青森で活動中のThe Earth Earthが2011年に発表した、国内未流通のEPを配信解禁。ギターの迫りくるような轟音、対照的に軽やかな男女ツイン・ボーカルが織りなす、生き生きとしたサウンドが徐々に注目を集めており、オーストラリアのシューゲイズ・バンド、ザ・ラショナル・アカデミーの来日公演ではオープニング・アクトにも選出された。優しいガレージとでも形容したくなる浮遊感を持ちつつも、力のあるシューゲイザー的サウンドが特徴の若々しいバンドだ。日本のインディー・ロック界に新たな刺客がやってきた!


国内未流通のEPを遂に配信解禁!!

The Earth Earth / matador is dead

【価格】
mp3、wavともに 単曲 150円 まとめ購入 900円

【Track List】
01. matador is dead / 02. teresa / 03. Queen’s secret/ 04. misunderstanding /
05. birdeater / 06. goodnight,Luna

静と動が揃えられているシューゲイザー

ここ3年程で急激に上昇し、ゆったりと盛り上がりを見せているジャンル・シューゲイザー。ご存じの通りだが、俯いた演奏スタイルが「靴を見つめる人」(=シューゲイザー)と表現されたことが由来の、ノイズと閉塞感に溢れた音楽性のバンドを指す言葉である。2013年はその代表ともいえるバンド、マイブラことマイ・ブラッディ・ヴァレンタインの新作がリリースされ、来日公演も行われたばかりである。日本でも、2011年7月から毎年「JAPAN SHOEGAZER FRESTIVAL」が開催されるなど、ジャパニーズ・シューゲイザーの盛り上がりも忘れてはならない。しかし、そのフェスティバル以前の同年4月、日本のシューゲイザー界に新たな風が吹いていたのはご存じであろうか。その"風"とは青森県出身の4人組インディー・ロック・バンド、The Earth Earthだ。OTOTOYでは今回、彼らの初の音源となる国内未流通EP盤『matador is dead』をお送りする。

左から Ogawa Kaori、Nomura Yuta、Oshima Kosuke、Harada Ayako

ゴシックな風貌と妖艶さを秘めたボーカル。一瞬ビジュアル・バンドを思わせるが、彼らが奏でるのはマイブラ直系のギター・ノイズ。書籍「シューゲイザー・ディスク・ガイド」のライター陣の一人であり、無類のマイブラ好きで知られる黒田隆憲が絶賛するほどである。軽快なドラミングと咆哮するギターに期待が湧きあがる表題曲「matador is dead」から始まり、消え入りそうな声と後ろから迫りかかる轟音が儚い「teresa」、ナンバーガールの焦燥感をノイズでさっぱり流したような「Queen’s secret」など、バランスよく静と動が揃えられている全6曲。90年代リスペクターには堪らない。中でも衝撃的なのは、ラストを飾る「goodnight,Luna」だ。ストリングスが前面に出されたイントロに、2拍ほどずらして入るボーカルはマイブラをしっかりとリスペクトしつつも、『Isn't Anything』には無いキャッチーな目線、『Loveless』以上のクリア・サウンドが同居している。彼らがあの時代にもう1枚出していたらこんなサウンドだったかもしれない。海外レーベルから発売されていたことも納得の、到達度の高いサウンドにニヤニヤが止まらなくなること間違いなしだ。

Ogawa Kaori

日本のシューゲイザー・バンドは数と知名度共にまだまだ薄い印象がある。しかし彼らはこのシューゲイザー旋風に乗ってどこまでも行ける気がする。昨年6月には新作『dead matador’s funeral』もリリースしている。これから加速を続け成長していく彼らに、要注目だ。(text by 梶原綾乃)

RECOMMEND

Iceage / You're Nothing

2008年に、デンマークはコペンハーゲンで結成された、全員がまだ20代前半という4人組、Iceage(アイスエイジ)。ポスト・パンク、ハードコア、ガレージ・ロックなどの要素を余すことなく取り込んだサウンドと、圧倒的なパフォーマンスが、注目を集めアメリカの名門レーベルMATADORからのリリースとなる今作は、生々しく衝動的な快作です。

>>Iceageの特集ページはこちら

Wallflower / Filled With Flowers

The Pains of Being Pure at Heart来日ツアー大阪公演のオープニング出演に抜擢されたことで話題沸騰中! 現役大学生を含む大阪の4人組インディー・ポップ・バンド=Wallflower。2010年代ジャパニーズ・インディー・ポップを代表するであろう光で溢れたデビュー作!

