田中光

Discography

隆盛を極めるMCバトルシーンの裏番長: MC正社員が率いる”戦極CAICA”から第4の男、音と共に生きる寡黙なリリシスト田中光による1stソロアルバムが遂にリリース!
V.A.
19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!
V.A.
19分間に及ぶフリースタイルラップで放つメッセージ。シンプルなピアノフレーズが演出する田中光の『faster』 ノイズの存在感を増幅する様々な音の仕掛けと表情豊かなDUB MIX。岡崎竜太(Aureole)のソロプロジェクト、LZ129による『3rd Noise Product』 真っ直ぐな詩とイノセントなメロディで自身のバンド"AARHNND"と違う一面をみせたアコースティック楽曲、10の『a.o.』 Biff Sound #009~#011のDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiに続き、今作は田中光が手描きイラストでアートワークを担当。 "Biff Sound"が放つ3曲3様の第12弾リリース「Biff Sound #012」配信開始!
V.A.
33週連続リリース企画”Biff Sound” 絶好調でお届け!の第15弾です。 フォルクローレな雰囲気に満ちたギターの調べ。モノローグのようなラップ。まるで異国の地を独りさまよい歩いているかのような田中光の"ammonite "。 ULU名義でも多方面に渡り活躍している立山大、NOINONEのドラマーTorikeyこと白鳥永晃のULU a.k.a. Tateyama & Torikeyによる”unit"。シンセ、ウェーブドラム、様々な楽器とサンプリングがダブワイズされたサイケデリックアフロパンク。 3曲目。取材で訪れたライター西澤裕郎氏がscum writer nishizawa kunとして全てのクリエイターに問いかける一発録りリーディングコラージュ”def”。 日常の何気ない風景から切り取られる、感覚、感情、言葉、そして予感。Alex Martinの歌がシンプル故に胸に突き刺さる、soapの日本語曲”逢引”。 聴き終えた後、一編の小説の読後にも似た深い余韻に包まれる名曲。 再び田中光による楽曲”sect"。フリースタイルラップで高らかに宣言されるメッセージに、Biff Soundという企画の本質の全てが表されている。旅は終わらない… 以上、旅情溢れる全5曲。 偶然か必然か、 Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!写真をコラージュした田中光のアートワークも目に楽しいです。
V.A.
33週連続リリース企画”Biff Sound” 絶好調でお届け!の第15弾です。 フォルクローレな雰囲気に満ちたギターの調べ。モノローグのようなラップ。まるで異国の地を独りさまよい歩いているかのような田中光の"ammonite "。 ULU名義でも多方面に渡り活躍している立山大、NOINONEのドラマーTorikeyこと白鳥永晃のULU a.k.a. Tateyama & Torikeyによる”unit"。シンセ、ウェーブドラム、様々な楽器とサンプリングがダブワイズされたサイケデリックアフロパンク。 3曲目。取材で訪れたライター西澤裕郎氏がscum writer nishizawa kunとして全てのクリエイターに問いかける一発録りリーディングコラージュ”def”。 日常の何気ない風景から切り取られる、感覚、感情、言葉、そして予感。Alex Martinの歌がシンプル故に胸に突き刺さる、soapの日本語曲”逢引”。 聴き終えた後、一編の小説の読後にも似た深い余韻に包まれる名曲。 再び田中光による楽曲”sect"。フリースタイルラップで高らかに宣言されるメッセージに、Biff Soundという企画の本質の全てが表されている。旅は終わらない… 以上、旅情溢れる全5曲。 偶然か必然か、 Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!写真をコラージュした田中光のアートワークも目に楽しいです。
