artist image

朝日美穂

Pop

1996年、ミニアルバム「Apeiron」でCDデビュー。その後ソニーミュージックより2枚のアルバムをリリース。2002年より自身のレーベル「朝日蓄音」を立ち上げ、マイペースに活動中。トータルな音作りと軽やかにグルーヴするヴォーカルで、自身の活動のほか、CMソングなども多数。2013年、アルバム「ひつじ雲」リリース。2014年より、音楽家の良原リエと共に、乳幼児の親子を対象とした音楽イベント「ハニカムジカ」を主催。2019年1月、初めてのラップの録音となった「スイミースイミー」をリリース。ダンサーの篠崎芽美による振り付けで、ダンスにもトライした同曲のMVも公開中。

Official site: http://www.asahi-chikuon.com

Discography

Pop
12 tracks
Pop
7年ぶりのフル・アルバム。朝日美穂を十数年間、支え続けてきた楠均と千ヶ崎学のリズム・セクションに曲ごとに様々なゲストを加えている。冒頭の「スイミースイミー」ではラップに挑戦。ブラジリアン・テイストの「旅するバルーン」はCOVID-19拡大の中で詩を書き、三枝伸太郎とのリモート録音で完成した。モーツァルトに触発された「朝がくるよ」、スペーシーなエレクロ・サウンドから西田修大のギターをフィーチュアしたロック・サウンドへと推移する「オートフライト・コントロール」、Babiをアレンジャーに迎えた「四つ葉のクローバー」など、カラフルで挑戦的な作品が並ぶ。エマーソン北村、アンドウケンジロウ、臼井ミトン、大野紗々らも参加。
Bonus!
11 tracks
Pop
今年始めの「スイミースイミー」に続く朝日美穂の2019年シングル第二弾。エレクトロでスペーシーな雰囲気の表題曲は、途中からバンド・サウンドにすり替わっていく不思議なサウンド。中村佳穂などとの活動で知られる西田修大のギターがフィーチュアされています。カップリングの「スウィンギン・デイズ」にはかえる王国(大野紗々)が参加。何十トラックもの多重録音によるコーラスが聴きものです。
2 tracks
Pop
90年代から独自のポップ・センスを放つ作品を作り続けるシンガー・ソングライター、朝日美穂の6年振りのニュー・リリース。前作『ひつじ雲』はオーガニックな色あいが強かったが、表題曲「スイミースイミー」は彼女自身のプログラミングによるエレクトロなサウンドで、ラップにも初挑戦している。ドラムにはKIRINJIの楠均が参加。「四つ葉のクローバー」は一転、クラシカルな楽器で彩られるチェンバー・ポップ・サウンド。アレンジャーにはBabiを迎えている。どちらも前進し続ける彼女の新局面だ。アニメーションを使った表題曲のヴィデオ・クリップはYoutubeで公開中。ダンサーの篠崎芽美による振り付けで、ダンスにもトライ!
2 tracks
Pop
2012年発表。「夏のトレモロ」はキリンジの堀込高樹との共作。キリンジのリズムセクションである楠均(drums)、千ヶ崎学(bass)は2005年以来、朝日美穂バンドのパーマネントメンバーであり、この曲ではさらに青山陽一(guitar)が参加している。他には田村玄一(pedal steel)、まつきあゆむ(guitar etc)、たまきあや(violin)、戸田和雅子(cho)などがゲスト参加。プロデュース~エンジニアリングは高橋健太郎。
10 tracks
Pop
''【TRACK LIST】''^ 1. 離陸を待ってる (4:14)^ 2. つぼみ (4:36)^ 3. ブラックキューピット (4:15)^ 4. 断捨離 (3:39)^ 5. ひつじ雲 (4:46)^ 6. 夢落ちる (5:37)^ 7. 夏のトレモロ (3:47)^ 8. パイ包みのシチュー (3:11)^ 9. jav jav 〜レインブーツでおいで (5:01)^ 10. 夜明けのグライダー (5:21)^ '''※本パッケージをお買い求めいただくと、OTOTOYジングル(mp3)とDSD(5.6MHz)全曲がダウンロードされます。'''^ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー^ 『ひつじ雲』のDSD配信は、全曲、あらたにDSD用にリマスタリングしたファイルを使用しています。曲によっては、CDとはかなり異なる仕上がりのものもあります。また、DSDのネイティヴ再生を念頭に置いて、リマスタリングしていますので、以下のことにお気をつけ下さい。 ^ DSDにはPCMよりもヘッドルームがあります。PCMの0dbの上に、3.1dbほど余裕があるのです。今回のDSDリマスターの中には、レベルが0dbを越えて、その3.1dbのヘッドルームに達しているものもあります。AudioGateでこうしたDSDのファイルをwavファイルなどに変換すると、ピーク時にクリップして、歪んでしまいます。クリップしないように変換したい場合は、AudioGateの変換時のゲイン設定を-3dbに下げれば、避けることができます。^ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー^ CDの購入は、[[朝日蓄音オンラインショップ|https://asahi-chikuon.stores.jp]]へ^
1 track
Pop
ミホミホマコトでもおなじみ朝日美穂が、配信限定で"夏のトレモロ"リリース開始。 なんと、キリンジ堀込高樹作曲による、ポップで迷宮な夏ソング! しかもゲストギタリストには、青山陽一がスペシャル参加。 決め細やかなサウンドと、朝日さんの優しい唄の世界は、タイトル通り、夏の夕暮れにぴったり。
1 track
Pop
さんを中心に下北沢の大規模道路建設計画に反対するミュージシャンによるプロジェクト「S.O.S.(Sound of Shimokitazawa)」のひとつとして発売された作品。スカ風のリズム、エレクトロなサウンド、バンジョーなども掛け合わせた他にないサウンド。2曲目は下北沢でフィールドレコーディングされた素材を使ったリミックス。
2 tracks
Pop
岡村靖幸の名作「だいすき」を朝日美穂がカバー。これは最初に制作されたニューヨーク・ミックス。
1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

