日英を代表するダンス・ミュージック・バンド2組が奇跡の融合!

京都で行われたROVO×SYSTEM7のライヴ音源を配信リリース!

ROVO×SYSTEM7 / PHOENIX RISING LIVE in KYOTO 29.10.2011

ROVOとSYSTEM7が合体融合して行った「Phoenix Rising Tour」はいずれも満員御礼の大盛況で幕を閉じた。なかでも、彼らが初めて合流して演奏した舞台となった京都。一曲20分を超える壮大な世界観を見せつけた彼ら。至高のサイケデリック空間をこの音源で追体験して欲しい。

【TRACK LIST】
01. HINOTORI (Phoenix Rising Live version) / 02. ECLIPSE (Phoenix Rising Live version)
収録分数 : 41分58秒

★購入者には特典として当日の模様を収めたデジタル・フォト・ブックレットがつきます


奇跡の一夜はここから始まった! ROVO×SYSTEM7よる初のコラボレーション・アルバム

PHOENIX RISING

V.A.

¥ 1,200

ROVO×SYSTEM7 / PHOENIX RISING

【TRACK LIST】
01. HINOTORI(ROVO Phoenix Rising version) (SYSTEM 7×ROVO)
02. ECLIPSE(SYSTEM 7 Phoenix Rising version) (ROVO×SYSTEM 7)
03. HINOTORI(SYSTEM 7 original version) (System 7)
04. ECLIPSE(ROVO original version) (ROVO)

>>ROVO×SYSTEM7『PHOENIX RISING』特集ページ : 勝井祐二インタビュー

2011.10.29 Live Report (Text by 山本啓(NABOWA))

ROVOとSYSTEM7が西部講堂で! 2011年10月29日、この日が近づくにつれ京都に住む僕の周りでは合い言葉のように「29日、行く? 」という言葉をよく耳にした。たったそれだけの言葉で意味が通じてしまう程みんなわくわくしながらそのイベントの日を待っていたのだ。当日、僕が会場に着くと既に西部講堂の前は受付に並ぶお客さんの列が何十メートルも続いていた。この日の受付に並んでいるお客さんの顔に、なんだかいつもと違う雰囲気を感じた。長蛇の列に並びながらも朗らかに、どこか自信に満ちた表情をしている。自分が体験するこれからの数時間が必ず素晴らしいものになるだろうという事を信じて疑わない、そんな顔だ。講堂内に入ると心地の良いSEが流れていて期待感はますます高まった。

ROVOのライヴがスタート。もしこの日のROVOのライヴの楽譜があったとすれば、ずっとクレッシェンドが書いてあるんじゃないかと思う程天井知らずの音楽。そこへ迫田悠の映像が加わって、何度か体を持って行かれそうになる感覚を味わっているうちに、あっと言う間に終わってしまった。ROVOのライヴが終わって、SYSTEM7のライヴが始まるまでにドリンクを買いに行っておこうと一度講堂の外へ出ようとしたその瞬間、間髪入れずにSYSTEM7のライヴは始まった。SYSTEM7のライヴを観るのはこれが初めてだった。いろんな人から「SYSTEM7のライヴは絶対観た方が良い」と言われていたが、その意味はすぐに解った。のどの乾きも忘れて釘付けになってしばらく動けなかった。一体どれくらいの場数を踏めばあんなライヴができるんだろうか。そして、あんなにいきいきとした顔でライヴをやる人ってなかなかいないんじゃないだろうか。SYSTEM7のライヴもあっという間に終わってしまった。そして、ステージに8人同時に並ぶ時が来た。何と言っても、この日はこの瞬間を待っていた。

まずはSYSTEM7の曲、「HINOTORI」から始まった。徐々に、徐々にあがっていく曲調にROVOのメンバーがすーっと自然に絡んでいきどんどん盛り上がっていくところで、それまで後ろにいたスティーブが前へ出てギターを弾いていた。若輩者の僕が言うのは失礼だとは思うが、本当に、全員子供のような顔で演奏していた。そしてROVOの「ECLIPSE」。僕はこの曲が大好きで、イントロが始まった瞬間鳥肌がたった。何度もCDで聴いた曲だったけどこの曲にSYSTEM7の音が元々入っていたかのように見事にはまっていた。二人が加わる事でよりパワフルに、そしてより複雑に絡み合いながらもぶつかり合う音が無い。緻密に、繊細にどこまでも美しく、そしてどこまでも強い曲だ。ライヴがどんどん盛り上がる度にいつの間にか僕は音を聴くのにあれこれ考えるのをやめていた。考えることよりも笑顔で演奏する彼らの姿と出てくる音に夢中になっていて、あっという間にライヴが終わってしまった。こんなふうになったのは多分僕だけではなかったんじゃないかと思う。

