2000年以降、テクノ/エレクトロニカはテクノロジーの発展も伴い急激な変化をしてきた。それゆえはやり廃りの激しいジャンルであるにも関わらず、今回紹介するPROGRESSIVE FOrMは10年近く時代に流されず、また逆行する事もなく、一定の距離を保ち、常に革新的なアーティストを発掘してきたレーベルだ。最近の楽曲はもちろんの事、レーベル黎明期の作品は今聴いても驚くほどの斬新なアイデアと非常に高い完成度を持っている。

そのレーベル・オーナーであるnik氏にレーベル設立のきっかけや、坂本龍一やクラムボンのミトが絶賛するAmetsubとの出会い、そしてめまぐるしく変化する音楽業界の中、革新的な作品をリリースし続ける秘訣について聞く事ができた。

インタビュー&文 : 池田義文

自信を持ってリリースできるクオリティの高いものを出していこうと考えていました。

—2000年にPROGRESSIVE FOrMを設立したきっかけを教えてください。

nik : 2000年当時、京都外語大に音と映像で面白いことをやっている大学生がいるという話を聞いて、早速デモをいただいたんです。それが青木孝允君と高木正勝君のユニットであるSILICOMなんですね。そのデモに感銘を受けて、これは絶対に形にしようということでレーベルを始めました。

PROGRESSIVE FOrMの由来は?

nik : 特にないんですよね(笑)。当時1文字だけ小文字とか、そういうのがおもしろい風潮にあり、Rを小さくし「PROGRESSIVE FOrM」というのがしっくりきたんです。

—2000年当時のエレクトロニカ・シーンはどのような状況でしたか?

nik : 日本ではciscoさんがRIVERTHというレーベルがあったり、HEADZさんが海外アーティストの招聘を頻繁に行っていたのが印象的でした。当時は先日TAKASHI WADAのリリース・パーティを行った青山のCAYという箱が、先進的なイベントを頻繁に開いていました。エレクトロニカのアーティストもイベントも盛り上がり始めという所でしたね。

PROGRESSIVE FOrMを始める時には、そういう地盤が固まりつつあったということですね。

nik : そうですね。おそらくエレクトロニカ自体は90年代から盛り上がってきて、同時並行的にPCそのものやソフトウェアの発展で作り手の自由度が上がりました。そのことで、新しいものが生まれてくる気風が広がっていたと思います。

—設立当時からレーベル・カラーはありましたか?

nik : レーベル名の「PROGRESSIVE FOrM」そのものがある種のコンセプトではあるのですが、それ以外特にコンセプトはありませんでした。ただ、世の中に発表するからには自分たちなりに自信を持ってリリースできるクオリティの高いものを出していこうと考えていました。

—レーベルからリリースする作品はnikさん自身が探しているのでしょうか? それとも送られてくるデモの中から、探し出すのでしょうか?

nik : レーベルが回転し始めると同時にデモが集まってきたのですが、最初の頃は青木君や高木君のつながりからリリースをすることが多かったです。半野喜弘さんは以前からの知り合いで、様々な場所で会うことが多かったので協力していただきました。やはりアーティスト同士のつながりが非常に大きいですね。

Ametsubは、どのような経緯でリリースすることになったのでしょうか?

nik : 2003年に2枚目のPROGRESSIVE FOrMのコンピレーションを出すときに、新しいアーティストを多く入れたいと考えました。その頃ちょうどおもしろいデモが集まり初めていたんです。その中でもAmetsubの楽曲には大きな可能性があると感じました。そのデモを色々なアーティストに聴いてもらったんですけど、どこでも「この人いいですね! 」という話になりました。その後2年空いて、2005年に久々にデモ音源が届いて聴いてみたら、非常に素晴らしい出来でした。それでリリースしたのが彼のファースト・アルバム『Linear Cryptics』です。

—今や伝説となっているAmetsubのsonar sound tokyo 2006のライヴはどうでしたか?

