前作『PORT ENTROPY』での大ブレイクによって、今や世界の音楽シーンをリードする大注目アーティストとなったトクマルシューゴが放つ、キャリア最高作にして新たなる地平に踏み込んだ最新アルバム『In Focus?』登場! 約2年半の濃密な創作期間を経て紡ぎだされた壮大な音絵巻。あらゆるシーンから逸脱したかのような、トクマルシューゴにしか表現し得ないポップかつ驚きとユーモアに満ちた大傑作の誕生です。

トクマルシューゴ / In Focus?

収録曲 :
1. Circle / 2. Katachi / 3. Gamma / 4. Decorate / 5. Call / 6. Mubyo / 7. Poker / 8. Ord Gate / 9. Pah-Paka / 10. Tightrope / 11. Helictite (LeSeMoDe) / 12. Shirase / 13. Micro Guitar Music / 14. Down Down / 15. Balloon

販売形式 : mp3 / wav
価格 : 2000円

音楽の姿を探し求めて

2009年、ニューズウィーク誌の"世界が尊敬する日本人100人"に認定されるなど、海外レーベルからのリリースも盛んなアーティスト、トクマルシューゴ。彼の鳴らす素朴で暖かなギター・サウンドは、人懐っこく、聴く人を選ばない。だからこそ、無印良品をはじめとしたCMソングを多数担当し、度々注目を浴びてきたのだ。そんなトクマルシューゴが前作『Port Entropy』以来2年ぶりとなるアルバム『In Focus? 』をリリースした。

これまで彼は、ピアノや縦笛など100種類以上の楽器を寄せ集め、チャイルディッシュな世界観を構築していた。その音楽性は、しばしば"遊園地"であったり"絵本"などで例えられることも多い。今作も、各曲間に挿入される「Gamma」「Mubyo」などのインスト曲が、どこか紙芝居やメリーゴーランドを彷彿とさせるメルヘンでコミカルな民族音を奏でている。木琴やチャイムを幾重にも重ねた、濃厚で隙のない丁寧な音色作り。その徹底ぶりは、どこか気難しい繊細さすら秘めており、まるでガラス細工のようだった。手に取ることはためらわれるが、眺めているだけで幸せな溜息であふれるのだ。

しかし本作は、ガラス細工ほど高貴でためらわれるような音作りではなく、気軽で理屈いらずのピースフル・サウンドになっている。それは直接手を伸ばし、形を変化させることができる積み木やねんどなどの、"おもちゃ"のような感覚だろうか。その証拠を裏付けるものとして、本作リリースに合わせて立ち上げられた特設サイト「DRAW MUSIC」が挙げられる。このサイトは、ユーザーが自由に描いた絵柄をもとに、トクマルシューゴ自身が演奏した楽器フレーズ99種類の中からランダムに音楽が生成されるというものだ。彼の鳴らす音から、新たな作品を自由につくることが可能なのである。音楽を描く(DRAW)だけではなく、もとあるものに手を加え、形を変えていくその手順はまるで、積み木やねんどで遊ぶかのようではないだろうか。また、本アルバムに先行してリリースされたシングル「decorate」では、ソノシートでのリリースも果たしている。ソノシートとは、塩化ビニール製のレコード盤のことであり、聴けば聴くほど音質が変化していく消耗品である。彼は音楽の形を模索しながら、私たちの懐に収まるような音楽の姿を常に探し求めているのではないだろうか。今作は、そんな音楽の形を見つけ出し、その”焦点を当てること”に成功した――すなわち”focus in”したことを思わせる、トクマル・ミュージックの最高到達地点であるアルバムなのだ。

音粒の美しさはそのままに、タイアップからその音作りまで、次第に私たちの生活にコミットメントしていくトクマルシューゴ。今作においてその距離は、より近づくこととなった。まだまだトクマル・ワールドを知らないあなたも、世界に誇れるその音楽を是非体験してほしい。(text by 梶原綾乃)

RECOMMEND

itoken / pins and needles』

数多くのユニット、プロジェクトに参加し、幅広く活動するドラマー/コンポーザー イトケンのデビュー・ソロ・アルバム。ソロ作品ということで、彼自身のエッセンスがたっぷりつまった、ほのぼの、ちょっとおとぼけな思わずほほえんでしまうトイ・ミュージックが堪能できる。楽しげなポリリズムも満載で、子供にも大人気のこのアルバム。なごみたい方におすすめ。

cryv / Calendar Songs + Tokyo Twin Pop Sound Machine

双子のインディー・ロック・ユニット、CRYVの5年ぶりの2ndアルバムは、過去に毎月配信していた楽曲の再録音+新曲を加味した4月から3月までのカレンダー・アルバムに加え、アルバム未収録を中心にミハエル・ルックナーによる新たな再アレンジ・プロデュースを施した2枚組。トクマルシューゴ・バンドでも活躍する岸田佳也らをゲスト・ミュージシャンとして迎え、色を変えるサウンドの数々を作り上げた。

ヒネモス / どっかの国のお祭り

タカハシペチカ(ショピン)を中心とした、メンバー11人を擁する無駄に大迫力な楽団ヒネモス、待望の2ndアルバム。チューバ、サックス、トロンボーン、フィドル、チェロ、アコーディオン、トイピアノ、のこぎり、多種多様な玩具やガラクタ等が一丸となって、有象無象を飲み込む独特のサウンドを形成。前作から4年ぶりとなる今回のアルバムは、変わらぬユルさを伴いつつも円熟度を増し、より味わい深く、ライヴ感を重視した五感を刺激する音像に仕上がっている。

PROFILE

東京都出身。2004年のデビュー以来、これまでに4枚のフル・アルバムを発表。作詞・作曲、アレンジ、演奏、レコーディング、ミキシングまでを自身で手掛ける。ステージでは、ソロ、トリオ、セクステット等、様々な編成とアレンジを使い分けながら、録音とは異なる推進力に満ちたパフォーマンスを展開。日本語詞による独自のポップスを追求していながら、その音楽は欧米やアジア各国でも高い評価を得ている。

この記事の筆者