album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
King Of The White Chip  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 03:44 N/A
2
Boys Will Be Boys  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 02:12 N/A
3
宵山ミラーボール  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 02:20 N/A
4
36.4  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 02:46 N/A
5
ルサンチマン  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 01:32 N/A
6
新しい風  alac,flac,wav: 16bit/44.1kHz 02:42 N/A
Album Info

Helsinki Lambda ClubがUK.PROJECT内に新しく設立した”Hamsterdam Records”の一作目となるtetoとのスプリットCD「split」を6/7(水)に発売する。ここ数年でカセットテープや、アナログレコードの需要が高まっているのは周知の事実だが、どちらの媒体もA面、B面に分離されていることを逆手にとり、スプリット音源のリリースが世の中的にも徐々に盛り上がりを見せている。Helsinki Lambda Clubは過去にファースト8cmシングル、福袋シングル、ファースミニ、ファーストマキシ、ファーストアルバムと、無駄に異なるフォーマットでリリースし続けてきたのだが、今作も「ファーストスプリットシングル」で無事に異なるフォーマットを追及することに成功した。スプリット音源の醍醐味は「組み合わせ」の一言に尽きる。凹凸のように、組み合わせが完璧であればあるほど、相乗効果ははかりしれないのだが、今作でのHelsinki Lambda Clubとtetoのスプリットはまさしく完璧な組み合わせになっている。その理由として、似ているようで似てない。似ていないようで似ているこの両バンドに共通しているのは圧倒的センスの良さだが、いずれはブラーvsオアシスみたいに闘う日がやってきたら面白い。

Add all to INTEREST

Discography

Rock

Helsinki Lambda Club、"未来のHelsinki Lambda Club”がテーマの新曲を配信リリース!

Rock

昨年 12 月にリリースしたミニアルバム「Tourist」から約 1 年ぶりとなる今作品「Good News Is Bad News」は、T シャ ツに 3 曲の音源を収録した CD-R を付けて、ライブ会場限定でリリースする。過去に 8cm シングル、レコード、USB など様々 な形態でリリースをしてきたヘルシンキが T シャツをメインにしてリリースする理由は、メンバーが一目惚れしたイラスト レーターの Cristina Daura に面識もないのに発注したところ、まさかの快諾してくれたことがきっかけとなる。彼女はスペ インのバルセロナを中心に活動しているが、DAN DEACON や Ezra Furman などのアートワークも手掛けており、世界的に 活躍しているイラストレーターである。 今作品のリリースを記念して、全国 8 ヶ所を周る「Good News Is Bad News」release tour “Good News For You” の 開催も決定。2020 年 2 月 15 日 ( 土 ) 福岡 graf を皮切りに仙台、札幌、金沢、新潟、名古屋、大阪、そして渋谷 CLUB QUATTRO がツアーファイナルとなり、ツアー会場で音源付き T シャツの販売を開始する。T シャツもこのジャケットデザ インを元に作成。 12 月 11 日 ( 水 ) には Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、AWA などの各ストリーミングサービスにて「Good News Is Bad News」収録の 3 曲が配信スタート。 今作は原点回帰とも言えるロックンロールリバイバルに影響を受けた初期のヘルシンキが垣間見えつつも、バンドを続けてき た今だからこそ鳴らせるサウンドに仕上がった。人はそれを成長、または進化と呼ぶらしい。M1「Good News Is Bad News」は The Strokes とか 2000 年代初頭のあの感じ。ギターは 1 本のみというシンプルな潔さにより、メロディとグルー ヴが浮き立つ。M2「Debora」はとにかく転調が気持ちよい。後半の「橋本って人、バカなのかな?」っていう展開に飲んで るお茶を噴き出してほしい。M3 はデビュー前の自主制作盤に収録されている「KIDS」を熊谷 (Gt.) 主導でリアレンジし、ド ラムとベースのファンキーなリズム隊に注目。

