2021/04/28 18:00

俺らがこれからこうなっていくよっていうのを聴いて欲しかった

ーthe McFaddinに新しく加入されたRyomaさんは、HPでもVJという肩書きになっていますが、どういったことをされてるんでしょう。

Ryoma:ライヴではVJを担当していますけど、普段はアート・ワークなどthe McFaddinのビジュアル面に関することをプロデュース・ディレクションしています。なので果たしてVJっていう肩書きがあっているのかっていう...(笑)。

ーRyomaさんが加入したきっかけを教えてください。

Ryoma:最初はTaitoと大学の友達だったんで、そのツテで彼らのライヴ映像を撮ったりしていたんです。それで仲良くなって、2、3年くらい前からVJしたりMV撮ったりするうちに一緒にいる時間が長くなって、だんだんとthe McFaddinの大きな目標について深いところまで話すようになったんですよね。それで僕も最終的にはMVを撮りたいのではなくて、バンドっていう1つのアーティストを作りたいんやなって思って。メンバーも「Ryomaを入れたい」って言ってくれて、今年メンバーになりました。

Taito:俺らができない部分を全部Ryomaが補ってくれるので、やりやすくなりましたね。

Photo by Pay a.k.a Wildpit¢h

ーなるほど。1月から4ヶ月連続でシングルが配信リリースされましたが、背景にはどんな想いがあったのでしょうか?

Ryosei:まず俺らがこれからこうなっていくよっていうのを聴いて欲しかったんです。それと2019年は1曲しかリリースしてなかったっていうのもあって、今年はシングルを4ヶ月連続でリリースすることにしました。

Taito:あとFRIENDSHIP.だと曲ができてからすぐリリースができるので、今の俺らのマインドがそのまま反映された曲をリアルタイムで出してみたかったんですよ。

ー1月13日には1作目となる「DRAW IN A HEAD」がリリースされましたが、皆さんにとってどんな曲になりましたか?

Ryosei:これは自分のために作りました。自粛期間になってから、バンドしかやりたくないのに何もできひんみたいな状況になって、めちゃくちゃバッドに入っちゃったんですよね。考え抜いた結果、作品を作ることに救われたというか。それで生まれた曲が「DRAW IN A HEAD」なんです。

ーライヴでやると勢いがある曲だと思います。サウンドのこだわりはどういうところにありますか?

Ryosei:バンド・サウンドにおいて本来ならフィジカルな部分をパソコン上で作ったんですよね。それをライヴでは、本当にフィジカルでやるっていうのがこの曲のテーマというか面白さだと思ってます。

Ryoma:MVを作る時に、曲を聴いた感覚も重要ですけど、Ryoseiと話しながら楽曲の背景にある想いや言葉をいかに引き出せるかっていうのは映像を作る上で大事にしているんです。だからRyoseiがチラッといった「DJにかけて欲しい」っていうのがMVを作る上で僕の中では大きかったですね。

the McFaddin -DRAW IN A HEAD
the McFaddin -DRAW IN A HEAD

タイラ:この曲のBPMの感じっていまの気分にあってる気がしますね。ハウス・ミュージックとかよりもちょっと速くて、グローバルのダンス・ミュージックと比べても、トラップの倍くらい。この曲のテンポ感ってDJでかけたらもしかしたら色々な人の気分にマッチする速さだと思います。

ー続いて、2月17日には「SHIVER」をリリースされました。

Ryosei:これも憂さ晴らしみたいな感じです。気持ちがどんよりしていたので、それを除けるような楽曲を作りたかったんです。一緒に住んでいるTaitoとAndoには、救われました。僕がひとりでどんよりしていても、普通に喋ってご飯食べたりしているので、本当に有難い存在です。

the McFaddin -SHIVER
the McFaddin -SHIVER

ーそして3月17日には「SPIRITED AWAY」がリリースされましたが、こちらはどういう風な曲でしょうか?

Ryosei:この曲は、アート作品を音楽で作るみたいなイメージです。僕のイメージでは画面を消したスクリーンの奥の世界を音楽で表現してみようと思って。

Taito:いちばんバンド・サウンドっぽくないというかPC音楽っぽいよね。4曲全部に共通していますけど、ライヴと音源の差が生まれるように意識していて、その差がいちばん綺麗に出ている曲です。ドラムもライヴだと生ドラムになりますし。

Ryosei:y gionっていう京都のめちゃくちゃかっこいい場所でライヴRECをさせてもらったんですけど、VJのクオリティが1歩登ったなって感じた作品です。曲に人間味がないような部分をRyomaがしっかり汲み取ってくれたのかなって。

the McFaddin -SPIRITED AWAY
the McFaddin -SPIRITED AWAY

ー4月28日にリリースの最新曲「SOUTH」はどんな曲になりました?