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 なにをやるにもいい季節ですね。こんなときこそなにもやらずに家で音楽でも!の第29弾。さて今週は・・・ "point mutability/Kampow"。サンプリングを駆使して構築されたトラックを解体、再構築。いや脱構築。そして元来持っていた意味が変容して新たな意味が立ち上がってくる。故に前提は維持出来ない。面白いね。 "rhyme / Panacea"。アートワークでもその独自の感性で我々を楽しませてくれるkokkoがソロ名義'Panacea'で登場。キュートな彼女がクールなラップで痺れさせるポップ・ナンバー。からっと爽快なリズムで身体と感覚を解放させてくれる。どう?こういうの好きでしょ。 "hu / Huehuecoyotl"。もうおなじみ、スタジオに訪れた大勢のゲスト達との大合唱!さらに今回は男性女性分かれての輪唱。参加メンバーはカンマレーベルの山座寸知、映画監督の吉田光希、俳優の入江康仁、大宮ヒソミネ/kilk recordsからオーナー森大地、コッテル、デデヤマ、画家の小室藍。DJ Oparll、junko minato(uminism)、グラフィックデザイナーMiho Sadogawa。と、この日はいつにも増して大人数で収録にあたった記憶が・・・。男女が互いに解け合う事無く、緊張関係の中で戯れ合う「いき」の美学。重なり厚みを増した声達の表情が耳に心地よい。そして辿り着く梵我一如。 "lamp / 田中光"。天才フリースタイルラッパーによる、初秋に初夏の歌。バックはピアノのみというシンプルさが彼の真摯なメッセージを鮮明に浮かび上がらせ、聴き手の胸を打ち抜く。機能性や技術重視から出発したものではなく、形而上的志向をも孕んだ美的精神的統一への憧憬。曰く「美しいものしか信じない」。激しく同意。 "BARON /バロン"。sundelayの愛すべきチェリー系ドラマー、バロン。がなんか言ってる、ゆるゆるラップナンバー。ここで開示されているのが、自己同一性の言葉でそれ自体に合致すると主張する<記号の停止>の破壊。倒錯も結局は自分の任務として認めることになる解決、すなわち<全てを言う>というサド的解決を予告する、己のキャラに対する姿勢の潔さ。な訳ない。 以上5曲、一筋縄ではいかない人達の、一筋縄ではいかぬ内容となってます! アートワークはkokko(芳純秘密、ex.Anrietta)第三弾。シリーズのコンセプト最終形態。ストリート感覚溢れるポップアートに込められたメッセージ。最高の贈り物です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい! Artwork by kokko / Mastering by sleepy it / Mix by Yawn of sleepy
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 なにをやるにもいい季節ですね。こんなときこそなにもやらずに家で音楽でも!の第29弾。さて今週は・・・ "point mutability/Kampow"。サンプリングを駆使して構築されたトラックを解体、再構築。いや脱構築。そして元来持っていた意味が変容して新たな意味が立ち上がってくる。故に前提は維持出来ない。面白いね。 "rhyme / Panacea"。アートワークでもその独自の感性で我々を楽しませてくれるkokkoがソロ名義'Panacea'で登場。キュートな彼女がクールなラップで痺れさせるポップ・ナンバー。からっと爽快なリズムで身体と感覚を解放させてくれる。どう?こういうの好きでしょ。 "hu / Huehuecoyotl"。もうおなじみ、スタジオに訪れた大勢のゲスト達との大合唱!さらに今回は男性女性分かれての輪唱。参加メンバーはカンマレーベルの山座寸知、映画監督の吉田光希、俳優の入江康仁、大宮ヒソミネ/kilk recordsからオーナー森大地、コッテル、デデヤマ、画家の小室藍。DJ Oparll、junko minato(uminism)、グラフィックデザイナーMiho Sadogawa。と、この日はいつにも増して大人数で収録にあたった記憶が・・・。男女が互いに解け合う事無く、緊張関係の中で戯れ合う「いき」の美学。重なり厚みを増した声達の表情が耳に心地よい。そして辿り着く梵我一如。 "lamp / 田中光"。天才フリースタイルラッパーによる、初秋に初夏の歌。バックはピアノのみというシンプルさが彼の真摯なメッセージを鮮明に浮かび上がらせ、聴き手の胸を打ち抜く。機能性や技術重視から出発したものではなく、形而上的志向をも孕んだ美的精神的統一への憧憬。曰く「美しいものしか信じない」。激しく同意。 "BARON /バロン"。sundelayの愛すべきチェリー系ドラマー、バロン。がなんか言ってる、ゆるゆるラップナンバー。ここで開示されているのが、自己同一性の言葉でそれ自体に合致すると主張する<記号の停止>の破壊。倒錯も結局は自分の任務として認めることになる解決、すなわち<全てを言う>というサド的解決を予告する、己のキャラに対する姿勢の潔さ。な訳ない。 以上5曲、一筋縄ではいかない人達の、一筋縄ではいかぬ内容となってます! アートワークはkokko(芳純秘密、ex.Anrietta)第三弾。シリーズのコンセプト最終形態。ストリート感覚溢れるポップアートに込められたメッセージ。最高の贈り物です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい! Artwork by kokko / Mastering by sleepy it / Mix by Yawn of sleepy