Rock

ファーストアルバム『手』から約1年ぶりとなる、tetoのセカンドアルバム『超現実至上主義宣言』。前作同様に15曲を収録した本作はパンク、四つ打ち、ネオアコなどさまざまな曲調を纏いながらも、非常に高いテンションでリスナーの感情に訴えかけるtetoらしいオルタナティブなギターロックを披露している。

Rock

ファーストアルバム『手』のリリースから半年ぶりとなるセカンドシングルのタイトルは「正義ごっこ」。一曲目の「夜想曲」は哀愁で激情。二曲目の「ラムレーズンの恋人」は夢心地で儚い。三曲目の「時代」は郷愁で叙情。四曲目の「こたえあわせ」はどストレートなteto。

Rock

“PAVEMENTだとB面の曲が好き”と豪語するボーカル橋本を中心とした日本のロックバンド、Helsinki Lambda Clubのミニ・アルバム。

Rock

昨年8月末にミニアルバム「dystopia」をリリース後、テレビ出演(「バズリズム02」コレはバズるぞ2018 ランキング2位)や、年末の「COUNTDOWN JAPAN 17/18」に出演したりと、天井知らずの勢いで2017年を駆け抜けたtetoが、今年3月に発売したシングル「忘れた」から半年の期間を経て、15曲入りとなる初のフルアルバムを完成させた。今作には、現在廃盤で入手困難な状況が続いている自主制作盤「Pain Pain Pain」から、彼らの代表曲でもある「高層ビルと人工衛星」や「Pain Pain Pain」を含む4曲を再録した他、1曲目の「hadaka no osama」の激パンクチューンから始まり、アルバムタイトルにもなっている15曲目の「手」がアルバムのラストを飾る。

Rock

Helsinki Lambda Club、6月リリースの「PIZZASHAKE」に続く配信シングル「Jokebox」をリリース

Rock

今までにCD、USB、7インチなど異なるフォーマットでファーストシリーズをリリースしてきた彼らだが、6月にリリースする配信シングル「PIZZASHAKE」でファーストシリーズを完結させる。 今楽曲はThe Jackson 5 meets Vulfpeckか!?といった感じでソウルやファンク的アプローチもあり、バンド初の試みとしてサックス、トランペット、キーボードが参加。オールドスクールな雰囲気を醸し出しつつも、きちんと2018年に鳴っている音楽に仕上がった。

Rock

昨年8月末にミニアルバム「dystopia」をリリース。その後、テレビ出演(「バズリズム02」コレはバズるぞ2018 ランキング2位)や、年末の「COUNTDOWN JAPAN 17/18」に出演したりと、天井知らずの勢いで2017年を駆け抜けたteto。前作から約半年のスパンを空けた今作は4曲入りシングル。簡潔に伝えると「バラエティに富んだ作品」になるのだが、そんな凡庸な表現では収まらない内容に仕上がっている。リード曲となるM1「忘れた」は説明皆無で詩も歌も演奏も、とにかく叙情的で涙腺を緩ませる。M2「拝啓」は2ビートのteto節が炸裂した痛快なメロディックパンクで鼓膜を緩ませる。M3「Nothing Goes Right」はYOUNG PUNCH のカバー。90年代後半に世間を席捲したスカパンクだが、2018年に聴くと新鮮で思わず頬を緩ませる。M4「光るまち(アコースティックVer.)」は「バンドバージョンもあるのか?」と次作への期待感を高め、神経を緩ませる。

