キーズブズブズブ・・・ギャギャギャドド 三分だけ、あなたの側にこのラヴ・ソングを!

今回、ついに3年ぶりとなる待望のアルバムをリリースするLimited Express(has gone?)。2008年4月に関東進出を果たしてからは、「DO IT」や「廃校FES」、「東京ボアダム」など数々のインデペンデント・フェスに出演しながら、自らのコーディネートする「eetee」や「ボロフェスタ」まで、まさにDIYと名のつくところに必ず彼らの姿があるといっても過言ではない存在として認識されている。
そんな彼らのニュー・アルバムは、前作がベスト盤であったことを考えると丸4年以上ぶりのリリースとなる。今作では、2009年ベスト・アルバムの予感がビシビシしている『Question』を叩き出したKIRIHITOの竹下圏と、日本のパンク・シーンの最重要人物younGSoundsの谷口順という日本のオルタナティヴ/ハードコア・シーンど真ん中2バンドのダブル・プロデュース作品。それだけで2009年の記念碑的作品と言えるものになっているのだが、「どんな記念碑なんかよりあなたが生きている今日が素晴らしい」の名に恥じることのない、日本のオルタナティヴ/パンク・ロック・シーンの今を真空パックし、それをさらに加速させたような正にロックの未来を示すアルバムとなっている。高速の特急列車は、今でも見えない銃を撃ちまくっていたのだ。

今日を生きるオルタナ・バンドを挙げるとしたら、もはや彼らの名は欠かすことはできないだろう。アメリカやオーストラリア・ツアーの大成功がある一方で、初期メンバー・奈良崎の脱退〜新ドラマーJoshの加入〜バンド自体の解体と、全てが順風満帆に流れてきたというわけではない彼らだが、どれも嘘をつくことなく真摯に自らのスタイルに挑んできたが故の出来事と言えよう。その結果として、常に新陳代謝を繰り返し、どうしようもなくリミテッドな上に、今までとは違う音を鳴らすことが今作で可能になったのである。

あまり語られることのない結成当時の話を振り返ってみたいと思う。彼らはもともと1998年に立命館大学ロック・コミューン(くるりやキセル、ママスタジオやシゼンカイノオキテを輩出したサークルとして有名)にて結成され、その時から既にありったけのオルタナティヴネスとメジャーへの反抗心、初期衝動に満ちたライブを展開するバンドとして認知されていた。(初期のマキシ・シングル「功夫少女」での岸田繁による帯推薦文参照。)
自分が初めてLimited Express(has gone?)を観たのは2002年、同大学の文化祭に学外ゲスト(2002年に彼らは卒業していた)として招かれていたライブだったと思う。文化祭といっても野外の大ステージで行われるライブではなく、この時も手作りでサークルが運営する学生会館でのイベントの出演であった。このあたりも既に、彼らの活動を象徴するライブであったと記憶している。この日は座席ありのイベントだったのだが、なにもかもカラフル且つポップなノイズでなぎ倒すようなライブを観て、ただただ呆気にとられるしかなかった。最近で言うと、廃校FESでのヘッド・ライナーだった、younGSoundsのステージに近いかもしれない。(※ライブの記録としては、ベスト盤「THE BEST IS COMING」のDisc2もしくはDODDODOとのSPLITの特典DVD-R(既に入手不可かも?)を参照いただきたい。)

パンクの初期衝動やオルタナティヴのなんだこりゃ!? という衝撃、原色の絵の具で全てを塗りつぶしたポップ・ミュージックのカラフルさとそれに混ぜ合わされる爆音のノイズ。「ベアーズぽいね〜」とか「初期ボアダムズだよね」などと嘯くひとたちのコメントは誰から伝え聞いた言葉なのかしらないが、疑わしくて仕方がない。この作品がヒット間違いなし!と手放しに喜ぶつもりはさらさらないが、ジャケットやサウンドからも匂い立ち、聴き手にぶち当たってくるような「あらゆる対象への無条件な挑戦」こそが、彼らの手加減なしの(それでいて手に負えない)メッセージであり、今の音楽シーンにおいて価値あるものなのではないだろうか。

立命館大学学生会館でのライブ以外にも様々な場所で彼らを観たが、演奏している場所がどこであろうと彼らの姿勢は変わらない。西院ウーララでのレコ発、下北シェルターでのワンマン・ライブ、金沢メロメロポッチでのスプリット・ツアー、ディアフーフ、ノー・エイジやオブ・モントリオールとの共演、京大西部講堂でのLIVE JUNK、SAL CULTUREでの野音ヘッドライナー出演、ボロフェスタでの10分弱の嵐のようなライブ・・・ その全てがこの作品を作るための必然だったのだと思えてならない。オーディオやパソコンの前でリミテッドの音源と出会おうとしている人たち、このLTDというDIYの塊のような問題作には、手加減なし・ぬかりなく対峙してほしい。次の作品もそのまた次の作品も、どこまでも走り続けてほしいと思えるはずだ。(text by 南日久志)