朝日美穂、シングル「世界を揺らし続けてる」12/8にOTOTOYで先行発売

朝日美穂、シングル「世界を揺らし続けてる」12/8にOTOTOYで先行発売

シンガー・ソングライター、朝日美穂の1年5ヶ月ぶりのニュー・リリース。 2020年夏に7年ぶりのアルバム『島が見えたよ』を発表した後、プライベート・スタジオ・ライブをスタートし、楠均、千ヶ崎学とのバンド編成での演奏をYouTube にて配信してきた。 タ

朝日美穂、ソニー・ミュージック・エンターテインメント時代の全作品をデジタル・リイシュー、2/17より配信開始

朝日美穂、ソニー・ミュージック・エンターテインメント時代の全作品をデジタル・リイシュー、2/17より配信開始

朝日美穂のソニー・ミュージック・エンターテインメント時代の全作品がデジタル・リイシューされ、2月17日(水)よりデジタルリリース及びサブスクリプションサービスにて配信開始されることが発表された。 今回リイシューされるのは、「Momotie」、「勉強」、「

朝日美穂、新アルバム『島が見えたよ』をOTOTOYで先行ハイレゾ配信&オンライン・イベント開催決定

朝日美穂、新アルバム『島が見えたよ』をOTOTOYで先行ハイレゾ配信&オンライン・イベント開催決定

シンガー・ソングライター朝日美穂が、7年ぶりのフル・アルバム『島が見えたよ』を、2020年7月29日(水)のCDリリースに先駆けて、7月9日(木)よりOTOTOYにて先行ハイレゾ配信を行う。 本作は、前作『ひつじ雲』同様リズム・セクションに楠均と千ヶ崎学

朝日美穂、7年ぶりフル・アルバム『島が見えたよ』7/29発売決定

朝日美穂、7年ぶりフル・アルバム『島が見えたよ』7/29発売決定

シンガー・ソングライター、朝日美穂が7年ぶりにフル・アルバムをリリースする。 リズム・セクションは前作『ひつじ雲』と同じく、14年来、朝日を支え続ける楠均と千ヶ崎学(KIRINJI のメンバーとしても活動)。加えて、曲ごとに様々なゲスト・ミュージシャンを

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲、ソンソン弁当箱や勃発が参加のコンピほか4作品配信開始

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、2020年5月28日(木)にリリースされた。 今回配信開始されたのは4作品。 朝日美穂が下北沢 leteのために書き下ろした、プライベートスタジオで録音されたシン

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲を配信

『Save Our Place』第8弾で朝日美穂の新曲を配信

OTOTOYによるライヴハウス支援企画『Save Our Place』の第8弾となる作品が、5月28日18時にリリースされる。 この支援企画にシンガー・ソングライターの朝日美穂の参加が決定した。 朝日が本企画に賛同し、下北沢 leteのために制作した新曲

View More News Collapse
朝日美穂ニュー・シングルをOTOTOY先行で8月28日よりハイレゾ配信

朝日美穂ニュー・シングルをOTOTOY先行で8月28日よりハイレゾ配信

2019年初頭にリリースしたシングル「スイミースイミー」に続き、朝日美穂が、本年2作目のシングルをリリースする。 タイトルは「オートフライト・コントロール」。8月28日(水)0 : 00よりOTOTOYにて先行でハイレゾ配信を開始する。 表題曲「オートフ

朝日美穂、6年振りの新作『スイミースイミー』が来週のフィジカル・リリースに先駆けハイレゾにて1週間先行配信決定!

朝日美穂、6年振りの新作『スイミースイミー』が来週のフィジカル・リリースに先駆けハイレゾにて1週間先行配信決定!

