album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Maybe I’m Amazed  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:51 N/A
2
Heart Of The Country -- ポール・マッカートニーリンダ・マッカートニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:24 N/A
3
Jet -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:09 N/A
4
Warm And Beautiful -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:14 N/A
5
Listen To What The Man Said -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:03 N/A
6
Dear Boy -- ポール・マッカートニーリンダ・マッカートニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:15 N/A
7
Silly Love Songs -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:55 N/A
8
The Song We Were Singing (Remastered 2016)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:55 N/A
9
Uncle Albert / Admiral Halsey (Medley) -- ポール・マッカートニーリンダ・マッカートニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:56 N/A
10
Another Day -- ポール・マッカートニーリンダ・マッカートニー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:43 N/A
11
Sing The Changes -- ザ・ファイアーマン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:45 N/A
12
Jenny Wren  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:48 N/A
13
Save Us  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:40 N/A
14
Mrs Vandebilt -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:40 N/A
15
Mull Of Kintyre -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:45 N/A
16
Let 'Em In -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:11 N/A
17
Let Me Roll It -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:50 N/A
18
Nineteen Hundred And Eighty Five -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:31 N/A
19
Ebony And Ivory (Remixed 2015)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:46 N/A
20
Band On The Run -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:14 N/A
21
Arrow Through Me -- ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:38 N/A
22
My Love -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:10 N/A
23
Live And Let Die -- ポール・マッカートニー&ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
24
Too Much Rain  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:26 N/A
25
Goodnight Tonight -- ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:22 N/A
26
Say Say Say (Radio Edit / 2015 Remix) -- ポール・マッカートニーマイケル・ジャクソン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:40 N/A
27
My Valentine  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:16 N/A
28
The World Tonight (Remastered 2016)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:06 N/A
29
Pipes Of Peace (Remastered 2015)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:57 N/A
30
Dance Tonight  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:56 N/A
31
Here Today (Remixed 2015)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:29 N/A
32
Wanderlust (Remixed 2015)  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:51 N/A
33
Great Day  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:09 N/A
34
Coming Up  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:52 N/A
35
No More Lonely Nights  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:43 N/A
36
Only Mama Knows  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:19 N/A
37
With A Little Luck (DJ Edit / Remastered 2016) -- ウイングス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:13 N/A
38
Hope For The Future  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:09 N/A
39
Junk  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 01:57 N/A
Album Info

すべてが名曲。すべてが伝説。 ソロ・キャリアのレコード総売上1億枚以上! ザ・ビートルズ解散後45年間の全ヒット曲を網羅した、究極のベスト盤の180g重量盤4LPも同時リリース!

【ポール・マッカートニー コメント】 僕と僕のチームがこのベスト・アルバムを選曲するにあたって考えたのは、ただただ楽しんで聴けるものにしよう、ということだけだった。たとえば、長旅の車中、自宅でくつろぎたい晩、または友人とのパーティーなんかでね。だから僕たちは知恵を絞って、僕の長く曲がりくねったキャリアのさまざまな時期から、多種多様な選曲リストを出し合った。キャリアという言葉はちょっと相応しくないかな。なぜなら僕としては、“仕事”をしてきたというよりも、音楽の冒険を続けてきたという感じだから。こんなに多くの、どれもが個性的な曲を書いて録音してきたんだということが嬉しくもあり、かなり驚きでもある。次に僕が車で長旅に出るときには、このアルバムを旅のサウンドトラックにしようと決めているし、ここに収められた曲たちと一緒だと、きっと素敵な旅になることだろう。君も、愛車に飛び乗って、または風呂でリラックスしながら、このアルバムをかけてみてほしい。僕らがこのコレクションを編むにあたって感じた喜びが半分でも君に伝わるのなら、僕らは大満足さ! ポール・マッカ―トニー

Add all to INTEREST

Discography

Pop

2020年はポール・マッカートニーが自身の名を冠したソロ・アルバムをリリースしてから50周年にあたる。このソロ・アルバムは、ポールが一人で書き、一人ですべての楽器を演奏してレコーディングしたアルバムである。このアルバムの自然体の魅力は、時を超えて今もなお人々に影響を与え続けている。 ポールは2020年にアルバムの発売を予定していなかった。しかし、”Rockdown”[訳注:封鎖という意味のlockdownをロックのRockWhiと掛けてロックが出来ないという意味で使っている]中の隔離状態中に、彼は既に出来ていた音楽的な草案を整理して、新たな音楽を作り始めた。すぐに幅広いジャンルの音楽が『マッカートニーIII』として出来上がった。『マッカートニー』、そして『マッカートニーII』の伝統に則り、文字通りのソロ作業で作られたセルフ・プロデュースの素朴な作品群が新たな10年の幕開けの年を飾ることになる。サセックス州で今年の初めにレコーディングされた『マッカートニーIII』は、そのほとんどでポールがギター、もしくはピアノを弾きながら生で歌っているものを収録し、その録音の上にベースやドラムを後からダビングしている。 収録されている楽曲にはポールのルード・スタジオで使われた楽器の音が聞くことができ、一番古いものでは、1971年のウイングスでのセッションで使用された楽器も含まれている。それら、ヴィンテージ楽器のラインナップも、それぞれに歴史的な背景があるものばかりだ。エルヴィス・プレスリーのオリジナル・トリオのメンバーだったビル・ブラックのダブル・ベース、そしてポールの有名なヘフナーのヴァイオリン・ベース、そしてザ・ビートルズのレコーディングでも使用したアビイ・ロード・スタジオのメロトロンなどはそのほんの一例である。

