album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
violence -- JINYA  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 03:55 Album Purchase Only
Kiddy -- Yukino  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 03:10 Album Purchase Only
la neige -- sa  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 01:35 Album Purchase Only
quiz -- mal da kid  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 02:55 Album Purchase Only
Corner Bead -- pius  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 01:08 Album Purchase Only
KM (i.c.s. remix) -- Hiroko Arakaki  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 02:34 Album Purchase Only
Detune Piano -- 10  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/48kHz 02:19 Album Purchase Only
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 17:36
Album Info

JINYAによる10(AARHNND/the cisum)のスティックストンプがフィーチャーされた"violence” yukino(kanina)によるスッテプシークエンストラック”Kiddy” sa(AARHNND)のフルート、仏語詩のリーディングが映える"la neige” chaplin productionの主宰、mal da kidのラップチューン“quiz” sundelayのベーシスト浅田泰生による"pius”名義の初楽曲となる“Corner Bead” Hiroko Arakakiの“冥い、眩しい "のリミックス、KM (i.c.s. remix)” 10(AARHNND/the cisum)による生ピアノと、ピアノの開閉音を基にしたメロウトラック、”Detune Piano” Biff Soundがお送りするジャンル多彩な全7曲収録

Discography

個性派MC mal da kid 2ndアルバムついにリリース! 参加アーティストには、エレクトロニックミュージックレーベルmoph recordsよりlycoriscoris、scholeのギタリストpaniyoloの新ユニットBAM、ニュージャズ・/ダブバンドMASのリーダーとしても活動しているTyme、ビートミュージシャンPrimula、元ヌンチャクで現kamomekamomeの向達郎をフィーチャーしたシングルのリリースで話題を呼んだドラマー/トラック・メイカーのtomy wealth等、前作に引き続きラップスタイル同様、規格外のアーティストが参加したアルバムとなっている。

V.A.

33recordが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 夏よ行かないで、いやむしろ行って。の第25弾。 さて今週は・・・ どれだけ年をとっても、忘れられない感覚。自身のレーベルchaplin productionでも活躍するMC、mal da kidの"paper craft"はそんな「イタい」ところを突いてくる。彼の声が伝える静かな熱情と叙情、喪失。涙ものです。 ピアニストでありフルーティストでもあるJIROによるピアノのループの上を歌姫 KINUの声が漂う"fan"。摩訶不思議な、宙を舞うような浮遊感と高揚感。インティメイトな味わいがたまらない。愛すべき作品。 オルガンとトランペットのドローンが印象的な"Walrus / Huehuecoyotl"。その日その場にいた全員でコーラスをするBiff Soundではおなじみのスタイル。この日はLa?Bell、VENOM、KINU、kokko(Panacea)が来スタジオ。いやホント、単純に楽しいんです皆の声を重ねていくのが。音楽的”解決”。 オリジナリティ溢れるサウンドと変幻自在なジャム。サイケデリック・インストゥルメンタルバンド、sundelay登場。"balloon 2"では手打ちのドラムマシーンの上を楽器達が落書きのように這い回る。その表情のとりとめの無さはまさにサイケ。果てや結論を求めるな。 最後を飾るのはカナダ人アーティストAlex Keleher。"talking to myself(early)"は突き抜ける青空のような素晴らしい作品。霧が晴れたようなアコースティックギターと簡素かつ強いビートにより生まれる躍動感。たまらなく爽快。是非お聴きのがし無く。 以上5曲、ますます予測不能な、新しい可能性に満ちた内容となっています。 アートワークは引き続きRyuzim。前回入り口まで来たIce Cream Studio。今回はその中での作業の様子を俯瞰で捉えたゴキゲンな作品です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!Artwork by Ryuzim/Mastering by sleepy it/Mix by Yawn of sleepy

V.A.