90年代から独自のポップ・センスを放つ作品を作り続けるシンガーソングライター、朝日美穂。 来週1月30日(水)に7インチにてリリースされる6年振りの新作『スイミースイミー』が明日1月23日(水)よりOTOTOYにてハイレゾ1週間先行配信されること

朝日美穂、ニュー・シングルを年明けに7インチ&配信でリリース、そしてタイトル楽曲のMVを公開

朝日美穂、ニュー・シングルを年明けに7インチ&配信でリリース、そしてタイトル楽曲のMVを公開

朝日美穂が約6年ぶりの新作となるシングル「スイミースイミー」を2019年1月にリリースする。 「スイミースイミー」は、7インチ・シングルとして1月30日にリリース、そして配信はOTOTOY独占の先行配信となる予定だ。 「スイミースイミー」は彼女が初めてラ

朝日美穂、4年振りの新曲をサウンドクラウドで公開! 名古屋、東京でライヴも

朝日美穂、4年振りの新曲をサウンドクラウドで公開! 名古屋、東京でライヴも

シンガー・ソング・ライターの朝日美穂が、ひさびさ4年ぶりとなる新曲「スイミースイミー」をサウンドクラウドで公開した。 こちらは制作中とされるニュー・アルバムからの楽曲の模様だ。 公開された楽曲では、ファンキーなトラックで、キャリア21年目にして初めて初め

朝日美穂 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に開催

朝日美穂 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に開催

今年、デビュー20周年を迎えたシンガーソングライター朝日美穂。 デビュー20周年記念ライヴを12月29日に東京・十条 シネカフェ・ソトで開催する。 1996年、1stミニアルバム「Apeiron」をリリースをしてから20年。近年では、乳幼児の親子を対象と

親子で楽しむ音楽フェス〈ハニカムジカ〉がコンピ発売、11月にはイベントも

親子で楽しむ音楽フェス〈ハニカムジカ〉がコンピ発売、11月にはイベントも

朝日美穂が主宰する乳幼児の親子イベント〈ハニカムジカ〉からコンピレーション・アルバム『うたう!ハニカムジカ』がリリース。また11月にイベントが行われることも決定した。 〈ハニカムジカ〉とは、小さい子供を育てるお母さんミュージシャンが中心となって、子供に見

Collapse

Articles

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

インタヴュー

朝日美穂、じっくり育てた暮らしと音楽のラグランジュ・ポイント

SSW朝日美穂が、前作『ひつじ雲』から約7年ぶりとなる待望のフル・アルバム『島が見えたよ』をリリース。仕事、子育て、生活、そして自身の音楽活動を忙しない毎日の中で共存させ進んで行く、絶妙なバランスで釣り合うラグランジュ・ポイントとも言える新たなライフ・スタ…

朝日美穂『ひつじ雲(5.6MHz DSD)』を、DSD 5.6MHzで配信開始 & 1曲フリー・ダウンロード開始!

レヴュー

朝日美穂『ひつじ雲(5.6MHz DSD)』を、DSD 5.6MHzで配信開始 & 1曲フリー・ダウンロード開始!

朝日美穂が6年ぶりのフル・アルバムをリリース!! 2007年〜2012年にかけて描きためられた10曲が収録された本作には、楠均(drums)、千ヶ崎学(bass)、高橋健太郎(guitar)というお馴染みのバンド・メンバーに加え、北村聡(bandoneon…

朝日美穂「夢落ちる」を高音質音楽配信攻略ガイドブック「HOW TO ENJOY HQD ?」付きでフリー・ダウンロード

レヴュー

朝日美穂「夢落ちる」を高音質音楽配信攻略ガイドブック「HOW TO ENJOY HQD ?」付きでフリー・ダウンロード

軽やかでファンキーなヴォーカルと、トータルな音づくりで人気の朝日美穂が、新曲「夢落ちる」をリリース。プロデューサーに高橋健太郎、マスタリング・エンジニアにはtoeの美濃隆章を迎えて制作された本作は、伸びやかなヴォーカルが際立つ、彼女のシンガーとしての魅力を…

朝日美穂 インタビュー

インタヴュー

朝日美穂 インタビュー

'''ストレートに自分の特徴を表現できた曲'''''—新曲「Jav Jav 〜レインブーツでおいで」聴かせていただきました。かっこいいですね。''「ありがとうございます。前作はキリンジの堀込高樹さんに曲を書いて頂いて、自分には全くない感覚のものだったんです…

特集企画:まだまだ夏は終わらない

レヴュー

特集企画:まだまだ夏は終わらない

ここのところ全国的に雨続きで、めっきり涼しくなった。ついこの間までは「暑い暑い!」と不快指数高かった人も、「夏が終わってしまったの?」とちょっぴり寂しくなっていたりしないだろうか。でもご心配なく!長期予報によると、9月を過ぎても残暑は続くようだ。今回は、ず…

session#1 朝日美穂×加藤隆生(ロボピッチャー)

連載

session#1 朝日美穂×加藤隆生(ロボピッチャー)

川本真琴、もりばやしみほと組んだミホミホマコトでの活動や、デビュー10周年を飾るセルフ・カヴァーアルバム『Classics』のリリースなど、近年もとまることなく、奔放なアーティスト・センスを放出し続ける朝日美穂。「myspaceを始めてから、ネットを通じて…