2010年12月29日に行われた原田郁子のソロLIVEを3ヶ月限定配信

2010年12月29日(木)に恵比寿リキッドルームで行われた、原田郁子のソロLIVEを収録したLIVE音源。2008年6月に発売されたアルバム『ケモノと魔法』に収録された「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」1曲を30分かけて演奏するという試みで、メンバーは、原田郁子のほか、OLAibi、トンチ、ダンサーのホナガヨウコを加えた女性4名。さらにPAエンジニアにZAKを迎え、このスペシャル・ユニットによるLIVEならではの即興的なパフォーマンスを収録しました。

アーティスト : IKUKO/OLAibi/TONCHI/HONAGA
タイトル : 『AOIYAMI-WO-MASSAKASAMA-NI-OCHITEYUKU-NAGAREBOSHI-WO-SHITTEIRU』


その場かぎりのライブが残るということはどうにもこうにも恥ずかしい。ですから、「二度とこうはならない」という事実をふまえ、写真つきで公開します。3ヵ月たったら消えます。そして次に進みます。ありがとう。またどこかで! ー 原田郁子


【配信形態】
1. DSD+mp3 Ver.(約906MB) >>DSDの聴き方はこちら
2. HQD(24bit/48kHzのWAV) Ver.(約382MB)
価格 : 各500円

★LIVEの模様を収めた全29ページにおよぶオリジナルのデジタル・フォト・ブックレット付き

配信期間 : 2011年2月9日〜2011年5月9日

演奏 : 原田郁子(vo / key / perc)、OLAibi(perc / drums)、トンチ(steelpan / perc / voice)
ダンス : ホナガヨウコ
PA : ZAK
撮影 : くどうあずさ

Recorded by 高橋健太郎 / 溝口紘美
Mixed & Mastered by 高橋健太郎
Recorded at 恵比寿LIQUID ROOM (2010.12.29)
Mixed& Mastered at DONI DONI Studio
【ダウンロードに関して】
windowsをご利用のお客さまは、標準の解凍設定、もしくは解凍ソフトによっては正常にファイルを解凍できない可能性がございます。その場合、お手数ですが別の解凍ツールを使用し、再度解凍をお試しくださるようお願い致します。7-Zip(フリー・ソフト)での解凍を推奨しています。
※7-zip http://sevenzip.sourceforge.jp/
また、ファイル名が長く操作出来ない場合や、ダウンロードしたファイルに不備や不明点がありましたら、info(at)ototoy.jpまでお問い合わせください。

好きなことを好きなようにやる -Report at LIQUID ROOM (2010.12.29)-

「原田郁子、恐るべし」。去年1年間で何度この台詞を(心の中で)呟いたことか。もはやこの人の活動について言葉で語ろうとすること自体、無理がある。なあんて、冒頭からそんなことを言ってしまっては、元も子もないのだけれど、彼女の底知れぬアーティスト性を目の当たりにした時には、ただただ言葉を飲み込むばかり。クラムボンの『2010』然り、雑誌『サウンド&レコーディング・マガジン』主催のスタジオLIVEでの高木正勝との共演然り。そして、今回音源をお届けするLIVEでのパフォーマンスもまた然り。本作は、昨年末12月29日に行われた、TOKYO No.1 Soul Setの20周年記念イベントに、原田郁子がソロで参加したLIVEパフォーマンスを収録したもの。原田のほかOLAibiとトンチ、さらにダンサーのホナガヨウコが加わった女性4名のアンサンブルで、持ち時間の30分をフルに使って1曲を演奏するという試みを行い、即興性溢れるパフォーマンスを披露した。選ばれた1曲は、原田のソロ・アルバム『ケモノと魔法』に収録された「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」。ちなみにこの曲の作曲はオオヤユウスケ改め大谷友介が担当。昨年11月から12月にかけて行われた大谷のソロ・プロジェクト、SPENCERのジャパン・ツアーでも披露された楽曲だ。