Ryosei:ほんまに遊びたいって曲です。それと僕はいま25歳なんですけど、友達が就職したり結婚したりしているので、色々な変化を感じるようになって。周りの人間とか自分たちの将来を照らし合わせた時に僕らはどうなんだろうって思いながら作りました。

ー4曲に対してインスパイアを受けたり、モチーフにしたアーティストはいますか?

Ryosei:この楽曲を作った時はMura Masa、Dominic Fike、Roy Blair、Jimi Somewhereをみんなずっと聴いていた気がします。

taito:ミックスする上でバンドサウンドとパソコンで作った音楽をどう合わせるかっていうのを作っていた時にRoy Blairはいちばん参考にしましたね。

Photo by 大地

この記事の筆者
梶野 有希

1998年生まれ。誕生日は徳川家康と一緒です。カルチャーメディア『DIGLE MAGAZINE』でライター・編集を担当し、2021年1月よりOTOTOYに入社しました。インディーからメジャーまで邦ロックばかり聴いています。

結成10周年を迎えた、とけた電球──待望の初フル・アルバムに込めた温もりと軌跡

結成10周年を迎えた、とけた電球──待望の初フル・アルバムに込めた温もりと軌跡

TikTokで話題のドラマー、葵がアーティスト・デビュー! "青い"プロジェクトで魅せる、本当の自分

TikTokで話題のドラマー、葵がアーティスト・デビュー! "青い"プロジェクトで魅せる、本当の自分

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.184 愛犬といつか音楽を

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.184 愛犬といつか音楽を

大幅なアップデートを遂げた、神はサイコロを振らない ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探

大幅なアップデートを遂げた、神はサイコロを振らない ── 最新シングルとライヴを通じて、その理由を探

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

願うは、愛と平和。──希望を届ける、神はサイコロを振らない〈Live Tour 2022「事象の地平線」〉ファイナル公演

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.173 2022年前半の音楽メモリー

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

新東京──ギターレスで魅せる、バンドサウンドの新たな可能性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.167 音楽からあのキャラクターを

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

厄介な心との向き合い方──3人の評者が秋山黄色のサード・アルバム『ONE MORE SHABON』を徹底レビュー!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.159 家族の時間

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

はじまりは劣等感の肯定から──神はサイコロを振らない、未知なる日常を彩る初のフル・アルバムをリリース

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

10年間の想いを込めた初の武道館公演──“チームSHE'S”で作りあげた〈SHE’S in BUDOKAN〉ライヴレポート

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

ひとりひとりが“need you”!──緑黄色社会が受け止めるそれぞれの多面性

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.148 読んでほしい! 2021年のオススメ記事

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

Sean Oshima──ノンフィクションな表現を貫くソロ・シンガー

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.142 音と色が繋がるとき

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

灰色ロジックが辿り着いたストレートな表現─CD限定の初アルバムをリリース

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.136 バンドとライヴハウス

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

【ライヴレポート】3組が表現したそれぞれのポップ──peanut buttersレコ発ライヴ〈Peanut Night〉

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

文藝天国──聴覚と視覚で感じる淡い共鳴

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

大切なことはフィーリング! ───“これまで”を収録したpeanut buttersの初アルバム

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

chilldspotは10代をどう過ごしたのか?──これまでの歩みを映した初アルバム『ingredients』

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

オンライン・ライヴ・シリーズ『The LIVE-HOUSE』独占インタヴュー──第5弾出演アーティスト・lucky Kilimanjaroのときめきの正体とは?

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

小玉ひかり×Tani Yuuki スペシャル対談──コラボ楽曲“more”で共鳴するふたりの想い

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

初作にして傑作か?──5年のキャリアの集大成、ファースト・アルバムをリリースしたNewdums

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.121 週末、空いていますか?

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

ネクライトーキーが向かう新たな表現とは? ───ロック・サウンドを追求した意欲作『FREAK』

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.114 〈JAPAN JAM〉予想セット・リスト

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

the McFaddin×HOLIDAY! RECORDSs×FRIENDSHIP.の座談インタヴュー──関係者が語るバンドのエモーショナルな魅力と4曲の新作について

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

比喩根(chilldspot)──信念を歌声に乗せて。世の中へ疑問を投げかける若きシンガー

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

今週のFRIENDSHIP.(2021年3月17日).

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.106 “さくら”ソングと一緒に!

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

ナリタジュンヤ──Miyamotoをプロデューサーに招いた新作「Regret」。共作の魅力やふたりの音楽性に迫る

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

Helsinki Lambda Clubは、これからも少年と大人の間を行き来する──〈"MIND THE GAP!!"〉ファイナル公演 ライヴレポート

先週のオトトイ(2021年2月1日)

先週のオトトイ(2021年2月1日)

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

REVIEWS : 012 国内インディ・ロック(2021年1月)──梶野有希

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

OTOTOY EDITOR'S CHOICE Vol.100 2018年のインディーロックを振り返る

TOP