ヲノサトル 最新ライヴ音源配信開始前夜祭!!

TV♭はこちらからhttps://ototoy.jp/tvflat
(右側のアーカイヴをクリックし、「ヲノサトル」と入れて検索すれば番組がご覧になれます。)

OTOTOY TV♭とは?

TV♭とは音楽に造詣のあるセレクターたちが選んだビデオクリップが24時間いつでも無料で楽しめるOTOTOYの音楽チャンネル。
またOTOTOYでリリースされる新たな音源をいち早くお届する『新譜の時間』(毎週水曜日放送)やアーティストによるライヴ配信などのレギュラー番組も。

第1回 涼風を運ぶ、真夏のリラクゼーション・サウンド

電子アンビエントからフュージョン、ジャズ、ラウンジ・ミュージックまで、時代もジャンルもボーダーレスに飛び越えてクール&ムーディなサウンドを厳選しました。夏の朝のリラクゼーションに、シエスタのBGVに、寝苦しい熱帯夜のナイトキャップがわりに、どうぞお楽しみ下さい。


【プレイリスト】

・Art Of Noise「Robinson Crusoe」
・Jose Padilla「Light My Heart」
・Satoshi Sano「Love Island」
・Eumir Deodato 「Speak Low」
・George Duke「Love Reborn」
・Italian Secret Service「Oky Doky」
・Swing Slow「Good Morning,Mr.Echo」
・Norah Jones「Summertime」
・Astrud Gilberto「Once Upon A Summertime」
・Satoru Wono「FRAGILE」

第2回 夏の終わりのリラクゼーション・サウンド

時代もジャンルもボーダーレスに飛び越えてクール&ムーディな音楽をお届けするムードコア・サウンド・クルーズ。そろそろ終わりに近づいてきた夏を惜しみ、ジャズフュージョン、ボサノバ、スパニッシュからハワイアンまで、涼やかにアコースティックなサウンドを集めてみました。


【プレイリスト】

・Sabrina Malheiros「Brisa Mar」
・Marcos Valle & Celso Fonseca「Livre」
・Swing Out Sister「Coney Island Man」
・Moacir Santos「Kathy」
・Deodato「Tahiti Hut」
・Chris Rea「On The Beach」
・Yoshinori Sunahara「Sun Song '70」
・Armando Trovaioli「L`Ospite」
・Tracey Thorn 「Night and Day」
・Cathy Claret「Toi」
・Ketama「Tan lejos」
・Keali'i Reichel「Akaka Falls」

第3回 70's スクリーン・サウンドのムーディな世界

時代もジャンルもボーダーレスに飛び越えてクール&ムーディな音楽をお届けするムードコア・サウンド・クルーズ。今回は懐かしき1970年代映画のサウンドトラックに限定して、ラウンジ感あふれるナンバーをセレクトしてみました。


【プレイリスト】

・ニニ・ロッソ「水曜日の夜」
・Yuji Ohno「天使の墓標~インストゥルメンタル~ 」
・Dave Grusin「3 Days Of The Condor」
・「Taxi Driver Theme (Reprise)」
・「サブウェイ・パニック End Title」
・Armando Trovaioli「Un Amore Difficile」
・Raymond LefevreLe 「Le Casse(映画「華麗なる大泥棒」)」
・Claude Bolling「Flic Story」
・「Theme from THE DEER HUNTER CAVATINA」
・Quincy JONES & Toots THIELEMANS「Love theme from "the getaway"」
・Totally… James Bond「Nobody Does It Better (Instrumental)」

第4回 初秋のセンチメンタル・アンビエント

ボサノバ、ラウンジ、スムースジャズからエレクトロニカやトリップホップまで、時代もジャンルも飛び越えてクール&ムーディなサウンドをお届けする音の小旅行。今回は初秋にふさわしく、センチメンタルな空気で包み込んでくれるしっとり落ち着いたサウンドを厳選しました。


【プレイリスト】

・Celso Fonseca「My Broken Heart」
・Visit Venus「Venus Beach Resort」
・Lemongrass「Bonjour」
・Nujabes「reflection eternal」
・Jimpster「Distant Light」
・Satoru Wono「Moritat (Mack The Knife)」
・Michael Paulo「Feel Like Makin Love」
・Will Downing / Gerald Albright「Here's That Rainy Day」
・George Benson「Just the two of us」
・Ana Caram「Close To You」
・Rei Harakami「Owari no Kisetsu」

 
 

