album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
フリフリ!あっちこっちダンス  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:05
みあげれば、おかあさん  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:12
みかんの歌  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:04
お猿のかごや  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:54
クラリネットをこわしちゃった  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:05
どんぐりころころ  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:01
ニアリーイコール  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:25
線路はつづくよどこまでも -- TOSHIYUKI YASUDA  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:57
チューリップ  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:34
ことりのうた  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:08
Old Boys’ Caravan(Instrumental) -- TOSHIYUKI YASUDA  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:08
いないいないばあ  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:23
やぎさんゆうびん  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:12
雨降りお月さん  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:00
ピクニック  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:36
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 36:44
Album Purchase Privilege

utauhanicamusica_booklet.pdf
Album Info

朝日美穂が主宰する親子フェスからコンピが誕生。良原リエ、HARCO、ビューティフルハミングバード、Babi、安田寿之、Rachael Dadd、きんか うぃず あ よーんが参加。珍しいキノコ舞踊団の振付によるMVが話題の朝日美穂、トイ楽器や子供との対話も楽しい良原リエ、HARCOと安田寿之は互いに“パパ友”コラボ、抜群の歌唱力で日本の童謡のルーツを聞かせるビューティフルハミングバード、イギリス人SSW、Rachael Daddが我が子と歌う「どんぐりころころ」、Babiは飛び出す絵本のようなオリジナルを提供。きんか うぃず あ よーんのヒット童謡カバーアルバム「こどもれこーど」からも2曲収録し、誰もがよく知る童謡や、踊らずにはいられない楽しいオリジナル曲が盛りだくさん。各アーティストの意外な側面も楽しめ、乳幼児のファミリーのみならず、ファン必携のアルバムです。

Discography

Pop

7年ぶりのフル・アルバム。朝日美穂を十数年間、支え続けてきた楠均と千ヶ崎学のリズム・セクションに曲ごとに様々なゲストを加えている。冒頭の「スイミースイミー」ではラップに挑戦。ブラジリアン・テイストの「旅するバルーン」はCOVID-19拡大の中で詩を書き、三枝伸太郎とのリモート録音で完成した。モーツァルトに触発された「朝がくるよ」、スペーシーなエレクロ・サウンドから西田修大のギターをフィーチュアしたロック・サウンドへと推移する「オートフライト・コントロール」、Babiをアレンジャーに迎えた「四つ葉のクローバー」など、カラフルで挑戦的な作品が並ぶ。エマーソン北村、アンドウケンジロウ、臼井ミトン、大野紗々らも参加。

Bonus!
Rock

葉っぱから小さな葉っぱが飛び出した姿に一目で心を奪われました。その葉はクロトン属の飛び葉と言う名の植物でした。 30代になり、改めて自分の生き方を考えていた頃、パートナーのお父さんとお母さんにはじめて会いました。その時に、お父さんが植物や水耕栽培を趣味でしていた話などをされ、パートナーがユニークな理由を知りました。 よければ植物の挿し木をあげようか?と話をされ、嬉しくて胸がいっぱいになりながら次の日にはこの曲になっていました。 緑が好きだった私が海の街に住む事は考えた事が無かったのですが、運命に身を任せ、日のあたる明るい景色の家に引っ越してきました。 歩けばすぐ海も街も。 部屋の窓からは緑と鳥の鳴き声。 計画に縛られずに、時には冒険をしてみるのも良いなと感じこの曲にしました。

Rock

葉っぱから小さな葉っぱが飛び出した姿に一目で心を奪われました。その葉はクロトン属の飛び葉と言う名の植物でした。 30代になり、改めて自分の生き方を考えていた頃、パートナーのお父さんとお母さんにはじめて会いました。その時に、お父さんが植物や水耕栽培を趣味でしていた話などをされ、パートナーがユニークな理由を知りました。 よければ植物の挿し木をあげようか?と話をされ、嬉しくて胸がいっぱいになりながら次の日にはこの曲になっていました。 緑が好きだった私が海の街に住む事は考えた事が無かったのですが、運命に身を任せ、日のあたる明るい景色の家に引っ越してきました。 歩けばすぐ海も街も。 部屋の窓からは緑と鳥の鳴き声。 計画に縛られずに、時には冒険をしてみるのも良いなと感じこの曲にしました。

