スケートボード・育児・仕事・音楽、様々な日課が詰め込まれた毎日。生活の中で刻まれるリズムが、このアルバムを形成している。

一児のパパになり、育児・仕事・バンド・・・ 様々な日課が詰め込まれた日々。これは、地方の若者の話ではない。ロック・スターであるトミー・ゲレロの話だ。彼は、365日音楽だけに没頭しているタイプのミュージシャンではない。しかし、彼の奏でる楽器の一音一音に、なぜ惹かれてしまうのだろう? 様々な過程の途中、突如として現れる音楽。生活のなかで刻まれるリズムが、このアルバムを形成している。

ストリート発の作品。彼の音楽はそういった言葉で表わされる。ジャック・ジョンソン、ドノヴァン・フランケンレイターやベン・ハーパーなど、並べて語られるミュージシャンも多い。彼らに共通するのは、ライフ・スタイルの在り様。商業主義や時代に迎合したやり方を避け続けたまま、日本でもブレイク。それが音楽のみならず、行動、発言や生活様式までもが彼らに対する憧れとなり、多くの人を惹きつけ続けているのだ。但しトミー・ゲレロの今作は、前述の2組が得意とするようないわゆるレイド・バックというところにはない。先日のフジ・ロック'09でベン・ハーパーが披露していたロックンロール全開のあの感じでもない。ジャジーでアシッド、ダークだけど突き抜けた爽快感がある。日常での終わらない倦怠感、それに裏打ちされたような冷たさと鋭さは、一児のパパとして仕事とバンドを並行させる彼の生活から滲み出るものなのかもしれない。日々の生活から生まれる葛藤や憂鬱、そして音楽というものに触れる時の喜び。なんの偽りもなく、ここに表現されている。

彼のホーム・ページに公開されている写真は、近しい仲間との触れ合いやスケート・ボードの写真などで構成される。バリー・マッギーやトーマス・キャンベル(※映画The Presentも8月22日から公開! )ら盟友との協働も、スケート・ボードというひとつの軸から派生したもので、1st album「Loose Groove and Bastard Blues」の頃から全くブレのない、生活から生まれた歌を歌い続けている。
フィード・バック・ノイズがこだまする。サックスやトランペットなどのホーン隊にはじまり、ジャンベやフルート、ピアニカにキーボード、まるでアボリジニのような和音まで。パンクとしてキャリアをスタートさせた彼ならではの攻撃的かつユーモア満載のソウル・ミュージックである。

今回の作品は日本限定リリースという興味深い方法での発売となった。彼の公式ホーム・ページのディスコグラフィーでも、今作のクレジットは今のところない。彼はアメリカに魅せられながらも資本主義に対する怒りを露にしており、その一方で日本がとても興味深い国だという。面白いのは、彼自身自らを「コンピュータに操られるサル」と発言している。(ブルース・インターアクションズ刊 竹村卓著『ア・ウェイ・オブ・ライフ28人のクリエイタージャーナル』p.181参照)スタジオにこもりきりになっているミュージック・ジャンキーなアーティストとは違い(それはそれで大好きだが)、日々の倦怠感や葛藤をひっくるめた、生活の中で刻まれるミュージック。ある時は一児のパパ、ある時はスケーター、ある時はビジネス・マン、そしてある時はロック・スターである。

音楽は生活の「一部」でしかないが、「一部」がなければ、生活も成立しない。音楽とは彼にとってのLifeboatであり、ちょっとしたユーモアで日々を楽しく生きられるFolliesなのだろう。(text by 南日久志)

トミー・ゲレロも参加!


ア・ウェイ・オブ・ライフ~28人のクリエイタージャーナル
竹村卓 著 / 写真:平野太呂ほか

Do It Yourself!
スタイルもアートも僕たちがやりたいように生きる人生。 クリエイターたちの活動や制作の裏側をインタビューとビジュアルで紹介。スケータたちのアイデアはアート、音楽、映像、ファッションに広がっていきました。なぜ彼らにそんなことができたのだろう? 生き方とアートの常識を覆した28人のスケーター、フォトグラファー、アーティストたちの素顔に出会う旅。 転載作品130点以上のアート・ブックとしても楽しめる1冊です。

【登場人物】 トミー・ゲレロ / バリー・マッギー / アーロン・ローズ / レイモンド・ペティボン / 新倉孝雄 / ネックフェイス / ゲイブ・モーフォード / カミ / レイ・バービー / ショーン・モーテンセン / トーマス・キャンベル / ジオ・エステベス / アリ・マルコポロスほか

西海岸サーフ / スケート・ミュージック



backintheday + fotraque 7inch / Tommy Guerrero

幻の初期音源『Back In The Day』と『Fotraque』2枚のEPを1枚に合わせた作品。『Back In The Day』は、シンプルな打ち込みのビートに、ギターやベースなどを乗せたTGオリジナルの乾いた空気感が漂わせているロー・ファイなサウンドが特徴。『Fotraque』は、TGがデラックスで働きながら、音楽やアートを作っていた時代の作品で今の4トラックのカセット・テープ・レコーダーで録音され、こちらもアナログ感漂うローファイなTGらしいサウンドが詰まっています。



he soundtrack from the surf movie sprout by thomas campbell +3 / V.A.

サーフ / ウェストコースト・アート・シーンから生まれた金字塔。ジャック・ジョンソン、トミー・ゲレロ、マニー・マークによる夢のバンドSprout House Band(スプラウト・ハウス・バンド)の音源も3曲収録されています。



in full view plus brand new 4 tracks / Ray Barbee

伝説のプロ・スケートボード・チーム"ボーンズ・ブリゲード"の一員で、現在もプロ・スケーターとして活躍中、トミー・ゲレロの盟友でもあるレイ・バービー。05年発表のファースト・アルバムは、独自のリズミカルなギター、そしてチル&メロウな世界観を増幅させ、幅広い層から支持を受けています。

LIVE SCHEDULE

トミー・ゲレロ JAPAN TOUR

  • 9月3日(木) @京都 METRO
  • 9月4日(金) @金沢 EIGHT HALL
  • 9月5日(土) @岡山 EXTRAVAGANZA
  • 9月6日(日) @福岡 Sunset Live 2009
  • 9月8日(火) @福岡 Rooms
  • 9月10日(木) @大阪 Shangri-La
  • 9月11日(金) @静岡 munchen
  • 9月12日(土) @渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
  • 9月13日(日) @横浜 Bay Hall

info : DUO MUSIC EXCHANGE 03-5459-8716

PROFILE

Tommy Guerrero
言わずと知れた西海岸ストリート・カルチャーのカリスマ、トミー・ゲレロ。80年代に伝説の「ボーンズ・ブリゲート」の最年少メンバーとして彗星の如くストリート・シーンに登場。ファッション / サブ・カルチャーまでをリンクさせ、感度の高い若者たちから圧倒的な支持を得ている。

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