nik : sonar sound tokyo 2006における新進的な音楽とアートを取り上げる「Extra」というプログラムを担当していたのですが、そこでちょうどAmetsub、ausとTAKASHI WADAら若いアーティストにLiveをしてもらいました。その当時のAmetsubのライヴは、今の鍵盤とラップトップ2台というやり方ではなく、ラップトップのみでした。ただそれに加え、GAME BOYをリアル・タイムでサンプリングして加工して音を出しており、非常にアグレッシブなライヴでした。

Ametsub

音楽に嘘をつかなければ続けていけると思います。

—レ—ベル発足から約10年経ちますが、変化してきた事はありますか?

nik : しっかり実力のある人は今でも残っていますし、新たな才能も出てきています。4月に渋谷のseco loungeでAmetsubのリリース・パーティを行ったのですが、その時にTujiko Norikoや、DRACOという名義で、NUMB、SAIDRUM、そこにタブラ奏者の吉見氏、シタール奏者の井上氏に出ていただきました。NUMBとSAIDRUMはRIVERTHの最初の頃からの知り合いで、その頃と変わらずに素晴らしい音楽を演奏していて、一方でAmetsubのような若いアーティストが同時にいたのが非常に印象的でした。さらにここ数年では、音楽自体もよりクラッシックやアコースティックの要素を取り入れたサウンドが生まれて、広がりが出てきていると思いますね。コンピューター・ベースから、より生楽器や歌を使用する比率が多くなってきました。ただそれまではこういった環境の音楽にとっては思考錯誤をしていたような時期もありましたね。

—具体的にそれはいつ頃ですか?

nik : ちょうど2005年から3年くらいは不毛の年だった印象があります。要は海外も含め興味深い新譜のリリースが減少傾向にあった印象があり、よって、海外アーティストの招聘イベントがぱったりとなくなってしまって、こういうジャンルがまとまって聴ける注目深いイベント少非常に少なくなった印象がありますね。

—レーベル発足当時にエレクトロニカと言われていたものと、現在では少し意味合いが変わってきていると思うのですが、nikさんにとってProgressive(革新的)さとはどんな事ですか?

nik : 実は先日Super deluxeで行われたTokyoMaxUsersGroup presents "Bridge"というイベントに行きました。そこで、蓮沼執太君と一緒にmasato tsutsuiという映像作家が出演していました。彼の映像のバリエーションとクオリティが圧倒的に素晴らしくて、それを見てSILICOMを見た時の印象に近い好印象をうけました。ただ音でいうと、今は2000年くらいと根本的に変わってきていて、昔だったらテクスチャーというかnon-beatでメロディが若干あるかないかくらいのものでも、質が高ければ受けていたんですけど。今は楽曲として整っているものが求められてきているのではないでしょうか。

—前回のPROGRESSIVE FOrMのイベントを見て感じたのですが、一方でより肉体性を強めたエレクトロニカも出てきていると感じました。

nik : そうですね。青木君なんかは特にそういう方向に進んでいると思います。彼は元々ブラック・ミュージックがすごく好きだったので、例えばロー・ビートのかっこよさを追求しているようですね。

—そのあたりにもまたベクトルの違ったProgressiveさを感じたのですが。そう考えるといい意味でPROGRESSIVE FOrMのカラーというのはあまりないのかなという気もします。

nik : そうですね。言ってしまえば何でもありなんです(笑)。ただ何でもありなんだけど、独自の路線を貫いているのかなと思いますね。

—そのあたりは感性ですか?

nik : 感覚でしかないですね。PROGRESSIVE FOrMに関しては極力お金儲けに走らないようにしないと、方向性がぶれてしまいますから(笑)。

—ある意味で矛盾している部分でもあるとは思うのですが・・・ その辺りをうまくバランスをとって続けていく秘訣はありますか?