RINGO DEATHSTARR / MAUVE

よりポップに、よりパンキッシュに! 新世代シューゲイザーの中でもずば抜けたメロディ・センスと、紅一点アレックスのモデル並みの美しさであらゆる洋楽ファンを虜にしてきたリンゴ・デススターから新たな一撃! "マイブラ&ジザメリ愛"はそのままに、アレンジの引き出しをさらに増やした本作は、シューゲイザーの未来を担う一枚といっても過言ではないだろう。

LIVE INFORMATION

2013年4月29日(月)Hitoshi Arai Acoustic Live Tour 2013 Spring@青森 もぐらや
w/新井仁、ムジコ
※本公演はオオシマコウスケのソロ出演となります。

2013年6月15日(土)when we fall vol.1@青森 亀ハウス
w/YOU SAID SOMETHING(札幌)

PROFILE

The Earth Earth

Member : Oshima Kosuke[Vo/Gt] / Ogawa Kaori[Vo/Gt] / Nomura Yuta[Ba] / Harada Ayako[Dr]

2010年青森市にて結成のインディー・ロック・バンド。同年6月からライヴ活動を開始、ガレージ・サウンドの中にもポップ性を失わない楽曲と勢いのあるライヴで特異な色を放つ。同年11月にはシアトルのSeaponyを始めとする世界中のインディー・ポップ・バンドが参加したabcdefg* recordのネット・コンピレーションに日本のバンドとしては唯一参加、海外のインディー・サイトから絶賛を受ける。2011年4月にはRocketshipを輩出したシアトルのレーベルJigsaw Recordsからミニ・アルバム『matador is dead』をリリース、これを機に県内外問わず多数のイベントに出演。2012年6月にはMOOR WORKS傘下Dead Funny Recordsより、フル・アルバム『dead matador's funeral』を全国リリース。2013年2月にはDead Funny Records1周年記念コンピレーション『Dead Funny Compilation vol.1』に参加。また同月インディー・ポップ・ネット・レーベルAno(t)raksによるコンピレーション『Upwards And Onwards VA』にも参加(“Hyper Loves”名義)。地元トラック・メイカーによる楽曲リミックスや、MVの自主制作など、精力的に活動を続ける。

