album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
James Bond Theme (From "Dr. No" Soundtrack) -- John Barry Orchestra  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:47 N/A
2
From Russia With Love -- マット・モンロー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:32 N/A
3
Goldfinger (Remastered) -- シャーリー・バッシー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:47 N/A
4
Thunderball (Main Title) -- トム・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:01 N/A
5
You Only Live Twice (Main Title) -- ナンシー・シナトラ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:44 N/A
6
On Her Majesty's Secret Service (Main Title) -- John Barry Orchestra  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:34 N/A
7
We Have All The Time In The World (From "On Her Majesty's Secret Service" Soundtrack) -- ルイ・アームストロング  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:12 N/A
8
Diamonds Are Forever -- シャーリー・バッシー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:40 N/A
9
Live And Let Die (Main Title) -- ポール・マッカートニーウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:12 N/A
10
The Man With The Golden Gun (Main Title) -- ルル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:33 N/A
11
Nobody Does It Better (From "The Spy Who Loved Me" Soundtrack) -- マーヴィン・ハムリッシュカーリー・サイモン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:28 N/A
12
Moonraker (Main Title / Remastered) -- シャーリー・バッシー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:07 N/A
13
For Your Eyes Only -- シーナ・イーストン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:03 N/A
14
All Time High (From "Octopussy" Soundtrack) -- リタ・クーリッジ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:01 N/A
15
A View To A Kill (Main Title) -- デュラン・デュラン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:34 N/A
16
The Living Daylights (Main Title) -- a-ha  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:13 N/A
17
Licence To Kill (From "Licence To Kill" Soundtrack) -- グラディス・ナイト  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:10 N/A
18
Goldeneye (Single Version) -- ティナ・ターナー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:28 N/A
19
Tomorrow Never Dies (Full Length Version) -- シェリル・クロウ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:51 N/A
20
The World Is Not Enough -- ガービッジ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:56 N/A
21
Die Another Day -- マドンナ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:36 N/A
22
You Know My Name (From "Casino Royale" Soundtrack) -- クリス・コーネル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:00 N/A
23
Another Way To Die (From "Quantum Of Solace" Soundtrack) -- ジャック・ホワイトアリシア・キーズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:23 N/A
24
Skyfall -- アデル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:46 N/A
25
Writing's On The Wall (From "Spectre" Soundtrack) -- サム・スミス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:39 N/A
26
No Time To Die -- ビリー・アイリッシュ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:02 N/A
Album Info

007シリーズのテーマ曲を収録した コンピレーション・アルバム『ベスト・オブ・ボンド』最新版

2012年に『007/ドクター・ノオ』の公開から50周年を記念して発売された50周年記念盤以来の発売で、ジョン・バリー&オーケストラの「ジェームズ・ボンドのテーマ」からシャーリー・バッシー「ゴールドフィンガー」、ポール・マッカートニー&ウイングス「死ぬのは奴らだ」等の名曲に加え、今回はアデルの「スカイフォール」、サム・スミスの「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」、そしてビリー・アイリッシュの新曲「ノー・タイム・トゥ・ダイ」の3曲を追加収録。

Add all to INTEREST

Discography

View More Discography Collapse
Collapse

News

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第89回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第89回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 寒くなったり暑くなったり、身体がついていきません^^ 今週のお題「グラミー」 もう4月も終わりに近づいているなんて。このまま行くと本当に瞬き

ドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』本編より貴重な来日映像を解禁

ドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』本編より貴重な来日映像を解禁

5月20日(金) 新宿武蔵野館ほか全国ロードショーされるシンセポップバンドa-haの軌跡を追ったドキュメンタリー映画『a-ha THE MOVIE』より1986年初のワールドツアーで来日した際の貴重な映像が公開となった。 「シャイン・オン・TV」をBGM

【今日のMV】a-ha「Take On Me」

【今日のMV】a-ha「Take On Me」

こんばんは。たまに現れる現在部員一名のOTOTOY懐メロ発掘調査員です。早速ですが今回は誰もが一度は耳にするであろう名曲a-haのMV「テイク・オン・ミー」を発掘します! a-haは、モートン・ハルケット(Vo)、ポール・ワークター(g)、マグス(Key

ビリー・アイリッシュが監督、編集を務めた最新MV「Male Fantasy」公開

ビリー・アイリッシュが監督、編集を務めた最新MV「Male Fantasy」公開

ビリー・アイリッシュが今年7月に発売されたニュー・アルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』からの収録曲「Male Fantasy」のミュージック・ビデオを公開した。 同MVはビリー本人が監督、編集を務めているが、過去に自ら10作のMVを監督しながらも編集まで