演奏が全て終わり、彼らが全員でお客さんにお辞儀する時、本人達はもちろん、お客さんもみんな笑顔だった。震災後、ライヴ=生きることについて色々考えさせられる事が多い昨今、全ての行動に意味を求められる時代になっている気がする。今、日本でミュージシャンがライヴをやる意味とは? そしてオーディエンスに対して何ができるのだろう? 国内外の音楽シーンを牽引し、今も様々なアーティストに現在進行形で影響を与え続けるROVOとSYSTEM7。彼らが「Phoenix Rising」と名付けたこのプロジェクトは見事にそれを示してくれたのではないだろうか。

DISCOGRAPHY

ROVO

RAVO

ROVO

¥ 1,851

SYSTEM7 / GONG

2032

Gong

¥ 1,500

PROFILE

ROVO
「何か宇宙っぽい、でっかい音楽をやろう」と、勝井祐二と山本精一を中心に、1996年結成。バンド・サウンドによるダンスミュージックシーンの先駆者として、シーンを牽引してきた。驚異のツイン・ドラムから叩き出される強靱なグルーヴを核に、6人の鬼神が創り出す音宇宙。音と光、時間と空間が溶け合った異次元時空のなか、どこまでも昇りつめていく非日常LIVEは、ROVOでしか体験できない。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN、METAMORPHOSE、朝霧JAM、アラバキ・フェスなど、大型フェス、野外パーティーにヘッドライナーとして連続出演。毎年5月には恒例のROVO主催フェスで、日比谷野音を熱狂させる。またレギュラーVJ、迫田悠の映像とのコラボレーションは、他に類を見ない音楽映像パフォーマンスとして評価が高い。2010年11月には結成15年にして最高傑作、との呼び声の高い「RAVO」を発表。2011年には「RAVO」をテキストにライヴでの再現を前提としないDUBアルバム『RAVO DUB』を制作。その発表を受けて行ったツアーのファイナル・ライヴとなった日比谷野音では、会場前から降り続けた強い雨がROVOの演奏開始と共に止み、満員の客席全体が大きな一体感を持って狂熱の渦と化したのも記憶に新しい。国内外で幅広い音楽ファンから絶大な信頼と熱狂的な人気を集める、唯一無二のダンス・ミュージック・バンド。

>>ROVO official HP

SYSTEM7
SYSTEM7はスティーヴ・ヒレッジ(Steve Hillage)とミケット・ジローディ(Miquette Giraudy)の2人組ユニットで、前身である伝説のプログレ・バンドGONG時代から数えると、2人のキャリアは40年にもおよぶ。SYSTEM7名義としては過去に7枚のアルバムをリリースし、2000年には自身のレーベル「A-WAVE」を立ち上げる。そのエレクトリック・ギターをフィーチャーしたサイケデリックなテクノ・サウンドでオリジナルなハーモニーを奏で続けている孤高の存在だ。日本でのライヴ・パフォーマンスとしては、広島・厳島神社で行われた世界聖なる音楽祭、TOKIO DROME、渚音楽祭、朝霧ジャム、MOTHER、奄美皆既日食音楽祭、フジロックフェスティバルなど多岐に渡り、1999年から現在まで毎年コンスタントに来日をしており、その時空を超えたパフォーマンスで若い世代からの支持も確実に増やし続けている。2005年には新アンビエント・テクノ・ユニット『Mirror System』のアルバムを発表、2007年手塚治虫氏の代表作である『火の鳥』をトリビュートしたアルバム『Phoenix』をリリース。最新作『Up』を2011年6月8日にリリースし、ワールド・ツアーを敢行中。日本に於いてもFUJI ROCK FESTIVAL、Womb、ひかり祭、DOMMUNE他への出演が決定している。

>>SYSTEM7 official HP

 
 