Rock

2017年に自身のレーベル「Hamsterdam Records」を立ち上げ、今年の6月に第一弾となるtetoとのスプリットCDをリリース。過去作を常に「ファースト〇〇」でリリースしてきた彼らの第二弾となる今作でも、懲りずにファースト縛りを貫いている。バンド初となるアナログ盤とUSBをセットにした全3曲入りのシングル仕様。7インチのA面に収録「Time,Time,Time」はレコードの回転数を思わず早めたり、いや、むしろ遅くさせたりして遊びたくなってしまうような軽快さと脱力感を感じさせつつも、サビのグッとくるメロディには、やっぱり橋本薫節がふんだんに詰まっているので、当然の如く中毒性が高い。B面に収録「バロンダンス」は、「あれっ、The ピーズのCD聴いてたっけ?」という錯覚に一瞬陥りそうな気配が漂うスローテンポの楽曲であり、出だしの歌詞から「君が死んでほんとによかった」と歌うこのバンドの精神状態が少し心配ではあるが、The ピーズの「シニタイヤツハシネ」に通じるモヤモヤっとした曲の感触が、逆に心地よいかもしれない。さらに、USBには7インチに収録の2曲とは別に新曲「素敵な負け犬」を収録。「あれっ、これもタイトルがThe ピーズっぽくねー?」という流れに一瞬陥りそうな気配が漂う楽曲名ではあるが、硬派でストレートなロックンロールである。と思いきや突如の転調。プログレかっ?というヘルシンキらしいストレートではない楽曲に仕上がった。

Rock

バンド結成から約1年半。5曲入り自主音源と、6月にリリースしたスプリット音源しか世に流通していないのにもかかわらず、世の中の人間が彼らを放っておかない状況が続いている。無名の新人なはずなのに、とあるネット専門のレコードショップでは自主音源が記録的なセールスをたたき出し、スペースシャワーTVのパワープッシュ「it」に「36.4」が選ばれ、04 Limited Sazabysの山陰ツアーに突如誘われ、忘れらんねえよの柴田氏からはツイートで猛プッシュされ、訳もわからぬ内に地上波(フジテレビ)の番組「PARK」に出演をはたす。ただ曲をつくり、ただライブをしているだけなのにものすごい勢いでバンドの知名度が広がっている。ほんとに良いものって、なにもしなくても勝手に拡散されていくという一番理想的な形である。そんな良い意味で騒がしい状況が続いているなか、今作は懐かしさと新しさが絶妙なバランスで共存しており、ど真ん中なパンクチューンからローファイ、ガレージポップなサウンドアプローチもあり、つまり何年経っても色褪せない作品だということを自信をもって断言したい。M6「9月になること」ではリーガルリリーのたかはしほのかがコーラスで参加。

Rock

バンド初となるフルアルバム完成。2017年のキーワードは”ニューオルタナティブ”。彼らがその渦の中心となる。

Rock

前作のミニアルバムから約一年ぶりのリリースとなる今作のフォーマットは、4曲入りマキシシングル!恋人に言われたらグサっとくる一言「友達にもどろう」というタイトルに決定。ジャケットのイラストは、初代4コマGP優勝者であり、芸人のおほしんたろうの書き下ろしである。かわいい。大切だった人と区切りをつけたいときに発する「友達にもどろう」という言葉みたいに、胸にグサっと響いたり、楽しかった日々を思い出したり、哀愁ただよう記憶だったり、どろどろになってしまった情念だったり、兎にも角にも多種多様な感情がひとつにまとまってしまった音源に仕上がった。このマキシシングルは、3ヶ月で完売となった500枚限定シングル(ライブ会場と通販でのみ販売)に収録の「TVHBD」「メリールウ」の2曲に加え、新曲「しゃれこうべ しゃれこうべ」と、自主制作盤に収録の「ぢきぢき」を新たに録音した。

Rock

UK.PROJECT主催のオーディションで最優秀賞を獲得したHelsinki Lambda Clubのファースト・ミニアルバム。大好きだったバンドが解散。それにともなう喪失感。ぽっかりと穴があいてしまっていませんか?もう恋なんてしない、なんて思っていませんか?ヘルシンキラムダクラブはあなたの「ココロのスキマ」お埋めします。

Rock
V.A.