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 いや~早いものです、第20弾!さて今週は・・・ 映画音楽的アンビエントユニットuminismのjunko minatoが登場!”星の欠片”ではメロウにたゆたうヴォーカルと印象的に響くドリーミーなピアノを、独特のポップセンスで聴かせてくれます。たまらなく好き。 方向を見失い無重力の世界へ。harmoniousの"balance braker"はちょっと不思議なトリップ感満載の曲です。MUSQIS野口英律のドラムがカッコいい!これ一度味わうとやみつきになるから。 KOMESENNINが筆洗う水の音・・・輪唱するコーラス、反復と拡散。極限まで削ぎ落とされた音像。Huehuecoyotl”bring H.feat.Yawn of sleepy”。hydrant house purport rife on sleepyのYawnが歌うメロディーの悠遠な美しさと深い陰影は郷愁感たっぷり。だがジメッとはせずむしろ清々しくすら聞こえてくる、そこが霊妙。名曲です。 more recordsのakiomi naraがプロデュースした”hhh.feat.junko minato"。前述のjunko minatoのまったく構えたところのない自然体の歌には、ときに成熟した女のしどけなさを感じさせる瞬間がある。ドキ!恐るべし。 最後はおなじみフリースタイルラッパー田中光の”rumble fish”。いままでとは少し趣の違う洒脱なトラックの上を、軽妙に走り抜けていく。肩の力の抜け具合がこれはこれで非常にクール! 以上5曲、今までで最もポップな内容となっています。 アートワークは今週もKOMESENNIN!今回は水を使ってのドローイング作品。柔らかい質感と涼しげな色使いが素敵です。ん~、夏ですね! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 いや~早いものです、第20弾!さて今週は・・・ 映画音楽的アンビエントユニットuminismのjunko minatoが登場!”星の欠片”ではメロウにたゆたうヴォーカルと印象的に響くドリーミーなピアノを、独特のポップセンスで聴かせてくれます。たまらなく好き。 方向を見失い無重力の世界へ。harmoniousの"balance braker"はちょっと不思議なトリップ感満載の曲です。MUSQIS野口英律のドラムがカッコいい!これ一度味わうとやみつきになるから。 KOMESENNINが筆洗う水の音・・・輪唱するコーラス、反復と拡散。極限まで削ぎ落とされた音像。Huehuecoyotl”bring H.feat.Yawn of sleepy”。hydrant house purport rife on sleepyのYawnが歌うメロディーの悠遠な美しさと深い陰影は郷愁感たっぷり。だがジメッとはせずむしろ清々しくすら聞こえてくる、そこが霊妙。名曲です。 more recordsのakiomi naraがプロデュースした”hhh.feat.junko minato"。前述のjunko minatoのまったく構えたところのない自然体の歌には、ときに成熟した女のしどけなさを感じさせる瞬間がある。ドキ!恐るべし。 最後はおなじみフリースタイルラッパー田中光の”rumble fish”。いままでとは少し趣の違う洒脱なトラックの上を、軽妙に走り抜けていく。肩の力の抜け具合がこれはこれで非常にクール! 以上5曲、今までで最もポップな内容となっています。 アートワークは今週もKOMESENNIN!今回は水を使ってのドローイング作品。柔らかい質感と涼しげな色使いが素敵です。ん~、夏ですね! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!
V.A.
ホイッスル、ザイロフォン、ヴィンテージオルガンなど沢山の楽器が浮遊感を演出する川嶋成美参加作品”bravo”。無造作ギター・無造作ピアノのミニマルトラック、根岸たくみ(bertoia/swimmingpoo1)の”fox”。スローな4つ打ちの中でゆっくりと流れるポリリズム。その上で静かに歌い上げるアラカキヒロコの"tear"。JAZZYなトラック上で呼吸をするような言葉が乱反射する田中光の”letting”。深く深く潜水していくような文字通りディープでなエコーとサスティーンが響くAimee のdub tune "deeper"。BIff Sound第8弾は全5曲収録です!