Rock

植物組曲 玩具箱の様に、小曲とBabiのフィールドレコーディングのSE (サウンドエフェクト)集を詰めました。 種子たちがそれぞれ、いろいろな運命に導かれ旅をし着地する模様や植物の婚礼、発明と根の曲が聴き所です。 種子:「私は風に任せてみよう」 「私は動物にくっつこうかしら」 「私は鳥に食べられてみるわ」 「私は弾けてみるよ」 「私は三角形になってみようかな」 シノワズリに続いて第二弾の発表曲です。 Music: Babi Sax: Shuntaro Oishi Mix: Yasutaka Toyoda illustration: Yosuke Yamaguchi

Rock

植物組曲 玩具箱の様に、小曲とBabiのフィールドレコーディングのSE (サウンドエフェクト)集を詰めました。 種子たちがそれぞれ、いろいろな運命に導かれ旅をし着地する模様や植物の婚礼、発明と根の曲が聴き所です。 種子:「私は風に任せてみよう」 「私は動物にくっつこうかしら」 「私は鳥に食べられてみるわ」 「私は弾けてみるよ」 「私は三角形になってみようかな」 シノワズリに続いて第二弾の発表曲です。 Music: Babi Sax: Shuntaro Oishi Mix: Yasutaka Toyoda illustration: Yosuke Yamaguchi

Rock

シノワズリとは、ヨーロッパで流行した中国趣味の美術様式です。芸術が華やかでユニークで尖っていた1920年から丁度100年。私の敬愛する作家さん達と沢山の作品をワクワクしながら一緒に作れたらと思っています。第一弾として、音楽でシノワズリを制作してみようと試みました。中国趣味を目指そうとするときに、昔のヨーロッパでは、日本の楽器の尺八が混在したりもしたのでは?日本のお祭りの太鼓から連想したり、中国の琴の音源を使ってみたりと想像を膨らませて制作しました。“とびきりの共演者とさっさと音楽をはじめましょう” イラストレーション:山口洋佑, ミックス:豊田泰孝

Rock

息子が誕生して137日(4ヶ月と15日)目のある日、動画を録っていると短いメロディーの様なものを口ずさみました。そこから息子の喃語を録音し、メロディを繋げ伴奏をつけました。 まだ発声法を知らない赤ちゃんは、発声の研究家(発明家)の様に毎日いろんな種類の聴いた事のない言葉や声を出していました。 初めてのクリスマスプレゼントを彼へ。

Rock

okiokogu(沖を漕ぐ) イラストレーター、グラフィックデザイナーの山口洋佑とコンポーザーBabi、 ファッションブランドBYT(ブイト)によるコラボレーション展の為に制作したアルバム

Pop

今年始めの「スイミースイミー」に続く朝日美穂の2019年シングル第二弾。エレクトロでスペーシーな雰囲気の表題曲は、途中からバンド・サウンドにすり替わっていく不思議なサウンド。中村佳穂などとの活動で知られる西田修大のギターがフィーチュアされています。カップリングの「スウィンギン・デイズ」にはかえる王国(大野紗々)が参加。何十トラックもの多重録音によるコーラスが聴きものです。

Pop

90年代から独自のポップ・センスを放つ作品を作り続けるシンガー・ソングライター、朝日美穂の6年振りのニュー・リリース。前作『ひつじ雲』はオーガニックな色あいが強かったが、表題曲「スイミースイミー」は彼女自身のプログラミングによるエレクトロなサウンドで、ラップにも初挑戦している。ドラムにはKIRINJIの楠均が参加。「四つ葉のクローバー」は一転、クラシカルな楽器で彩られるチェンバー・ポップ・サウンド。アレンジャーにはBabiを迎えている。どちらも前進し続ける彼女の新局面だ。アニメーションを使った表題曲のヴィデオ・クリップはYoutubeで公開中。ダンサーの篠崎芽美による振り付けで、ダンスにもトライ!

