News

注目のニュース一覧はこちら

2019年02月14日12時40分

 
【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回
 

みなさんこんにちは、AKIRAです !

今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 暖かくなったと思いきやまた冷え込んだりの毎日、早く春にならないかなぁと切実に思い続けている私です。それでは今週もよろしくお願いします!

★今週のテーマ「ライダースとベレー」

今週のテーマ “ライダースとベレー” !

まずはライダースの話をしよう。言わずと知れたロックファッションの代表格。私が今大好きで着まくってるライダースはコチラ、コラボパーカーを一緒に作ったタカシくんデザインのもの。

RALEIGH “EZ RIDE & SCRAMBLE” LEATHER JACKET↓

前まで愛用してたライダースも小学4年生から着てたRALEIGHのだったんだけど、さすがに小さくなってしまってずっと気にいるのを探してたの。新しいのをゲット出来て、これでもう無敵になりました。ちなみに、某ミュージシャンの友達も、新譜のジャケ写で同じの着てた(許可取ってないから名前伏せるね笑)。

こんな感じに中パーカー、スウェットとかで着るのが好き。最近は普通にマーチンに合わせちゃうけど、”やりすぎかなぁ……”と思ったらコンバースにしてる。何でもやりすぎは良くない、と色々試して学んだのです。でもライダースを着てちょうど良いのって春とか秋だよね。だから早く春になってくれないかなぁ……!(笑)。

先日の雪の日も、もちろん上にモッズコート着て完全防備してたよ。

そして続いて、ベレー帽 !

最近あんまりイメージないかもだけど、私は自ら「ベレー部員」を名乗ってたくらい気づいたらベレーを被ってるようなひとで、今でも髪型決まらない日は被ってる。楽だし可愛いしね~。

いくつか持ってるんだけど、私は丸顔でサイズも大きいので(笑)、ベレーも大きめのものを被っています。帽子とかサングラスを大きめのものにするだけで、目の錯覚でホントに顔ちっちゃく見えるからね! すごい。ちなみにベレー部員は年中募集中でーす!

★今週の一曲! The Ramones「Let’s Dance」

ラヴェンダーズでもカバーしてるこのナンバー、元はクリス・モンテスの曲ですが、革ジャン繋がりで今回はラモーンズバージョンをご紹介します。

実はこれ、ザ・ビートルズがデビュー前のハンブルク時代、トニー・シェリダンと共にTony Sheridan and The Beat Brothers名義でレコーディングした曲なんですって(ビートルズマニアのうちの曰く、これがポール・マッカートニーが初めてベースを弾いたセッションらしい)。ラモーンズはかなりのビートルズ・マニアだから、その経緯でカバーに至ったんだと思う。ラヴェンダーズ・バージョンはアルバムではなくシングルに入ってるので、ライヴ会場で是非ゲットしてほしいな。

“Hey baby won't you take a chance, say that you'll let me have this dance”
“僕にチャンスを頂戴、君と一緒に踊らせて”

今はダンスフロアで、”踊ろう”なんて口説く人いないと思うけど、昔はこれが最初にするアピールだったんだよね。そしてちょっと良い感じになるっていうか。映画とかで見るパーティとか、ダンスのシーンって絶対そうだよね。

“We'll do the twist, the stomp, the mashed potatoes too, any old dance that you want to do”
“君の好きなダンスをしよう、ツイスト、ストンプ、マッシュポテト何でも踊ろう”

きっと”何でも踊れる”ことが、セクシーだった時代。何でもするから、ほら僕と踊ろう。いいねぇ!(笑)。

RAMONES「Let's Dance」


https://www.youtube.com/watch?v=7f1uWMC7i9k

私がライヴでこの曲を最後の方に持ってくるのは、単純に皆が知ってる曲だからじゃなく、何でも好きなように、好きなだけ踊ろう! って意味も込めて。だからこの曲が始まったら、周りのことなんてなーんも気にせず、好きなだけ踊って帰ってね!

