エド・デ・ワールト/オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団

Classical/Soundtrack

Discography

Classical/Soundtrack
青年期の秀作を中心に、才気溢れるラフマニノフの管弦楽曲が5曲セレクトされ、エクストンならではの貴重なアルバムが誕生いたしました。これまでカップリング曲として席をあたためてきた剛級の管弦楽作品は、全てこの作曲家らしい旋律美と憂愁をたたえた深いロマンティシズムに溢れています。オランダの巨匠エド・デ・ワールトの圧倒的な牽引力に名手ぞろいのオランダ放送フィルが見事に応え、重厚かつ爽快なサウンドの中にオーケストラの息吹が満ちた一枚になりました。
Classical/Soundtrack
ラフマニノフが生前、初演以来演奏されることを拒んだこの「問題作」は、ラフマニノフの深い叙情性、豊かな旋律が随所に現れるラフマニノフらしい作品の一つとして評価されています。円熟期を迎えるデ・ワールトが10年来の信頼厚いパートナーであるオランダ放送フィルとのコンビネーションでお贈りする感銘深い熱演です。このコンビによる満を持しての「ラフマニノフ・ツィクルス」が、青年ラフマニノフの力作、交響曲第1番から始まります。
Classical/Soundtrack
オランダの名指揮者エド・デ・ワールトとその手兵オランダ放送フィルによる、会心のエクストン「ラフマニノフ・ツィクルス」。大好評を博す第1弾に続き、デ・ワールトの緻密なタクトから重量級で剛質でありながら色彩感豊かな交響的舞曲が誕生しました。他2曲もオランダ放送フィルの名手たちが華々しく息吹を注いだ傑作になっています。今後の動向に注目必至のコンビによる名演です。
Classical/Soundtrack
ワーグナー指揮者としてすでに伝説的ともいえる評価を得ているオランダの名匠デ・ワールトが、手兵オランダ放送フィルと満を持してのワーグナー管弦楽曲全集を誕生させました。デ・ワールトは決して扇情的になることなく、精緻な読譜、解釈と激情との均衡を見事にとり、重厚かつ甘美なオランダ放送フィルのサウンドから物語あふれる壮麗なワーグナー・ワールドを構築します。まさに巨匠の妙技、そしてオランダ放送フィルの艶やかで味わい深いサウンドも必聴です。新たなる名盤の誕生と言えましょう。.
Classical/Soundtrack
静かなる情熱と深きロマンティシズムを秘め、「これぞ、ラフマニノフ」の賞賛高まるオランダの名コンビ、デ・ワールト&オランダ放送フィルによる交響曲・管弦楽曲ツィクルスもいよいよ完結編です。ラフマニノフ至上の名曲「交響曲第2番」と若き日の逸品「ユース・シンフォニー」において、巨匠デ・ワールトの作曲家への確かな理解と真撃な愛情は、オランダ放送フィルの芳醇なサウンドと見事に溶け合い、ここに不朽の名演として結実します。
Classical/Soundtrack
同コンビによるラフマニノフ・ツィクルス待望の第3弾は、後期秀作「交響曲第3番」、30代の「死の鳥」そしてモスクワ音楽院時代の「スケルツォ」です。厳格なまでに緻密かつ真撃な巨匠デ・ワールトの読譜とそのタクトは、名手ぞろいのオランダ放送フィルの力を存分に引き出し、重厚な響きの中に深い叙情と洗練された色彩を放つラフマニノフとなりました。作曲家の若き才気と円熟を示す3つの作品と対峙し、今、最も注目を集めるオランダの実力派名コンビ、その力量がここに証明されています
Classical/Soundtrack
数多の強豪の中、現在オランダで最も実力のあるオーケストラとされ、EXTONレーベルからリリースされた最新ラフマニノフ交響曲・管弦楽曲全集によって日本でもその存在を強烈にアピールしたデ・ワールト&オランダ放送フィルのコンビ。約15年の蜜月の後、名匠デ・ワールトが音楽監督の職を辞する直前の録音がここに登場します。オーケストラ・ビルダーとして定評のあるデ・ワールトがオーケストラを極限まで磨き上げた最高の状態でのワーグナー管弦楽曲集第2弾。まさに浪漫爛熟の続編です。
Classical/Soundtrack
V.A.
楽しい!どの曲もみんな知っているクラシックの超名曲BEST60EXTON、TRITON、CRYSTON、3つのレーベルから誰もが知っている名曲を厳選して収録しました。ピアノ・ソロから、管楽器のアンサンブル、ヴァイオリン、合唱、オーケストラまで幅広い楽曲をご紹介します。様々な作曲家の音楽が揃い、はじめてクラシックを聴く方にもとっておきのアルバムです。