View More Discography Collapse
Collapse

News

『ポプシクリップ。マガジン第11号』 約2年5カ月振りに刊行 エディ・リーダー、Swinging Popsicleら掲載

『ポプシクリップ。マガジン第11号』 約2年5カ月振りに刊行 エディ・リーダー、Swinging Popsicleら掲載

音楽情報サイト「ポプシクリップ。」が、不定期に刊行しているインディーズ音楽誌の最新号となる『ポプシクリップ。マガジン第11号』を8月19日(水)に発売することが発表された。 特集は一昨年に40周年を迎えたグラスゴー出身のシンガーソングライターで元フェアー

朝日美穂、新アルバム『島が見えたよ』をOTOTOYで先行ハイレゾ配信&オンライン・イベント開催決定

朝日美穂、新アルバム『島が見えたよ』をOTOTOYで先行ハイレゾ配信&オンライン・イベント開催決定

シンガー・ソングライター朝日美穂が、7年ぶりのフル・アルバム『島が見えたよ』を、2020年7月29日(水)のCDリリースに先駆けて、7月9日(木)よりOTOTOYにて先行ハイレゾ配信を行う。 本作は、前作『ひつじ雲』同様リズム・セクションに楠均と千ヶ崎学

朝日美穂、7年ぶりフル・アルバム『島が見えたよ』7/29発売決定

朝日美穂、7年ぶりフル・アルバム『島が見えたよ』7/29発売決定

シンガー・ソングライター、朝日美穂が7年ぶりにフル・アルバムをリリースする。 リズム・セクションは前作『ひつじ雲』と同じく、14年来、朝日を支え続ける楠均と千ヶ崎学(KIRINJI のメンバーとしても活動)。加えて、曲ごとに様々なゲスト・ミュージシャンを

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、2020年5月28日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは4作品。 朝日美穂が下北沢 leteのために書き下ろした、プライベートスタジオで録音されたシン

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲を配信

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲を配信

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、5月28日18時にリリースされる。 この支援企画にシンガー・ソングライターの朝日美穂の参加が決定した。 朝日が本企画に賛同し、下北沢 leteのために制作した新曲

〈トノフォンフェスティバル2020〉開催中止、それに伴いリモートでフェス開催決定

〈トノフォンフェスティバル2020〉開催中止、それに伴いリモートでフェス開催決定

新型コロナウイルス感染症が感染拡大を続けており、未だ収束の見通しが立たない状況であることから、6月7日(日)に開催を予定していた〈TONOFON FESTIVAL 2020〉の中止が決定した。 購入したチケットは全て払い戻しされる。 払い戻し方法は下記の

View More News Collapse
“あしびの郷” で初開催〈森のホルン〉追加出演者にビューティフルハミングバード、オオルタイチ、影山朋子が決定

“あしびの郷” で初開催〈森のホルン〉追加出演者にビューティフルハミングバード、オオルタイチ、影山朋子が決定

奈良県 “あしびの郷”で初の開催となるイベント〈森のホルン〉の追加出演者が発表された。 今回発表されたのはビューティフルハミングバード、オオルタイチ、影山朋子の3組。 コトリンゴ、カネコアヤノ、Small Circle of Friends、鎌野愛 ×

朝日美穂ニュー・シングルをOTOTOY先行で8月28日よりハイレゾ配信

朝日美穂ニュー・シングルをOTOTOY先行で8月28日よりハイレゾ配信

2019年初頭にリリースしたシングル「スイミースイミー」に続き、朝日美穂が、本年2作目のシングルをリリースする。 タイトルは「オートフライト・コントロール」。8月28日(水)0 : 00よりOTOTOYにて先行でハイレゾ配信を開始する。 表題曲「オートフ

朝日美穂、6年振りの新作『スイミースイミー』が来週のフィジカル・リリースに先駆けハイレゾにて1週間先行配信決定!