Helsinki Lambda ClubがUK.PROJECT内に新しく設立した”Hamsterdam Records”の一作目となるtetoとのスプリットCD「split」を6/7(水)に発売する。ここ数年でカセットテープや、アナログレコードの需要が高まっているのは周知の事実だが、どちらの媒体もA面、B面に分離されていることを逆手にとり、スプリット音源のリリースが世の中的にも徐々に盛り上がりを見せている。Helsinki Lambda Clubは過去にファースト8cmシングル、福袋シングル、ファースミニ、ファーストマキシ、ファーストアルバムと、無駄に異なるフォーマットでリリースし続けてきたのだが、今作も「ファーストスプリットシングル」で無事に異なるフォーマットを追及することに成功した。スプリット音源の醍醐味は「組み合わせ」の一言に尽きる。凹凸のように、組み合わせが完璧であればあるほど、相乗効果ははかりしれないのだが、今作でのHelsinki Lambda Clubとtetoのスプリットはまさしく完璧な組み合わせになっている。その理由として、似ているようで似てない。似ていないようで似ているこの両バンドに共通しているのは圧倒的センスの良さだが、いずれはブラーvsオアシスみたいに闘う日がやってきたら面白い。

Dance/Electronica
V.A.

森で聴くためのエレクトリックミュージック。「Deep Forest」 をテーマに国内外から9組のアーティストが参加。ダブ、アンビエント、エレクトロニカからテクノ、ダブステップまで全14曲100分にも及ぶ2枚組コンピレーションアルバムが完成。

News

P青木オンライン生誕祭「ポンコツの日 2020」にTENDOUJI、東京初期衝動、Helsinki Lambda Club、眉村ちあきら出演決定

P青木オンライン生誕祭「ポンコツの日 2020」にTENDOUJI、東京初期衝動、Helsinki Lambda Club、眉村ちあきら出演決定

仕事はできるものの、その反面「ポンコツ」で有名なロックエージェント 「エイティーフィールド」代表・青木勉 (P青木) の誕生日となる6月3日「ポンコツの日」(財団法人日本記念日協会認定)に行われる恒例のセルフプロデュースの生誕ライブイベント「P青木生誕祭

Helsinki Lambda Club、“午時葵”リリックビデオをプレミア公開

Helsinki Lambda Club、“午時葵”リリックビデオをプレミア公開

Helsinki Lambda Clubが、3月にリリースした配信シングル「午時葵」のリリックビデオをYouTubeにてプレミア公開することが決定した。 2020年5月21日(木)21時より公開。ぜひリアルタイムでカウントダウンやチャットを楽しんで欲しい

“未来のHelsinki Lambda Club”がテーマの新曲を本日配信リリース&ライヴ生配信決定

“未来のHelsinki Lambda Club”がテーマの新曲を本日配信リリース&ライヴ生配信決定

Helsinki Lambda Clubが本日3月20日(金)に、新曲“午時葵”を配信限定でリリースした。 前作「Good News Is Bad News」は原点回帰とも言える、ロックンロールリバイバルに影響を受けた初期のヘルシンキが垣間見える作品であ

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Club、リリースツアーのゲストにナードマグネットとNo Buses決定

Helsinki Lambda Clubが先週からデジタル配信を開始したシングル「Good News Is Bad News」収録の3曲をCD-Rにして、Tシャツとセットでライヴ会場限定でリリース。 それを記念して、全国8ヶ所を周る「Good News

ヘルシンキ、新作Tシャツに音源を付けてリリース & 配信決定

ヘルシンキ、新作Tシャツに音源を付けてリリース & 配信決定

Helsinki Lambda Clubが昨年12月にリリースしたミニアルバム『Tourist』から約1年ぶりとなる今作品『Good News Is Bad News』は、Tシャツに3曲の音源を収録したCD-Rを付けて、ライブ会場限定でリリースする。 過

TENDOUJI、1stシングル「COCO」配信スタート&MV公開

TENDOUJI、1stシングル「COCO」配信スタート&MV公開

11月6日に発売となる、TENDOUJI待望の1stシングル「COCO」。その表題曲のミュージックビデオが公開された。 監督はタイの新進気鋭の女性クリエイターKhamkwan。タイでの過酷(?!)な撮影に耐えてのTENDOUJIらしいPOPな仕上がりとな