【急上昇ワード】アデル、約6年ぶりのアルバム『30』リリース

【急上昇ワード】アデル、約6年ぶりのアルバム『30』リリース

6年ぶりに新作アルバム『30』リリースしたアデル(Adele)が急上昇ワードにラインクイン。 アルバム発売前の10月15日にリリースされたシングル「Easy On Me」は全英シングル・チャート初週で初登場1位を獲得。Spotifyでは1日におけるストリ

ビリー・アイリッシュ、栄光の裏に潜む恐怖と葛藤を歌った「NDA」ライヴ映像公開

ビリー・アイリッシュ、栄光の裏に潜む恐怖と葛藤を歌った「NDA」ライヴ映像公開

ビリー・アイリッシュが、新曲「NDA」のライヴ映像を公開した。 NDAとは、「Non-Disclosure Agreement(秘密保持契約)」の略語で、企業や個人が持つ秘密の情報を提供する際に、外部に漏らしたり不正に利用されたりすることを防止するために

View More News Collapse
ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画、ムビチケ発売開始

ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画、ムビチケ発売開始

史上最年少18歳で「第62回グラミー賞」にて主要4部門を独占、「第63回グラミー賞」では史上最年少19歳で「年間最優秀レコード賞」を2年連続で受賞、7月30日には約2年半ぶりのセカンド・アルバム『Happier Than Ever』のリリースを発表したば

映画『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』劇場公開決定

映画『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』劇場公開決定

ドキュメンタリー映画『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』の劇場公開が決定した。 自宅のベッドルームで曲を書きあげていた少女が、いかにして世界の音楽界を席巻するアーティストになったのか。デビュー前から現在までのビリーを全て捉えた初のドキュメン

第63回グラミー賞、ビリー・アイリッシュ年間最優秀レコード賞を2年連続で獲得

第63回グラミー賞、ビリー・アイリッシュ年間最優秀レコード賞を2年連続で獲得

ビリー・アイリッシュが、本日3月15日(日本時間)に米ロサンゼルスで開催された「第63回グラミー賞」で、年間最優秀レコード賞と最優秀映像作品楽曲の2冠を受賞した。 グラミー賞で最も権威がある年間最優秀レコード賞を2年連続で受賞したのは、過去にロバータ・フ

ビリー・アイリッシュ、“Therefore I Am”のMVメイキング映像を公開

ビリー・アイリッシュ、“Therefore I Am”のMVメイキング映像を公開

ビリー・アイリッシュが、昨年2020年11月13日(金)にリリースした“Therefore I Am”のMVメイキング映像を公開した。 楽曲リリースと同時公開されたミュージック・ビデオは、公開後わずか6時間で400万回再生を記録。今回のメイキング映像では

ビリー・アイリッシュ、新曲「Lo Vas A Olvidar」でスペインの歌姫ロザリアとコラボ

ビリー・アイリッシュ、新曲「Lo Vas A Olvidar」でスペインの歌姫ロザリアとコラボ

ビリー・アイリッシュが、スペインの大人気歌姫ロザリア(ROSALÍA)とコラボした新曲「Lo Vas A Olvidar (You Will Forget Her) / ロ・バス・ア・オルビダール」を配信した。 MVも同時公開されている。 同楽曲は、昨年

【今日のMV】Paul McCartney「When Winter Comes」

【今日のMV】Paul McCartney「When Winter Comes」

ポール・マッカートニーが2020年12月18日に発売した最新アルバム『McCartney III』収録曲「When Winter Comes」のアニメーションMVです。 『McCartney III』はポールが作詞作曲、演奏、プロデュースすべてを自ら行っ

【今日のMV】ビリー・アイリッシュ「No Time To Die」

【今日のMV】ビリー・アイリッシュ「No Time To Die」

今年9月2日(水)に横浜アリーナで初の単独来日公演を行う予定だったものの、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期、後に公演中止となってしまったビリー・アイリッシュ。 2020年は、年明け早々に映画007シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌を

ビリー・アイリッシュ、『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020』出演決定

ビリー・アイリッシュ、『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020』出演決定

ビリー・アイリッシュが、12月25日に放送される『ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020』に出演することが発表となった。 ビリーは日本のテレビでパフォーマンスを披露するのは今回が初となる。 ビリー・アイリッシュは、2019年3月

ポール・マッカートニー、日本盤『マッカートニーⅢ』にボーナス・トラック4曲収録が決定

ポール・マッカートニー、日本盤『マッカートニーⅢ』にボーナス・トラック4曲収録が決定

12月18日に発売されるポール・マッカートニーのニュー・アルバム『マッカートニーⅢ』日本盤にボーナス・トラックが4曲収録されることが決定した。 今回、ボーナス・トラックの収録が決定したのは『マッカートニーⅢ スペシャル・エディション』(品番:UICY-1