朝日美穂、6年振りの新作『スイミースイミー』が来週のフィジカル・リリースに先駆けハイレゾにて1週間先行配信決定!

90年代から独自のポップ・センスを放つ作品を作り続けるシンガーソングライター、朝日美穂。 来週1月30日(水)に7インチにてリリースされる6年振りの新作『スイミースイミー』が明日1月23日(水)よりOTOTOYにてハイレゾ1週間先行配信されること

朝日美穂、ニュー・シングルを年明けに7インチ&配信でリリース、そしてタイトル楽曲のMVを公開

朝日美穂、ニュー・シングルを年明けに7インチ&配信でリリース、そしてタイトル楽曲のMVを公開

朝日美穂が約6年ぶりの新作となるシングル「スイミースイミー」を2019年1月にリリースする。 「スイミースイミー」は、7インチ・シングルとして1月30日にリリース、そして配信はOTOTOY独占の先行配信となる予定だ。 「スイミースイミー」は彼女が初めてラ

朝日美穂、4年振りの新曲をサウンドクラウドで公開! 名古屋、東京でライヴも

朝日美穂、4年振りの新曲をサウンドクラウドで公開! 名古屋、東京でライヴも

シンガー・ソング・ライターの朝日美穂が、ひさびさ4年ぶりとなる新曲「スイミースイミー」をサウンドクラウドで公開した。 こちらは制作中とされるニュー・アルバムからの楽曲の模様だ。 公開された楽曲では、ファンキーなトラックで、キャリア21年目にして初めて初め

音楽活動20年を振り返る「HARCO展」東京と神戸で開催 一夜限りのスペシャル・ライヴも

音楽活動20年を振り返る「HARCO展」東京と神戸で開催 一夜限りのスペシャル・ライヴも

HARCOとしての音楽活動20周年を振り返る、初めての「HARCO展」が、11月10日(金)〜12日(日)の三日間、東京・東中野aptpで開催される。 2000年のメジャー・デビュー曲のタイトル「巻き戻す時間」さながら、現在から過去へとさかのぼりながら楽

doooo、初ソロ・アルバムのトラックリスト公開&BIMやOMSBらの参加曲を先行配信決定

doooo、初ソロ・アルバムのトラックリスト公開&BIMやOMSBらの参加曲を先行配信決定

クリエイティブ集団、CreativeDrugStoreに所属し、THE OTOGIBANASHI'Sの作品などに楽曲提供をしてきた奇才DJ / ビートメイカー、doooo(ドゥー)。 このたび2017年11月2日(木)にリリースされる初のソロ・アルバムの

映画「リトル京太の冒険」公開 & HARCO手掛けるサントラ発売決定

映画「リトル京太の冒険」公開 & HARCO手掛けるサントラ発売決定

長編映画「リトル京太の冒険」の公開が決定した。それに併せて、HARCOが手掛けるサウンド・トラック集のリリースも発表された。 「リトル京太の冒険」は、震災を経験して以来どこに行くにも防災頭巾を手放さない桐生に住む 12歳の少年・京太の成長と震災後の”大好

朝日美穂 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に開催

朝日美穂 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に開催

今年、デビュー20周年を迎えたシンガーソングライター朝日美穂。 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に東京・十条 シネカフェ・ソトで開催する。 1996年、1stミニアルバム「Apeiron」をリリースをしてから20年。近年では、乳幼児の親子を対象と

HARCO初のアナログ盤リリース、ドイツでのカッティングスタジオ・レポートをHPにて公開

HARCO初のアナログ盤リリース、ドイツでのカッティングスタジオ・レポートをHPにて公開

シンガー・ソングライターHARCOの、キャリア初となるアナログ盤『ゴマサバと夕顔と空心菜』が7月29日、JET SET RECORDSよりリリースされた。この作品は、昨年4月にリリースされたオリジナル・アルバムをアナログ化したもの。当初は5月の発売を予定

