album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
summer remains -- Alex Martin  mp3: 16bit/44.1kHz 02:46 Album Purchase Only
paper craft -- mal da kid  mp3: 16bit/44.1kHz 03:36 Album Purchase Only
balloon 2 -- sundelay  mp3: 16bit/44.1kHz 02:02 Album Purchase Only
cafe terrace galaxy feat.kokko,アラカキヒロコ -- アクマチクス  mp3: 16bit/44.1kHz 01:58 Album Purchase Only
D -- 灰児圭十  mp3: 16bit/44.1kHz 03:22 Album Purchase Only
the low feat.kokko,関勇太 -- Huehuecoyotl  mp3: 16bit/44.1kHz 04:12 Album Purchase Only
against -- 田中光  mp3: 16bit/44.1kHz 02:29 Album Purchase Only
pillow -- Ryo Takezawa  mp3: 16bit/44.1kHz 02:55 Album Purchase Only
houses -- Kampow  mp3: 16bit/44.1kHz 04:26 Album Purchase Only
apricot -- dull over pull  mp3: 16bit/44.1kHz 02:22 Album Purchase Only
talking to myself(early) -- Alex Keleher  mp3: 16bit/44.1kHz 02:41 Album Purchase Only
masquerade -- VENOM  mp3: 16bit/44.1kHz 04:28 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 37:17
Album Info

倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を33週間ノンストップでリリースする、33RECORDによる企画『Biff Sound』。同企画から、第6弾となるセレクション作品が登場。第1弾から変わらず、今回も勿論フリー・ダウンロード作品となる。3/3にスタートしたこの企画も早くも半年が過ぎ、本作公開時点で29週目。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、単行本の様な本作品であるが、いよいよクライマックスを迎え始めている。ここにきてまた様々な要素が加わり、むしろ勢いを増していく33RECORDの記録と記憶。まだ間に合う。フリー・ダウンロードという形で届けられるこの「招待状」をこの機会にそっと共有していただきたい。

Discography

VENOMの確固たるstanceの下、player同士の馴れ合いにより意識が弛んだ輩を引き締め、highにさせる処方箋。 "小鳥のご機嫌取り引きちぎる" 「ふざける」と「楽しむ」の違いを根本から分からせる。

1 track

2nd EP "Side B" VENOMが提示する裏側の世界。 庭先への案内は終わった、これから部屋へ案内しよう…。

6 tracks
Pop

アレックスケルハーを再び日本へと運んだ"My Treat"のモノとドラフト、2つのバージョンを収録。

2 tracks

1st EP "Side A”では、VENOMの名に恥じぬ猛毒たる所以、濃厚なHIPHOPの片鱗を味わえる筈だ。 We are...

6 tracks
Pop

カナダで録音されたピアノ、日本で録音された歌。 2019年の夏を日本で過ごした彼の目が見たもの。 キッチン ウィンドウ ライト ショウ。

2 tracks
Pop

Under The Radarのアーリーバージョンなどをhoshosと共に演奏した、 2011年のプライベートなスタジオバンドライブのリブート。

3 tracks

アルバム「encounter」からのリミックス集。 ビートを排し、空中成分を探し集めた場合としての再構成。

5 tracks

DJとしてベルリンでキャリアを積むKampow(カンポウ)の処女作品。 初期の名曲”Your Season”、”Look”、最新作”Jus One”を含む全8曲。 アフタークラビングスタンダードブレイクファスト。

8 tracks

アルファと名付けられた、キャリア初のVENOM名義作品。

4 tracks

繊細な技巧と多彩な残響。信念に彩られた、「encounter/出会い」と題されるキャリア初ソロ名義での公開作品。

6 tracks

隆盛を極めるMCバトルシーンの裏番長: MC正社員が率いる”戦極CAICA”から第4の男、音と共に生きる寡黙なリリシスト田中光による1stソロアルバムが遂にリリース!

12 tracks

個性派MC mal da kid 2ndアルバムついにリリース! 参加アーティストには、エレクトロニックミュージックレーベルmoph recordsよりlycoriscoris、scholeのギタリストpaniyoloの新ユニットBAM、ニュージャズ・/ダブバンドMASのリーダーとしても活動しているTyme、ビートミュージシャンPrimula、元ヌンチャクで現kamomekamomeの向達郎をフィーチャーしたシングルのリリースで話題を呼んだドラマー/トラック・メイカーのtomy wealth等、前作に引き続きラップスタイル同様、規格外のアーティストが参加したアルバムとなっている。

11 tracks

日本のインディーシーンの中で、とりわけ異彩を放つインストバンド、sundelayの2ndアルバム。1stアルバムよりさらに『我が道を行く感』全開の作品となっている。前作同様、「今の時代だからこそ。」というこだわりから採用された全曲一発録音。それにより生み出された、生き物のように自由に動き回るオーガニックなグルーブ。クラウトロック直系のドラッギーでダビーなアンサンブル。確かなテクニックに裏打ちされた絶妙なタイミングで鳴らされるリードギター。Spacemen3のような浮遊感や中毒感、This Heatのような呪術性や攻撃性、John Zornのような実験性。それら全てを併せ持つ5編から成るアルバム。サイケ、ニューウェーブ、プログレ、ジャムバンド、ノイズファンからポストロック、シューゲイザー、アンビエントファンまで、全ての音楽好きに贈る、普遍のロックンロール作品の誕生です。

5 tracks

精力的なライブ活動で高い支持を集めている、5人組インストゥルメンタルバンドのデビュー作。作品全体から放たれる、優しくも熱い、ギラギラとしたサウンド。それはまるで、宇宙に浮かぶ太陽からの贈り物のようにすら感じられる。サイケデリックな精神世界、ポストロックの緻密さや美しさ、ジャムバンドのような解放感、それら全てが絶妙なバランスで溶け合った怪作!!

9 tracks
V.A.

19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!

3 tracks
V.A.

19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!

3 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

Articles

Sundelay『Moksa』配信開始&インタビュー

インタヴュー

Sundelay『Moksa』配信開始&インタビュー

邦楽のメイン・ストリームとも、東京のインディーズ・シーンとも一線を画す独自のスタンスでの活動を続けるバンド、sundelay。彼らがkilk recordsから2ndアルバム『Moksa』をリリースする。それを記念して、初となるメンバー全員インタヴューを行…

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.3 竹中直純(OTOTOY代表取締役)「新しいメディアの考え方」

インタヴュー

kilk records session 2013 新音楽時代 vol.3 竹中直純(OTOTOY代表取締役)「新しいメディアの考え方」

新進気鋭のレーベル、kilk recordsの主宰者、森大地が、様々なゲストとともに音楽業界に疑問を投げかけてきた「kilk records session」。2011年から1年に渡りお届けしてきた本企画だったが、森の野心は留まることを知らず、2013年も…

kilk records特集!!  Aureole & Sundelay配信開始

インタヴュー

kilk records特集!! Aureole & Sundelay配信開始

2010年にAureoleの森大地によって立ち上げられたkilk records。「精神に溶け込む、人生を変えてしまうほどの音楽との出会い」を届けることを目的に、国内/外のアーティストを、音楽のジャンルを問わずに取り上げている新進気鋭のレーベルだ。今回、レ…