nik : 音楽に嘘をつかなければ続けていけると思います。細々ですけど信じて音楽を続けていけば、関心を持ってくれる人もいると思います。ただ世の中もどんどん変化していっているので、これからどういうメディアやフォ—マットで作品を出していくかということも非常に重要な要素になってくると思いますね。

—そのフォーマットの変化が楽曲に影響を及ぼしていると感じる事はありますか?

nik : あくまで現状ですが、そこまでは感じていません。「弘法筆を選ばず」というように、よいと言われる作品はフォーマットに関係なく、注目を浴びると思います。実は2000年くらいにエレクトロニカが盛り上がっていた時期に売れたCDの枚数と、Ametsubの2nd Albumの売り上げ枚数はそれほど変わらないんです。メジャーのアーティストで昔100万枚売れていた人が、今は1万枚いかないということはあると思うんですけど、こういった環境の音はいい作品であれば売り上げはそれほど変わらないんです。ただそれでも、多少は世の中の煽りも受けるので、その辺りを感じて対応しつつ運営していく必要がありますね。例えば配信に関しては、着実に増えていっているのは確かですし、ネットだからこそ出来ることもありますから。

—最後に、今後のPROGRESSIVE FOrMの予定があればお願いします。

nik : リリース以外に幾つかまとまったイベント予定しています。10/30(金)〜11/1(日)にLiquid roomでDe La FANTASIAというイベントを、今年は制作という形で担当します。今年から新たに始めていくフェスの1回目です。sonar sound tokyoを進めていく上で色々な障害があって、それならば自分たちで1からイベントを作って、育てて、5年10年先をいくイベントを作ろうという話を有志でしていたのですが、ようやく今年1回目が開催されるます。素晴らしいメンツになっているので、是非いらしてください。
また10/30(金)に名古屋のclub MagoでNikakoiとMOODMANを主軸としたイベントを、11/3(火・文化の日)に京都のWORLDでNikakoi/半野喜弘/Ametsubを主軸としたイベントを開催しますのでこちらも是非いらしてください。

EVENT SHCEDULE

PROGRESSIVE FOrM Catalogue

AOKI takamasa

1976年大阪府出身、現在はドイツ・ベルリン在住。2001年初頭に自身にとってのファースト・アルバム「SILICOM」をリリースして以来、コンピューター/ソフトウェア・ベースの創作活動を中心としながら自らの方法論を常に冷静に見つめ続け、独自の音楽表現の領域を力強く押し拡げる気鋭のアーティスト。近年では自身のヴォーカルを全面に取り入れた作品やFat Cat RecordsよりリリースされたTujiko Norikoとのコラボレーション・アルバム、op.discでの4/4リズムを用いたミニマルトラックへのチャレンジ、英国BBCラジオ・プログラム [One World]への楽曲提供(The Beatles 'i will'のカヴァー)、YCAMでのコンテンポラリー・ダンサー/映像作家との共同制作など、その活動のフィールドはさらなる拡張を見せているが、青木孝允自身の表現が持つ存在感は常に確固たるものであり寸分の揺らぎも感じさせない。


Ametsub

2003年、PROGRESSIVE FOrMのコンピ「forma 2.03」に20歳で参加、2006年、1st Album 「Linear Cryptics」をリリース、sonarsound tokyo 2006に出演する。その後、Vladislav DelayやBlue Foudation、Calm、竹村延和、Numb、AOKI takamasa等との競演も重ねる。2007年には渚音楽祭、また野外フェスティヴァルSense Of Wonderにも出演、多くのオーディエンスを魅了したライブはスペースシャワーTVの放映に選出される。d.v.dのJimanica(drum)とのコラボレーションも始まり、Jimanica×Ametsubとしてのアルバムが2007年にリリース。初ライブではPARA、クラムボン、toeと共演、同年秋には渚音楽祭への出演も果たす。 2008年夏にはアイスランドでのライブも敢行。美しい独自の世界観と、壮大な情景を描写する様な音楽性は、今後の活動に期待が高まる。

