album jacket
TitleDurationPrice
Something Good Can Work  mp3: 16bit/44.1kHz 02:45
Time After Time  mp3: 16bit/44.1kHz 03:21
Lisztomania (CLASSIXX Version)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:02
Xtatic Truth  mp3: 16bit/44.1kHz 03:40
Favourite Things  mp3: 16bit/44.1kHz 04:33
In For The Kill (LIFELIKE Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:09
Fringe Element  mp3: 16bit/44.1kHz 04:08
Always More (YUKSEK Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:33
Miss Mars  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
This Sweet Love (PRINS THOMAS Sneaky Edit)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:15
Make It Reverse  mp3: 16bit/44.1kHz 03:20
Solo  mp3: 16bit/44.1kHz 03:31
Beagle  mp3: 16bit/44.1kHz 04:09
薔薇と彼女の王子  mp3: 16bit/44.1kHz 02:29
Counterpoint (DELPHIC's En Route Mix)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:52
-- ENCORE --  mp3: 16bit/44.1kHz 00:20
Touring In NY  mp3: 16bit/44.1kHz 04:03
Rhythm  mp3: 16bit/44.1kHz 04:40
Bejan  mp3: 16bit/44.1kHz 03:38
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 75:58
Album Info

キツネ・メゾン・ラッキー7!現行エレクトロ・シーンのオピニオン・リーダーとして圧倒的なプレゼンスを誇るキツネ、 その看板コンピ 『メゾン』 の第七弾が到着!ここ最近は、 『タブロイド』 や 『ジルダ&マサヤ・ミックス』 など、 多くの新しいプロジェクトも生まれていますが、 その魅力が最も輝くのはやはり 『メゾン』 シリーズ、 そのひとつの節目とも言える記念すべきラッキー7・エディション、 今回は一体どんなサプライズがあるのか!?

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Pop
オリジナルアルバムとしては2016年の『四季うた summer』以来、約2年振りとなるオリジナルアルバム。 『CINEMATIC』(シネマティック)と題された本作は、自らの人生を映画にたとえ、その主役・監督としてのBENIが息づく日々の物語を音楽で表現した作品となります。 既に公開されている「Chasin’ feat. IO」のミュージックビデオは「CHASIN’ the film」と題されたショートムービー的なミュージックビデオの第一弾であったり、ジャケット写真やアーティスト写真もアルバムの冒頭を飾るタイトルトラック「Cinematic」の歌詞からインスパイアされて制作されていたりと、すべての作品がアルバム『Cinematic』に通ずるコンセプトで制作されています。 収録曲には、7月から連続配信リリースの第1弾、KANDYTOWNのIOをフィーチャーした「Chasin’ feat. IO」、第2弾の横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智選手の為に書き下した、彼の登場曲「READY25」、第3弾のBENIと盟友SUNNY BOYが書き下ろした前衛的なR&Bナンバー「PULLBACK」、第4弾の南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライターMichael Kanekoをフィーチャーした、美しいデュエットソング「No one else like you feat. Michael Kaneko」を収録するほか、ライブではすでに人気の「Got A Feeling」「CANDY」、全国のファミリーマートでしか聞けなかった名曲「Arigato」が遂に収録されることになりました。
View More Discography Collapse
Collapse

News

サマソニ第1弾で13年ぶりレディオヘッド、ウィーザー、アンダーワールド、ファーギーら決定

サマソニ第1弾で13年ぶりレディオヘッド、ウィーザー、アンダーワールド、ファーギーら決定

2016年8月20日(土)・21日(日)に幕張、大阪で行われる〈SUMMER SONIC 2016〉。 第1弾出演者として、レディオヘッドをはじめ11組が発表された。 「Creep」を歌った2003年以来、実に13年ぶりの出演となるレディオ・ヘッド、初出

下北沢を巡るサーキット・イベントに卓球、DE DE MOUSE、奇妙トラベルら

下北沢を巡るサーキット・イベントに卓球、DE DE MOUSE、奇妙トラベルら

5月25日(土)に下北沢で行われるライヴ・サーキット型イベント〈Shimokitazawa SOUND CRUISING Vol.2〉の第1弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、石野卓球、80KIDZ、DE DE MOUSE、LOSTA

