album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Face Off -- SCAM CIRCLE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:11
Music -- NOB  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:59
Seaside -- KILL THE HERO  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:37
This Is My Life -- BERSERKER CHILDREN CLUB  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:11
Aquadrop -- HABANERO POSSE  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:20
Substance -- HORI  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:56
Unsweet -- WATER FIELD  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:20
Beside -- 80Kidz  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:09
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 39:43
Album Info

2013年発足の新進気鋭レーベルPARKのレーベル・コンピ!レーベルの看板アーティスト80KIDZがコンピ用に書き下ろした新曲をはじめ要注目アーティスト達の楽曲を収録! 2013年3月に初リリース作をリリース以来、エレクトロニック~ロックを中心に注目作をコンスタントにリリースする新鋭レーベルPARK。ダンス・トラックEPシリーズ=80シリーズが大好評を博している80KIDZがコンピ用に書き下ろした新曲をはじめ、要注目アーティスト達の新曲/書き下ろし楽曲を収録。配信サイトWASABEATでテクノチャート上位の常連となったNOB、ミニ・アルバムのリリースで注目を高めているエレクトロニック・バンドSCAM CIRCLE、プロデュースやリミックスでアンセム・トラックを量産中のHABANERO POSSE、期待のオリタナ・ギター・ロック・バンドBERSERKER CHILDREN CLUB等、注目アーティストがズラリ!

Discography

Dance/Electronica
NOB

国内トップクラスのアーティストを招集し、北のダンスフロアを暖めてきたNOBが約3年ぶりニューアルバムをリリース! 今作は、今までのダンスフロア直下型の作風イメージを一掃しよりエレクトロ、チルアウト、バレアリック方向へと風向きを変えた1枚。元々 バンド畑からキャリアをスタートさせたNOBによる言わばルーツへの原点回帰とも言える作品。NOBのプロダクションを支えるエレクトリ ックなテクノミュージックやルーツレゲエ、ポストロック、ニューウェーヴを経由し壮大なサウンドスケープで描くアンサンブルを披露。 シーケンス内に様々な音色が重なり一つのグルーヴを形成しモダンなエレクトリックジャズフュージョンを連想させる『Onsen』から幕を 明ける。中盤エモーショナルなギター音が波動のように包み込み、小鳥の囀りや水滴のナチュラルな自然音を丁寧に紡ぎ合わせたドラマ チックなスローハウスナンバー『Sauna』、奥行きのある美しいシンセとエッジの効いたサウンドワークが壮大な世界観を作り上げるポップ アンビエント『Nikarube』。そしてエンディングは、静寂のシーケンス内に様々な音の物質が有機的にコラージュし全体像を形成し北の大 地を連想させる叙情的なバレアリックナンバー『Aspirin Snow』、さらには自身のプライベート・レーベル"Plain Music"や国内外の様々な レーベルから圧倒的な世界観と独創的な音作りで数多くの良作を生み出し続けるアーティスト、Inner Scienceが手掛ける『Sauna (Inner Science Remix) 』など全11曲を収録。アルバムアートワークに、個展、グループ展など多数参加し、近年はライブペイントも行う東北出身 の画家TADASAYAKA氏が手掛けている。 アルバム全体を通して、偉大なる様々なミュージシャンから恩恵を受けたNOBがインストゥルメンタルミュージックを現代的な視点からアプローチし、エレクトロミュージックの更なる側面と大きな発見に満ちた作品である。

Dance/Electronica
NOB

国内トップクラスのアーティストを招集し、北のダンスフロアを暖めてきたNOBが約3年ぶりニューアルバムをリリース! 今作は、今までのダンスフロア直下型の作風イメージを一掃しよりエレクトロ、チルアウト、バレアリック方向へと風向きを変えた1枚。元々 バンド畑からキャリアをスタートさせたNOBによる言わばルーツへの原点回帰とも言える作品。NOBのプロダクションを支えるエレクトリ ックなテクノミュージックやルーツレゲエ、ポストロック、ニューウェーヴを経由し壮大なサウンドスケープで描くアンサンブルを披露。 シーケンス内に様々な音色が重なり一つのグルーヴを形成しモダンなエレクトリックジャズフュージョンを連想させる『Onsen』から幕を 明ける。中盤エモーショナルなギター音が波動のように包み込み、小鳥の囀りや水滴のナチュラルな自然音を丁寧に紡ぎ合わせたドラマ チックなスローハウスナンバー『Sauna』、奥行きのある美しいシンセとエッジの効いたサウンドワークが壮大な世界観を作り上げるポップ アンビエント『Nikarube』。そしてエンディングは、静寂のシーケンス内に様々な音の物質が有機的にコラージュし全体像を形成し北の大 地を連想させる叙情的なバレアリックナンバー『Aspirin Snow』、さらには自身のプライベート・レーベル"Plain Music"や国内外の様々な レーベルから圧倒的な世界観と独創的な音作りで数多くの良作を生み出し続けるアーティスト、Inner Scienceが手掛ける『Sauna (Inner Science Remix) 』など全11曲を収録。アルバムアートワークに、個展、グループ展など多数参加し、近年はライブペイントも行う東北出身 の画家TADASAYAKA氏が手掛けている。 アルバム全体を通して、偉大なる様々なミュージシャンから恩恵を受けたNOBがインストゥルメンタルミュージックを現代的な視点からアプローチし、エレクトロミュージックの更なる側面と大きな発見に満ちた作品である。