33recordが33週に渡って配信中のコンピシリーズ”Biff Sound”。 夏よ行かないで、いやむしろ行って。の第25弾。 さて今週は・・・ どれだけ年をとっても、忘れられない感覚。自身のレーベルchaplin productionでも活躍するMC、mal da kidの"paper craft"はそんな「イタい」ところを突いてくる。彼の声が伝える静かな熱情と叙情、喪失。涙ものです。 ピアニストでありフルーティストでもあるJIROによるピアノのループの上を歌姫 KINUの声が漂う"fan"。摩訶不思議な、宙を舞うような浮遊感と高揚感。インティメイトな味わいがたまらない。愛すべき作品。 オルガンとトランペットのドローンが印象的な"Walrus / Huehuecoyotl"。その日その場にいた全員でコーラスをするBiff Soundではおなじみのスタイル。この日はLa?Bell、VENOM、KINU、kokko(Panacea)が来スタジオ。いやホント、単純に楽しいんです皆の声を重ねていくのが。音楽的”解決”。 オリジナリティ溢れるサウンドと変幻自在なジャム。サイケデリック・インストゥルメンタルバンド、sundelay登場。"balloon 2"では手打ちのドラムマシーンの上を楽器達が落書きのように這い回る。その表情のとりとめの無さはまさにサイケ。果てや結論を求めるな。 最後を飾るのはカナダ人アーティストAlex Keleher。"talking to myself(early)"は突き抜ける青空のような素晴らしい作品。霧が晴れたようなアコースティックギターと簡素かつ強いビートにより生まれる躍動感。たまらなく爽快。是非お聴きのがし無く。 以上5曲、ますます予測不能な、新しい可能性に満ちた内容となっています。 アートワークは引き続きRyuzim。前回入り口まで来たIce Cream Studio。今回はその中での作業の様子を俯瞰で捉えたゴキゲンな作品です! 偶然か必然か。Ice Cream Studioに辿り着いた個性豊かな創作者達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!Artwork by Ryuzim/Mastering by sleepy it/Mix by Yawn of sleepy

V.A.

求める気持ちと同時に覚える破壊の衝動。そんなアンビバレントな恋愛感情を2本のギターとダブミキシングのみで紡ぐ究極のラブソング。harmoniousによる"checkmate" 塩化ビニールに命を吹き込む指先。超絶ターンテーブリストDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiによる"wav five" あらゆる音源が楽器と化していく様はこれぞ快感。 「いいから狂っちまえよ…」 悪魔のささやきに身を委ねる愉悦。酩酊と覚醒の狭間でギリギリの生を掴む。そこから始まるホザナ。tigerMosの天才ヴォーカリスト池田祐介"say halleluljah" 重なり合いながらうねりを帯びてくるギターに絡まるロービットな声達にイマジネーションを激しく刺激されること間違いなし。Biff Soundではおなじみsoapのryo takezawaによる"process" どこかオールド・スクールの香りを漂わせながらも即興の楽しさが伝わってくる「ヒップホップはちょっと…」な方にも是非味わってもらいたい傑作。自身が主宰するchaplain productionでも活躍するMC、mal da kidによるフリースタイル作品"tapes on the ground" と、盛りだくさんな全5曲。 田中光による秀逸なアートワークも注目です! Ice Cream Studioに訪れた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!

V.A.

求める気持ちと同時に覚える破壊の衝動。そんなアンビバレントな恋愛感情を2本のギターとダブミキシングのみで紡ぐ究極のラブソング。harmoniousによる"checkmate" 塩化ビニールに命を吹き込む指先。超絶ターンテーブリストDJ CLAMP5 a.k.a. wa5heiによる"wav five" あらゆる音源が楽器と化していく様はこれぞ快感。 「いいから狂っちまえよ…」 悪魔のささやきに身を委ねる愉悦。酩酊と覚醒の狭間でギリギリの生を掴む。そこから始まるホザナ。tigerMosの天才ヴォーカリスト池田祐介"say halleluljah" 重なり合いながらうねりを帯びてくるギターに絡まるロービットな声達にイマジネーションを激しく刺激されること間違いなし。Biff Soundではおなじみsoapのryo takezawaによる"process" どこかオールド・スクールの香りを漂わせながらも即興の楽しさが伝わってくる「ヒップホップはちょっと…」な方にも是非味わってもらいたい傑作。自身が主宰するchaplain productionでも活躍するMC、mal da kidによるフリースタイル作品"tapes on the ground" と、盛りだくさんな全5曲。 田中光による秀逸なアートワークも注目です! Ice Cream Studioに訪れた個性豊かなミュージシャン達の「その瞬間」を切り取り、記録していくこの企画、是非体験してみて下さい!

V.A.

MUSQISの野口英律のドラムが高揚を誘うハッピーバイブス溢れるConstructionsの『tidal』 ダビーなブレイクビーツに最小限のギターとHiroko Arakakiによるピアニカが彩りを添える、ドラマーAlan Premselaarによるリーディング曲『ss』 タイトなリズム上で浮遊を繰り返すスペイシーでキャッチーなメロディが耳に残るミニマルチューン、Sone(Atlantis Airport)による『Cosmo』 変則的ビートの上で自由に駆け巡るベースフレーズを組み上げたpiusの実験的ソロ作品『one-woman-man』 エフェクトによる空気感、ノイズやロングサスティーンの演出により陶酔を誘うsoapの『funny electricity』

V.A.