View More News Collapse
台風で中止となっていた「TENDOUJI presents HUNG!GET!TAG!NIGHT!!!」リベンジ開催決定

台風で中止となっていた「TENDOUJI presents HUNG!GET!TAG!NIGHT!!!」リベンジ開催決定

待望の1stシングル『COCO』のリリースと、全国ツアー間近のTENDOUJI。 10月13日にMINAMI WHEEL EDITIONとして初の大阪開催を予定していた、DJを交えて開催している自主企画イベント『HAG!GET!TAG!NIGHT!!!』

ヘルシンキ自主企画ライブでkoochewsen、Layneとのスリーマン決定

ヘルシンキ自主企画ライブでkoochewsen、Layneとのスリーマン決定

Helsinki Lambda Clubが自分たちがその時に共演したいと思ったアーティストを招いて開催する自主企画〈Moloko Plus〉を始動することが決定した。 定期的に自主企画を行うのは2016年にどついたるねん、古舘祐太郎バンド、ふくろうずを迎

teto、10/23発売2nd AL『超現実至上主義宣言』より「蜩」先行配信スタート

teto、10/23発売2nd AL『超現実至上主義宣言』より「蜩」先行配信スタート

tetoの15曲収録のアルバムから、一発目となる「蜩」のミュージックビデオが本日10月9日から公開となった。 映像ディレクターには、シングル「正義ごっこ」収録の「夜想曲」と同じく、木本健太が担当。tetoらしさ全開の畳みかける楽曲であるがゆえに、無駄な画

odol、「狭い部屋 (Rearrange)」本日配信リリース

odol、「狭い部屋 (Rearrange)」本日配信リリース

odolが本日9月25日(水)に「狭い部屋 (Rearrange)」をリリース、各種ダウンロードサイトにて配信開始となった。 「狭い部屋 (Rearrange)」は、odolが新曲とは別の新たな軸として、一度リリースされた楽曲に対しリアレンジ/リレコーデ

The Songbards、1st full AL『CHOOSE LIFE』11/20にメジャーリリース決定

The Songbards、1st full AL『CHOOSE LIFE』11/20にメジャーリリース決定

神戸出身4人組バンド The Songbardsが、キャリア初となるフルアルバムをビクターのロックレーベルGetting Betterから11月20日にリリースすることを発表した。 記念すべきメジャー初リリースとなる1stフルアルバムのタイトルは『CHO

Gateballers 3rd ALレコ発ツアー対バン発表、ファイナルは髭、Helsinki Lambda Clubとの3マン

Gateballers 3rd ALレコ発ツアー対バン発表、ファイナルは髭、Helsinki Lambda Clubとの3マン

9月4日に3rdアルバム『Infinity mirror』を発売したGateballersがレコ発ツアーの対バンを発表した。 既に発表されていた盟友HAPPYとの対バンの他に、大阪では「ベランダ」仙台では「キイチビール&ザ・ホーリーティッツ」と親交が深い

teto 2nd AL『超現実至上主義宣言』発売決定、47都道府県ツアー日程発表

teto 2nd AL『超現実至上主義宣言』発売決定、47都道府県ツアー日程発表

tetoがファーストアルバムから約一年を経て、15曲を収録したセカンドアルバム『超現実至上主義宣言』を10月23日に発売する。 あわせて、47都道府県を周るteto 47都道府県ツアー 「日ノ出行脚」の会場と日程も発表。 新しいアーティスト写真も本日より

TENDOUJIが対バン&ワンマンツアー開催を発表

TENDOUJIが対バン&ワンマンツアー開催を発表

大型フェスに続々と出演し、シーンを席巻しているTENDOUJI待望のツアーが決定した。 前半の11月は《TAIBAN 2019》と題した対バンツアー(出演バンドの発表は9月中旬予定)、後半の1月からは《ONEMAN 2020》と題しワンマンツアーの形で行

