Track TitleDurationPrice
Anber  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:15 Add Track
Final Door to the Sea  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:39 Add Track
Copy Me and Paste You  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:35 Add Track
Drunk Jukebox  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:31 Add Track
Pink House  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:46 Add Track
Uran  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:44 Add Track
Visc  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:15 Add Track
Blind Bound  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:08 Add Track
Desgouster  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:40 Add Track
Taste Bud  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:01 Add Track
Colors in Light  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:44 Add Track
Into the Steam  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:43 Add Track
McKinley  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:35 Add Track
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 66:36
Album Info

篠山紀信写真映像作品へ提供した、 キッチュでビザールなリズム曲中心のサウンドトラックアルバム。 グラビアアイドルが、 高名な写真家が、 しがない音楽家が、 そしてあなたが持つ、 「普通」 な 「可笑しさ」 。 このアルバムは、 篠山紀信氏のDigi+Kishin名義での写真映像作品へ2006年頃から提供した音楽作品から、 2009年2月に発売した 「GIRLS (Soundtracks for Digi+Kishin Vol. 1)」 とは異なる方向の"Weird"なリズム曲を中心に再編した作品集である。 Digi+Kishin作品には、 大きく分けて2方向あると認識している。 何れも女性の内面を晒させるパワーに満ちていることに変わりはないが、 ひとつは親密な室内で幽冥な表情を捉えた、 直接的に彼女らの二面性を表現した作品群。 もうひとつは快晴の屋外で満面の笑顔で飛び跳ねる女性全体の躍動を捉えた作品群である。 間接的な表現という意味で、 実は後者の方が彼女らの逆しまな心理が強烈に表されている気がする。 燦々と照る太陽の下で裸体と共に振りまかれた笑顔を少し心痛みながら見る僕の視点は、 ムルソー(カミュ 「異邦人」 )のようでもある。 その観点は、 彼女らの奇妙さを少数派にし安全な場所から貶むようなものでは全くない。 むしろそれらをごくOrdinaryでIndividualなもの(誰もが持つもの)として、 僕の持つ同義の可笑しさで応える。 当然それら全体は篠山氏の純然な 「をかし」 さによって統率されたもので、 個々が持つユニークさに訴える受容力を持つ。 「変なことはおかしいことじゃないよ」 と呟きながら人知れず炎天下の中そっと溶け出すモンスターの、 計り知れぬ微笑を伴って。 (2010年3月 安田寿之)

Discography

News

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

電子音楽の祭典〈EMAF TOKYO 2015〉、今年もOTOTOYにて期間限定低価格コンピ・リリース! フルラインナップも発表

今年で3年目を迎える、恵比寿〈LIQUIDROOM〉で行われる〈-Electronic Music of Art Festival Tokyo〉通称、〈EMAF TOKYO〉。今年も11月7日(土)に恵比寿〈LIQUIDROOM〉にて開催。 今年はドイツ

Articles

安田寿之 × クレア・マルダー対談

インタヴュー

安田寿之 × クレア・マルダー対談

安田寿之 × クレア・マルダーの対談が実現!「きらきら星」「マイム・マイム」「黒猫のタンゴ」「蛍の光」など、世界各国で受け継がれているなじみ深い童謡スタンダードが、『Children's Songs 2050』として、カラフル&スタイリッシュに生まれ変わっ…