V.A.
ホイッスル、ザイロフォン、ヴィンテージオルガンなど沢山の楽器が浮遊感を演出する川嶋成美参加作品”bravo”。無造作ギター・無造作ピアノのミニマルトラック、根岸たくみ(bertoia/swimmingpoo1)の”fox”。スローな4つ打ちの中でゆっくりと流れるポリリズム。その上で静かに歌い上げるアラカキヒロコの"tear"。JAZZYなトラック上で呼吸をするような言葉が乱反射する田中光の”letting”。深く深く潜水していくような文字通りディープでなエコーとサスティーンが響くAimee のdub tune "deeper"。BIff Sound第8弾は全5曲収録です!
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。月夜のお供に良質な音楽を!の第28弾。 さて今週は・・・ 心優しきデカい人、'dull over pull'こと金子祐二(h.h.p.r.o.s.)が登場。"apricot"ではルーパーを駆使し、繊細なフレーズを紡ぎだすギタープレイでその多彩な才能の一片を垣間見せる。癒しと純粋な色彩の澱淡。なんとも心地よくて、お月見にも最適。いや~、お見事、今後も期待大。要チェックですよこれは。 #021でATLANTIS AIRPORTのヴォーカル、'Sone'がラップした"professor"の'田中光'バージョン"against "。同じリリックでもこんなに印象が違うものなのね。是非"professor"と合わせて聴いて頂きたい。ピュアでナチュラルな音楽に対する愛情が炸裂する、胸が締め付けられる曲。 そう目くじら立てずとも、ゆったり音にひたればいいさ。"balloon 3/sundelay"は力の抜け具合がこれまた。なトリップミュージック。'yawn of sleepy'のピアノ、'sleepy it'のシーケンサーと共に演奏を楽しむsundelayメンバー。エスタブリッシュメントされたメインストリームのロックとはまったく違った価値観や美学があることを声高ではないが知らせてくれる。かな? 夏の喧騒が嘘のように過ぎ、この時期はやっぱりちょっと寂しい。soapの'Alex Martin'が切なく歌い上げる"summer remains"はまさにそんな季節感にぴったりはまる名曲。本人が奏でる哀愁漂うギターと前述の'Sone'の寄り添う様なピアノとコーラス。そしてAlexの愁いを帯びた声が本当に素晴らしい。何度聴いても感動する。 そのsoapでAlexとコンビを組む'Ryo Takezawa'が人生初フリースタイル・ラップに挑んだ"pillow"。フリースタイルだけに虚飾なしの心情が、拙くも味わい深く吐露されていく。その恐怖と羞恥心、・・・達成感。そして奇しくもその詞は、2曲目の田中光のリリックとも呼応して昇華していく。素晴らしい。やっぱり音楽バカだよみんな。 最後は彷徨える吟遊詩人'Joern asleep'再び。"man on the moon"では優れた機知と風刺精神が、凝固して玉髄と仮した泡の如く音が作り出す彩飾に有効に作用していく。月の上に独り佇む男の思索は容易にはとらえ難い。難解?複雑?いえいえ「遊び」です。 以上5曲、絶えざる革新と絶えざるダイナミズムに呼びかける、充実した内容となっております。 アートワークはkokko第二弾。一度開かれてしまったものは後戻り出来ない、増殖を繰り返し広がっていく。そんなエネルギーに満ちた作品です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい! Artwork by kokko / Mastering by sleepy it / Mix by Yawn of sleepy
V.A.