アベンズ、モーモー、真空ホロウ! 新世代ロック・バンドのライヴ生中継が立て続けに

アベンズ、モーモー、真空ホロウ! 新世代ロック・バンドのライヴ生中継が立て続けに

最近はUSTREAMやニコ生といった動画配信サービスを利用し、ライヴを生中継するアーティストが増えている。偶然にも明日からの3日間、気鋭の若手ロック・バンドたちのライヴ生配信が立て続けに行われるので、ぜひチェックしてほしい。 まずは明日、11月29日(

南波志帆、androp内澤作のニュー・シングルを11月リリース。PVも公開

南波志帆、androp内澤作のニュー・シングルを11月リリース。PVも公開

南波志帆が11月7日(水)に5枚目のニュー・シングル「MUSIC」をリリースすることが決定した。 南波志帆「MUSIC」PV 今作の作詞・作曲はandropの内澤崇仁が担当。南波志帆は元々内澤のファンだったようで『大好きなandropの内澤崇仁さ

マンチェスター新世代、エジプシャン・ヒップホップがR&SよりデビューAL発売

マンチェスター新世代、エジプシャン・ヒップホップがR&SよりデビューAL発売

マンチェスター発の4人組バンド、エジプシャン・ヒップホップがデビュー・アルバム『Good Don't Sleep』をR&Sレーベルから発表することがあきらかとなった。日本盤は10月13日に先行リリースされる。 17歳で結成され、2010年にデビュー

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、待望のセカンドは私的なのにスケールの大きな作品!?

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、待望のセカンドは私的なのにスケールの大きな作品!?

トゥー・ドア・シネマ・クラブが9月2日(日)にセカンド・アルバム『Beacon』をリリースする。 Two Door Cinema Club『BEACON』トレイラー 2010年、フランスの音楽レーベル〈キツネ〉よりリリースされたデビュー・アルバム『

View More News Collapse
80KIDZ、UNIT8周年で8時間のロングDJ披露

80KIDZ、UNIT8周年で8時間のロングDJ披露

8月10日(日)に開催される代官山UNITの8周年記念パーティーに80KIDZ「が登場する。 80KIDZは今回、8時間に及ぶロングDJセットを披露する。一晩を通してどんな音を届けてくれるのか期待が募るところだ。詳細は下記の通り。 80KIDZは

〈ハシエンダ〉30周年フェス第3弾で石野卓球、ゾンビ・ネイションら14組発表

〈ハシエンダ〉30周年フェス第3弾で石野卓球、ゾンビ・ネイションら14組発表

4月28日(土)、29日(日)大磯ロングビーチ特設会場にて開催されるフェスティヴァル〈THE HACIENDA OISO FESTIVAL〉の日割りおよび第3弾出演アーティストが発表された。 これは、昨日3月14日(水)にDOMMUNEにてオンエア

〈KAIKOO〉第5弾で後藤まりこ、七尾旅人、KILLER BONG×JUBEら追加

〈KAIKOO〉第5弾で後藤まりこ、七尾旅人、KILLER BONG×JUBEら追加

4月21日(土)、22日(日)にお台場・船の科学館野外特設ステージにて開催される野外フェス〈KAIKOO POPWAVE FESTIVAL 2012〉の出演アーティスト第5弾が発表された。 今回追加されたのは、後藤まりこ、80KIDZ、七尾旅人、T

Collapse

Articles

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

レヴュー

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

「ハイプ」という概念は、ただちに捨てないと大損する日本において「KITSUNE」というキーワードは、良くも悪くもすっかり「お洒落なもの」の代名詞として変化を遂げたが、ゆっくりと時間をかけて市民権を得た怜悧な活動スタンスは、やはり特筆すべきものがある。フラン…

ダンス・ロック特集

インタヴュー

ダンス・ロック特集

'''ダンス・ロックはどこへ向かうのか? 噂のシーンを解き明かせ!''' 音楽シーンを、「ダンス・ロック」という言葉が賑わせている。跳ねるリズムとハンド・クラップで満員のフロアをカラフルに染め上げるthe telephones、MONICA URAN…