新たなフロア・アンセムの登場!DJ TY-KOHを迎えた、既に現場でバズりまくってる話題の激アゲ・チューンが配信カット!

Dance/Electronica
NOB

デジタルEPをリリースする度に音楽配信サイトの上位を賑わせてきたDJ / トラックメイカーNOBによるダビー&テッキーな1stフル・アルバム! 盛岡を拠点に活動し、地元レイヴ・フェスMountain Massiveのオーガナイザーを務めるDJ / トラックメイカーNOBが1stフル・アルバムをリリース。2013年にリリースした3枚のデジタルEPに収録された楽曲がいずれもダンス・ミュージック配信サイトWASABEATのチャート上位に食い込むヒットとなり、☆Taku Takahashiや80KIDZ等の著名DJがヘヴィー・プレイし話題を集めた。全曲アルバム用に書き下ろした新曲で構成させている今作は、ダンス・フロア直下型だったデジタルEPとは一線を画すトラックが並んでいる。ディープな黒いグルーヴが渦巻く『Prtythm』『T-Phat』、ユーモラスで軽快な上モノとバウンシーなビートが光る『FOLK』『1986』、パーカッシヴ&ディープなディスコ・ダブ『Lost And Found』、9分以上に及ぶエモーショナル・ダンス・トラック『CLARK』等々、自らのルーツであるレゲエやダブからの影響が色濃く反映されたダビー&テッキーな内容となっている。

SCAM CIRCLEのメイントラックメイカーMIZUNOのソロ名義WATER FIELDの最新作!往年のハウス・クラシック、90’sガラージを思わせるハウス・トラック集! エレクトロニック・バンドSCAM CIRCLEのメイントラックメイカーとして活躍中のMIZUNOのよるソロ名義WATER FIELDの最新作がPARKからリリース。バンドで見せるトリッキーな作曲スタイルとは一変、往年のハウス・クラシックを彷彿をさせる『Past Tense』『Vivi』、90’sガラージ・テイスト『In My Head』『Weekend』を収録したハウス・トラック集!

同世代のトラックメイカーやDJから多大なリスペクト受けるエレクトロニック・バンドSCAM CIRCLE。コア・ファンを掴んだ前作6曲入りEP『SICK』から1年半ぶりとなる今作は、ルーツであるブレイク・ビーツ/シューゲイザー/トリップ・ホップ等の90’sムーブメントを自らのカラーでアップデートし、ポスト・ダブステップともシンクロするグルーヴィーなサウンドに仕上がった。ソフト・サイケな浮遊感も漂う“バンドが奏でるエレクトロニック・ミュージック”のハイエンド!

今や日本のインデイー・ダンス・シーンを牽引する存在となり、ロックとクラブ・シーンの枠を超えて活躍中の80KIDZがダンス・トラックEPシリーズを始動。アルバムやEPとしてのコンセプトに縛られず『自分達の旬』をフィーチャーし、クラブ・ユースのダンス・トラックをリリースしていくニュー・プロジェクトの第一弾。アシッド、テクノ、UKガラージのテイストを取り入れたフロア・キラーを3曲収録。

東京のベース・ミュージック・シーンで大活躍中のHABANERO POSSE、待望の初単独オリジナル作品となる3曲入りEPをリリース!DJとして、リミキサーとして、ジャンルの壁と超えて大活躍中のDJ/トラックメイキング・ユニット。【SEXY BASS & DIRTY GHETTO MUSIC】を掲げ、数々のアンセミックなリミックスを生み出してきたHABANERO POSSEがPARKから3曲入りEPをリリースする。意外にも初の単独オリジナル作品となる今作には、セクシー&アーバンな雰囲気を纏ったベース/ブレイクス・チューンを収録。

V.A.

