album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
11 -- Alan Premselaar & Hiroko Arakaki  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:02 Album Purchase Only
синий -- Aimee  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:33 Album Purchase Only
Monument -- 田中光  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:53 Album Purchase Only
blood -- soap  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:44 Album Purchase Only
tt -- Daniel Karras  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:42 Album Purchase Only
Sing -- KINU  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:24 Album Purchase Only
hidden -- Daichi Mori  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:14 Album Purchase Only
quiz -- mal da kid  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:55 Album Purchase Only
Cookie Lover -- Mike Hannah  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:36 Album Purchase Only
build up dub -- JINYA  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:26 Album Purchase Only
Detune Piano -- 10  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:20 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 35:49
Album Info

倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を、2014年3月3日より33週間連続(!?)でリリースする企画『Biff Sound』。同企画から、初となるセレクション作品が登場。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本的な意味合いもつ作品といえるだろう。3月にリリースされたパッケージのなかから選りすぐりの11曲を収録。配信価格はまさかの無料!! ぜひこの機会に、33RECORDから届いた音楽の招待状を田畑猛(AARHNND)のライナーノーツも併せて、お楽しみください!!

Discography

1 track

瞬間の歌、瞬間のダブとブレイクビーツ。玉石のように。 マイク・ハンナ 2019年のシングル、ライクアボウルダー。

1 track

マイクハンナ2作目のカジュアルレコーディングEP。 インクルーディングLico Nakamuraのジャックと豆の木、フラナーボードのウィールサウンドサンプリング。

4 tracks

3 tracks

隆盛を極めるMCバトルシーンの裏番長: MC正社員が率いる”戦極CAICA”から第4の男、音と共に生きる寡黙なリリシスト田中光による1stソロアルバムが遂にリリース!

12 tracks

ガレージロックバンド"The Mootekkis"(ザ ムテキーズ)/ガレージポップバンド"The Goood Things"(ザ グッド シングス)のボーカリスト「Mike Hannah」によるキャリア初となるソロアルバム。 メロウ、ヘヴィ、アコースティック、リーディング。1人のミュージシャンが魅せる様々な表情を記録した全方位型アルバム。ゲストとしてYawn of sleepy(hydrant house purport rife on sleepy)とSone(Atlantis Airport)、コーラスには、Ayumi Nakamura、Lico Nakamuraが参加。

7 tracks

個性派MC mal da kid 2ndアルバムついにリリース! 参加アーティストには、エレクトロニックミュージックレーベルmoph recordsよりlycoriscoris、scholeのギタリストpaniyoloの新ユニットBAM、ニュージャズ・/ダブバンドMASのリーダーとしても活動しているTyme、ビートミュージシャンPrimula、元ヌンチャクで現kamomekamomeの向達郎をフィーチャーしたシングルのリリースで話題を呼んだドラマー/トラック・メイカーのtomy wealth等、前作に引き続きラップスタイル同様、規格外のアーティストが参加したアルバムとなっている。

11 tracks

2020年3月、origami PRODUCTIONSが立ち上げた「origami Home Sessions」において、Kan Sanoが提供した楽曲を元に河原崎豊が新たに制作した。 作詞とボーカルで参加したのはシンガーのKINU。 アートワークは西野入礼が手がける。

1 track
V.A.

19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!

3 tracks
V.A.

19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!

3 tracks
V.A.

33週連続リリース企画”Biff Sound” 絶好調でお届け!の第15弾です。 フォルクローレな雰囲気に満ちたギターの調べ。モノローグのようなラップ。まるで異国の地を独りさまよい歩いているかのような田中光の"ammonite "。 ULU名義でも多方面に渡り活躍している立山大、NOINONEのドラマーTorikeyこと白鳥永晃のULU a.k.a. Tateyama & Torikeyによる”unit"。シンセ、ウェーブドラム、様々な楽器とサンプリングがダブワイズされたサイケデリックアフロパンク。 3曲目。取材で訪れたライター西澤裕郎氏がscum writer nishizawa kunとして全てのクリエイターに問いかける一発録りリーディングコラージュ”def”。 日常の何気ない風景から切り取られる、感覚、感情、言葉、そして予感。Alex Martinの歌がシンプル故に胸に突き刺さる、soapの日本語曲”逢引”。 聴き終えた後、一編の小説の読後にも似た深い余韻に包まれる名曲。 再び田中光による楽曲”sect"。フリースタイルラップで高らかに宣言されるメッセージに、Biff Soundという企画の本質の全てが表されている。旅は終わらない… 以上、旅情溢れる全5曲。 偶然か必然か、 Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!写真をコラージュした田中光のアートワークも目に楽しいです。

5 tracks
V.A.