TENDOUJI、自主企画大阪公演に、DENIMS、Helsinki Lambda Clubら出演

TENDOUJI、自主企画大阪公演に、DENIMS、Helsinki Lambda Clubら出演

TENDOUJIが自主企画イベント〈HAG!GET!TAG!NIGHT!!!〉を10/13(日)にMINAMI WHEEL EDITIONと題して大阪で開催する。 対バンには、DENIMS、Helsinki Lambda Clubらの出演が決定。チケット

odol 自主企画ライブに、ものんくる、Helsinki Lambda Club、The fin.出演

odol 自主企画ライブに、ものんくる、Helsinki Lambda Club、The fin.出演

odolが2019年秋に東名阪にて開催する、自主企画ライブシリーズ〈O/g(オージー)〉のゲストアーティストを発表した。 10/16(水)東京公演には、ものんくる、10/18(金)大阪公演には、Helsinki Lambda Club、11/14(木)愛

2(ツー) presents 3ヶ月連続自主企画2マンにteto、ハルカミライ決定

2(ツー) presents 3ヶ月連続自主企画2マンにteto、ハルカミライ決定

全国13箇所を回った「4 PIECE FOR PEACE」ツアーのファイナルである渋谷クアトロで2(ツー)の新たな自主企画が発表された。 10月から3ヶ月連続マンスリーで行われる2マンライヴが下北沢シェルターにて開催される。2メンバーの同世代バンドとやり

台風クラブ×ヘルシンキ×ベランダ  下北沢SHELTERにてスリーマン

台風クラブ×ヘルシンキ×ベランダ 下北沢SHELTERにてスリーマン

2018年9月13日(金)に下北沢SHELTERにて、台風クラブ × Helsinki Lambda Club × ベランダ によるスリーマンイベントが開催されることが決まった。 チケットは7/1からイープラス、SHELTER店頭にて発売される。 三者

Helsinki Lambda Clubが髭をゲストに迎え、アフターパーティー開催

Helsinki Lambda Clubが髭をゲストに迎え、アフターパーティー開催

本日6/28(金)に結成6周年記念イベント”Everybody Wants Help!!”の東京公演を満員の代官山UNITで行なったHelsinki Lambda Club。 大阪公演もSOLD OUTしている中、ゲストにヘルシンキメンバーが敬愛する髭を

tetoのツアーファイナルが「スペシャアプリ」と「LINE LIVE」にて生配信決定

tetoのツアーファイナルが「スペシャアプリ」と「LINE LIVE」にて生配信決定

teto「ツアー2019 正義売買 -seigi bye bye-」のツアーファイナルTSUTAYA O-EAST公演の生配信が決定した。 このツアーは今年4月24日に発売した4曲入りシングル「正義ごっこ」のリリースツアーであり、全てワンマンライヴ。 仙

Helsinki Lambda Club × odol 中国ツアー決定

Helsinki Lambda Club × odol 中国ツアー決定

Helsinki Lambda Clubとodolが初の中国ツアーを開催することが決定した。 この中国ツアーは、8月9日(金)に北京、8月10日(土)に上海の2都市を回るもの。 Helsinki Lambda ClubとodolはUK.PROJECTのレ

オールナイトロックイベント神戸編〈BAYCAMP KOBE  2019〉出演アーティスト第2弾

オールナイトロックイベント神戸編〈BAYCAMP KOBE 2019〉出演アーティスト第2弾

2011年よりスタートしたドキドキとロックだけを発信するオールナイトロックイベント〈BAYCAMP〉。 神奈川県川崎市を舞台に開催してきたBAYCAMPが、2017年より関西、神戸にてBAYCAMP KOBEとして始まった。 その3年目、今年も神戸Har

〈UKFC on the Road 2019〉開催決定、今年のテーマは“GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty“

