album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Opening Titles -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:16 N/A
2
London 1928 -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:36 N/A
3
Ethel And Ernest Introduce Themselves -- ジム・ブロードベントBrenda Blethyn  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:31 N/A
4
Walking In The Park With Eloise -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:12 N/A
5
We're Going To Be Married -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:20 N/A
6
Now You're In My Arms -- Elmer FeldkampBert Lown Hotel Biltmore Orchestra  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:22 N/A
7
What A Little Moonlight Can Do -- Al BowllyLew Stone & His Band  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:48 N/A
8
Homemaking Montage -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:32 N/A
9
Blue Skies Are Round The Corner -- アンブローズ・アンド・ヒズ・オーケストラDenny Dennis  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:37 N/A
10
The Baby -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:38 N/A
11
Housekeeping -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:58 N/A
12
Tea For Two -- Joe Daniels & His Hot Shots  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:04 N/A
13
Paddington -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:54 N/A
14
The Deepest Shelter In Town -- Florence Desmond  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:43 N/A
15
Underneath The Spreading Chestnut Tree -- Ivor Kurchin & His BandFred Douglas  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:34 N/A
16
We'll Meet Again -- Jack Hylton & His Orchestra  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:14 N/A
17
Blitzkrieg -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:57 N/A
18
Dorset - A Visit -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:24 N/A
19
Singin' In The Bathtub -- グレイシー・フィールズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:59 N/A
20
A Perfect Day -- グレイシー・フィールズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:39 N/A
21
Stagecoach - Opening and Closing Titles -- シティ・オブ・プラハ・フィルハーモニック・オーケストラクラウチ・エンド・フェスティヴァル合唱団  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:33 N/A
22
Grammar School -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:33 N/A
23
A Clever Boy -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:32 N/A
24
The Laughing Policeman -- Charles Penrose  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:36 N/A
25
An Ordinary Copper -- トミー・ライリーJack Warner  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:23 N/A
26
The Young Ballerina -- Charles Williams  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:34 N/A
27
Sous le ciel de Paris -- ジュリエット・グレコ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:18 N/A
28
Foot Tapper -- シャドウズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:34 N/A
29
Little Things -- デイヴ・ベリー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:24 N/A
30
Reflections Of Charles Brown -- Rupert's People  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:05 N/A
31
Tea For Two Reprise -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:39 N/A
32
She's Gone -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:18 N/A
33
Pear Tree -- カール・デイヴィス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 00:53 N/A
34
In The Blink Of An Eye -- ポール・マッカートニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:19 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Pop

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

Pop

最高のロック・レジェンド、ポール・マッカートニー 5年ぶりのニュー・アルバム! ザ・ビートルズ×現代的なサウンドともいうべき強力作! ポール自身が描いた絵とタイトルを共にする『エジプト・ステーション』は、2013年にリリースされ世界のチャートを制覇したアルバム『NEW』以来、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる新曲によるフル・アルバム。 アルバムに先立ち、デジタル配信で両A面の先行シングル「アイ・ドント・ノウ」、「カム・オン・トゥ・ミー」が6月21日にリリース。「アイ・ドント・ノウ」は、美しいピアノのイントロで始まるポールにしか作れないであろう、哀愁のドラマティックなミディアム/バラード・チューン、「カム・オン・トゥ・ミー」は、ライヴで絶対に盛り上がるであろう、胸の高鳴るキャッチーなロック・チューン。いずれもザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされており、アルバムの完成度の高さを予感させる。 アルバムのレコーディングは、LA、ロンドン、サセックスで行われ、1曲(*)を除きグレッグ・カースティン(アデル、ベック、フー・ファイターズ)がプロデュース。(*その1曲はワンリパブリックのライアン・テダー) ポールはアルバム・タイトルについてこのように言っている。 “僕は『エジプト・ステーション』という言葉が好きだ。僕らがかつて作っていた‘アルバム’を思い起こさせる。『エジプト・ステーション』は1曲目の駅から出発して、それぞれの曲がまるで違う駅のようなんだ。そのアイデアがすべての曲の元になっている。それは音楽が作り出す夢のような場所だと思っている”

View More Discography Collapse
Collapse

News

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

みなさんこんにちは、AKIRAです ! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 暖かくなったと思いきやまた冷え込んだりの毎日、早く春にならないかなぁと切実に思い続けている私です。それでは今週もよろしくお願いします! ★

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

11月8日、今回4日間に渡って行われたポール・マッカートニーのフレッシュン・アップ・ジャパン・ツアーの最終公演がナゴヤドームで行われた。 名古屋での初コンサートを祝うように、日中は快晴で暖かく10月並みの陽気となった。正午にはすでにグッズ売り場は100メ

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』が発売された9月7日(金)、ニューヨークのグランド・セントラル・ステーションで発売記念のスペシャルライヴを行ったポール・マッカートニー。 ライヴの様子はポールのオフィシャルYouTubeチャンネルで生配