2013年発足の新進気鋭レーベルPARKのレーベル・コンピ!レーベルの看板アーティスト80KIDZがコンピ用に書き下ろした新曲をはじめ要注目アーティスト達の楽曲を収録! 2013年3月に初リリース作をリリース以来、エレクトロニック~ロックを中心に注目作をコンスタントにリリースする新鋭レーベルPARK。ダンス・トラックEPシリーズ=80シリーズが大好評を博している80KIDZがコンピ用に書き下ろした新曲をはじめ、要注目アーティスト達の新曲/書き下ろし楽曲を収録。配信サイトWASABEATでテクノチャート上位の常連となったNOB、ミニ・アルバムのリリースで注目を高めているエレクトロニック・バンドSCAM CIRCLE、プロデュースやリミックスでアンセム・トラックを量産中のHABANERO POSSE、期待のオリタナ・ギター・ロック・バンドBERSERKER CHILDREN CLUB等、注目アーティストがズラリ!

V.A.

1st Album『This Is My Shit』が大ヒットを記録中の80kidz! 昨年12月にリリースされた『Kidz Rec.01』に続くレーベル・コンピ第二弾! Baroque、ngtK.、Scottish Fold、A Taut Line、Dominika、Topnude、格段に成長した所属アーティストに加え、日本国内の注目ニューカマー=Small City、Inner Crackに、オリジナル・アルバム『Thi Is My Shit』にゲスト・ヴォーカルで参加したThe Shoes、autoKratzの楽曲を収録! (※autoKratzはリミックス作品)さらには盟友メキシカン・ガーリー・ロック・バンド=Quiero Clubと、インディー・ダンス・シーンで話題沸騰中”メキシコのDaft Punk”Bufiの楽曲まで収録! 第一弾のクオリティを遥かに凌ぐ傑作コンピレーションの誕生!!!!!!

V.A.

これまでにコンピレーション3作、MIX CD2作をリリースし、定評を得ているJウェッサイ人気シリーズ、「RIDE ON WEST」。最新作は”夏”をテーマに選曲されたJウェッサイの人気曲をノンストップMIX!!ドライブに、BBQに、海に、山に、リゾートに!ベストマッチな20曲で夏を盛り上げろ!!

V.A.

キツネ・メゾン・ラッキー7!現行エレクトロ・シーンのオピニオン・リーダーとして圧倒的なプレゼンスを誇るキツネ、その看板コンピ『メゾン』の第七弾が到着!ここ最近は、『タブロイド』や『ジルダ&マサヤ・ミックス』など、多くの新しいプロジェクトも生まれていますが、その魅力が最も輝くのはやはり『メゾン』シリーズ、そのひとつの節目とも言える記念すべきラッキー7・エディション、今回は一体どんなサプライズがあるのか!?

News

4月28日 渋谷VISIONにて開催の〈trackmaker~GW SPECIAL~〉第一弾ラインナップ発表

4月28日 渋谷VISIONにて開催の〈trackmaker~GW SPECIAL~〉第一弾ラインナップ発表

4年目を迎え、 さらなる進化を遂げてオーディエンスを魅了し続けている〈trackmaker〉。 毎年恒例となった〈trackmaker~GW SPECIAL~〉の第一弾ラインナップが発表となった。 今回は爽健美茶のテレビCMにも起用され話題となったche

代官山でイチバンのヒップホップ・パーティ——MSC、stillichimiya、SALU、やけのはら出演

代官山でイチバンのヒップホップ・パーティ——MSC、stillichimiya、SALU、やけのはら出演

代官山UNITの名物ヒップホップ・パーティ『YARIGASAKI MOST WANTED』の第4回目が開催決定! 毎回、ヒップホップといってもさまざまな角度からその魅力に迫っている同パーティ、今回のテーマはずばり、ヒップホップのルーツともいえる”ブロック

ベース・ミュージック好きは年末に集合せよ! マッド・プロフェッサー&日本勢大集結"Sound Slugger"

ベース・ミュージック好きは年末に集合せよ! マッド・プロフェッサー&日本勢大集結"Sound Slugger"

年の瀬迫った12月26日、代官山UNIT、SALOON、UNICEぶち抜きで低音の祭典 "Sound Slugger" 開催! UKダブの代表的アーティスト、マッド・プロフェッサーが来日、さらには国内のベース・ミュージク重要アーティストたちが集結! UK