Pop

2020年はポール・マッカートニーが自身の名を冠したソロ・アルバムをリリースしてから50周年にあたる。このソロ・アルバムは、ポールが一人で書き、一人ですべての楽器を演奏してレコーディングしたアルバムである。このアルバムの自然体の魅力は、時を超えて今もなお人々に影響を与え続けている。 ポールは2020年にアルバムの発売を予定していなかった。しかし、”Rockdown”[訳注:封鎖という意味のlockdownをロックのRockWhiと掛けてロックが出来ないという意味で使っている]中の隔離状態中に、彼は既に出来ていた音楽的な草案を整理して、新たな音楽を作り始めた。すぐに幅広いジャンルの音楽が『マッカートニーIII』として出来上がった。『マッカートニー』、そして『マッカートニーII』の伝統に則り、文字通りのソロ作業で作られたセルフ・プロデュースの素朴な作品群が新たな10年の幕開けの年を飾ることになる。サセックス州で今年の初めにレコーディングされた『マッカートニーIII』は、そのほとんどでポールがギター、もしくはピアノを弾きながら生で歌っているものを収録し、その録音の上にベースやドラムを後からダビングしている。 収録されている楽曲にはポールのルード・スタジオで使われた楽器の音が聞くことができ、一番古いものでは、1971年のウイングスでのセッションで使用された楽器も含まれている。それら、ヴィンテージ楽器のラインナップも、それぞれに歴史的な背景があるものばかりだ。エルヴィス・プレスリーのオリジナル・トリオのメンバーだったビル・ブラックのダブル・ベース、そしてポールの有名なヘフナーのヴァイオリン・ベース、そしてザ・ビートルズのレコーディングでも使用したアビイ・ロード・スタジオのメロトロンなどはそのほんの一例である。

Pop

ポール・マッカートニーが未発表の新曲2曲をリリース。「Home Tonight」「In A Hurry」の2曲で、最新スタジオ・アルバム『Egypt Station』のセッション中にレコーディングした楽曲。

Pop

ポール・マッカートニーが未発表の新曲2曲をリリース。「Home Tonight」「In A Hurry」の2曲で、最新スタジオ・アルバム『Egypt Station』のセッション中にレコーディングした楽曲。

Rock

グラミー賞も受賞しているポール・マッカートニーのアーカイヴ・コレクションに新たに傑作作品が追加! 『ウイングス・ワイルド・ライフ』 ザ・ビートルズ解散後、ポール・マッカートニーのバンドとして妻のリンダ、デニ―・レイン、デニー・シーウェルらとで結成されたウイングスが1971年12月7日に発表したデビュー・アルバム。 今回は拡張版としてマルチ・フォーマットでリイシュー! 僅か3日間でレコーディングを終え、約2週間で完成したという本作は全英11位/全米10位を記録

View More Discography Collapse
Collapse

News

【今日のMV】Paul McCartney「When Winter Comes」

【今日のMV】Paul McCartney「When Winter Comes」

ポール・マッカートニーが2020年12月18日に発売した最新アルバム『McCartney III』収録曲「When Winter Comes」のアニメーションMVです。 『McCartney III』はポールが作詞作曲、演奏、プロデュースすべてを自ら行っ

ポール・マッカートニー、日本盤『マッカートニーⅢ』にボーナス・トラック4曲収録が決定

ポール・マッカートニー、日本盤『マッカートニーⅢ』にボーナス・トラック4曲収録が決定

12月18日に発売されるポール・マッカートニーのニュー・アルバム『マッカートニーⅢ』日本盤にボーナス・トラックが4曲収録されることが決定した。 今回、ボーナス・トラックの収録が決定したのは『マッカートニーⅢ スペシャル・エディション』(品番:UICY-1

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

【連載コラム】ラヴェンダーズAKIRA のWANNA GO HOME―第6回

みなさんこんにちは、AKIRAです ! 今週も「ラヴェンダーズAKIRAのWANNA GO HOME」へようこそ! 暖かくなったと思いきやまた冷え込んだりの毎日、早く春にならないかなぁと切実に思い続けている私です。それでは今週もよろしくお願いします! ★

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

ポール・マッカートニー、名古屋にて熱狂の最終公演

11月8日、今回4日間に渡って行われたポール・マッカートニーのフレッシュン・アップ・ジャパン・ツアーの最終公演がナゴヤドームで行われた。 名古屋での初コンサートを祝うように、日中は快晴で暖かく10月並みの陽気となった。正午にはすでにグッズ売り場は100メ

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

ポール・マッカートニー、新作『エジプト・ステーション』から初のミュージック・ビデオを公開

5年ぶりのニュー・アルバム『エジプト・ステーション』が発売された9月7日(金)、ニューヨークのグランド・セントラル・ステーションで発売記念のスペシャルライヴを行ったポール・マッカートニー。 ライヴの様子はポールのオフィシャルYouTubeチャンネルで生配