eater

2002年4月、細野春臣氏の主催するレーベ ルdaisy warld discのコンピレーション『V.A/strange flowers』に参加、現在は前 述daisy warld discから来春予定でリリースの自身の1stアルバム、サブライム・レコー ドのコンピレーション・アルバムへの参加、及び半野喜弘氏の主催するCirqueよりリ リース予定のコンピレーションへの参加が予定されている。また今後、AOKI takamasa、渡辺満 (Dr/multiphonic ensemble)とのセッションを通じたバンドも視野 に入れており、様々な楽器やプレイヤーとのコラボレート、また生演奏とコンピュータ 、それぞれの可能性の追求を通じて、独特で個性的なeaterワールドの可能性を模索 する。

Nao Tokui

1999年よりDJ、2001年よりMax/MSPでの音楽制作、及びソフト開発 をスタート。ベルギーPocket/Music Manより1st 12inch『Nao Tokui&TNT/We All need』を発表。2002年にはスイスSpeaker Attack『V.A/Deck Shark Series Vol.4』 にも楽曲を提供。同年夏にNao Tokui (ex.clickety and clack) 名義でPROGRESSIVE FOrMに合流、ヨーロッパツアーにも参加。その後Jan Jelinek, arovane, kit clayton, Pole, Richard Devine, Kid606, SUTEKH等との共演を重ねる。また工学者 として人工生命、複雑系等に関する研究に従事し、進化的計算手法の音楽やデザイン への応用を模索中。本年3月に音楽・映像の為の新しいビジュアル・プログラミング 環境 "SONASPHERE" を公開、アート/工学両分野で反響を呼んでいる。そして2003年6 月、待望の1st album『MIND THE GAP』をリリースする。

nq

1977年生まれ。ドイツ・ドルトムントを拠点にその活動を続けるnils quakによるプロジェクト。様々な要素を感じさせつつもシンプルかつ独特な質感でまとめあげられたその楽曲群を彼は「装飾や感情を単なる機能的な要素としてのみ成立させたものではない」と言い、また「その中に潜む美しさやその違いを如何に形付けていくか? ということを主題とした実験である」とも言う。ドイツという環境が育んだ、今後の活動に大きな期待を寄せたい楽しみなアーティストである。

RYOICHI KUROKAWA

映像/音響アーティスト。レコーディング、インスタレーション、上映、ライヴ・パフォーマンスなど様々な作品形態をとる。デジタル生成された素材とフィールド・レコーディングによる映像と音響で構成された、時間軸を持つ彫刻にはミニマルと複雑系が美しく共存する。黒川良一は音と映像を一つの単位として扱い、そのオーディオ・ヴィジュアル言語によるコンピューター・ベースの作品を構築し、音響と映像のコンポジション、またそれらの同期や相互関係が、映像/音響間に介在する距離を着実に埋めている。その非常に美しく緻密で繊細な映像と音で構成される作品は国内外で高い評価を得ており、多くのフェスティバルや展覧会へ招聘される。

Shuta Hasunuma

1983年、東京生まれ。常に変化を恐れず様々なアプローチで挑戦する気鋭アーティスト。アメリカWestern Vinylより『S/T』(2006)、『OK Bamboo』(2007)を発表。『HOORAY』(2007)をPROGRESSIVE FOrMから発表。英雑誌「WIRE」や世界各国ウェブ・マガジンに取り上げられ注目を集めている。2008年夏にHEADZより4枚目のアルバムを発表。

stereo plasma

ドイツ・デュッセルドルフを拠点に活動を続ける作曲家ANDEAS RESCHによるプロジェクト"STEREO PLASMA"。自身が「クリックス・アンド・ラウンジ」と呼ぶ、グリッチ/エレクトロニカ/アンビエントといった音響音楽や、ミニマル・テクノのリズム感、そしてラウンジ/モンドのポップな感性を再構築した革新的でモダンなインスト・ミュージックを奏でる。サウンド・デザイナーとして20年以上に及ぶ彼のキャリアが遺憾なく発揮されている。

