Warning: strpos(): Empty needle in /www/docs/ototoy.jp/common/lib/Common.php on line 375
【REVIEW】可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始 - OTOTOY

可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始

©TOHO CO.,LTD.

『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSのお仕事シリーズ第3弾として放送前から期待値が高かった『サクラクエスト』。本作の音楽プロデュースを担当したのは、クリエイティヴ・ユニット、(K)NoW_NAMEだった。1クール目の楽曲の人気が冷めやらぬ中、待望の2クール目のOPとEDの配信開始! 彼らの音楽を紐解いてゆくため、OTOTOYでは本作のレヴューを掲載する。

更なる飛躍が期待される、2クールOP

(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール オープニング・テーマ「Lupinus」

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込)

【収録曲】
1. Lupinus
2. Red Clover
3. Alstroemeria_white
4. Lupinus(Instrumental)
5. Red Clover(Instrumental)
6. Alstroemeria(Instrumental)


(K)NoW_NAME / Lupinus

心が忙しい時に深呼吸させてくれる、2クールED

(K)NoW_NAME / TVアニメ「サクラクエスト」第2クール エンディング・テーマ「Baby’s breath」

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC
単曲 400円(税込) / まとめ 1,920円(税込)

【収録曲】
1. Baby’s breath
2. Crossandra
3. Alstroemeria_pink
4. Baby’s breath(Instrumental)
5. Crossandra(Instrumental)
6. Alstroemeria(Instrumental)


(K)NoW_NAME / Baby's breath

REVIEW : 持ち合わせる語彙が打ち消され言葉が出なくなるほどの感動

可憐で凛々しくその上、生命力にあふれた音楽にぶち当たることになるとは思いもしなかった。 (K)NoW_NAMEとの出会いはTVアニメ「灰と幻想のグリムガル」だった。この作品は彼らがクリエイティヴ・ユニットとして始動し、アニメ界隈をどよめかせた作品である。彼らは本作で音楽を総合プロデュースしており、また毎話アニメの終了後には、公式HPには各話で使用された挿入歌のアニメMVが公開されていたことでも話題になった。


「灰と幻想のグリムガル」第2話挿入歌「Brave Storm」

「灰と幻想のグリムガル」第8話挿入歌「Growing」

灰と幻想のグリムガル
STORY : 気が付くと暗闇の中にいた主人公ハルヒロは、自分の名前以外を思い出せないことに気がつく。自分と同じ境遇の男女十二人と一緒に暗闇から外へ出ると、そこは全く未知の世界が広がっていた。義勇兵となって魔物を討伐することでグリムガルで生きていくことを迫られるた主人公たちは、グリムガルの大地での冒険へと旅立ったが、そこには過酷な現実が待ち構えていた。
>>灰と幻想のグリムガル 公式HP

アニメのOPとEDはTVサイズという短い時間で視聴者の心を掴まなくてはならないものだ。楽曲はキャッチーなものが起用され、さらにはアニメ・キャラクターのユニットが担当することもしばしばだ。その方が、作品の世界観を壊すこともない上、声優ファンの視聴者の心も幾分か掴みやすいと考えられるからだろう。しかし、(K)NoW_NAMEは、作中の音楽もプロデュースし、作品の全体の世界観を汲み取り、丁寧に表現することに成功し、多くのアニメファンの支持を得ている。(K)NoW_NAMEの特徴として、まずあげられるのは、音楽によってヴォーカルは、Ayaka Tachibana、NIKIIE、AIJの3名を使い分けている点だ。トリオでのハーモニーを基調としたグループではなく、表現したい楽曲のイメージに適したヴォーカルを軸に楽曲を作りあげている。だからこそ、その楽曲で表したい世界観がしっかりと構築されているのだ。

