album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Stay The Same  mp3: 16bit/44.1kHz 04:30
Stay The Same (NOOB remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:45
Stay The Same (80 kidz remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:39
Stay The Same (Deathface remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:38
Stay The Same (The Rogue Element remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 06:02
Stay The Same (Logo remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:53
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 33:27
Album Info

プロディジー・フェスでも最高のパフォーマンスでオーディエンスを圧倒したキツネの新鋭、オートクラッツ。その、デビュー・アルバムの冒頭を飾った「ステイ・ザ・セイム」の強力なリミックス集が登場!鉄板の80ikdzはもとより、ティガやブロディンスキーのリミックスも話題、UKでもネクスト・ブレイク期待の新人フレンチ・アクトのNOOB、メゾン・コンピでもおなじみのGuns'N'Bombsの片割れによるブっ飛び新ユニットDeathfaceなど、どいつもこいつも勢いアリ過ぎ!

Discography

オートクラッツ自身のレーベルBad Lifeから2012年にリリースしたシングル!

ソニック・マニアでの来日が待ちきれないファンの方々に、ピーター・フック(ニュー・オーダー)参加曲のリミックスEPを発売します。オリジナル曲は、4月に発売されたスマッシュ・ヒット・アルバムにも収録されています。

前作『Animal』が、新世代ダンスミュージックの騎手として一気に花開いたロンドンのロッキン・エレクトロ・ユニット、オートクラッツ待望のセカンド・アルバム!アンドリュー・イネス(プライマル・スクリーム)も参加で前作を上回る完成度!!

Kitsuneで今年大ブレイクしたUKエレクトロ・ロック・ユニットautoKratz。今年9月、幕張メッセで行われたプロディジー・フェスのライヴ・パフォーマンスは各方面から大絶賛を受けた、彼らのセカンド・シングル。

プロディジー・フェスでも最高のパフォーマンスでオーディエンスを圧倒したキツネの新鋭、オートクラッツ。その、デビュー・アルバムの冒頭を飾った「ステイ・ザ・セイム」の強力なリミックス集が登場!鉄板の80ikdzはもとより、ティガやブロディンスキーのリミックスも話題、UKでもネクスト・ブレイク期待の新人フレンチ・アクトのNOOB、メゾン・コンピでもおなじみのGuns'N'Bombsの片割れによるブっ飛び新ユニットDeathfaceなど、どいつもこいつも勢いアリ過ぎ!

V.A.

キツネのフロア・ユースなリミックス曲ばかりを集めたナイス・コンピレーション! 先物買い好き早耳リスナーはテッド&フランシス、クリスタル・ファイターズやアパールーサをチェックしてみて!

V.A.

キツネ・メゾン・ラッキー7!現行エレクトロ・シーンのオピニオン・リーダーとして圧倒的なプレゼンスを誇るキツネ、その看板コンピ『メゾン』の第七弾が到着!ここ最近は、『タブロイド』や『ジルダ&マサヤ・ミックス』など、多くの新しいプロジェクトも生まれていますが、その魅力が最も輝くのはやはり『メゾン』シリーズ、そのひとつの節目とも言える記念すべきラッキー7・エディション、今回は一体どんなサプライズがあるのか!?

V.A.

この『Kitsune Maison』シリーズは、これまでに[[クラクソンズ]]や[[デジタリズム]]、[[シミアン・モバイル・ディスコ]]などのトラックをいち早く収録し、そのセレクトの速さと確かさで同レーベルの名を一躍世に知らしめたヒット作。今回の最新作には、レーベルの看板アーティストであるデジタリズムの未発表トラックやエレクトロクラッシュを牽引したフィッシャースプーナーのリミックス曲、そしてストリートライフDJsやオートクラッツといった期待の新鋭の楽曲も多数収録されている。

Articles

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

レヴュー

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

「ハイプ」という概念は、ただちに捨てないと大損する日本において「KITSUNE」というキーワードは、良くも悪くもすっかり「お洒落なもの」の代名詞として変化を遂げたが、ゆっくりと時間をかけて市民権を得た怜悧な活動スタンスは、やはり特筆すべきものがある。フラン…