いよいよ明日開催〈第5回パンダ音楽祭〉タイムテーブル発表

いよいよ明日開催〈第5回パンダ音楽祭〉タイムテーブル発表

いよいよ開催が明日5月22日(日)に迫った〈第5回パンダ音楽祭〉。 開催を前にして、タイムテーブルが発表された。 パンダ音楽祭公式ツイッターの発表によると、13時に開場、13:30の開演に合わせて司会の藤岡みなみが登場、2年振りの出演となるギターパンダか

〈第5回パンダ音楽祭〉開催! 曽我部恵一、DJみそしる、ギターパンダら出演決定、司会はもちろん藤岡みなみ

〈第5回パンダ音楽祭〉開催! 曽我部恵一、DJみそしる、ギターパンダら出演決定、司会はもちろん藤岡みなみ

今年も上野に〈パンダ音楽祭〉がやってくる! 〈パンダ音楽祭〉は毎年5月に上野恩賜公園 野外ステージにて開催される“ゆるエモ”な音楽イベント。 第5回目となる今年は5月22日(日)に開催されることが決定。出演者として発表されたのは、毎回司会を務めている藤岡

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

今年で3年目を迎える、恵比寿〈LIQUIDROOM〉で行われる〈-Electronic Music of Art Festival Tokyo〉通称、〈EMAF TOKYO〉。今年も11月7日(土)に恵比寿〈LIQUIDROOM〉にて開催。 今年はドイツ

カラフルなアコースティック・サウンド 女性SSW“sugar me”が新作リリース

カラフルなアコースティック・サウンド 女性SSW“sugar me”が新作リリース

女性シンガー・ソングライターのsugar meが2ndアルバム『Around the Corner』を11月4日(水)にリリースする。 sugar meは寺岡歩美のソロ・プロジェクト。2010年頃より活動をスタートし、英語、日本語、フランス語を歌い分け、

Open Reel Ensemble 新曲が「news every」お天気テーマ曲に

Open Reel Ensemble 新曲が「news every」お天気テーマ曲に

いよいよ9月2日に発売されるOpen Reel Ensembleのニュー・アルバム『Vocal Code』。 収録曲「雲悠々水潺々」が日本テレビ系「news every」お天気コーナーのテーマソングに決定した。 旧式のオープンリール・デッキと現代のコンピ

親子で楽しむ音楽フェス〈ハニカムジカ〉がコンピ発売、11月にはイベントも

親子で楽しむ音楽フェス〈ハニカムジカ〉がコンピ発売、11月にはイベントも

朝日美穂が主宰する乳幼児の親子イベント〈ハニカムジカ〉からコンピレーション・アルバム『うたう!ハニカムジカ』がリリース。また11月にイベントが行われることも決定した。 〈ハニカムジカ〉とは、小さい子供を育てるお母さんミュージシャンが中心となって、子供に見

新作『Vocal Code』リリース間近、Open Reel Ensemble、9月からはリリース・ツアーがスタート!

新作『Vocal Code』リリース間近、Open Reel Ensemble、9月からはリリース・ツアーがスタート!

2009年より、和田永を中心に結成された、旧式のオープンリール式磁気録音機を現代のコンピュータとドッキングさせ、「楽器」としてして演奏するプロジェクト、Open Reel Ensemble。 9月2日発売のニュー・アルバム「vocal code」は声をテ

HARCOの新作を先行ハイレゾ配信! ゲストに堀込泰行、あがた森魚ら参加

HARCOの新作を先行ハイレゾ配信! ゲストに堀込泰行、あがた森魚ら参加

HARCOが、5年ぶりとなるフル・アルバム『ゴマサバと夕顔と空心菜』を4月22日(水)にリリース。それに先駆けOTOTOYでは同作の1週間先行配信、さらには独占ハイレゾ配信(24bit/96kHz)をスタートさせた。 新作『ゴマサバと夕顔と空心菜』はバラ