photo by くどうあずさ

赤、青、緑色のカラフルな帽子を被って登場した4人は、その日のイベントに登場した他のどのアーティストよりも自由だった。ここでいう自由とは、演奏面での自由さだけでなく、時には4人で連なってステージ上を歩いたりと、音楽の枠に収まりきらない表現の自由だ。LIVEは原田のヴォーカルとピアノと、それに寄り添うように、OLAibiのドラム、トンチのスチール・パンも同じメロディを歌うところから始まった。30分の間には、パーカッションだけのセッションもあれば、大自然に響きわたる動物の声真似で、原始時代へのタイム・スリップを連想させるような"シーン"も登場する。PAエンジニアのZAKによって、ところどころでリアル・タイムのダブ処理が施され、1分、1秒、一瞬が何度も繰り返されていく。4人の奏でる音と言葉と動きの全てが重なって、ぶつかり合う。それは「命と命がぶつかる音が聞こえた」という歌詞の通り、4人それぞれの命がぶつかり合う音だ。

その中でも原田郁子のヴォーカルの存在感はやはり際立っていた。スポークン・ワーズで繊細に丁寧に、言葉を空間に置いていく。かと思えば、自らのすべてを振り絞るかのように歌い上げ、その空間ごと震わせてしまう。このアウトプットの振り幅の広さとリアルさは、ソロとして数多くのミュージシャンやアーティスト達と共演、セッションを重ねてきた中で培われてきた百戦錬磨の経験から会得したものなのだろう。そして何より、自身のバンド、クラムボンでの経験が大きく生かされているのは間違いない。思えばクラムボンというバンドも、メンバー3人の個性がぶつかり合って、それが奇跡とも言えるほどのバランスで成り立っている。

原田郁子本人は、後日、自身のサイトの中で、この日のLIVEについてこう記している。

「『好きなことを好きなようにやってみよう』と思った。」

クラムボンに限らず、彼らのような規模で活動するアーティストであれば、本人達の意図とは別のところで、リスナーから求められるアーティストのイメージというものが必ず存在する。原田郁子であれば、ソロ活動であっても、"クラムボンの原田郁子"をイメージされることも多いはず。もちろん彼女の場合は、これまでの多岐にわたるソロ活動も、すでに多くのファンに支持され、原田郁子というアーティストに対するファンのイメージも存在するだろう。それだけに今回のLIVEで見せたように、ファンが抱くイメージの外側へ飛び出して、好きなことを好きなようにやるということが、どれほど恐ろしいことか。僕のような人間にはそれを知る由もないが、相当の勇気と覚悟が必要だということだけは想像できる。だが彼女の表現は、例えどんなに自由なものであっても、決して独りよがりになることはない。なぜそうならないのか。これを考える上でのヒントが、先に述べたようなクラムボンでの活動にあるような気がする。バンドでの活動とソロ活動が、これほど幸せな形で相互作用しているアーティストというのは、日本でも希有な存在だろう。

photo by くどうあずさ

アーティストの表現方法が多様になる中で、それをオーディエンス、リスナーに届ける方法も、この数年の間に大きく変わってきた。LIVEを録音して、その日のうちにオフィシャル音源としてアーティスト自身がリスナーに届けることも可能になった。流通の多様性は、アーティストの表現方法にも更なる可能性を与えてくれる。このこと自体はすでに以前から何度も言われ続けてきたことだが、いまようやく実際に形になりつつあるということを、このLIVE音源を繰り返し聴きながら実感している。(text by みのしま こうじ)

RECOMMEND

原田郁子+高木正勝 / TO NA RI

清水靖晃+渋谷慶一郎の『FELT』、 大友良英+高田漣の『BOW』に続く、OTOTOYとサウンド&レコーディング・マガジンのDSD配信企画の第3弾。10月31日に東京・サウンドイン・スタジオにて行われた、クラムボンの原田郁子と映像作家でもある高木正勝の夢の共演の模様をDSDで配信。初共演となる2人が、レコーディング・スタジオでの一発録り、そして2台のグランド・ピアノを通してどのような化学反応を起こしたのか? 3時間にも及んだ共演の贅沢な一夜の模様からの1部をお届け。

