The Shut-Ups

インディー・ロックDEグッド・ミュージック! 2000年代のサタデー・ナイトを体現する魔法のバンド、シャラップス!

どうしてこうも、大学街というのは面白いバンドが集まるのだろう。今回、めでたく日本盤として紹介される機会を得The Shut-Upsもそのひとつだ。Block Party〜Clap Your Hands Say YeahなどのWichita Recordingsに対する、Of montreal、Apples in stereoなどelephant6勢からの回答! というフレコミのこの作品。NRBQの遺伝子を受け継ぐ精神的ドサ廻り系完全エンタテイメント・バンド、エレキベースの主催するワイキキ・レコードからリリースされているのだから、ヒット・チャートで売れてる・売れてないは関係なくオール・タイム・グッド・ミュージック・ファンのアンテナには引っかかってしまうのだろう。

アセンズという学生街のインディー・ロック畑のバンドと日本の良質インディー・ロックの発信地・ワイキキ・レコードというリンクの仕方も今となっては必然のように思えてならない。とはいえ、The Shut-Upsという名前からもわかるとおり、反抗心むき出し、一筋縄ではいかないかなりのクセモノ・ひねくれもののようだ。一聴すると、なるほど、of montreal〜apples in stereoとの同郷ネットワークが感じられる遊び心いっぱいの音なのかなという感じだが、回を重ねるごとに、随所に何重にもひねくれたポップスへの愛情が見え隠れするのである。初期of montrealほど牧歌的かというと音はもうちょっとラウドでFranz Ferdinandのようなギター・バンドっぽさもあるし、現在のof montrealほどカラフルで奇想天外かというとセンシティブで内省的な曲もある。P-FUNKを独自解釈したような東海岸流ファンク? な曲もあれば、多幸感溢れるキラキラしたダンス・ナンバーもしっかり揃っているんだから、まさに現代のひねくれ・ニュー・ロマンティクス。最初から最後まで楽しめてしまうアルバムだ。

学生街でうろうろしているさえない若者が、土曜の夜にはステージにあがってヒーローになれてしまう、そんなマジックが2000年代に有効なのかどうなのかわからないけれど、殺伐とした空気の時代だからこそ、ちょっとくらいそのような非現実的ストーリーに身を寄せてみたくなるのだ。そんな新しい80年代を体現する魔法のバンド、The Shut-Upsの来日公演も近づいている。目の前でそのマジックに遭遇したい人は、ダンス・ホールに急ぐべき。彼らのサタデー・ナイトがはじまろうとしている。(text by 南日久志)

FREE DOWNLOAD SONGS 12月11日〜12月18日(一週間限定です。お早めに!)


ニューアルバム『Imaginary Dancer』





Elephant6勢、Casper & The CookiesのJason NeSmithプロデュース。これはBloc Party〜Clap Your Hands Say Yeah〜Simian Mobile Disco、Wichita Recordingsが作り上げてきたロンドン・シーンへのアセンズからのアンサー。シニカルでコミカル、時として王道、そんな彼らの4枚目のアルバムをお試しあれ。


LINK

The Shut-Upsのmy space http://www.myspace.com/shutups

The Shut-Upsのプロモーション・ビデオ http://jp.youtube.com/watch?v=kSKP6Vn-rzw

The Shut-Upsのジャパン・レーベル WAIKIKI RECORD http://www.waikikirecord.com

WAIKIKI RECORDのオーナー 坂本君のバンド elekibass http://www.waikikirecord.com/elekipage

The Shut-Ups(ザ・シャラップス) JAPAN TOUR

2008/12/17(Wed)@大阪心斎橋クラブジャングル
open/start 18:00/18:30
adv/door 2000/2500(without 2drink)
w/ザ・アウトロウズ,The denkibran,SILS,ぱぱぼっくす
OA:オカネモンスター(from ELEKIBASS)
DJ:ワッキー