ライヴレポート

【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X
・2018年04月06日・【ライヴ・レポート】“2”と“AL”それぞれがみせる第2章の歩み──〈SONG FOR YOU〉@WWW X 快進撃を続ける勢いをそのまま詰め込み、セカンド・ストーリーのはじまりを告げる新アルバム『GO 2 THE NEW WORLD』をリリースしたロック・バンド“2(ツー)”。アルバムのリリース日で、フロントマンの古舘佑太郎の誕生日でもある4月5日に、彼らがリスペクトを向けるALとの対バンが実現した。古舘がかねてより切望していた共演が叶ったスペシャルなライヴの様子をお伝え! いまダウンロード販売はOTOTOYだけ! 2 / GO 2 THE NEW WORLD '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. GO 2 THE NEW WORLD02. SONG FOR YOU03. BOY AND GIRL04. LUCKY BOY05. NEVERLAND06. UFO CATCHER07. LOVE FEELS LIKE A WAR08. MY FRIEND IN NEW
by 鈴木 雄希
GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート
・2018年03月20日・GATSBY主催、アジア最大級の学生対象アワード開催!! ──〈12th GATSBY CREATIVE AWARD〉レポート 若者にクリエイティブな活動と発表の場を提供したい、との思いからメンズ・コスメ・ブラント「GATSBY」が2006年から立ち上げた「GATSBY 学生CM大賞」。昨年、名称を「GATSBY CREATIVE AWARD」と改め、学生を対象としたアワードとしてはアジア最大級となる、このアワード。今回開催される「12th GATSBY CREATIVE AWARD」では、CM部門のほか、DANCE部門、ART部門、FASHION部門、MUSIC部門、SMART PHONE部門、HAIR STYLE部門の6部門を新設。さらに3月10日に開催された「12th GATSBY CREATIVE AWARD FINAL」では、アジア各国からも各ファイナリストが集結し、クリエイティブを通じて国際交流も。多くの若き才能が集まったアワードの様子をレポートでお届けします! 〈12th GATSBY CREATIVE AWARDS FINAL〉2018年3月10日(土)渋谷ヒカリエ 9 階 ヒカリエホール
by 岡本 貴之
【LIVE REPORT】みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ!、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!!
[LIVEREPORT]・2018年03月08日・みんなが望んだ楽園はここにあった!!──ゆるめるモ! 、ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルをハイレゾ配信!! ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が2018年1月6日にZEPP TOKYOにて開催したワンマン・ライヴの模様をハイレゾにて独占配信スタート!! 3rdアルバム『YOUTOPIA』のリリース・ツアーの最終公演となったこの日のライヴは、アルバムの楽曲を中心に、彼女たちの代表曲を織り交ぜたセットリスト全19曲を披露。結成5年を迎え、さらに前と進む彼女たちと会場全体の熱気がそのままパッケージされたライヴ音源となっております!! OTOTOYでは今回の配信と同時に当日のライヴレポートを掲載、写真と共に当日を振り返ります。また、ゆるめるモ! はこの日のライヴにて発表されたニュー・シングルと新録ベスト・アルバムを5月に発売予定なのでそちらもお楽しみに!! ZEPP TOKYOでのツアー・ファイナルが蘇える!!ゆるめるモ! / YOUTOPIA TOUR FINAL at Zepp Tokyo'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入
【LIVE REPORT】レッツポコポコ、2年間の全ての感謝を込めたラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信
[LIVEREPORT]・2018年02月21日・短くも濃い、2年間の全ての感謝を込めて──レッツポコポコ、ラスト・ライヴ『レッツ謝謝』を独占ハイレゾ配信 2016年2月にデビューした「なつかしくて新しい」をコンセプトにしたゆるめるモ! プロデュース・チームによる第2弾グループ、レッツポコポコ。メンバー5人それぞれが新たな歩みを進めるため、2018年1月21日をもって2年間という短いながらも濃い活動期間を終えた彼女たち。そんな彼女たちのラスト・ライヴ『レッツ謝謝』が、OTOTOY独占で本編からアンコールまでノーカットにて配信開始 & 当日のライヴの模様をたっぷりの写真とともにお届け!! 購入者には記事には使用されていないものを含む約350枚近い写真の数々も付属します!! レッツポコポコという物語の完結を、ぜひその耳でも追体験してください!! ラスト・ライヴを完全ノーカットでハイレゾ配信!!レッツポコポコ / レッツ謝謝 at 渋谷duo MUSIC EXCHANGE'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】まとめ購入のみ 3,000円(税込)【収録曲】1. ポコトロ22. クルクルポコポコ3. 友よポコポコ