>>The Earth Earth Official website

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】刺々しくも清らかなサニーデイ・サービスの「クリスマス」──小西康陽remixを配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月15日・刺々しくも清らかなクリスマスの物語──サニーデイ・サービス「クリスマス」小西康陽remixを配信開始 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。その収録曲で、フェアリーテイル・ファンクな名曲「クリスマス」が小西康陽によるリミックスを経て、メロウでジャジーな楽曲へと変化を遂げた。さらに曽我部が書き下ろした新たなクリスマス・ソング「Rose for Sally(クリスマス・ソング)」も収録。また12月25日(水)にリリースされる『Popcorn Ballads(完全版)』の予約受付も開始! どちらもハイレゾでご用意しております! サニーデイからの最高のクリスマス・プレゼントを、レヴューとともにお見逃しなく! サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / クリスマス -white falcon & blue christmas- remixed by 小西康陽'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格
セーラームーンの音楽の世界をオーケストラ・サウンドで再現!クラシック・コンサート・アルバム・リリース!
[FEATURE]・2017年12月11日・祝セーラームーン25周年! 史上初となったクラシック・コンサートの模様を収録したアルバムをハイレゾ配信! 2017年で『美少女戦士セーラームーン』は誕生から25周年! 周年を祝うプロジェクトの1つとして今年8月2、3日に東京芸術劇場にて開催された、史上初の『美少女戦士セーラームーン』クラシック・コンサートの模様がこの度ハイレゾ音源化! 作品を彩り、時を越えて今もなお愛され続けている名曲たちが珠玉のオーケストラ・サウンドであなたの耳でも甦ります! OTOTOYでは当日のコンサートにも出向き、その日の興奮を実際に体感したライターによるレヴューを掲載。是非とも良い音で迫力のサウンドに触れてみてください! セーラームーンの名曲たちを極上のオーケストラ・サウンドで美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 432円(税込) / アルバム 4,200円(税込)【収録曲】01. アバンタイトルBGM オープニングナレーション02. ムーンライト伝説03. 愛の戦士04
ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラック・メイカー!──Nujabesの過去作配信開始
[CLOSEUP]・2017年12月13日・ジャンルの垣根を超え、世界中の音楽リスナーを虜にする天才トラックメイカー!──Nujabesの過去作配信開始 日本を代表するトラックメーカーとして活躍しながら、2010年に36歳という若さでこの世を去ったNujabes。そんな彼の過去作をOTOTOYではまとめて一気に配信を開始する。ジャズとヒップホップを自在にクロスオーヴァーするサウンドからジャジー・ヒップホップというジャンルまで確立させた彼の名盤の数々をこのレヴューとともにお楽しみください。(Texted by 高柳圭佑) REVIEW : FIRST COLLECTION 12inchを中心にリリースを重ねていた〈hydeout production〉初のレーベル・コンピレーション・アルバム。プロデュースはレーベルを主宰するNujabes。それまでアナログ盤でしか聴くことのできなかったShing02とのM6「Luv(Sic)」、M14「Luv(Sic)pt.2」が収録されている。他にもNujabesのビートにFunky DLの軽快なラップが響き渡りるM2「Don’t Even Try It」など初期hydeoutの代表作が揃っていて、この先の進化の過程
by marvinkei
【REVIEW】「絶望」と対峙する人間――映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月27日・「絶望」と対峙する人間──映画『GODZILLA 怪獣惑星』公開記念特集レヴュー! 1954年に誕生した、映画『ゴジラ』は、巨大な文化的アイコンとして世界中の人々に愛されてきた。そして2017年、“ゴジラ”は誰も予想しなかった新たな“進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』である。本作で描かれるのは、これまでのどんな“ゴジラ”とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。そしてそんな『GODZILLA 怪獣惑星』の世界へとさらに私達を引き込むのが、劇中で流れるサウンド・トラックたち。音楽を担当したのは「HERO」「真田丸」「半沢直樹」など大ヒットドラマの音楽を手掛け、さらに『ゴジラvsスペースゴジラ』、『ゴジラ2000 ミレニアム』の映画音楽も担当した、服部隆之。そして、主題歌には稀代の才能を持つ新人女性ヴォーカル、XAIが異例の大抜擢。プロデュースは世界的人気を誇る、BOOM BOOM SATELLITESの中野雅之が担当しており、彼女の神秘的な歌声が救いの手となるような美しい『WHITE OUT』
by ai
【REVIEW】ampel・河原太朗のソロ・プロジェクトが始動!──TENDREとしてソロデビューEP『Red Focus』をリリース!
・2017年12月06日・数々のアーティスト・サポートを務めている河原太朗がついに表舞台に!──ソロ・プロジェクトTENDREが始動 3人組バンド・ampelのメンバー河原太朗(Vo/Ba)のソロ・プロジェクト“TENDRE”がデビューEP『Red Focus』をリリース! KANDYTOWNやYogee New Wavesなど様々なバンドやアーティストのライヴ・サポート、レコーディングに参加し、彼の名前がクレジットされているのを目にする機会が最近多いが、果たして彼自身はどんな音楽を奏でているのか…… 本作を聴いて確かめてほしい。ぜひこちらのレビューとともにお楽しみください。 ソロ名義でのデビューEPTENDRE / Red Focus'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / アルバム 1234円(税込)【収録曲】''1. DRAMA2. DISCOVERY3. crave4. Night & Day5. hanashi6. Them Changes REVIEW : TENDRE彼が生み出す音はこの上なく洒落ている。俗っぽい言い方になってしまうがこの一
by marvinkei
祝! 誕生40周年「ルパン三世のテーマ」コンピレーション・アルバムがリリース
[REVIEW]・2017年12月06日・国民的テーマ・ソング「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念コンピがリリース&旧譜プライスオフ開催 ルパン三世の誕生から50周年、そして「ルパン三世のテーマ」が誕生して40周年。「ルパン三世のテーマ」だけを詰め込んだ記念コンピレーション・アルバムがリリースされた。今や日本ならず世界中から愛されている作品に、さまざまな角度から華を添えられた17曲のパレードを、ぜひご堪能いただきたい。 また、誕生40周年を記念して旧譜10タイトルの30%プライスオフ・キャンペーンを実施。まとめ買いなら今がチャンス。クリスマス・プレゼントにも最適な作品たち。2018年1月31日までの期間限定ですので、この機会にお買い逃しなく! 「ルパン三世のテーマ」誕生40周年記念作品~ THE BEST COMPILATION of LUPIN THE THIRD 『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』'【Track List】01. THEME FROM LUPIN III 2015 / You & Explosion Band02. THEME FROM LUPIN III 2015~ITALIAN BLUE ver
【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信
・2017年11月28日・【REVIEW】反復を弄ぶ──ビョーク新作『ユートピア』ハイレゾ配信 すでにリリースから数日で、世界中に大きな評価を受けているビョーク『ユートピア』。インパクト大のヴィジュアル、そしてサウンド・コラボレーターのアルカとの2作目となるその音楽性は新たな次元へと突入している。繊細な表現と、まるでそれが流れた空間を包み込んで異界化してしまうような凄まじいエネルギーが同居する、その脅威の歌声はハイレゾでぜひとも隅々まで楽しむべき作品といえるだろう。OTOTOYでは本作のハイレゾ配信とともに、気鋭のライター、八木皓平による詳細なレヴューにて、その魅力をお伝えしよう。 24bit/96kHzで配信中björk / Utopia(24bit/96kHz)'【Track List】01. Arisen My Senses02. Blissing Me03. The Gate04. Utopia05. Body Memory06. Features Creatures07. Courtship08. Losss09. Sue Me10. Tabula Rasa11. Claimstaker12. Paradisia13. S
by 八木 皓平
セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!!
[CLOSEUP]・2017年11月16日・セツナブルースター、9年ぶりの復活ライヴを12月3日開催──インディーズ期のデモ音源を期間限定公開!! 10代の心象風景を激しさとせつなさとともに描く楽曲とライヴで話題を呼んだ3ピース・バンド、セツナブルースター。2008年に活動休止を宣言した彼らが、12月3日(日)、マイナビBLITZ赤坂で開催予定の〈DECEMBER'S CHILDREN〉昼の部で復活を果たす。2002年12月11日にリリースされた『キセキ』発売15周年を記念して、ギター倉島大輔の弾き語りを中心に全収録曲演奏、メンバーの島田賢司(B&Vo)と宮下裕報(Dr&Vo)も出演し、公式には9年ぶりにバンド形式の演奏も行われることがアナウンス。それを記念しOTOTOYではインディーズ期の名盤を一挙配信開始。さらにインディ2ndアルバム『「二十歳」より』のデモ音源を期間限定で試聴解禁。彼らの高校の同級生のライター西澤裕郎がレビューでその歩みを振り返る。この機会を絶対に見逃さないように。 >>セツナブルースター「キセキ」リリース15周年特設ページはこちら セツナブルースター、インディーズ時代の名盤を一挙CD音質にて配信開始 記念すべきインデ
by 西澤 裕郎