33RECORDが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。月夜のお供に良質な音楽を!の第28弾。 さて今週は・・・ 心優しきデカい人、'dull over pull'こと金子祐二(h.h.p.r.o.s.)が登場。"apricot"ではルーパーを駆使し、繊細なフレーズを紡ぎだすギタープレイでその多彩な才能の一片を垣間見せる。癒しと純粋な色彩の澱淡。なんとも心地よくて、お月見にも最適。いや~、お見事、今後も期待大。要チェックですよこれは。 #021でATLANTIS AIRPORTのヴォーカル、'Sone'がラップした"professor"の'田中光'バージョン"against "。同じリリックでもこんなに印象が違うものなのね。是非"professor"と合わせて聴いて頂きたい。ピュアでナチュラルな音楽に対する愛情が炸裂する、胸が締め付けられる曲。 そう目くじら立てずとも、ゆったり音にひたればいいさ。"balloon 3/sundelay"は力の抜け具合がこれまた。なトリップミュージック。'yawn of sleepy'のピアノ、'sleepy it'のシーケンサーと共に演奏を楽しむsundelayメンバー。エスタブリッシュメントされたメインストリームのロックとはまったく違った価値観や美学があることを声高ではないが知らせてくれる。かな? 夏の喧騒が嘘のように過ぎ、この時期はやっぱりちょっと寂しい。soapの'Alex Martin'が切なく歌い上げる"summer remains"はまさにそんな季節感にぴったりはまる名曲。本人が奏でる哀愁漂うギターと前述の'Sone'の寄り添う様なピアノとコーラス。そしてAlexの愁いを帯びた声が本当に素晴らしい。何度聴いても感動する。 そのsoapでAlexとコンビを組む'Ryo Takezawa'が人生初フリースタイル・ラップに挑んだ"pillow"。フリースタイルだけに虚飾なしの心情が、拙くも味わい深く吐露されていく。その恐怖と羞恥心、・・・達成感。そして奇しくもその詞は、2曲目の田中光のリリックとも呼応して昇華していく。素晴らしい。やっぱり音楽バカだよみんな。 最後は彷徨える吟遊詩人'Joern asleep'再び。"man on the moon"では優れた機知と風刺精神が、凝固して玉髄と仮した泡の如く音が作り出す彩飾に有効に作用していく。月の上に独り佇む男の思索は容易にはとらえ難い。難解?複雑?いえいえ「遊び」です。 以上5曲、絶えざる革新と絶えざるダイナミズムに呼びかける、充実した内容となっております。 アートワークはkokko第二弾。一度開かれてしまったものは後戻り出来ない、増殖を繰り返し広がっていく。そんなエネルギーに満ちた作品です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい! Artwork by kokko / Mastering by sleepy it / Mix by Yawn of sleepy
V.A.
倉庫を改造した音楽秘密基地「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を33週間ノンストップでリリースする、33RECORDによる企画『Biff Sound』。同企画から、第3弾となるセレクション作品が登場。第1弾・第2弾に続き、今回も強気のフリー・ダウンロードでお届け。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本の第3巻となるだろうか。間もなく折り返しを迎えるBiff Sound第15弾までのパッケージの中から、選りすぐりの10曲を収録。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」の記録、記憶。こうして届けられた招待状は聞き手をBiff Sound体験へと誘う事だろう。アートワークはラインアーティストEmi Karasuyamaによる作品。なお、今回の配信に併せて富永和哉氏よりコメントが寄せられている。そちらも併せて読んでいただきたい。
V.A.
倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を、2014年3月3日より33週間連続(!?)でリリースする企画『Biff Sound』。同企画から、初となるセレクション作品が登場。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本的な意味合いもつ作品といえるだろう。3月にリリースされたパッケージのなかから選りすぐりの11曲を収録。配信価格はまさかの無料!! ぜひこの機会に、33RECORDから届いた音楽の招待状を田畑猛(AARHNND)のライナーノーツも併せて、お楽しみください!!
V.A.
倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を、2014年3月3日より33週間連続(!?)でリリースする企画『Biff Sound』。同企画から、初となるセレクション作品が登場。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本的な意味合いもつ作品といえるだろう。3月にリリースされたパッケージのなかから選りすぐりの11曲を収録。配信価格はまさかの無料!! ぜひこの機会に、33RECORDから届いた音楽の招待状を田畑猛(AARHNND)のライナーノーツも併せて、お楽しみください!!
V.A.
倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を33週間ノンストップでリリースする、33RECORDによる企画『Biff Sound』。同企画から、第6弾となるセレクション作品が登場。第1弾から変わらず、今回も勿論フリー・ダウンロード作品となる。3/3にスタートしたこの企画も早くも半年が過ぎ、本作公開時点で29週目。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、単行本の様な本作品であるが、いよいよクライマックスを迎え始めている。ここにきてまた様々な要素が加わり、むしろ勢いを増していく33RECORDの記録と記憶。まだ間に合う。フリー・ダウンロードという形で届けられるこの「招待状」をこの機会にそっと共有していただきたい。
View More Discography Collapse
Collapse

Related labels