33週連続リリース企画”Biff Sound” 絶好調でお届け!の第15弾です。 フォルクローレな雰囲気に満ちたギターの調べ。モノローグのようなラップ。まるで異国の地を独りさまよい歩いているかのような田中光の"ammonite "。 ULU名義でも多方面に渡り活躍している立山大、NOINONEのドラマーTorikeyこと白鳥永晃のULU a.k.a. Tateyama & Torikeyによる”unit"。シンセ、ウェーブドラム、様々な楽器とサンプリングがダブワイズされたサイケデリックアフロパンク。 3曲目。取材で訪れたライター西澤裕郎氏がscum writer nishizawa kunとして全てのクリエイターに問いかける一発録りリーディングコラージュ”def”。 日常の何気ない風景から切り取られる、感覚、感情、言葉、そして予感。Alex Martinの歌がシンプル故に胸に突き刺さる、soapの日本語曲”逢引”。 聴き終えた後、一編の小説の読後にも似た深い余韻に包まれる名曲。 再び田中光による楽曲”sect"。フリースタイルラップで高らかに宣言されるメッセージに、Biff Soundという企画の本質の全てが表されている。旅は終わらない… 以上、旅情溢れる全5曲。 偶然か必然か、 Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!写真をコラージュした田中光のアートワークも目に楽しいです。

5 tracks
V.A.

Mike Hannah(the Goood Things/the Mootekkis)の”Cookie Lover”。後半のコーラスにはハチスノイトも参加! sundelay長塚大地によるクラッシックサイケの匂いがするソロボーカル楽曲"wood" soapの”blind drunk”を再構成したアンセム"blood" ryo takezawaによるギターとリズムトラックのみで構成された4トラックダンスチューン、soberによる"troy song" メロディを引き立てるピアノ、オーケストラヒッツ、クラシックギター。soapの日本語詩曲"ほら" 全5曲、名曲揃いのBiff Soundシリーズ第5弾。

5 tracks
V.A.

33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 まだまだまだ生新の気にあふれる第31弾。イエスっっ!さて今週は・・・ "geeks tune / Hiro Ugaya"。ジャーナリストでフォトグラファー、そしてベーシストと多彩な活動を縦横無尽に繰り広げるHiro Ugayaによるリーディング。その場にあった雑誌をトラックに合わせ読む、ただそれだけの行為なのになにこの説得力。決して熱っぽい妄想的な口調ではなく、実に冷静で緻密な語り口で淡々と語っていく。いや~シブい! そのリーディングにさらにラップをかさねたら?"points for tens feat.Hiro Ugaya & VENOM / dull over pull"。合いすぎるだろ、これ。ラップは激情型フリースタイルMC、VENOM。dull over pullの硬質ながらも変化に富んだインストゥルメントとの三つ巴で、まるで大地から生え出たクリスタルの結晶が四方に鋭い光線を放つかの様。アツい。 familiar / Mike Hannah。The Mootekkis、The Goood ThingsのVo、Mike Hannahがその独特な憂いを帯びた声で切なげに歌い上げる。それでいてどこかコミカルな雰囲気も漂うこの曲。後ろで喋っている男女の会話が妙に気になるよ。なんか凸凹してる。いい感じで凸凹してる。 jive / Rurico Takashima & Takumi Yoshikawa。二人のラッパーによるフリースタイル愛情交歓劇場。・・・いや、なにも語るまい。ちなみにTakumi Yoshikawaは前述のVENOM。ラブレターなんで実名でいきたいとのこと。・・・ステキじゃねーか、こんチクショー! あー、もう寝よう。最後を飾るのは"goodnight,goodnight feat. DJ CLAMP5 a.k.a. wa5hei / harmonious"。アンビエントな、浮遊する子守唄。絶妙なタイミングでDJ CLAMP5のスクラッチが冴え渡る。面倒臭い事は全部あとまわしだ。気持ちよく、夢のなかへ・・・。 以上5曲、静的、力動的、色彩的、構築的、そして愛。そんな内容となっております! アートワークは引き続きDJ Oparll。前回とはうって変わって、紙の手触りが伝わってくるオーガニックでポップな作品となっております。ゾウ! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!Artwork by Oparll / Mastering by sleepy it / Mix by ryo takezawa,Yawn of sleepy

5 tracks
V.A.