〈UKFC on the Road 2019〉開催決定、今年のテーマは“GO AHEAD TOTALFAT, GOOD BYE Kuboty“

「UKFC」はレコード会社UK.PROJECTとプロダクションUKPMがつくる真夏のイベント。全員が仲間、全員がライバル。アットホームさと真剣勝負が交錯する独特の空気の中ここでしか見ることのできないライヴを届けてきた。 そんな中、毎回真夏をさらに熱くさせ

スカート、6月リリースのメジャー2ndアルバム『トワイライト』を提げ開催する全国ツアーの対バンが決定

スカート、6月リリースのメジャー2ndアルバム『トワイライト』を提げ開催する全国ツアーの対バンが決定

記念すべきメジャー第2弾のアルバムとなる『トワイライト』を6月19日(水)にリリースするスカート。 先日、アルバム・タイトルと共にその全容が発表となり、ツアー・タイトルもアルバムと同タイトルの”トワイライト”に決定した。 リリースツアーは札幌を含む東名阪

Collapse

Articles

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

インタヴュー

きっかけは香港にあった便所の落書き──ヘルシンキ、新作をリリース

2018年12月にいままで以上に自らの“やりたいこと”を自由に作品に落とし込み、バンドとしてさらなる進化を遂げたHelsinki Lambda Club(以下、ヘルシンキ)。昨年はスカートやTENDOUJIをはじめ、さまざまなバンドの自主企画に迎えられなが…

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

インタヴュー

佐藤健一郎(Ba)に訊く、バンドの過去といま──teto新アルバム特集第2弾

結成から4年目を迎えるteto。先日2ndアルバム『超現実至上主義宣言』をリリースし、現在47都道府県を回るツアー〈日ノ出行脚〉を実施するなど、大きな注目を集めている彼ら。OTOTOYでは1stミニ・アルバム『dystopia』リリース時より毎回メンバー全…

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

インタヴュー

リアルな勢い詰め込んだ、teto『超現実至上主義宣言』メンバー全曲解説

初シングル「忘れた」収録の“光るまち”がアルバムの1曲目を飾る今回の新アルバム『超現実至上主義宣言』。前回は弾き語りで収録されていたが、今回はバンド・アレンジで収録。1曲目の時点でこれまでのtetoの最高傑作を予感させる今作では、このほかにもシンセや四つ打…

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

インタヴュー

激情ほとばしるtetoの2ndシングル『正義ごっこ』

昨年待望の1stフル・アルバム『手』をリリースし、全国22カ所を回るツアー〈結んで開いて〉では、ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMを含め、ソールドアウトが続出するなど、全国各地で意気盛んな活動を見せるロック・バンド、teto。そんな彼らがシングル「正義…

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

インタヴュー

5年目に訪れたHelsinki Lambda Clubの転換期──自分らしく開き直る『Tourist』

自らの音楽を“ニューオルタナティヴ”と形容し、1990年代のオルタナ・ロックや現行のインディ・シーンからの影響を受けつつも、独自の活動を広げるHelsinki Lambda Clubも今年で結成5年目。そんな彼らが新たにリリースしたセカンド・ミニ・アルバム…

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

インタヴュー

teto、限りなく“純度”にこだわった待望の1stフル・アルバム『手』をリリース

2018年、1stシングル「忘れた」をリリースし、全国9か所を廻るツアーや、バンド初のワンマン・ツアー〈始発〉を開催、夏には大型野外イベントに多数出演するなど、まさに破竹の勢いで活動を続けるロック・バンド、teto。昨年8月に初の全国流通作品となるEP『d…

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

インタヴュー

過ぎていった景色にある、忘れてしまった出会い──tetoの底力を見せつける初シングルを配信スタート

パンク、ガレージ・サウンドを取り入れたキャッチーな楽曲と、エモーショナルなライヴ・パフォーマンスで2016年の結成以来、多くの注目を集め続けるロック・バンド、teto。昨年2017年は多くの大型フェスへの出演や、テレビ出演、そして初の全国流通ミニ・アルバム…

