News

2020年07月08日12時05分

 
朝日美穂、7年ぶりフル・アルバム『島が見えたよ』7/29発売決定
 

シンガー・ソングライター、朝日美穂が7年ぶりにフル・アルバムをリリースする。

リズム・セクションは前作『ひつじ雲』と同じく、14年来、朝日を支え続ける楠均と千ヶ崎学(KIRINJI のメンバーとしても活動)。加えて、曲ごとに様々なゲスト・ミュージシャンをピックアップし、色とりどりの作品集に仕上げられている。

昨年シングルでリリースした「スイミースイミー」は、朝日自身のプログラミングによるエレクトロなサウンドで、初めてラップにも挑戦。
ブラジリアン・テイストの「旅するバルーン」は、COVID-19拡大の中で詩を書き、三枝伸太郎(Piano)とのリモート・セッションで完成した。
絵本の世界を飛び交うような「朝がくるよ」はモーツァルトに触発された異色作。エマーソン北村とカセットコンロスなどのクラリネット奏者、アンドウケンジロウが参加している。
スペーシーなエレクロ・サウンドから西田修大のギターをフィーチャアしたハードなロック・サウンドへと推移する「オートフライト・コントロール」、Babiをアレンジャーに迎えた、クラシカルなアンサンブルの「四つ葉のクローバー」など、これまでにない挑戦的な作品が並ぶ。
Vulfpeckのセッションに刺激を受けた「Wednesday ブルース」では臼井ミトンの鍵盤が彫りの深いグルーヴを提供。
女性らしい日常ソング「スウィンギン・デイズ」には大野紗々(かえる王国)がウクレレなどで参加。
原点であるピアノ弾き語りから生まれた「ベーグルソング」、「春が来た」など、ページをめくるごとに予期せぬ世界が広がる全11曲。

ジャケットのイラストレーションは前作『ひつじ雲』と同じく、クラーク志織が担当している。 (内)

■リリース情報

島が見えたよ / 朝日美穂
asahi-chikuon ASCO-9006
2020年7月29日 発売
2500 円(税込)

1. スイミースイミー
2. 旅するバルーン
3. Compass Point 90
4. 朝がくるよ
5. オートフライト・コントロール
6. Compass Point 180
7. 四つ葉のクローバー
8. Wednesday ブルース
9. スウィンギン・デイズ
10. ベーグルソング
11. 春が来た

作詞 & 作曲 : 朝日美穂
プロデュース : 高橋健太郎
イラストレーション : クラーク志織
参加ミュージシャン : 楠均、千ヶ崎学、三枝伸太郎、エマーソン北村、アンドウケンジロウ、西田修大、Babi、吉田篤貴、篠塚恵子、臼井ミトン、大野紗々(かえる王国)

■朝日美穂 HP
https://asahi-chikuon.com

あわせて読みたい