Collapse

Articles

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

インタヴュー

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

SSW朝日美穂が、前作『ひつじ雲』から約7年ぶりとなる待望のフル・アルバム『島が見えたよ』をリリース。仕事、子育て、生活、そして自身の音楽活動を忙しない毎日の中で共存させ進んで行く、絶妙なバランスで釣り合うラグランジュ・ポイントとも言える新たなライフ・スタ…

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信

インタヴュー

HARCO、20年の集大成 HARCO名義ラスト・アルバムをハイレゾ独占配信

活動20周年を迎えたシンガー・ソングライターのHARCOが、約2年ぶりのソロ・アルバム、ならびにHARCO名義ラスト・アルバムでもある『あらたな方角へ』をリリースした。OTOTOYではハイレゾで独占配信開始。山崎ゆかり(空気公団)、山田稔明、伊藤俊吾、早瀬…

HARCO、約5年ぶりのソロ・アルバムをハイレゾ先行配信

インタヴュー

HARCO、約5年ぶりのソロ・アルバムをハイレゾ先行配信

シンガー・ソングライターのHARCOが、約5年ぶりのアルバムを発表。OTOTOYでは、CDリリースより1週間早く、ハイレゾで先行配信開始です。この5年の間に、映画のサントラやユニットでの活動と勢力的に活動してきた中で、ゆっくり、じっくりと作られたアルバムは…

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

レヴュー

Babi、2ndアルバム『Botanical』フリー・ダウンロード&HQD配信!

2011年のBabiのファースト・アルバム『6色の鬣とリズミカル』は、トイ・ポップやエレクトロニカなど多様な音楽性に包まれて女の子の揺れ動く心情が歌われたアルバムだった。その新鮮な感覚はインディー・ロックなどの熱心なリスナーに響いたが、それから2年を経て、…

朝日美穂『ひつじ雲(5.6MHz DSD)』を、DSD 5.6MHzで配信開始 & 1曲フリー・ダウンロード開始!

レヴュー

朝日美穂『ひつじ雲(5.6MHz DSD)』を、DSD 5.6MHzで配信開始 & 1曲フリー・ダウンロード開始!

朝日美穂が6年ぶりのフル・アルバムをリリース!! 2007年〜2012年にかけて描きためられた10曲が収録された本作には、楠均(drums)、千ヶ崎学(bass)、高橋健太郎(guitar)というお馴染みのバンド・メンバーに加え、北村聡(bandoneon…

飯坂温泉ミュージック・フェスティバル「おと酔いウォーク2013」開催

インタヴュー

飯坂温泉ミュージック・フェスティバル「おと酔いウォーク2013」開催

''おと酔いウォークとは?''飯坂(いいざか)町商工会青年部・飯坂温泉観光協会青年部が中心となって実行委員会を立ち上げ。2011年3月に発生した東日本大震災及び原発事故による風評被害により、福島へ訪れる観光客は激減。また、放射性物質汚染の影響を恐れ、福島県…

おすすめの2.3枚(2013/1/23~2013/1/30)

レヴュー

おすすめの2.3枚(2013/1/23~2013/1/30)

早いもので1月ももうすぐ終りですね。月日が流れるのは早いものですが、新たな素晴らしい音源たちも続々とリリースされています。ただ、数が多い! 興味はあるけど、全部は聴いていられない! そんなあなたのために、このコーナーでは、OTOTOY編集部がオススメする今…

良原リエ×トクマルシューゴのトイ・ポップをフリー・ダウンロード

レヴュー

良原リエ×トクマルシューゴのトイ・ポップをフリー・ダウンロード

アコーディオン、トイ・ピアノ、鍵盤ハーモニカ、オルガンなどノスタルジックな味わいをもつ楽器を得意とする鍵盤奏者/音楽家・良原リエのニュー・アルバムの発売が決定。リリースに先駆けて、トクマルシューゴとの共作「shiinomi-korokoro」を、OTOTO…

OTOTOY AWARD 2011受賞作品決定!!!

