2022/05/15 20:00

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性


数多くいるアーティストのなかから編集部がグッときたアーティストを取り上げる新企画〈OTOTOY Search〉。早耳リスナーへ今後さらなる活躍が期待できるアーティストを紹介していた連載〈OTOTOYの「早く時代がついてこい!」〉をバージョンアップし、ショートレヴューとインタヴューで若手アーティストをご紹介していきます。第6回は、現役大学生にして会社を設立し、セルフプロデュースをするバンド、新東京。テレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』で紹介されるなど、注目されている彼らに迫ります。

REVIEW

文 : 梶野有希

2021年4月に結成された、現役大学生によるバンド、新東京。メンバーは4人でギターは不在。と、聞くと、つい先日「ギターソロ」の必要性についてSNS上で熱い議論が交わされていたことを思い出す。「ギターソロはあまり聴かない」と主張する者のなかには、イントロや間奏でエレキギターが鳴るとスキップする傾向があるとのこと。たしかに近年のヒットチャートには、ギター・ロックよりも、シンセサイザーやストリングスを多く用いた邦楽がランクインしていることが多く、バンドの新譜を聴いていても、ギターとプラスアルファの要素が増えている傾向がある。

だからといって、ギターレスバンド、新東京の楽曲はシンセやストリングスを多用しているというわけではない。4人の音色がそれぞれ際立つ上に、個々のフレーズセンスがストレートに伝わる、シンプルな楽曲構成となっている。つまり、”ギターレス”というバンド形態は、時代にあわせた音楽性ではなく、彼らなりの音楽を追求した結果なのだ。ライヴでもその信念が変わることはなく、4人の生音のみで勝負している姿が印象に強く残った。結成1年目、くわえてライヴ経験は数回しかないバンドが、洗練されたスタイリッシュなライヴをどんな場所でも作り上げていた。個々のスキルが高いだけでなく、バンド全体の演奏に柔軟性がある証拠だろう。

この“ギターレス”というスタイルは、個性にもハンデにもなりそうだが、新東京の場合は、間違いなく個性である。流動的なフレーズでインパクトを与えつつ全体を引っ張っていくという、本来ならばリードギターが担う役割は、キーボードとドラムがしっかりと担っている。またグルーヴを支えているのは、ドラムはいうまでもなく、ベースの配分もかなり大きい。既存の楽器が持つイメージを崩しながらも、それぞれのパートの秘めた魅力を模索しながら前進するという個性が新東京にはあるのだ。

新東京 - 濡溶 (Official Music Video)
新東京 - 濡溶 (Official Music Video)

さて冒頭でメンバーは「現役大学生」と紹介したが、彼らは現在、バンド活動に集中するため休学中らしい。新東京のリーダーである、田中利幸(key)が新東京合同会社を設立し、ほぼセルフプロデュースで活動していくというのだ。その強固な覚悟の結果だろうか。新東京の初シングル「Cynical City」は、テレビ番組『関ジャム 完全燃SHOW』で紹介されたほか、Spotifyでの再生回数は約18万回を記録するなど、彼らの代表作となった。さらにNulbarichやiri、AAAMYYYらが出演するフェス〈TOKYO M.A.P.S〉への出演を果たすほか、TOKIO TOKYOで7月に開催される初ワンマンは40分でソールドアウトしたという。止まらぬ勢いを見せている新東京への期待は募るばかりだ。

新東京 - Cynical City(Official Music Video)
新東京 - Cynical City(Official Music Video)

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP