News

2021年05月07日14時10分

 
ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画、ムビチケ発売開始
 

史上最年少18歳で「第62回グラミー賞」にて主要4部門を独占、「第63回グラミー賞」では史上最年少19歳で「年間最優秀レコード賞」を2年連続で受賞、7月30日には約2年半ぶりのセカンド・アルバム『Happier Than Ever』のリリースを発表したばかりのビリー・アイリッシュ

そんな彼女が全てをさらけ出したドキュメンタリー映画「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」のムビチケ発売が開始された。

6月25日より新宿ピカデリー他、全国で随時ロード―ショーされる。

■「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」ムビチケ発売サイト
https://store.universal-music.co.jp/artist/billie-eilish/?s13=20210507&stock=0#itemTitle

これを記念して、UNIVERSAL MUSIC STOREでムビチケとビリー・アイリッシュの公式グッズをセットで買うと、1,000円オフになるキャンペーンを実施中!数量限定のため、この機会に是非お買い求めいただきたい。

さらに、新トレイラーも解禁された。

■「ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている」新予告編


https://www.youtube.com/watch?v=ewP48gxLHwQ

<作品概要>
自宅のベッドルームで曲を書きあげていた少女が、いかにして世界の音楽界を席巻するアーティストになったのか。デビュー前から現在までのビリーを全て捉えた初のドキュメンタリー映画。幼少期の貴重の映像から、レコーディング、デビュー時のフォトセッション、家族の団欒など、ごく普通の女の子であったビリー・アイリッシュ。しかしデビューすると、彼女の世界は急激に変わっていく。彼女を一目見ようと熱狂する人々、インタビュー、ツアー、ステージ、憧れの人との対面。当初は成功という状況を楽しんでいた彼女だったが、徐々に彼女にふりかかる精神的、肉体的疲労。その中で彼女が心の支えとして頼るのは家族の絆と愛。本作はビリー・アイリッシュの成功の過程を追うだけでなく、彼女の精神的成長、そして家族の絆についても深く掘り下げ、ビリー・アイリッシュのありのままを記録し、物語を伝えていく。

■映画情報
原題:Billie Eilish / THE WORLD’S A LITTLE BLURRY
監督:R・J・カトラー
出演:ビリー・アイリッシュ、フィニアス・オコネル、パトリック・オコネル、マギー・ベアード、他
2021年/アメリカ/140分
配給:シンカ 宣伝:Eastworld Entertainment
提供:Eastworld Entertainment
©2021 Apple Original Films
オフィシャルHP:https://www.universal-music.co.jp/billieeilish-theworldsalittleblurry
劇場リストHP:http://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=BillieEilish (随時更新中)

あわせて読みたい


TOP