→「Heavenly」のフリー・ダウンロードはこちら (期間 : 9/24〜10/2)

NEW ALBUM 『LTD』

プロデューサーに竹久圏(KIRIHITO)と谷口順(UG MAN / younGSounds)、エンジニアに松本健一とTaichi(stim)を迎えて制作された、約5年ぶりのフル・アルバムが10月10日(土)にリリースされます。

『LTD』 / Limited Express(has gone?)
2009年10月10日(土)発売
品番 : LTD-999
1. Shut up to go
2. D.N.A
3. Heavenly
4. ジャンク・ファイト
5. I am deading
6. Rhythm & Balance
7. I wanna sing all of my heart
8. ササササイキック
9. Star light-IEDE
10. Check the MICROPHONE
11. ハリウッドはどこだ?

LIVE SCHEDULE

  • 【東京ボロフェスタ×eetee】9月26日(土)@下北沢CLUB251+440(four forty)+BASEMENT BAR
  • 【BOROFESTA】10月17日(土)@京都KBSホール
  • 【DRIVE TO 2010】11月6日(金)@新宿LOFT

Australia tour with Ni-Hao!

  • 23rd of October (Friday): Limited Express (has gone?) @ Valley Fiesta, Brisbane (main stage)
  • 24th (Saturday): Ni-Hao! @ Valley Fiesta, Brisbane (second stage)
  • 25th (Sunday): Limited Express (has gone?) @ Valley Fiesta (second stage)
  • 28th (Wednesday): Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ Hopetoun Hotel, Sydney
  • 29th (Thursday): Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ another sydney venue, to be confirmed.
  • 30th (Friday): Fly to Melbourne - Limited Express (has gone?) and Ni-Hao! @ The East Brunswick Club, Melbourne
  • 31st (Saturday): Second Melbourne show - Halloween party!

『LTD』Release party!

  • 11月15日(日)@六本木SuperDelux
w / あふりらんぽ and more・・・

PROFILE

Limited Express (has gone?)
2003年、US、ジョン・ゾーンのTZADIKから1st albumをリリースし、15カ国以上を飛び回る。その後、高橋健太郎主催のmemory labより、2nd album、best albumをリリース。WHY?、NUMBERS、そしてダムドの日本公演のサポートを行うなど、名実共に日本オルタナ・パンク・シーンを率先するバンドになるも、2006年突然の解散宣言。半年後、突然の復活宣言。なんとニュー・ドラマーには、日本が誇るPUNK BAND、JOYのドラマーTDKが正式加入!!! メンバーのJJは、ボロフェスタを主催。YUKARIは、ニーハオ!のリーダー等、各人の活動は多岐にわたる。2008年6月11日DODDODOとのsprit albumをLess Than TVからリリース。そして2009年、待望の3rd albumをリリースする。

ALTERNATIVE IS THIS


Question / KIRIHITO
『LTD』のプロデューサーの一人でもある竹久圏と、GAKIDEKA、高品格でも活動する早川俊介による、ジャンクでテクノなファンキー・パンキー・ハイパー・ポップ・デュオ。アクロバティックなライヴ・パフォーマンスの楽しさも然ることながら、ポップでダンサブルでありながらもキテレツかつ凶暴なその音楽は、まさにワン&オンリー。9年ぶりとなる今作は、相変わらず未知のサウンドとグルーヴを醸し出しています。
KIRIHITO特集ページ

MINIATURES / PANIC SMILE
博多出身の変拍子変態バンドの5作目。初期衝動のままに音を叩きつけたような直情型パンク的な作品で、短い曲でもこのバンド特有の変拍子や激しく変わる展開はそのままで、時折入るメロディーがやけにポップだったり、現代音楽的な手法も導入するなど、多彩なアイデアが詰め込まれています。ストレートなだけに、彼らのありのままのセンスが遺憾なく発揮された作品。ノー・ウェイヴ~ポスト・パンクの最良の発展形であり、真にオルタナティヴな意志が貫かれた傑作です。

天国よりマシなパンの耳 / ECD
精力的にライブを続け、いままでのファンはもちろん、日本語ラップを全く知らない若者達からも続々と熱狂的なリスナー達を生み出し、有名、インディー、 HIPHOP、ROCK,JAZZ,現代音楽、等々、ジャンル、人種問わず、あらゆる音楽家達からもリスペクトされ続けているECDのニュー・アルバム。リリック、リフ、ともにキャッチーでありながら不穏! アブストラクトかつ超POPな、捨て曲全く無しな全10曲。音楽HEADZなら素通り出来ない超問題作です。
ECD特集ページ

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