それでは今週もありがとう! 次回は2月27日に掲載です。お楽しみに~!

文・写真:ラヴェンダーズ AKIRA

ライヴ情報
「NEPO⇄OPEN #6」
2019年3月26日 (火)吉祥寺NEPO
Open17:00 / Start19:30
出演: BARBARS / Luv-Enders
前売 2 , 500 円 / 当日 3 , 000 円
※ 入場時、別途ドリンク代が発生します
チケット予約:各アーティスト受付
1F フードホールの開場時間は 17:00 、 B1 ライブフロアの開場時間は 19:00 となります。
B1 ライブフロアへの入場は、受付時の整理番号順となります。
17:00 ~ 19:00 の受付は 1F フードホールのみとなります。

★ラヴェンダーズ最新情報はこちら
・ラヴェンダーズAKIRA Twitter
https://twitter.com/akira_luvenders
・ラヴェンダーズ facebook
https://www.facebook.com/luvenders/

★【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME アーカイブ
http://u0u1.net/QdD6

The Definitive Collection

ポール・マッカートニー, スティーヴィー・ワンダー

¥ 6,670

Flowers In The Dirt (Special Edition / Remastered 2017)

ポール・マッカートニー, エルヴィス・コステロ

¥ 4,200

Flowers In The Dirt (Archive Collection)

ポール・マッカートニー, エルヴィス・コステロ

¥ 5,000

Flowers In The Dirt (Archive Collection)

ポール・マッカートニー, エルヴィス・コステロ

¥ 4,000

Pure McCartney

V.A.

¥ 4,200

Pure McCartney

V.A.

¥ 3,360

Best Christmas

V.A.

¥ 1,800

FourFiveSeconds

ポール・マッカートニー, カニエ・ウェスト, リアーナ

¥ 320

Pipes Of Peace

Michael Jackson, ポール・マッカートニー, マイケル・ジャクソン

¥ 2,560

Pipes Of Peace (Deluxe Edition)

ポール・マッカートニー, マイケル・ジャクソン

¥ 3,360

Wings Over America

ポール・マッカートニー, Wings

¥ 4,400

Wings Over America

ポール・マッカートニー, Wings

¥ 5,000

Ram

Linda McCartney, ポール・マッカートニー

¥ 3,800

RAM

Linda McCartney, ポール・マッカートニー

¥ 2,560

RAM (Special Edition)

Linda McCartney, ポール・マッカートニー

¥ 3,520

McCartney II (Deluxe Edition)

Richard Niles, ポール・マッカートニー

¥ 4,000

Ocean's Kingdom

London Classical Orchestra, ジョン・ウィルソン

¥ 2,560

Band On The Run

ポール・マッカートニー, ウイングス

¥ 3,800

Band On The Run (Standard)

ポール・マッカートニー, Wings

¥ 2,080

Givin' It Up

V.A.

¥ 2,240

LIVE 8 (Last Recording) (Live from Hyde Park (London))

ポール・マッカートニー, ヴァリアス・アーティスト

¥ 400

LIVE 8 (2 Track)

U2, ポール・マッカートニー, ヴァリアス・アーティスト

¥ 560

LIVE 8 (1st Recording) (Live at Hyde Park (London))

U2, ポール・マッカートニー

¥ 320

Wings Greatest

Linda McCartney, ポール・マッカートニー, Wings

¥ 2,240

Flowers In The Dirt (Special Edition)

ポール・マッカートニー, エルヴィス・コステロ

¥ 3,360

The Early Tapes Of

ザ・ビートルズ, ビートルズとトニー・シェリダン, ザ・ビート・ブラザーズ

¥ 2,560

Pipes Of Peace (Deluxe Edition)

Michael Jackson, ポール・マッカートニー, マイケル・ジャクソン

¥ 3,200

Pipes Of Peace

Michael Jackson, ポール・マッカートニー, マイケル・ジャクソン

¥ 3,200

関連ニュース