クラムボン / 2010

クラムボンの8thアルバム。オリジナル・アルバムとしては2007年の『Musical』以来3年ぶりとなった本作は、エンジニアにtoeの美濃隆章をむかえ、山梨県小淵沢のnone to cat studioにてレコーディングされた。メンバーのミトが「最大限の音が入って、最大限のエネルギーやパッションがみんな入っている!」と語る、全曲HQD(24bit/48khzのwavファイル)のスペシャル版での販売。スタジオ直送の音を、細部まで味わうことができる。2010年の『OTOTOY AWARD』でOTOTOY会員が選ぶ「 -Member's Choice-」グランプリ受賞!

SPENCER / Eine tausend Musik tour 2010 at Tokyo Hoku-topia planetarium Hall 2010.11.18

2010年11月18日(木)に北とぴあプラネタリウム・ホールで行われた、大谷友介のソロ・プロジェクトSPENCERの『Eine tausend Musik tour 2010』。溢れんばかりの星が頭上に広がる中で、SPENCERは溶けてしまうような声で歌う。贅沢な音楽の鳴る空間を最高音質のDSDでコンパイル。本作からは、丁寧に紡がれた音のひとつひとつはもちろん、星を映す機械の音までが、音楽として生きている。アルバム購入者には、当日の写真を収めたオリジナル・ウェブ・ブックレットをプレゼント。

SPANOVA / it has no idea, but it has feelings 〜Soul Constellations Vol. 001〜

蛍光塗料とブラックライトを使ったダイナミックかつ繊細な作品を描く、才能あふれるペインター、Houxo QueがConceal@渋谷を舞台に行ったエキシビション『It has no idea, but it has feelings』。day、evenning、night、morning... 1日の時間の流れを光の変化に見立て、1時間に凝縮したライティングと音楽のループの中で、Houxo Queが4日間、ライヴ・ペインティングでギャラリーの壁全面に描き続けるというもの。SPANOVAはこのエキシビジョンのために、ライティング同様、1日の変化を1時間に凝縮した音楽をオリジナル・スコアで制作し、このたびその全14曲の音源を1トラックで配信。しかも24bit/48khzの高音質HQD音源でお届け!!! エキシビジョンの模様を収めた写真を含む全35ページのデジタル・ブックレット付き。

INFORMATION

3月30日にクラムボンのベスト盤が2枚同時リリース!

クラムボン特設サイトにて行われた収録曲投票の結果を1位から順番に収録した、みんなで決めたベスト盤が3月30日にリリースされます。しかも2枚同時発売。全曲ボブ・ラディックによるリマスタリングで、初回限定盤はLIVE映像を完全版で収録したDVDとの2枚組。ワーナー盤の『クラムボン -ワーナー・ベスト-』には2000年12月13日赤坂BLITZ『clammbon tour 2000 まちわび まちさび』の模様を収録。コロンビア盤の『clammbon -columbia best-』には、2010年9月5日よみうりランド オープンシアターEAST「clammbon 2010『☆SUPER☆STAR☆』」の模様が収められます。

原田郁子 LIVE SCHEDULE

「鬼怒無月 3DAYS Pere-Full 第3夜」
日時 : 2月17日(木)
会場 : 新宿PITINN
Open 19:30 / Start 20:00
出演:Pere-Furu(鬼怒無月(g)、勝井祐二(vn))
Special Guest:原田郁子 (vo / p / from クラムボン)

「フィッシュマンズ A Piece Of Future」
日時 : 2011年5月3日(火・祝)
会場 : 日比谷野外音楽堂
Open 16:45 / Start 17:30
出演:茂木欣一(Drums) / 柏原譲(Bass) / HAKASE-SUN(Keyboards) / 木暮晋也(Guitar) / zAk(Engineer) / 飴屋法水(Sound Effect) / UA(Vocal) / 小山田圭吾(Guitar) / 勝井祐二(Violin) / カントゥス(Chorus) / 沢田穣治with Strings(Strings Arrangement) / 永井聖一(Guitar) / 七尾旅人(Vocal) / ハナレグミ(Vocal) / 原田郁子(Vocal) / Bose(MC) /やくしまるえつこ(Vocal)

