2013/08/28 00:00

2013年8月11日(日)に行われたWORLD HAPPINESS 2013でデビューを飾ったControversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)。前回、音楽評論家、岡村詩野の取材にて「これからどうなっていくか見当もつかないんだ。」と鈴木慶一がこぼしたように、これだけキャリアも積んだアーティストが集まっているのにも関わらず、非常にフレッシュで、刺激的なバンドが動き出したのだということをわかっていただけただろう。

>>前回のインタヴューはこちら<<

そして今回、WORLD HAPPINESS 2013の会場にて先行販売された3曲入りのアナログ 7インチE.P.『Controversial Spark』(500枚のLimited Edition)を、ついにOTOTOY独占で配信開始!! さらにOTOTOYでは高音質のHQD音源(24bit/48kHz)でもお届け。若手ライター、竹島絵奈のレヴューとともにお楽しみください。

Controversial Spark / Controversial Spark

【配信価格】
(左)HQD(24bit/48kHz) 単曲 200円 / アルバム購入 600円
(右)mp3 単曲150円 / アルバム購入 450円

【Track List】
01. in May / 02. ハイ ハイ そこの 野に咲く花 / 03. 夢の晩餐


Controversial Spark=「論争の火の粉」という名が象徴する

ムーンライダーズの鈴木慶一が、新しくバンドを組んだ! その名も「Controversial Spark」。8月11日に東京・夢の島公園で開催されたWORLD HAPPINESS 2013にて初披露され、華々しくデビューを飾った話題沸騰のバンドだ。 鈴木慶一が日本の音楽を支えてきた重要人物であることは言うまでもない。それにドラムはカーネーションの元ドラマーで、かつてムーンライダーズのサポートも務めていた矢部浩志ときた。このメンツを聞いて、どんなオルタナティヴなバンド・サウンドになるんだろうと胸を躍らせ想像を膨らませてしまうが、その期待はいい意味で裏切られることとなる。

本バンドの最年少のメンバーでもある21歳のkonore(現在活動休止中のthe roomsでギター・ヴォーカルを担当)が、Controversial Sparkを組むまで、ムーンライダーズを聴いたことがなかったと言っているように、Controversial Sparkの音楽は、リスナー側も鈴木慶一の今までの音楽活動に関して全く無知識であっても楽しめるはずだ。いや、現代の日本のロックを好んで聴く若者のほうがもしかしたら耳に馴染むんじゃないかと思ってしまうくらい、ポップでキャッチーなギター・ロック・バンドだ。と言っても王道のギター・ロック・バンドのど真ん中を行くわけでもなく、クセのあるフックがところどころに仕掛けてある一筋縄にはいかない音楽だと言える。

また、このバンドで異様な存在感を放っているkonore。彼女の歌声は悩ましい思春期の女の子みたいに、ちょっと切なくて、それでいてとてもキュートだ。彼女がメイン・ヴォーカルを務めるM3”夢の晩餐”は、ギター・アンサンブルを軸にした甘酸っぱいガール・ポップに仕上がっている。他にもヘヴィなサウンド・アプローチにヴォーカルのユニゾンが重なるM1”inMay”、メンバー全員が歌えるという武器を存分に生かした多重コーラスを用い、モチーフをリフレインするM2”ハイ ハイ そこの 野に咲く花”。バラエティに富んだ3曲を聴くと、もはやControversial Sparkはムーンライダーズとは全く別のところに位置するバンドなのだと痛感する。 Controversial Spark=「論争の火の粉」という名が象徴するこのバンド、音楽遍歴も世代もごちゃまぜなメンバーが演奏した音にはどんな論争の火の粉が飛び交っているのか、自身の耳で確かめてみることを強く勧めたい。(text by 竹島絵奈)

RECOMMEND

Vampire Weekend / Modern Vampires Of The City

全米1位、全英3位を獲得した前作『Contra』から3年…。現ロック・シーンの頂点に上り詰めたVampire Weekend、待望の3作目をリリース。

Moonriders / Ciao!(HQD ver.)

今年デビュー35周年を迎えた日本のキング・オブ・オルタナティブ・ロックバンド”ムーンライダーズ”。2011年、突然の活動休止宣言をうけてのニューアルバム『Ciao!』を24bit/48kHzの高音質音源で配信!

森は生きている / 森は生きている

まさしく十年に一度の逸材と言える若き純音楽楽団「森は生きている」、シーンが待望してやまなかったファースト・アルバムが遂に完成! 正式デビュー前にもかかわらず、デモCD-Rは軒並みソールドアウト、数々の注目イベントに出演を果たし噂が噂を呼ぶ中、遂に決定的な作品を世に問う…。音楽史へ刻まれるであろう、処女作にして堂々の「マスタピース」が誕生!

LIVE INFORMATION

GREAT HUNTING NIGHT VOL.49

2013年9月6日(金)@新宿MARZ
OPEN 18:00 / START 18:30
ADV ¥2700 DOOR ¥3200

出演者
Controversial Spark / 宮本菜津子 / クリトリック・リス / スカート

PROFILE

Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)

鈴木慶一(Gt.) / 近藤研二(Gt.) / 矢部浩志(Dr.) / 岩崎なおみ(Ba.) / konore(Vo、Gt.)

ムーンライダーズ活動休止後、鈴木慶一が結成した新バンド。メンバーは元カーネーションの矢部浩志、栗コーダーカルテット等で活躍中の近藤研二、幅広いミュージシャンのサポートもつとめ、現在The Uranusのメンバーとしても活動中のベースの岩崎なおみ、the roomsのkonore。WORLD HAPPINESS 2013で、ライヴ・デビュー。デビューe.p.を会場先行リリース。

>>Controversial Spark Facebook

この記事の筆者
TOP