2008/12/19(Fri)@京都UrBANGUILD
open/start 18:30/19:00
adv/door 2300/2800(without 1 drink)
w/シゼンカイノオキテ,ゆーきゃんwith his friends,キツネの嫁入り
DJ:岩崎慎(SECOND ROYAL / METON MILK)
坂本敏史 (LONDON CALLING)

2008/12/18(Sun)@鶴舞K.D japon
open/start 18:30/19:00
adv/door 2500/3000(without 1 drink)
w/ゆーきゃん/JONNY
2008/12/20(Sat)@渋谷HOME
open/start 18:30/19:00
adv/door 2500/3000(without 1 drink)
w/ELEKIBASS,totos,The NEW HOUSE
2008/12/21(Sun)@渋谷7th Floor
open/start 23:00 /23:30(ALL NIGHT)
adv/door

The Shut-Ups(シャラップス)、今、アセンズでもっともシニカルなバンド。例えば、Sparks、The Del-Fonics、Prince、Nick Lowe、They Might Be Giants、Leonard Bernstein。別に誰の影響を受けたという訳じゃないけどね、と前置きしつつボーカルのDonが挙げたビッグ・ネーム達。シニカルな彼だからこそ、こんなビッグネームが出てきた時は要注意。さらに彼は云う。ヒット・チャートに登場するような音楽こそむしろ最も尊敬すべき音楽なんだよ。

彼らのホーム、アセンズ。

とても不思議な魅力に満ちた街。メイン・ストリートには小さな(しかし尊敬すべき)レコード・ショップが数軒ばかり道を隔てて建っている。HHBTMのレーベル・オーナー、Mike Turnerもその中の1軒、Wuxtry Recordsで実に周到なセレクトを慎重なインデックスの中に揃えている。Jonathan Richmanが愛して止まないオーガニックなレストラン"GRIT"。B-52's、REM、of Montreal、ポップ・ミュージックの隙を縫うようにしてチャートに送り込まれた不思議なバンドを生み出し続けるライヴ・ハウス40watt。

魅力溢れる街、アセンズ。

よくさ、ひねくれたポップスっていう言い方あるじゃない? ポップスはさ、ひねくれてるものなんだよ。そう思わない? んー、すごく分かる(笑) 彼はもはや一周も二周もしちゃったヤツなのだ。ok! ok! 分かるよ。本当はひたすら音楽が好きなんだけれど、でもそれを言っちゃあ元も子もない。そんなにカンタンに全てをさらけ出す訳にはいかない。アセンズでもっともシャイ、もっともシニカルなDon Condescending。興味本位をひらりとかわして(ただし、とても慎重に)作り上げたThe Shut-Upsの今回のアルバムは、もしかしたらポップスを何周もした末に辿り着いたビッグ・ネームに捧げるアルバムかもしれない。Imaginary Dancer、内省やアイロニーも喚起するタイトル。三沢マサノリ(LIKE THIS PARADE)(ライナーノーツより抜粋)

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸
シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽プロデュースのフル・アルバムをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月14日・シティ・ポップを昇華させた、さとうもかが歌う恋物語──入江陽をプロデュースに迎えたフル・アルバム 岡山出身のシンガー・ソングライター、さとうもかが待望のフル・アルバム『Lukewarm』をリリースした。“新世代のユーミン”と称されるようにシティ・ポップを彷彿させながらも、繊細かつ、ユーモラスな歌声で紡ぐポップ性がたまらない! 入江陽をアルバム・プロデュースに迎え、ゲストで鶴岡龍(LUVRAW)が参加したアレンジ面においても注目してほしい。今回OTOTOYでは3月14日から3月31日まで、今作をハイレゾ音源を独占配信します。レヴューとともに彼女の世界に浸ってみては? 期間限定OTOTOY独占ハイレゾ配信!さとうもか / Lukewarm'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【Track List】1. old young2. Lukewarm3. あの夜の忘れ物4. 最低な日曜日 feat.鶴岡龍(LUVRAW)5. 2つのわたし6. Hello,Valentine's day7