麓健一『コロニー』発売記念! ゆーきゃん×麓健一 対談

都内を中心に活動するシンガー・ソングライター麓健一。にせんねんもんだいが運営するレーベル「美人レコード」より数々の作品をリリース、2008年にはkitiより待望のファースト・フル・アルバム「美化」を発表。にせんねんもんだいの高田正子、mmmとの共演や、oono yuuki、昆虫キッズらの作品への参加など、数多くの演者との交流を深める一方で、2010年からはスッパマイクロパンチョップ、T.T.端子、ホソマリとの4人のバンド編成でライブを重ね、待望の新作『コロニー』を完成させました。今回、ゆーきゃんの連載コーナー「ゆーきゃんからのてがみ」にて、ゆーきゃんと麓健一の往復書簡を実施。核心へ踏み込むことばの数々から、彼の音楽に潜むこころに迫ります。

麓健一 / コロニー
中村宗一郎氏をエンジニアに迎え、初のバンド編成でのスタジオ・レコーディングを敢行。スッパマイクロパンチョップによる予測不能で遊び心溢れるドラミング、それを支える緻密でふくよかな旋律の端子のベース、お転婆でありながら流れるようなホソマリのピアノが加わり、瑞々しい躍動感が生まれ、新たな側面を提示することに成功している。一方で自宅録音されたシンプルなアコースティックナンバーは言葉とメロディの魅力をストレートに伝えている。

1. コロニー #1 (End of may) / 2. パフ / 3. ピーター / 4. Party / 5. ロンリネス 凧 / 6. ドントストップ / 7. Do you remember? / 8. Fight Song (山荘と水着) / 9. ガールズ / 10. 鏡、鏡 / 11. たたえよたたえよ

message from youcan

麓健一というひとについては、いまだによく知らない。何度か共演もした。CDRも含めて音源は全部持っている。共通の友人も多い。ずいぶん更新が途絶えてしまったが、ブログも時々読んでいる。でもやっぱり、この「孤高」というしか他に適切な称号がないシンガー・ソングライターのことは、わからないまま。あるいは、この”引き裂け"のままにある、内側と外側を激しくかき混ぜながら、とにかく聴く者を惹きつけずには居られない、いわく言い表しがたい魅力そのものが、麓健一なのかもしれない――年の瀬を目前にした12月14日、3年ぶりにリリースされたセカンド・アルバム『コロニー』を聴きながら、そう思った。
そして、てがみのやり取りも、そんな予感の通り。

→ゆーきゃん×麓健一のてがみの続きはこちらから

PROFILE

麓健一

都内を中心に活動する、SSW。2006年に完全自主制作CDーRで、「THEY DON'T SPEAK JAPANESE」を発表。ディスクユニオン、円盤等で販売され口コミで話題を呼ぶ。続く2007年には「にせんねんもんだい」が運営するレーベル「美人レコード」よりCD-R作品「炎上する、それ」を発表。同年、「美人レコード」よりCD-R作品「YOU DON'T LIKE LOVE SONGS」を発表。そして2008年、待望のファーストフルアルバム「美化」をkitiより発表。レコ発ライブにはにせんねんもんだい、石橋英子×アチコを迎えて大盛況を呈する。その後も数多くの演者と競演。2009年の夏には美人レコードよりCD-R「あるいはその夏は」を発表。にせんねんもんだいの高田、そしてmmmをゲストに迎え、これまでになかった更なる局面を開示。さらには盟友、oono yuukiの名作「stars in video game」や昆虫キッズのアルバムにもキーボード・フルート等で参加。2010年からはスッパマイクロパンチョップ、T.T.端子、ホソマリとの4人のバンド編成でライブを重ねる。kitiからの新音源「コロニー」が完成。

ゆーきゃん

富山出身のシンガー・ソングライター。京都で歌い始め、現在は主に東京で活動している。アシッド・フォーク/サッド・コアを体現するようなその声と日本語詩は、聴くものに儚くも強烈な印象を残す。弾き語りのほか、サポート・メンバーを加えたシティ・ポップス・バンド「ゆーきゃんwith his best friends」、関西アンダーグラウンドが誇る鬼才ダブ・トラック・メーカーとのコラボレーション・ユニット「シグナレス(ex.ゆーきゃんmeetsあらかじめ決められた恋人たちへ)」、Limited Express (has gone?)のJJ、PARAの家口茂樹らとのバンド「conterattack from the babymoles」など活動は多岐にわたる。京都で開催されるD.I.Yフェス「ボロフェスタ」主催メンバーのひとり。「生まれ変わったら天使になりたい」と言ったとか言わなかったとか。

ゆーきゃんからのてがみとは?

京都を中心に活動する、富山出身のシンガー・ソングライター、ゆーきゃん。『ゆーきゃんからのてがみ』は、彼が国内外を問わずリスペクトしているミュージシャンにてがみを書くコーナーです。丁寧に綴られたお互いのやりとりを、本のようなレイアウトで楽しめる、”BCCKS”というウェブ・マガジンにまとめました。

BACK NUMBER 各てがみのBCCKSページにとびます。

#15 穂高亜希子

#14 森ゆに

#13 aie

#12 長谷川健一

#11 テクマ!

#10 oono yuuki

#9 未知瑠

#8 enami Taisuke

#7 オオクボ-T

#6 キツネの嫁入り

#5 Akron/family

#4 Qurage

#3 and Young...

#2 Mirah

#1 とうめいロボ

BCCKSとは?

「本のようなもの」「ノートのようなもの」「本屋さんのようなもの」をweb上で作ることができるサービス。
写真集、雑誌、マンガのような、慣れ親しんだ「本のようなもの」を作ることができます。また、日々気づいたことを書きつづる日記のように使うことや、好きな本や自分に関係ある本などをまとめて並べることもできます。
BCCKS : http://alpha.bccks.jp/

この記事の筆者
TOP