album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
25の練習曲, 作品 100: 11.せきれい -- 宮谷理香  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 00:49
抒情小曲集, 作品 43: 4. 小鳥 -- ペーテル・ヤブロンスキー  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:42
組曲鳥, P. 154: 2.鳩 -- エフゲニ・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:37
歌曲白鳥の歌, D.957: 14. 鳩の使い -- ザ・タロー・シンガーズ/里井宏次  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:34
子供のための16の歌, 作品 54: 8. かっこう -- エカテリーナ・ガネーリナ/ヒブラ・ゲルズマーワ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:39
青い鳥 -- 丸山滋/市原愛  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
ソローニュのひなどり -- 岡田奏  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:04
森の情景, 作品 82: 7. 予言鳥 -- 梅村知世  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:13
鳥の歌 -- 菊地裕介/水野由紀  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:56
雲雀 -- 江崎昌子/木野雅之  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:09
ひばり -- 宮谷理香  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:43
内なる印象, 5. 曲 悲しい鳥 -- 上野由恵/新井伴典  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:29
組曲ゴイェスカス 恋するマホたち, H.64: 4. 嘆き,またはマハとナイチンゲール -- 石井克典  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:40
四季 作品 37 3月ひばりの歌 -- ミハイル・ヴォスクレセンスキー  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
揚げひばり -- 加藤洋之/小林美恵  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 14:16
プレイアデス舞曲集 2, 作品 28: 鳥のいる間奏曲 -- パスカル・ロジェ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:17
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 66:56
Album Info

空を飛ぶ鳥に、人はどのような憧れを抱いたのでしょうか。それを作曲家たちが教えてくれます。

Discography

東京藝大を首席で卒業、同大学院を修了。ベルリン音楽大学にて研鑽を積む。2016年のシューマン国際ピアノ・コンクールで最高位(第2位)を射止めた梅村知世の、2枚目のシューマン作品集。この作曲家の多感な時代のレパートリーを、梅村は細やかな感情の襞(ひだ)に豊かな音彩を乗せ、ふくよかで陰影にみちたシューマネスクな世界をつくり上げています。知的にして個性美も光るというバランス感覚も魅力で、聴きなれた曲が新しい表情で浮かび上がってきます。現在、べルリン在住。

ソナタ変ホ短調の初演者であり、スクリャービン・コンクールの審査員長でもあるヴォスクレセンスキーが、ついにスクリャービンのソナタを全曲録音した。ロシア・ピアニズムの正統な継承者である彼が奏でる、迫真のスクリャービン!

ロシア・ピアニズムの正統的継承者ミハイル・ヴォスクレセンスキーによる2000年来日記念アルバム。収録されるロシアものの大曲2作のうち、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」は本人の十八番であり、その迫力は聴く者を圧倒させる。

ピアノ指導者や学習者に嬉しいチャイコフスキーの「四季」と「子供のためのアルバム」全曲が収められた決定盤。ヴォスクレセンスキーは「子供のアルバム」をシューマンの「子供の情景」等と同様にひとつの大きな作品として捉えた演奏を披露している。

Classical/Soundtrack

近年、益々多岐にわたる活動を展開している注目のピアニスト宮谷理香による人気シリーズ「音楽の玉手箱」待望の第3弾の登場です。「アマービレ」と題した珠玉の名曲アルバムには、シューマン=リストの献呈、メンデルスゾーンの春の歌やメトネルの春といった愛の季節である「春」にちなんだ曲を、間にグリーグの叙情小曲集、宮谷のライフワークであるショパンの名曲を織り交ぜ、今日まで愛され息づいている珠玉の作品が聴き手を美しい音楽の世界へと導いていきます。アルバムの最後にはショパンのピアノ協奏曲第2番から美しい第2楽章ラルゲット(ピアノ独奏アレンジ)が愛の詩として添えられました。宮谷の情感溢れるピアノの調べを是非お楽しみください。