今年はテクノ/ハウスも、低音の祭典、OUTLOOK FESTIVAL 2014 JAPAN LAUNCH PARTY

今年はテクノ/ハウスも、低音の祭典、OUTLOOK FESTIVAL 2014 JAPAN LAUNCH PARTY

つい先頃、DILLINJAなどの海外勢の出演発表もあった〈OUTLOOK FESTIVAL 2014 JAPAN LAUNCH PARTY〉。このたび、新たなアーティストの発表とともに例年になかった新たな試みも発表された。 昨年に続いて〈ageHa /

田我流、LowPass、スチャダラパー、Sick Team出演! 4/25は代官山槍ヶ崎!

田我流、LowPass、スチャダラパー、Sick Team出演! 4/25は代官山槍ヶ崎!

代官山UNITの名物パーティ、『YARIGASAKI MOST WANTED』が帰ってくる! ヒップホップ・アクトのライヴを中心に4月25日(金)豪華メンツが出演。 代官山UNITが面する、駒沢通りと山手通りが交わり、中目黒と恵比寿と代官山と結ぶ交通の

下北沢を巡るサーキット・イベントに卓球、DE DE MOUSE、奇妙トラベルら

下北沢を巡るサーキット・イベントに卓球、DE DE MOUSE、奇妙トラベルら

5月25日(土)に下北沢で行われるライヴ・サーキット型イベント〈Shimokitazawa SOUND CRUISING Vol.2〉の第1弾出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、石野卓球、80KIDZ、DE DE MOUSE、LOSTA

View More News Collapse
アベンズ、モーモー、真空ホロウ! 新世代ロック・バンドのライヴ生中継が立て続けに

アベンズ、モーモー、真空ホロウ! 新世代ロック・バンドのライヴ生中継が立て続けに

最近はUSTREAMやニコ生といった動画配信サービスを利用し、ライヴを生中継するアーティストが増えている。偶然にも明日からの3日間、気鋭の若手ロック・バンドたちのライヴ生配信が立て続けに行われるので、ぜひチェックしてほしい。 まずは明日、11月29日(

南波志帆、androp内澤作のニュー・シングルを11月リリース。PVも公開

南波志帆、androp内澤作のニュー・シングルを11月リリース。PVも公開

南波志帆が11月7日(水)に5枚目のニュー・シングル「MUSIC」をリリースすることが決定した。 南波志帆「MUSIC」PV 今作の作詞・作曲はandropの内澤崇仁が担当。南波志帆は元々内澤のファンだったようで『大好きなandropの内澤崇仁さ

80KIDZ、UNIT8周年で8時間のロングDJ披露

80KIDZ、UNIT8周年で8時間のロングDJ披露

8月10日(日)に開催される代官山UNITの8周年記念パーティーに80KIDZ「が登場する。 80KIDZは今回、8時間に及ぶロングDJセットを披露する。一晩を通してどんな音を届けてくれるのか期待が募るところだ。詳細は下記の通り。 80KIDZは

〈ハシエンダ〉30周年フェス第3弾で石野卓球、ゾンビ・ネイションら14組発表

〈ハシエンダ〉30周年フェス第3弾で石野卓球、ゾンビ・ネイションら14組発表

4月28日(土)、29日(日)大磯ロングビーチ特設会場にて開催されるフェスティヴァル〈THE HACIENDA OISO FESTIVAL〉の日割りおよび第3弾出演アーティストが発表された。 これは、昨日3月14日(水)にDOMMUNEにてオンエア

〈KAIKOO〉第5弾で後藤まりこ、七尾旅人、KILLER BONG×JUBEら追加

〈KAIKOO〉第5弾で後藤まりこ、七尾旅人、KILLER BONG×JUBEら追加

4月21日(土)、22日(日)にお台場・船の科学館野外特設ステージにて開催される野外フェス〈KAIKOO POPWAVE FESTIVAL 2012〉の出演アーティスト第5弾が発表された。 今回追加されたのは、後藤まりこ、80KIDZ、七尾旅人、T

Collapse

Articles

ダンス・ロック特集

インタヴュー

ダンス・ロック特集

'''ダンス・ロックはどこへ向かうのか? 噂のシーンを解き明かせ!''' 音楽シーンを、「ダンス・ロック」という言葉が賑わせている。跳ねるリズムとハンド・クラップで満員のフロアをカラフルに染め上げるthe telephones、MONICA URAN…