album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Up All Night  mp3: 16bit/44.1kHz 03:26
Let's Go Surfing  mp3: 16bit/44.1kHz 02:55
High Together  mp3: 16bit/44.1kHz 03:46
Something Golden  mp3: 16bit/44.1kHz 03:45
This New Technology  mp3: 16bit/44.1kHz 03:39
Dance Till Dawn  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
Junocide  mp3: 16bit/44.1kHz 04:28
I Can Talk (Moulinex Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:02
Brutal Weapons  mp3: 16bit/44.1kHz 05:26
Maximus (Harvard Bass Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 05:34
Friction Between The Lovers  mp3: 16bit/44.1kHz 03:24
Star  mp3: 16bit/44.1kHz 03:34
Salt Air (Alex Kapranos Remix)  mp3: 16bit/44.1kHz 04:53
This Momentary  mp3: 16bit/44.1kHz 03:57
Bicycle  mp3: 16bit/44.1kHz 05:19
Find the Fire  mp3: 16bit/44.1kHz 03:56
Control  mp3: 16bit/44.1kHz 04:07
ENCORE  mp3: 16bit/44.1kHz 00:10 Album Purchase Only
I Love London  mp3: 16bit/44.1kHz 02:48
I Am The Sound  mp3: 16bit/44.1kHz 04:13
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 77:52
Album Info

オートクラッツやハーツレボリューションを送り出し、アーティスト・レーベルとしてもネクスト・レヴェルへとジャンプアップを続けるキツネによる看板シリーズ<メゾン>の最新弾! デルフィックの新曲、ガール・エレクトロ新星AMWE からMGMT 陰の立役者フレンチ・ホーン・レベリオンまで、またもフレッシュな話題曲続出、明日のポップ・スターをいまテイストする極上の先取りコンピレーション!

Discography

Pop

オリジナルアルバムとしては2016年の『四季うた summer』以来、約2年振りとなるオリジナルアルバム。 『CINEMATIC』(シネマティック)と題された本作は、自らの人生を映画にたとえ、その主役・監督としてのBENIが息づく日々の物語を音楽で表現した作品となります。 既に公開されている「Chasin’ feat. IO」のミュージックビデオは「CHASIN’ the film」と題されたショートムービー的なミュージックビデオの第一弾であったり、ジャケット写真やアーティスト写真もアルバムの冒頭を飾るタイトルトラック「Cinematic」の歌詞からインスパイアされて制作されていたりと、すべての作品がアルバム『Cinematic』に通ずるコンセプトで制作されています。 収録曲には、7月から連続配信リリースの第1弾、KANDYTOWNのIOをフィーチャーした「Chasin’ feat. IO」、第2弾の横浜DeNAベイスターズ筒香嘉智選手の為に書き下した、彼の登場曲「READY25」、第3弾のBENIと盟友SUNNY BOYが書き下ろした前衛的なR&Bナンバー「PULLBACK」、第4弾の南カリフォルニア育ちの日本人シンガーソングライターMichael Kanekoをフィーチャーした、美しいデュエットソング「No one else like you feat. Michael Kaneko」を収録するほか、ライブではすでに人気の「Got A Feeling」「CANDY」、全国のファミリーマートでしか聞けなかった名曲「Arigato」が遂に収録されることになりました。

GOOD PRICE!

2000年代、東京を中心にバンドという形態でそれぞれに活動していた2人のシンガーソングライター、伊藤立(ChesterCopperpot)と黒田晃太郎(フラバルス)によって2013年に結成されたデュオLogo。その記念すべきファーストアルバム。共作ということに重点を置き、お互いのピースを持ち寄って作り上げた音楽は、シンプルであっけらかんと新たなポップソングの在り方を提示している。部屋から部屋へ、音から音へ、アイデアが幾重にも織り込まれた宅録ならではアレンジは楽曲ごとに表情を変え、まさに必聴。the Beach Boysを彷彿とさせるコーラスワーク、Paul Williamsを思わせるメロディーライン、時にTodd Rundgrenの狂気ものぞかせたりする楽曲群をぜひご賞味ください。

View More Discography Collapse
Collapse

News

サマソニ第1弾で13年ぶりレディオヘッド、ウィーザー、アンダーワールド、ファーギーら決定

サマソニ第1弾で13年ぶりレディオヘッド、ウィーザー、アンダーワールド、ファーギーら決定

2016年8月20日(土)・21日(日)に幕張、大阪で行われる〈SUMMER SONIC 2016〉。 第1弾出演者として、レディオヘッドをはじめ11組が発表された。 「Creep」を歌った2003年以来、実に13年ぶりの出演となるレディオ・ヘッド、初出

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、待望のセカンドは私的なのにスケールの大きな作品!?

トゥー・ドア・シネマ・クラブ、待望のセカンドは私的なのにスケールの大きな作品!?

トゥー・ドア・シネマ・クラブが9月2日(日)にセカンド・アルバム『Beacon』をリリースする。 Two Door Cinema Club『BEACON』トレイラー 2010年、フランスの音楽レーベル〈キツネ〉よりリリースされたデビュー・アルバム『

Articles

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

レヴュー

TWO DOOR CINEMA CLUB - KITSUNE SPCIAL!!! text by Kohei Ueno

「ハイプ」という概念は、ただちに捨てないと大損する日本において「KITSUNE」というキーワードは、良くも悪くもすっかり「お洒落なもの」の代名詞として変化を遂げたが、ゆっくりと時間をかけて市民権を得た怜悧な活動スタンスは、やはり特筆すべきものがある。フラン…