コラム

OTOTOY AWARD 2011受賞作品決定!!!

決定しました、OTOTOY会員のみなさまの投票により選ばれる「Member's choice」! 1位に輝いたのは昨年12月にリリースされたばかりの畠山美由紀『わが美しき故郷よ』。宮城県気仙沼市出身の彼女に震災直後の動揺、彼女が背負った使命、歌い続けるこ…

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

インタヴュー

Babi『6色の鬣とリズミミカル』がHQDで配信開始1

Babiの音楽は気まぐれな女の子の心象風景を描いたミュージカルのようだ。エレクトロニカをベースにしたトラックに、おもちゃの楽器、そこに彼女の歌が乗る曲からは様々なイメージが飛び出してくる。そこにはいろいろなものに触れる喜びがあり、不安があり、揺れ動く気持ち…

安田寿之 × クレア・マルダー対談

インタヴュー

安田寿之 × クレア・マルダー対談

「きらきら星」「マイム・マイム」「黒猫のタンゴ」「蛍の光」など、世界各国で受け継がれているなじみ深い童謡スタンダードが、『Children's Songs 2050』として、カラフル&スタイリッシュに生まれ変わって登場! 『過去・現在・未来』全ての子供たち…

朝日美穂「夢落ちる」を高音質音楽配信攻略ガイドブック「HOW TO ENJOY HQD ?」付きでフリー・ダウンロード

レヴュー

朝日美穂「夢落ちる」を高音質音楽配信攻略ガイドブック「HOW TO ENJOY HQD ?」付きでフリー・ダウンロード

軽やかでファンキーなヴォーカルと、トータルな音づくりで人気の朝日美穂が、新曲「夢落ちる」をリリース。プロデューサーに高橋健太郎、マスタリング・エンジニアにはtoeの美濃隆章を迎えて制作された本作は、伸びやかなヴォーカルが際立つ、彼女のシンガーとしての魅力を…

View More Articles Collapse
HARCO『tobiuo piano』インタビュー

インタヴュー

HARCO『tobiuo piano』インタビュー

「世界でいちばん頑張ってる君に」など、数々のCMソングでもお馴染みのHARCOが、1年半ぶりのフル・アルバム『tobiuo piano』をリリースした。今作はピアノをフィーチャーしたアコースティック・アルバムで、あたたかい歌声としっとりとした曲調が味わい深…

朝日美穂 インタビュー

インタヴュー

朝日美穂 インタビュー

'''ストレートに自分の特徴を表現できた曲'''''—新曲「Jav Jav 〜レインブーツでおいで」聴かせていただきました。かっこいいですね。''「ありがとうございます。前作はキリンジの堀込高樹さんに曲を書いて頂いて、自分には全くない感覚のものだったんです…

特集企画:まだまだ夏は終わらない

レヴュー

特集企画:まだまだ夏は終わらない

ここのところ全国的に雨続きで、めっきり涼しくなった。ついこの間までは「暑い暑い!」と不快指数高かった人も、「夏が終わってしまったの?」とちょっぴり寂しくなっていたりしないだろうか。でもご心配なく!長期予報によると、9月を過ぎても残暑は続くようだ。今回は、ず…

session#1 朝日美穂×加藤隆生(ロボピッチャー)

連載

session#1 朝日美穂×加藤隆生(ロボピッチャー)

川本真琴、もりばやしみほと組んだミホミホマコトでの活動や、デビュー10周年を飾るセルフ・カヴァーアルバム『Classics』のリリースなど、近年もとまることなく、奔放なアーティスト・センスを放出し続ける朝日美穂。「myspaceを始めてから、ネットを通じて…

Collapse