33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 まだまだまだ生新の気にあふれる第31弾。イエスっっ!さて今週は・・・ "geeks tune / Hiro Ugaya"。ジャーナリストでフォトグラファー、そしてベーシストと多彩な活動を縦横無尽に繰り広げるHiro Ugayaによるリーディング。その場にあった雑誌をトラックに合わせ読む、ただそれだけの行為なのになにこの説得力。決して熱っぽい妄想的な口調ではなく、実に冷静で緻密な語り口で淡々と語っていく。いや~シブい! そのリーディングにさらにラップをかさねたら?"points for tens feat.Hiro Ugaya & VENOM / dull over pull"。合いすぎるだろ、これ。ラップは激情型フリースタイルMC、VENOM。dull over pullの硬質ながらも変化に富んだインストゥルメントとの三つ巴で、まるで大地から生え出たクリスタルの結晶が四方に鋭い光線を放つかの様。アツい。 familiar / Mike Hannah。The Mootekkis、The Goood ThingsのVo、Mike Hannahがその独特な憂いを帯びた声で切なげに歌い上げる。それでいてどこかコミカルな雰囲気も漂うこの曲。後ろで喋っている男女の会話が妙に気になるよ。なんか凸凹してる。いい感じで凸凹してる。 jive / Rurico Takashima & Takumi Yoshikawa。二人のラッパーによるフリースタイル愛情交歓劇場。・・・いや、なにも語るまい。ちなみにTakumi Yoshikawaは前述のVENOM。ラブレターなんで実名でいきたいとのこと。・・・ステキじゃねーか、こんチクショー! あー、もう寝よう。最後を飾るのは"goodnight,goodnight feat. DJ CLAMP5 a.k.a. wa5hei / harmonious"。アンビエントな、浮遊する子守唄。絶妙なタイミングでDJ CLAMP5のスクラッチが冴え渡る。面倒臭い事は全部あとまわしだ。気持ちよく、夢のなかへ・・・。 以上5曲、静的、力動的、色彩的、構築的、そして愛。そんな内容となっております! アートワークは引き続きDJ Oparll。前回とはうって変わって、紙の手触りが伝わってくるオーガニックでポップな作品となっております。ゾウ! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!Artwork by Oparll / Mastering by sleepy it / Mix by ryo takezawa,Yawn of sleepy

5 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

Articles

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』も大団円!! セレクション作品第7弾「Biff Sound Selection 07」フリー配信&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』も大団円!! セレクション作品第7弾「Biff Sound Selection 07」フリー配信&インタヴュー!!

33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も無事33週を走り抜けた。思えば、この企画がはじまったのは大雪が降る冬のことだ…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第32弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第32弾をリリース&インタヴュー!!

33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も32週目を迎えた。あと1週!! さあ大団円というところで、大きな変化が起こり…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第27弾をリリース&VENOM、kokko、Kampowとインタヴュー・セッション!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第27弾をリリース&VENOM、kokko、Kampowとインタヴュー・セッション!!

倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioを舞台に、週末の深夜から朝にかけてレコーディング・セッションを行い、その音源を33週にわたり毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も、早いもので27週目を迎えた。筆者は、月に1度ほどIce …

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!

都会に住んでいても、季節は変わっていくんだな。のっけから、感傷的な気持ちになった。基本的に部屋にこもって原稿を書いているような人間としては、季節がいつの間にか過ぎさっていたなんてことなんてざらで、季節に想いを馳せるなんてことはそんなにないのだけど、毎月、浦…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第18弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第18弾をリリース&インタヴュー!!

浦安に来るのも5ヶ月目。すっかり季節は冬から夏へと変わってしまったが、その間休むことなく毎週末レコーディング・セッションを続け、音源をリリースし続けてきた33RECORDの面々。彼らのことを本当にタフな連中だと実感する。今回は、一般応募をしてくれたアーティ…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第14弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第14弾をリリース&インタヴュー!!

溶けてしまいそうな暑さが迫るなか、浦安にある秘密基地的スタジオ「Ice Cream Studio」でも、様々なアーティストが溶けるくらいぐっちゃぐちゃに混じり合っていく、セッション・レコーディングが行なわれていた。33週連続で音源をリリースする企画「Bif…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第10弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第10弾をリリース&インタヴュー!!

33週連続で音源をリリースする企画「Biff Sound」が3ヶ月目に突入した。はやくも今週で10作目となるが、そのクオリティは落ちるどころか、より実験的なものになってきている。それは「Ice Cream Studio」に集うメンバーの息が一層合わさってき…

33週連続配信企画「Biff Sound」に辿りついた3人にインタビュー

インタヴュー

33週連続配信企画「Biff Sound」に辿りついた3人にインタビュー

千葉県浦安市の外れにある倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」。毎週末、そこでセッションやレコーディングを行い、できた音源を2014年3月3日より33週間連続(!?)でリリースする企画『Biff Sound』を実施しているのが「33RE…

33RECORD、33週連続配信企画スタート!! Ice Cream Studioより届けられるセッションたち!!

レヴュー

33RECORD、33週連続配信企画スタート!! Ice Cream Studioより届けられるセッションたち!!

20年ぶりの大雪が関東各地を襲った2014年1月某日、オトトイ編集部・西澤は千葉県浦安駅へと足を運んだ。雪が舞うロータリー、指定された時間を15分ほど過ぎたころ、一台の車が迎えにきた。少しぎこちなく挨拶をかわし、車に乗り込む。ものの5分もしないうちに地方の…