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神

インタヴュー

細かすぎる仕掛けたち!? ──ヘルシンキの橋本が語る『Time,Time,Time』のサービス精神

2017年に自身のレーベル〈Hamsterdam Records〉を立ち上げたHelsinki Lambda Club。これまで、1stシングルにはじまり、1stミニ・アルバム、1stフル・アルバム、1stスプリット…… と、“ファースト縛り”でリリースを…

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

インタヴュー

しょうもない毎日のなかに求める一瞬の輝き──tetoが待望の1stミニ・アルバム『dystopia』をリリース

笑いあって描き合って抱き合える…… そんな“ユートピア”のような世界が、『dystopia』と名付けられたこのミニ・アルバムには広がっている。そんな作品をバンド結成から1年半、これまで5曲入り自主音源と、6月にリリースされたHelsinki Lambda …

300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信

ライヴレポート

300人と「相思相愛」──Helsinki Lambda Club 多幸感に満ちたワンマン&tetoとのスプリットを配信

2017年6月30日、Helsinki Lambda Clubが自主レーベル、Hamsterdam Recordsの設立記念として、ワンマン・ライヴを行った。開場から開演までの間も、来場特典や上映会、型抜き大会などなど、お楽しみ企画が盛りだくさん。ヘルシン…

【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto2days2マン“Last Comer”──1日目の模様をお届け

ライヴレポート

【ライヴ・レポート】Helsinki Lambda Club × teto2days2マン“Last Comer”──1日目の模様をお届け

'''巷を賑わせたスプリットから2曲を配信中'''''Helsinki Lambda Club,teto / split''''【配信形態】''WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 216円(税込) / まとめ 43…

【ライヴレポート】Helsinki Lambda Culb 渋谷WWWにて千秋楽

ライヴレポート

【ライヴレポート】Helsinki Lambda Culb 渋谷WWWにて千秋楽

今日も電車に乗って、携帯ニュースを開いてみる。人は世の中の過激な出来事や批判に自然と目がいく。巷を賑わすスキャンダルは皆好きなのに聞き耳立てるだけで、タブーと分かっているが故に踏み込むことは無い。こんなニュースもしばらくしたら忘れてしまうんだろうな。そう考…

View More Articles Collapse
Helsinki Lambda Club、初のフル・アルバム配信&インタヴュー

インタヴュー

Helsinki Lambda Club、初のフル・アルバム配信&インタヴュー

Helsinki Lambda Clubがついにフル・アルバムをリリースする。バンドが敬愛するAnalogfishの下岡晃(Vo, G)をプロデューサーとして迎えて制作された『ME to ME』。学業優先のためバンドを離脱していた佐久間公平(G, Cho)…

Helsinki Lambda Club、初のマキシシングルを配信&インタヴュー

インタヴュー

Helsinki Lambda Club、初のマキシシングルを配信&インタヴュー

"恋人に言われたらグサっとくる一言「友達にもどろう」というタイトルに決定した"という、相変わらずのユーモアさを持って4曲入りのマキシ・シングルをリリースしたHelsinki Lambda Club。本作にはライヴ会場と通販のみで販売されていた500枚限定シ…

Helsinki Lambda Club、待望のミニ・アルバムをリリース

インタヴュー

Helsinki Lambda Club、待望のミニ・アルバムをリリース

UK.PROJECTのオーディションで優勝し、昨年12月に限定生産の1stシングル『ヘルシンキラムダクラブのお通し』をリリースしたHelsinki Lambda Club。あれから3ヶ月、待望のミニ・アルバム『olutta』が到着した。フィンランド語で<ビ…

ヘルシンキラムダクラブ、限定リリースで勢いがつきはじめる彼らにインタヴュー

インタヴュー

ヘルシンキラムダクラブ、限定リリースで勢いがつきはじめる彼らにインタヴュー

2014年12月10日に、2曲入り1stシングルをリリースしたバンド、Helsinki Lambda Club(ヘルシンキラムダクラブ)。UK.PROJECTのオーディションで優勝し、とっておきのキラー・チューンとスーパーカーのカヴァーが収録される。リリー…

Collapse