Takashi Wada

1982年生まれ、東京出身。デトロイト・テクノやジャズ、アート・ロックなどのエッセンスを混ぜつつつも、しっかりとした音楽の素養をベースに、小気味の良いビートとエモーショナルなメロディーでどこまでも心地良い空間的な響きを幅広い音楽性で表現する注目のアーティスト。1999年、16歳でニューヨークに留学しジャズと出会いジャズ・ギターやボサノヴァなど音楽理論を学ぶ。同時にギターとドラム・マシーンに歌を重ね、シンガー・ソング・ライター的な作曲活動を開始。2002年、19歳の時にパリに移住。パリでは大学に通いながらジャズ・ギターとクラシック・ピアノを学び、同時にコンピューターでの作曲を始める。2004年、ドイツonitorレーベルよりデビュー・アルバム「meguro」を若干21歳でリリース。風景を描写したアンビエント的なアプローチを中心としたこのアルバムから国連のアニバーサリー・フィルムやテレビ番組に収録曲が使われることになった。そして2009年8月、待望の4thアルバム「Labyrinth」をリリースした。

Tree River

岐阜をベースに活動を続ける鶴見 健太によるソロ・プロジェクト「tree river」。FENNESZを思わせるデジタル・ノイズとアコースティック、それらサウンドの勢いが表れている。その潔さは、彼独特のオリジナリティーとなって、気持ちよさにつながっている。ギターとラップトップ音楽の次のステップを確実に提示してくれるであろう才能を感じさせる。

Yoshihiro HANNO

電子音楽からアコースティックな映画音楽まで幅広い創作活動を世界規模で実践し、独自のスタンスと視点で音楽を描く孤高の音楽家。1997年にベルギーの音響レーベル<サブ・ローザ>より<マルチフォニック・アンサンブル>名義で発表されたアルバム『キング・オブ・メイ』の独創的なサウンドで大きな衝撃と共にシーンに登場。このアルバムで半野の存在は一躍注目の的となり、翌年には元ジャパンのミック・カーンとのコラボレーション作品が日本、イギリス、アメリカで発売される。更に、1998 年には映画の世界にも進出しアジア映画の巨匠、ホウ・シャオシェン監督作品『フラワーズ・オブ・シャンハイ』の音楽を担当。半野にとって初の映画音楽となったこと作品は、カンヌ映画祭コンペ部門の正式出品作品として映画祭に招待され絶賛された。同行した半野も現地プレスから”新しい映画音楽作家の発見”と評された。これ以後、現在までにジャ・ジャンク監督作品『プラット・フォーム』(ヴェネチア映画祭最優秀アジア映画賞、ナント映画祭グランプリ、ブエノスアイレス映画祭グランプリ)、行定勲監督作品『カノン』、ユー・リクワイ監督作品『オール・トゥモロウズ・パーティース』(カンヌ映画祭出品作品)等を手掛け、映画音楽作家としての国際的評価も高い。2000年、坂本龍一が主催する団体CODEに参加。また読売テレビ・ドラマ”永遠の仔(出演中谷美紀/テーマ曲坂本龍一)”の音楽を担当、その斬新なサウンドが話題になる。この年には自身が主催するレーベル<シルク>もスタート、ここから発信された最新のコンピュータ・ミュージックは海外でも大きな評価を得ている。

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ
筆者について
池田 社長 (tripxtrip)

ミュージャン、DJ、ライター、ライブ録音エンジニア、肉体労働者。あなたが望めば、何にでもなります。陰核御殿というハードコアバンドでギター弾いています。ミジンコ大好き。チャリが好きで、5月に東京から屋久島までママチャリで遊びに行きました。それだけでイイです。だふにあというダブバンドも始めました。万歳。twitterアカウント:http://twitter.com/tripxikeda

同じ筆者による他の記事