RROFILE

原田郁子
1975年 福岡生まれ。クラムボンのヴォーカル&キーボード。バンド活動と並行してソロ活動も行う他、様々なミュージシャンの楽曲やLIVEへの参加、作詞や執筆、CM歌唱、舞台など活動は多岐に渡る。3/30にはファン投票で選曲されたクラムボンのベスト・アルバムを2枚同時リリース。そして春からは全国ツアーも予定!


OLAibi
ボアダムズのYoshimi率いるバンドOOIOOのドラム、パーカッショニストとして、国内外で幅広く活動中。1995年から今や伝説的なサイケ・セッション・バンドAOAで5年以上パフォーマンスし、Fuji Rock Festival、レインボー2000... etc. 様々な野外イベントを大いに盛り上げた。これまでに 4枚のアルバムをリリース(comma)。現在は、OOIOO以外にも、ピアニストでMuseum of plateの塚本サイコとのユニットmeleで、NHK教育TV、エキナカecute、浅野忠信主演映画等の制作や、ピアニストで映像作家の高木正勝との制作、共演。UAとの音楽制作や作品参加等々、精力的に行っている。

トンチ
小さい頃からピアノを習う。1998年からスティールパンを始め、2ヶ月後に訳も分からず発祥国トリニダードへ。「上手くなったらチームに入れたるわ」と言われ日本でがんばる。2003年再びトリニダードへ。約1年間、インベイダーズというチームに入り活動。エクソダスのメンバーとカリブの国々でカーニバルの演奏ツアー etc. をし... 帰国後、ソロ活動、作詞作曲、セッションや、OOIOOや朝崎郁恵さんのレコーディングの手伝いやUAの演奏、クラムボン原田郁子とセッションなど。

ホナガヨウコ
ダンスパフォーマー・モデル。芝居、舞踏、レスリングを経て、2001年頃より自身の企画・構成・出演による独自のパフォーマンス・ライヴを劇場やギャラリー等で発表。ミュージシャンの生演奏と身体のセッションによる『音体パフォーマンス』、お客さんの癖や仕草を基にその場で即興のダンスを作る『くせになるダンス』や、街中のカフェで注文を受けては踊る『カフェでダンスがオーダーできます』等、ユニークな発想でパフォーミング・アートの新たな可能性を追求している。また、ファッションモデルとしての広告出演や、イラスト、写真、衣装、音楽を手掛けるなど、その活動は多岐に渡る。

o

 
 