岡田奏は、函館生まれ。15才で渡仏。パリ国立高等音楽院を最優秀で卒業。ヨーロッパ各地でコンサート活動を行い、ベルギー国立管弦楽団やシモン・ボリバル交響楽団をはじめ多くのオーケストラとも共演。また、2013年のプーランク国際ピアノコンクールの優勝を始め、幾つものコンクールに入賞、2016年のエリザベート王妃国際音楽コンクールではファイナリストとなり話題を呼びました。このデビュー盤では、永年のフランス生活で培われた感性で、魅力的な曲の音列を、鮮やかな色調で染め上げています。清爽に弾き出されるラモーから、音彩が頂点に達するラヴェルまで、まさに綾なす光彩陸離をお楽しみください

Classical/Soundtrack

1995年ショパン・コンクール入賞後、実力派ピアニストとして活躍を続ける宮谷理香の人気シリーズ「音楽の玉手箱」第2弾。当シリーズでは古今東西の珠玉の小品を集め、喜び溢れるピアノの響きを大人から子供までお楽しみ頂けます。今作では、プログラムの道先案内役としてピアノ教則でお馴染みギロックが登場。軽やかなリズムとメロディが全編に伸びやかな広がりを持たせます。宮谷の代名詞ショパンの作品も含め、こだわりぬいた選曲。ただの小品集ではない「ワンランク上の名曲アルバ」をお楽しみ下さい。

Classical/Soundtrack

フレンチ・ピアニズムの巨匠、パスカル・ロジェの最新録音盤です。当盤では、ロジェが十八番とするフォーレ晩年の「ノクターン」とショパンの傑作の「ノクターン」から抜粋し、一つの夜想物語を作り上げました。ロジェの紡ぐ色彩の移ろいと優美な旋律が、全曲に渡って満ち溢れ夢の世界へと誘います。フォーレとショパンの作品を交互に収録することによって表現される19世紀から20世紀にかけて両作曲家が生み出した「ノクターン」の精華。時代を超えて新たに情感豊かに結びつく小品達。ロジェならではの世界観が詰まった美しいアルバムをぜひお聴き下さい。

ピアニストとして活躍し、現在東京音楽大学の教授という要職にある石井克典、待望の新作。これまで内外のピアノのコンクールに入賞し、日本や北米・中南米のオーケストラとも共演、またカリフォルニア国際ピアノコンクールをはじめ審査員を歴任するなど、多彩で瞠目すべき活動をくり広げています。ここでは、ピアニスティックな楽曲から陰影に富むレパートリーまで、スタインウェイとファツィオリを弾きわけ、アーティストとしての資質の深さを存分に示しています。

梅村知世は東京藝大を首席で卒業、同大学院終了。藝大在学中にピティナコンぺティション特級グランプリを受賞。そして2016年のシューマン国際ピアノ・コンクールでは最高位(2位)を射止めた、ピアノ界の輝ける新星です。ここには、これまでのシューマン像を洗い流すような清新な気風があり、この作曲家へ寄せるひとかたならぬ愛着と深い傾倒ぶりが如実に示されています。現在ベルリンに留学し研鑽を積んでいますが、その成果の麗しき果実とでも呼ぶべき初アルバムとなりました。

Classical/Soundtrack

1995年ショパン・コンクール入賞後、ソリストとしてまた、同コンクール入賞暦をもつ高橋多佳子とのユニット“デュオ・グレイス”のメンバーとして、多岐にわたる活躍をする宮谷理香によるトリトン・レーベルでの初のソロ・アルバムが登場です。宮谷の想いが隅々まで詰まった、大人から子供まで楽しめる珠玉のピアノ名曲集となりました。ブルグミュラーの小品がプログラムの歩みを導く「案内板」となり、その先に広がる美しい音楽の世界へと導きます。歩みを進めると、音楽のパレットが次々と広がります。まさに、ピアノ・ファンタジー!宮谷が奏でる情感豊かな演奏によって、珠玉の名曲達はより輝いていきます。宮谷の代名詞とも言えるショパンのバラードをはじめ、リストの名曲、あまり知られていないカリンニコフ、バラキレフの小品など選曲もセンスが光ります。「あなたの心に届く」ピアノ名曲集をお楽しみ下さい。このCDはレコード芸術誌2017年1月号にて特選となっております。