ビリー・アイリッシュ、11/17(火)の『スッキリ』にて最新インタビュー独占放送が決定

ビリー・アイリッシュ、11/17(火)の『スッキリ』にて最新インタビュー独占放送が決定

ビリー・アイリッシュの日本ではグラミー受賞後初となる貴重な最新インタビューが11/17(火)日本テレビ系『スッキリ』にて独占オンエアされることが決定した。 ビリー・アイリッシュは去る10月25日に行ったオンライン・ライヴ=〈”WHERE DO WE GO

ビリー・アイリッシュ、新曲「Therefore I Am」リリース

ビリー・アイリッシュ、新曲「Therefore I Am」リリース

ビリー・アイリッシュが本日、新曲「Therefore I Am(ゼアフォー・アイ・アム/ゆえに我あり)」をリリースした。 自ら監督した同MVは、ビリーが10代前半によく訪れていた大型ショッピングモール「グレンデール・ギャラリア」が舞台となっており、閉店後

ビリー・アイリッシュ、オンラインライヴで圧巻のパフォーマンスを披露

ビリー・アイリッシュ、オンラインライヴで圧巻のパフォーマンスを披露

日本時間2020年10月25日午前7時に開催されたビリー・アイリッシュ自身初の「WHERE DO WE GO? オンラインライヴ」。新型コロナウイルス拡大の影響で今年3月12日に行われたノースカロライナ州での公演を最後にワールド・ツアーの延期が続いていた

ビリー・アイリッシュ、自身初のグローバル・オンライン・ライヴ10/25に開催決定

ビリー・アイリッシュ、自身初のグローバル・オンライン・ライヴ10/25に開催決定

今年1月に開催された「第62回グラミー賞」で、史上最年少18歳で主要4部門に加えて合計5部門を受賞し、今や時代を象徴する存在として世界中を席巻しているビリー・アイリッシュ。 そんな彼女が、本日、自身初のグローバル・オンライン・ライヴ「WHERE DO W

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第49回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第49回

みなさんこんにちは、AKIRAです! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 10月です。大好きな秋、毎日過ごしやすい!一年中この気候が良いなぁ。それでは早速今週のテーマへ。 今週のお題「歌詞」 歌詞の話をしようと思う

ビリー・アイリッシュ、映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌“No Time To Die”MV公開

ビリー・アイリッシュ、映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌“No Time To Die”MV公開

ビリー・アイリッシュが歌う“007シリーズ”最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の主題歌「No Time To Die」のミュージック・ビデオが公開された。 このミュージック・ビデオには劇中のワン・シーンと共に、ビリー本人も登場。ビリーの力強く感情

ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画来年2月に公開決定

ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画来年2月に公開決定

ビリー・アイリッシュが自身のドキュメンタリー映画『The World's A Little Blurry』(世界は少しぼやけている)を2021年2月にApple TV+で公開することを発表した。 さらに公開に先駆け、現在ビリー・アイリッシュの公式YouT

フェンダー、ビリー・アイリッシュのシグネイチャーウクレレを発売開始

フェンダー、ビリー・アイリッシュのシグネイチャーウクレレを発売開始

フェンダーが、 ビリー・アイリッシュのシグネイチャーウクレレを販売開始した。 BILLIE EILISH SIGNATURE UKULELEは、 楽器全体にビリーのトレードマークである『BLOHSH™』シンボルを配し、 彼女の好みのスペックと美学を完全に

〈ビリー・アイリッシュ妄想来日イベント〉9/2プレミア配信決定

〈ビリー・アイリッシュ妄想来日イベント〉9/2プレミア配信決定

9月2日にユニバーサルミュージック ジャパン公式YouTubeで〈ビリー・アイリッシュ妄想来日イベント〉が日本国内限定でプレミア配信されることが決定した。 気になる内容は2部構成となっており、第1部はトークセッション「沼にハマってビリー・アイリッシュ」。

Collapse

Articles

グラミー2020──ビリー・アイリッシュの圧勝、そして──

連載

グラミー2020──ビリー・アイリッシュの圧勝、そして──

「オトトイのキーワード」は時事ネタから意外と使っているけど本当はちゃんとわかってないかも…… 的な音楽のキーワードを解説するコラム・コーナー。速報性も、ですが確かな書き手によるある種のデーターベースのようになるようなそんなコーナーを目指しています。今回は…

OTOTOY AWARDS 2015──洋楽ロック / ポップス編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──洋楽ロック / ポップス編──

ここ数年の傾向である、「チャート上位をインディー・ロックが占める」現象は、健在どころかますますエスカレートしている。歓迎しつつケンドリック・ラマーのように圧倒的な存在のメジャー・アクトがロック側からも出てきて欲しいなと思ったりもして。急成長を遂げたアラバマ…