レヴュー

変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム
[CLOSEUP]・2018年04月20日・変化せよ、音楽のように――ヘンリー・グリーン、自然体で「変化すること」を描く1stアルバム マッシヴ・アタックやポーティスヘッドといったアーティストを輩出し、その音楽シーンが常に世界中の注目を集めるイギリスの港湾都市・ブリストル。そんな港町のベッドルームから現れたのが、ヘンリー・グリーンという22歳の青年だ。繊細なヴォーカルと、エレクトロニクスとアコースティックを高次元で融合させたサウンド・プロデュースが魅力的な彼が注目を集めたのは2013年、彼がカヴァーしたMGMT「Electric Feel」をノルウェーの人気プロデューサー、KYGOがリミックスしたのが切っ掛けだった。その後もベッドルームから精力的にリリースを続けてきた彼が、待望の1stアルバムがリリースするにあたって本作のテーマに掲げたのは「Shift」、変化ということだ。OTOTOYでは、そんな要注目の一枚をより楽しんでいただくため、ハイレゾ配信を行うとともにレビューを掲載します。 要注目、待望の1stアルバムHenry Green / Shift'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?
by 井上裕樹
【REVIEW】ハイレゾ配信開始! 『からかい上手の高木さん』Music Collection
・2018年04月18日・堤博明が彩る暖かく優しい、からかいの日々 ──『からかい上手の高木さん』Music Collection 2018年1月より3月まで放送され、各メディア、SNSでも話題となった人気テレビアニメ『からかい上手の高木さん』そのオリジナル・サウンド・トラックがOTOTOYでもハイレゾ配信開始! 音楽は『クジラの子らは砂上に歌う』『sin 七つの大罪』等のヒット作を手かげた堤博明が担当。放送が終わってしまい、高木さんロスになってしまっているかたも、改めて作品の魅力を感じたいかたも、本作と共にもう一度あの甘酸っぱいからかいの日々をレヴューと一緒に振り返ってみましょう! (text by 伊達恭平) ハイレゾ音源配信中! 堤博明 / からかい上手の高木さん Music Collection 【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) >>>ハイレゾとは?'【配信価格】''単曲400円(税込) / アルバム3500円(税込) 日常とキャラクターの魅力へ寄り添う、「暖かな」楽曲達 「ゲッサン」(小学館)にて好評連載中、コミックス累計400万部突破!! 照れたら負けからかいコメディ! とある
by 伊達 恭平
【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース
・2018年04月16日・【REVIEW】ロックンロール覚醒──春ねむり、目覚めのシャウトを打ち鳴らす初のフル・アルバムをリリース 横浜出身のポエトリー・ラッパー、春ねむり。2016年10月に1stミニ・アルバム『さよなら、ユースフォビア』でデビュー、昨年6月に2ndミニ・アルバム『アトム・ハート・マザー』をリリースした。そして3作品目となる、初のフル・アルバム『春と修羅』が完成した。諸刃の剣のように近付けば危うく、力強さすら感じさせる彼女の言葉達は、ラップのリズムに隙間なく詰め込まれ、彼女独特のエモーショナルなサウンドへと変わっていく。さらに今作には客演として突然少年、NERO IMAI、リミックスとして長谷川白紙が参加している。音楽の新しい可能性を追求する彼らとの楽曲は、春ねむりの新たなバック・グラウンドを知るきっかけとなるだろう。そんな本作をより深く楽しんでいただくため、OTOTOYではレヴューを掲載することにした。 自身初のフル・アルバム!!春ねむり / 春と修羅'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1800円(税込)【収録曲】''
京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける初の全国流通盤
・2018年04月11日・【REVIEW】京都発の大注目バンド“ベランダ”──ポップの旗手としての資質を裏付ける、初の全国流通盤 京都のオルタナティヴ・バンド、ベランダが待望の全国流通盤をリリース。昨年1月にリリースしたミニ・アルバム 『Any Luck to You』 は、 ライブ会場と一部店舗のみでの販売にもかかわらず半年で約900枚を売り上げたほか、くるり岸田やASIAN KUNG-FU GENERATION後藤正文など多くのアーティストからも高い評価を得た。そんな彼らが、親しみやすいメロディの中に、どこか懐かしい空気感を漂わせるその世界観を維持しつつも、さらに表現の幅を広げた2ndミニ・アルバム『Anywhere You Like』をリリースした。彼らにとって初の全国流通盤となる今作をレヴューとともにお届けしよう。リード曲となる「エニウェア」を期間限定で無料配信するので、まずは彼らの世界観を体感してみてはいかがだろうか。 リード曲を期間限定フリー配信!ベランダ / エニウェア'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信期間】''2018年4月18日23:59まで※会員登録なしでもダ
by 阿部 文香
【REVIEW】ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2度目のワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!!