人気フルート奏者上野由恵とギター奏者の新井伴典のデュオアルバムの登場です。テーマは「スペイン」。スペインの作曲家やフランスよりピレネー山地を越えた先のスペインへ想いを寄せて作られた作品を収録しました。情熱的なリズムや哀愁漂うメロディ。色彩溢れるサウンドの調和。ギターの響きに呼応して、フルートが宙を舞うかのように旋律を歌い上げます。上野の美しく艶やかな音色がスペインの光。新井の哀愁あるギターサウンドがスペインの影となり表現していきます。フルートの主要レパートリーであるイベールの「間奏曲」や「ハバネラ形式の小品」など非常に聴き馴染みやすい作品集となりました。 

Classical/Soundtrack

プロコフィエフを得意とし俊演にも定評のあるペーテル・ヤブロンスキー。枯れの生涯のテーマであるプロコフィエフのピアノ・ソナタのうち、第7番、第5番、第9番がエクストンより登場しました。天性のものともいえる構成感、切り立つリズムときらびやかな色彩感。洗練と個性溢れる、彼独自のスタイリッシュなプロコフィエフの世界を繰り広げています。

ロシア最高の指揮者の一人に数えられるスヴェトラーノフのアルバムです。「鳥」と題されたこのアルバムは、スヴェトラーノフが自らプログラミングしたモスクワ音楽院でのライヴ録音です。ロシアを代表する作曲家ストラヴィンスキーの傑作「火の鳥」では色鮮やかで豪快なサウンドを見せつけます。ラヴェルやレスピーギではスヴェトラーノフの叙情的な味わいが存分に発揮されています。

最高の指揮者の一人、スヴェトラーノフの幻のアルバムが再登場です。3人の作曲家によって描かれた3種の「海」をスヴェトラーノフとロシア国立交響楽団がエネルギーを漲らせて奏でてゆきます。初リリース時、特にドビュッシーの「海」を巡って賛否両論となったこのアルバム。スヴェトラーノフの強大な音楽性とカリスマ性は現在においても大きな価値を持つことを確認されることでしょう。

Classical/Soundtrack

俊英のスウェーデン人ピアニスト、ペーテル・ヤブロンスキー。その天性のリズム感とダイナミックな表現力で弾き切るプロコフィエフ。ピアノ・ソナタ全曲、ロメオとジュリエットより抜粋など贅沢な選曲でヤブロンスキー天賦の才能をあますことなく伝える一枚です。 きらびやかさ、華やかさを出しながら力強く躍動するフォルテッシモのリズム、繊細に静かに歌い込むアンダンテ。歳を重ねるごとに熟練されるヤブロンスキーのピアニズムは聴くものを魅了します。

Classical/Soundtrack

円熟のピアニストへ — ヤブロンスキーの天性のピアニズムが煌くリスト・アルバム!10代の頃から世界の舞台で活躍し、音楽ファンを驚かせてきたペーテル・ヤブロンスキーも40代に入り、ピアニストとして円熟の時期を迎えようとしています。ヤブロンスキーの大きな魅力である独特のタッチ、強靭なリズム感の良さは、他のピアニストを寄せつけず、又、時折見せる、甘美で繊細な世界観は、聴くものの心を鷲掴みしてゆきます。本アルバムではヤブロンスキーが愛してやまないリストの楽曲をチョイスし、その魅力を存分に披露しています。ブックレットにはヤブロンスキー自身によるライナーノートを収め、ピアニズムの祖であるリストへの深い愛情と自身の演奏美学が垣間見えます。着実に成長していった彼の音楽性を堪能できる久々のソロ・アルバム、注目です。

Classical/Soundtrack

日本でも高い人気を誇るピアニスト、ペーテル・ヤブロンスキーが同じ北欧出身の作曲家として最も大事にしているグリーグのピアノ作品「抒情小品集」です。グリーグが生涯に亘って描き続けた「魂」というべき美しい珠玉の小品集です。ヤブロンスキーがそれらの曲を愛おしく丁寧に紡いでゆきます。繊細で鮮烈なリズムを見せつつも、透明感溢れるピアノの響きが空間に広がってゆきます。幼きころの北欧の風景を回帰しながら、語りかけるかのような音楽。ひとつの旅をするかのように巡り、そして最後のバラードへと繋がります。この純度の高い詩情により、ヤブロンスキーの音楽家としてのさらなる高みへと登ってゆくことを確信出来ることでしょう。なおこのアルバムは2014年7月レコード芸術誌特選盤です。

View More Discography Collapse
Collapse