レヴュー

【REVIEW】高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声
・2018年05月23日・高音質で響く、胸を刺す冬馬かずさの歌声 ──『WHITE ALBUM2』サントラ高音質配信開始 PlayStation®︎3・PSVita®️ などにて発売中、いまなお根強い人気を持つゲームソフト『WHITE ALBUM2』。本作のヒロインのひとり、「冬馬かずさ」(CV : 生天目仁美)のヴォーカル曲を集めたスペシャル盤、『WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~』のハイレゾ・DSD配信がスタートしました! 配信開始に合わせ、OTOTOYでは本作のレヴューを公開! 冬はもう少し先ですが、『WHITE ALBUM2』の名曲たちと彼女の歌声の魅力をぜひ高音質で再確認しましょう。 また、本作品のもうひとりのヒロインである小木曽雪菜(CV : 米澤円)によるヴォーカル・アルバム『WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK ~setsuna~』も、OTOTOYにてハイレゾ配信中。この機会にあわせてぜひチェックして下さい! 冬馬かずさ / WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~kazusa~ 【配信形態】(右)DSD
by 伊達 恭平
【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着
[REVIEW]・2018年05月09日・【REVIEW】最新作はフランスが舞台!『ルパン三世 PART5』オリジナル・サウンドトラック到着 4月からスタートしたTVアニメ「ルパン三世 PART5」。そのアニメにかかせないサントラも、最新バージョンかつハイレゾで到着。OPテーマ、EDテーマやヴォーカル曲もふんだんに入った、ジャケットのイラストが最高にキュートな『ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !』、キャラクターの癖や気持ちまでも表現されたような、ボリューミーな『ルパン三世 PART5 オリジナル・サウンドトラック「THE OTHER SIDE OF LUPIN THE THIRD PART V~FRENCH」』の2タイトルで、最新のルパン・ワールドを堪能せよ! 新エンディングテーマを含む、華やかな珠玉の15曲ルパン三世 PART V オリジナル・サウンドトラック 〜 SI BON ! SI BON !'【Track List】01. LUPIN TROIS 2018 02. シボン!シボン! feat. 沢城みゆき03. LOVE IN SÃO PAULO 201804. LUPINTIC
by 岡本 貴之
“Lo-Fiドリームポップ・アイドル”SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信!
[PICKUP]・2018年04月27日・SAKA-SAMA、渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した初のワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信! Lo-Fiドリームポップ・アイドル、SAKA-SAMAが2018年3月17日に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催した、初のワンマン・ライヴ〈イッツア SAKA-SAMAワールド〉の模様がOTOTOY独占、ハイレゾにて音源化! 1部と2部に分かれたこの日のライヴでは、彼女たちの楽曲はもちろん、アコーディオンを伴奏にしたアカペラ、皮茶パパ、毛並みんのゲスト参加、そして新曲披露など盛りだくさんの内容に。大入りのお客さんと彼女たちのパフォーマンスから生まれる臨場感をぜひハイレゾでお楽しみください! また、この日に新たな名義“Pinokko”で活動を始めた、里咲りさのプロデュースによるシングルと2ndワンマン・ライヴを渋谷のWWWで開催することを発表。今後の彼女たちの動きも見逃せませんよ! 初のワンマンをハイレゾにて独占配信!SAKA-SAMA / ライブ・フロム・SAKA-SAMAワールド'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ
声優・楠田亜衣奈、アニメ主題歌の1stシングルをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2018年04月26日・【REVIEW】声優・楠田亜衣奈、ハッピーでポジティヴ全開な1stシングルをハイレゾ配信 これまで3枚のアルバムをリリースしている声優の楠田亜衣奈が、初のシングル『ハッピーシンキング!』をリリース。現在出演中のアニメ「レディスポ」主題歌にもなっている。シングルのタイトルをでも、聴いたらなおさらに「幸せな気分」になれること間違いなし! ハイレゾで楽しみながら、レヴューでくっすんワールドを堪能しましょう。 1stシングルをハイレゾ配信!楠田亜衣奈 / ハッピーシンキング!(24bit/48kHz)【配信形態】24bit / 48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC【価格】単曲 540円(税込) / アルバム 3,500円(税込)【収録曲】1. ハッピーシンキング! / 2. 会いたいよでも言えないの / 3. やさしいヒカリ / 4. ハッピーシンキング! -off vocal ver.- / 5. 会いたいよでも言えないの -off vocal ver.- / 6. やさしいヒカリ -off vocal ver.- ※ファイル形式について REVIEW : スケールもハンパなく、とにかく
by 前 田
【REVIEW】『君だけの旅路 Re:boot』&『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』
・2018年04月25日・ 再始動と共に進化した楽曲達──Suara『君だけの旅路 Re:boot』、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』ハイレゾ、DSD配信開始 2018年4月26日に『AQUAPLUS』より発売される、PlayStation®4、PS Vita用ソフト『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』。その主題歌を収録したSuara『君だけの旅路 Re:boot』と同作品内の楽曲を中心にセレクトされたピアノ・アレンジ・アルバム、AQUAPLUS『うたわれるもの Piano Collection Vol.1』のハイレゾ、DSD配信がスタートしました! オリジナル版の発表から12年の時を経て生まれ変わった主題歌と、美しくアレンジされた楽曲群は『うたわれるもの』ファンもそれ以外のかたも必聴です! (Text by 伊達恭平) Suara / 君だけの旅路 Re:boot 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC >>>ハイレゾとは?【配信価格】単曲324 円(税込) / アルバム 1200円(税込)1. 君だけの旅路 Re:boot2. キ
by 伊達 恭平
変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''