アルバムの登場です。収録曲には、ドビュッシーの作品で最も名高い「月の光」を第3曲に含む《ベルガマスク組曲》、最晩年ショパンに捧げられた《12のエチュード》まで、演奏のみならず多岐にわたる活動を手掛ける菊地裕介ならではの、作品の隅々までこだわり抜いたピアニズムによるドビュッシーの世界観をぜひお楽しみください。

Classical/Soundtrack

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンマラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第6回・第7回コンサートをライヴ収録しています。幾度もの公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔らかく晴々と響く、優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう

Classical/Soundtrack

一大プロジェクト「ハイドンマラソン」から、第5回・第6回コンサートのライヴ録音盤です。飯森&日本センチュリーのパフォーマンスは回を重ねるごとにクオリティが高められ、ハイドン演奏としては国内随一ともいえるタッグとなっています。彼らが丁寧に紡ぐ、柔らかく晴々とした響きが心地良い、優美なハイドンの世界をどうぞお楽しみください

Classical/Soundtrack

1992年ポニーキャニオンより発売された同タイトルがハイブリッド盤となり、再発売となります。小林研一郎の主要レパートリーのひとつである、マーラー:交響曲第5番です。20年近く前の演奏でありますが、すでに小林は完全にこの曲を自分の手中に収め、オーケストラを見事にコントロールし真のマーラー像を描ききっています。小林研一郎の多くのディスコグラフィの中でも初期のものにあたりますが、特に情熱が漲った演奏で、小林研一郎ファンにとっては伝説のディスクとなっていました。今回、HQハイブリッド盤として再登場となり、より緊迫感、高揚感をお楽しみ頂けます。小林&日本フィルのマーラーシリーズの第7弾となり、コンプリートへあと第4番、第6番の2タイトルになります。

Classical/Soundtrack

フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏する一大プロジェクト「ハイドンマラソン」は、音楽業界に新たな旋風を巻き起こしています。当盤は公演第3回と第4回のライヴ・レコーディング盤となります。日本センチュリー響と、2014年に首席指揮者に迎えられた飯森は、幾度の公演を重ねるなかで、信頼関係を築いてきました。精緻な構築、細部まで行き渡る感性で、こだわりぬいた演奏を聴かせています。気品にあふれたサウンドは、まさに彼らの真骨頂です。

Classical/Soundtrack

今年、シドニー交響楽団の首席指揮者兼アーティスティック・アドバイザーに就任するアシュケナージが、2007年に同交響楽団と、得意のラフマニノフ交響曲&管弦楽曲を全曲録音しました。それは2008年8月に全集BOXで発売されました。今回はHQハイブリッド盤での分売となります。アシュケナージは2004年に指揮者としてシドニー響に登場し、シベリウス・サイクルで高い評価を得ました。その後、2007年にラフマニノフ、2008年にエルガー、2009年にプロコフィエフを特集したフェスティバルを行っています。シドニー響のブリリアントな響きと、アシュケナージの統率力、構成力が一体となって、魅力的なラフマニノフ・ワールドを築き上げています。全てにおいて、巨匠アシュケナージの音楽的底力である、テンポ感、リズム感、前進力、構成力には脱帽です。

Classical/Soundtrack

大センセーションを巻き起こした名盤、マーツァル&チェコ・フィルによる「新世界」。チェコ・フィルの21世紀の黄金時代を象徴するあの交響曲がSACDハイブリッド盤として再登場です。カップリングは初出音源、ノヴァークによるスロヴァキア組曲。同曲はマーツァルがチェコ・フィルの音楽監督就任記念コンサートで演奏した曲目です。披露コンサートでは、マーラー:交響曲第5番(OVCL-00154、レコ芸特選)が抱き合わせで収録されていますが、現在、マーツァルの高評価のきっかけとなったタイトルなだけに、同日の演奏曲目である、「スロヴァキア組曲」にも注目せざるを得ません。表題性とチェコの香り高いロマンティシズムに溢れた静かなる人気曲で、マーツァルならではの絶妙のエレガンスと深い情熱を湛えた逸演です。

Classical/Soundtrack

佐藤正美、約5年ぶりの書き下ろしアルバム。ハーモニカ・スタジオミュージシャンとして、最も活躍中の八木のぶおを迎えての、ギター&ハーモニカのデュオ・アルバム。 今回はアルバムを通して「白」をコンセプトに自身が選曲、作曲をしており、いろいろな形の「白い風景」を思い描いております。さらに、最後の2曲「ブリーザ・ド・マー」、「私の住む街」では、佐藤夫人による美しい歌声も収録。 八木のぶおの奏でる哀愁たっぷりのハーモニカの音色によって、佐藤正美の創り出したメロディが、心にやさしく響いてきます。

Classical/Soundtrack

作曲当時と同じ小編成ならではのアンサンブルでベートーヴェンの交響曲を次々リリースしてきた沼尻&T-M-P。ベートーヴェンの交響曲の中でもその完成度、規模で群をぬく最高傑作である「第9」がこの名コンビの演奏でついに登場しました。大編成オーケストラでは聴くことのできない細部まで神経の行き届いた演奏は、「第9」とは思えない繊細さと、小編成オーケストラとは思えないほどのダイナミックなスケールを兼ね備えた演奏となりました。沼尻一流の深い読譜により引き出された想いが、既存の「第9」のイメージを刷新する演奏を誕生させました。

Classical/Soundtrack

アルブレヒト/読売日本交響楽団によるブラームス交響曲第2弾!交響曲第2番&第3番の登場です。「神経質な実験に傾くことも、また音響の魂に陥ってしまうこともなく、現代のシンフォニーオーケストラによる、重層的かつ極めて筋の通った演奏が誕生した。」—奥田佳道(ライナーノーツより)第1番に続く巨匠アルブレヒトと読響の信頼関係から生まれた核心的ブラームスが繰り広げられます。

Classical/Soundtrack

日本のオーケストラの中でも最も充実著しい活動を繰り広げている読売日本交響楽団。1998年から常任指揮者となり、深い絆で結ばれているゲルト・アルブレヒトとの満を持してのブラームス交響曲ツィクルス第1弾です。アルブレヒトは自分の解釈に対し、一切の妥協を排したセッション録音により、研ぎ澄まされた妖刀の切れ味を持つ新しいブラームスを誕生させました。シンフォニー、序曲を通じて、各パートの絶妙な扱い、音色、アーティキュレーションなど、スコア上の全ての音に意味を込め、強い説得力を感じさせます。オーケストラも壮絶な集中力で真のブラームスに肉薄しています。

Classical/Soundtrack

好評の小林=日本フィル、ブラームス交響曲全集完結盤です。音楽が極めてヒロイックに昂揚していく様子を自然に表現した第3番。そして様式的でありながら格調高い原曲を見事に描き上げた第4番。両曲共にコバケンはブラームスのロマンティシズムの本質を的確に描いています。哀愁と情熱を見事におりまぜた完成度の高い快演です。

View More Discography Collapse
Collapse