では本作に視点を当ててみよう。今回主題歌を担当する作品「サクラクエスト」の主軸となるキャラクターたちは全て女性で構成されている。それもあってか、前作「灰と幻想のグリムガル」に比べ、ヴォーカル2人とも女性らしい歌声を意識しているように感じ取れた。「灰と幻想のグリムガル」のOP「Knew day」で男性ヴォーカルに引けを取らない勇ましさをみせていたAyaka Tachibanaの歌声も、試練に立ち向かう可憐な女性像を浮かばせており、EDを歌うNIKIIEの声もこの世界をつつみこむような優しさや、儚さを表現している。「灰と幻想のグリムガル」は幻想世界、「サクラクエスト」は日常と、一見対極的に位置した世界観の作品に捉えられがちだが、どちらもキャラクターのそばに寄り添い、背中を押すような楽曲に仕上がっていることは共通して言えることだろう。

サクラクエスト
STORY : 『花咲くいろは』『SHIROBAKO』に続く、P.A.WORKSの“お仕事シリーズ第3弾”『サクラクエスト』。バブル期にムーヴメントを起こすのも今や昔、すっかり廃れてしまった“ミニ独立国”の再興のため、ひょんなことから国王(観光大使)に就任してしまった主人公たち女子5人の1年間の奮闘を描く。
>>サクラクエスト 公式HP

本作は表題曲だけにスポットライトがあたりがちなのだが、実はカップリングとして収録されている楽曲たちも大変驚かされる。あなたは、収録されている楽曲全てに、花の名前がつけられていることにお気づきだろうか。ぜひその花言葉を調べた上で、改めて歌詞とサウンドを楽しんでほしい。そこに感動が待っている。ここで丁寧に花言葉を明記するつもりは毛頭ない。自らの好奇心で、自らの手で探り、気がつく面白さや喜びは底知れない曲への愛情へと変わるからだ。とにかく、聴けば聴くほど味わい深い作品になっていくことは保証しよう。『Lupinus』に収録されているM3「Alstroemeria_white」、『Baby’s breath』に収録されているM3「Alstroemeria_pink」。こちらの楽曲はシンメトリーな設計を施されているが、Ayaka Tachibana、NIKIIEそれぞれの楽曲解釈が楽しめるような作りになっているので必聴だ。


(K)NoW_NAME /「Lupinus」全曲試聴動画

(K)NoW_NAME / 「Baby's breath」全曲試聴動画

本作は「サクラクエスト」のAyaka Tachibana盤、NIKIIE盤のようにも捉えられる2作品だろう。しかし、アニメ作品に縛られているという印象はもちろんない。アニメの主題歌でありながらも、(K)NoW_NAMEの今後の活躍を予感させるような、枠にとらわれない振り幅を広げた作品として耳に残った。これは両作品を聴き比べて楽しんでもらわないことには、伝えきれないものがある。(K)NoW_NAMEの音楽は、聴き込むほど新たな衝撃に出会える。自分の持ち合わせている語彙が打ち消されてしまい言葉が出てこなくなるほどの感動は、自分で良さを探らない限り出会えないものだから、ぜひ、手に取っていただきたい。(text by 宮尾茉実)

LIVE INFORMATION

〈(K)NoW_NAME 1st ”LIVE” 〉
2017年9月16日(土)@渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
時間 : 昼公演 Open 15:00 / Start 15:30 、夜公演 Open 18:30 / Start 19:00

>>more live information

過去作品もチェック!!

PROFILE

(K)NoW_NAME

アニメーション作品の音楽(主題歌、挿入歌、BGMなど)を総合的に手掛けるクリエイティヴ・ユニット。

>>(K)NoW_NAME official site

この記事の筆者
(宮尾茉実)

【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース

【REVIEW】地に足がついていない!?──愛はズボーン、煎じ詰めた“待望”の1stフル・アルバムリリース

《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む

《12ヶ月連続配信企画、第9弾》──goodtimes、カップル同士の"あるある"な感情に容赦なく切り込む

可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始

可憐で生命力にあふれた楽曲の中で出会った感動──(K)NoW_NAME人気アニメOP&ED配信開始

【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバムを配信開始

【REVIEW】人に添い遂げる優しい風──Easycomeの2ndミニ・アルバムを配信開始

《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入

《12ヶ月連続配信企画、第6弾》──goodtimes、新曲配信とともに彼らを捉えるべきライヴへ潜入

【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける

【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける

300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信

300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信

【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、今までにない妖艶さと情熱的な愛への共感

【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、今までにない妖艶さと情熱的な愛への共感