全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!!
[CLOSEUP]・2018年02月08日・全身を轟音が支配し、そして解き放たれた夜──2017年を締めくくった、Borisの代官山UNIT公演をレポート!! 2017年の秋で結成25周年を迎えた孤高のヘヴィ・ロック・バンド、Boris。昨年7月にアルバム『DEAR』をリリースし、8月には欧州を4週間、10月から11月にかけては7週間にも渡る北米ツアーを経て行われた昨年末の日本ツアーより東京公演のレポートを掲載。ツアーを経てより色濃くなったアルバムの世界観とその圧倒的なステージの模様をライヴ写真とともにお届けします。同公演でもプレイされた楽曲を収録アルバム『DEAR』のハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中。未聴の方はもちろん、アルバムをすでに聴いている方も是非ハイレゾでも体験してはどうでしょうか!? アルバム・リリース時のインタヴュー記事もこちらにて掲載中ですの未読の方はこちらも!! また、3月頭にはBorisから嬉しいニュースも解禁予定!! それに併せて昨年秋の北米ツアーに帯同したENDONとの対談も掲載予定ですのでそちらも乞うご期待!! 『DEAR』ハイレゾ版はOTOTOYのみで好評配信中!Boris / DEAR'【Track List
【LIVEREPORT】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデ、2時間のピアノ・ソロ・ライヴ
[CLOSEUP]・2017年10月13日・【ライヴ・レポート】感動と笑いの緩急の渦! Sundayカミデが2時間のピアノ・ソロ・ライヴで見せたもの ワンダフルボーイズのヴォーカルや、天才バンドの鍵盤、ベース、さらに読書ラバダブDJ、イベントLove sofaのオーガナイザーまで務めるマルチ・アーティスト、Sundayカミデ。そんな彼が2017年9月24日(日)、上野恩賜公園野外ステージでピアノ・ソロ・ライヴを行った。サックス奏者のUJをはじめ、エレキコミックのやついいちろう、ナイツの塙宣之をゲストに向かえた今回のライヴ。彼らとの共演で、果たしてどのようなステージが繰り広げられたのだろうか。Sundayカミデらしい、感動と笑いたっぷりのライヴの様子をお届けします。 LIVE REPORT : Sundayカミデ Sundayカミデ(以下、Sunday)のピアノ・ソロ・ライヴ〈ピアノKISS!!! ~君が誰かの平和 to the ダラダラ天王寺ストーリーTHIS IS 君は僕の最高の夜のベイビーParty in the フューチャーになりくさっても!!!~〉が9月24日、上野恩賜公園野外ステージ(上野水上音楽堂)で行われた。 先日OTOTOYでイン
ゆるめるモ!、 ツアーファイナル・赤坂BLITZワンマンの音源をハイレゾ配信!
[FEATURE]・2017年08月25日・誰も同じになんてなれない、同じものなんて1つもない!ーーゆるめるモ! 赤坂BLITZワンマンをハイレゾ配信 ニューウェイヴ・グループ、ゆるめるモ! が、2017年7月23日、赤坂BLITZにて開催したワンマン・ライヴ〈ディスコサイケデリカツアーファイナル〉のハイレゾ音源を、OTOTOYにて独占配信スタート。同ワンマンは、6月28日に発売されたミニ・アルバム『ディスコサイケデリカ』を引っさげ行われた全国ツアー〈ディスコサイケデリカツアー〉のツアー・ファイナル。グループとしては2回目の赤坂BLITZワンマンであり、バンド編成で気合いの入った熱い一夜となった。10月4日には5周年を記念したシングル、11月29日にはフル・アルバムのリリース、各作を引っさげたツアーも決定。2018年1月6日にはZepp Tokyoでツアー・ファイナルを行うゆるめるモ! の勢いは止まらない!! 4人体制初となる赤坂BLITZワンマンのライヴ音源をハイレゾ配信ゆるめるモ! / ディスコサイケデリカツアーファイナル at 赤坂BLITZ(24bit/48kHz)'【Track List】1. melted2. うんめー3. 1!2!か
胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月04日・胸が弾むようなメロディが鳴っている──ふたりの文学、ライヴレポ&1stシングル配信開始 2017年7月18日、渋谷O-nestにて“ふたりの文学”による自主企画〈ふたりの文学〜二綴り目〜〉が開催された。このライヴは彼らの2ndシングル『シティライナー』のリリース・パーティーとして開催された。「東京を感じさせる日」をテーマに、表現の仕方は違いつつも、つねに“気持ちのいい”音楽を届けている3アーティストが揃ったライヴとなった。OTOTOYでは本公演のライヴ・レポートをお届け。と、ともに会場と通販でリリースし、すでにソールドアウトしていた、ふたりの文学の1stシングル『わだかまりの秘密』を配信開始。さらには、2017年8月4日から8月10日までの期間限定でリード曲「わだかまりの秘密」のフリー配信も。ぜひライヴ・レポート、楽曲ともにお楽しみください。 通販で即完売した音源がOTOTOYで待望のリリースふたりの文学 / わだかまりの秘密'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 円(税込) / まとめ 円(税込) 【収録曲】''1. わだかまりの秘密2. 偏西風のあの人
by 阿部 文香