[CLOSEUP]・2018年03月29日・ヤなことそっとミュート、初となるバンド・セットを披露した2ndワンマン・ライヴがハイレゾ配信スタート!! オルタナ、グランジを踏襲したロック・サウンドと、そのパフォーマンスで注目を集めるアイドル・グループ、ヤなことそっとミュート。2017年12月に赤坂BLITZにて行われた、彼女たちの2ndワンマン・ライヴの模様がハイレゾ音源となって蘇ります! この日のライヴではグループ初となるバンド・セットも披露し、グループとしての新たな可能性を提示した1日は、当日ライヴに足を運んだ方はもちろん、彼女たちに初めて触れる方にもおすすめしたい作品! OTOTOYでは音楽評論家、宗像明将によるレヴューを掲載。作品と併せてこちらもぜひ! また、購入者の方にはこの日の模様を収録したライヴDVDのプレゼント企画もありますのでこちらもお見逃しなく! 初のバンド・セットでのパフォーマンスも収録!!ヤなことそっとミュート / 2ND ONEMAN LIVE@AKASAKA BLITZ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配信価格】単曲 400円(税込) / アルバム 3,000円(税込)【収録曲
【REVIEW】ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース
[CLOSEUP]・2018年03月26日・ビート・ミュージックのルーツを探る──Dabrye、三部作の完結を記念して過去作のリマスターをリリース タッド・マリニックスによるヒップホップ・プロジェクト、Dabryeによる三部作シリーズが、彼の12年ぶりとなるニュー・アルバム『Three/Three』を以てついに完結。これを記念して、三部作の一作目『One/Three』にリマスタリングとボーナス・トラック3曲を加えた復刻盤がリリースされる。2001年にリリースされた本作は、現在ではすっかりお馴染みとなっている、エレクトロニカとヒップホップの交差点に位置する「ビート」サウンドの最初期に位置する一枚として知られている。リマスタリングは「LOW END THEORY」、レーベル〈ALPHA PUP〉を主催する、ビート・サウンドにおける最大の功労者のひとり、Daddy Kevが担当。OTOTOYでは、このビート・ミュージック・シーンにおける最重要盤をより楽しんでいただくため、配信を行うとともにレヴューを掲載します。 三部作完結記念、マスタリングはDaddy Kevが担当 Dabrye / One/Three'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bi
by 井上裕樹
【REVIEW】タイの実力派SSWがついに日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界
[CLOSEUP]・2018年03月18日・タイの実力派SSW、プム・ヴィプリット日本デビュー──詩情豊かに織りなされる、苦く美しい過去の世界 YouTubeにおいてシングル「Long Gone」のミュージック・ヴィデオが公開から半年余りで200万回再生を数え、 アジアのみならず世界中で話題を集めてきたタイのヤング・スターがついに日本デビュー。 ニュージーランド育ちバンコク在住・若干22歳のタイ人シンガー・ソングライター、プム・ヴィプリット。その実力はASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Gotch)が 2017年ベスト・アルバムに選出したり、方々からの高い評価からもうかがい知れることだろう。ぜひご一聴ください。 クラウド・ファンディングによって制作した待望のデビュー・アルバム!Phum Viphurit / Manchild【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム価格 2,000円(税込)【収録曲】01. Strangers in A Dream02. Run03. The Art of Detaching One's Heart(feat
by 阿部 文香
忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム配信スタート
[CLOSEUP]・2018年03月16日・忘却のカラスと記憶をめぐるマウント・イアリの選択──新アルバム『Now Only』配信スタート 昨春、夭折した最愛のパートナーの死をテーマに制作・リリースされ、衝撃と絶賛を浴びた『A Crow Looked At Me』から1年、マウント・イアリから早くもニュー・アルバム『Now Only』が届いた。ジュヌヴィエーヴ・カス トレイ夫人との出会いを綴った「TINTIN IN TIBET」から始まり、前作の続編でありながらも、少年期のエピソードを交えながら、彼の抑制された声と美しいメロディーで奏でられサウンドは、先へと踏み込んだものであるとうかがえられる。OTOTOYでは歌詞対訳デジタルブックレット付で配信します。この1年彼は何を見つめ前へ進んでいったのか、レヴューとともに浸ってみては? 前作からわずか1年で圧巻のニュー・アルバム配信スタートMount Eerie / Now Only'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,500円(税込)【収録曲】''1. TINTIN IN TIBET2. DISTORTION3
by 尾野 泰幸