MUSQISの野口英律のドラムが高揚を誘うハッピーバイブス溢れるConstructionsの『tidal』 ダビーなブレイクビーツに最小限のギターとHiroko Arakakiによるピアニカが彩りを添える、ドラマーAlan Premselaarによるリーディング曲『ss』 タイトなリズム上で浮遊を繰り返すスペイシーでキャッチーなメロディが耳に残るミニマルチューン、Sone(Atlantis Airport)による『Cosmo』 変則的ビートの上で自由に駆け巡るベースフレーズを組み上げたpiusの実験的ソロ作品『one-woman-man』 エフェクトによる空気感、ノイズやロングサスティーンの演出により陶酔を誘うsoapの『funny electricity』

V.A.

生ドラムを組み替えることで更に自由度を増したリズムトラックにスペーシーなシンセがゆっくりと浮遊するTroy Kimuraの『Picture one』 重いキックの重低音、繰り返されるキーボードと自由に飛び交う歌声の調和。中盤からの展開の広がりが鮮やかなKINUの『Dian』 淡々とスケッチを重ねるアコースティックギター、色をつけるスクラッチとエフェクトギター、DUB MIXが支配する一枚絵、harmoniousによる『cyndi』 波の揺れのような穏やかなリズム、ベース、メロディライン。柔らかな歌声が心地よく航海へ誘うYukinoの 『fisherman's delight』 JINYAの破壊的なギターに絡むシリアスなベース、叙情的なリーディング。3トラックでまるで映画のワンシーンを切り抜いたかのようなConstructions『JG』 様々な”音”で様々な”情景”を魅せる「Biff Sound」らしいジャンルの縛りを感じさせない全5曲。

V.A.

生ドラムを組み替えることで更に自由度を増したリズムトラックにスペーシーなシンセがゆっくりと浮遊するTroy Kimuraの『Picture one』 重いキックの重低音、繰り返されるキーボードと自由に飛び交う歌声の調和。中盤からの展開の広がりが鮮やかなKINUの『Dian』 淡々とスケッチを重ねるアコースティックギター、色をつけるスクラッチとエフェクトギター、DUB MIXが支配する一枚絵、harmoniousによる『cyndi』 波の揺れのような穏やかなリズム、ベース、メロディライン。柔らかな歌声が心地よく航海へ誘うYukinoの 『fisherman's delight』 JINYAの破壊的なギターに絡むシリアスなベース、叙情的なリーディング。3トラックでまるで映画のワンシーンを切り抜いたかのようなConstructions『JG』 様々な”音”で様々な”情景”を魅せる「Biff Sound」らしいジャンルの縛りを感じさせない全5曲。

V.A.

JINYAによる10(AARHNND/the cisum)のスティックストンプがフィーチャーされた"violence” yukino(kanina)によるスッテプシークエンストラック”Kiddy” sa(AARHNND)のフルート、仏語詩のリーディングが映える"la neige” chaplin productionの主宰、mal da kidのラップチューン“quiz” sundelayのベーシスト浅田泰生による"pius”名義の初楽曲となる“Corner Bead” Hiroko Arakakiの“冥い、眩しい "のリミックス、KM (i.c.s. remix)” 10(AARHNND/the cisum)による生ピアノと、ピアノの開閉音を基にしたメロウトラック、”Detune Piano” Biff Soundがお送りするジャンル多彩な全7曲収録

V.A.

倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を33週間ノンストップでリリースする、33RECORDによる企画『Biff Sound』。同企画から、第2弾となるセレクション作品が登場。第1弾に続き、今回もフリー・ダウンロードでお届け!! 毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本第2巻の様な存在といえよう。4月にリリースされたシリーズ第11弾までのパッケージのなかから、選りすぐりの11曲を収録。33RECORDから届いた様々なアーティストの個性がぶつかり合うことで生まれた記録たちを、この機会にそっと共有していただきたい。なお、今回の配信に併せてmore recordsの奈良輝臣氏よりコメントが寄せられている。そちらも併せて読んでいただきたい。

V.A.

倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を33週間ノンストップでリリースする、33RECORDによる企画『Biff Sound』。同企画から、第2弾となるセレクション作品が登場。第1弾に続き、今回もフリー・ダウンロードでお届け!! 毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本第2巻の様な存在といえよう。4月にリリースされたシリーズ第11弾までのパッケージのなかから、選りすぐりの11曲を収録。33RECORDから届いた様々なアーティストの個性がぶつかり合うことで生まれた記録たちを、この機会にそっと共有していただきたい。なお、今回の配信に併せてmore recordsの奈良輝臣氏よりコメントが寄せられている。そちらも併せて読んでいただきたい。

V.A.

倉庫を改造したスタジオ「Ice Cream Studio」でセッション&レコーディングした音源を、2014年3月3日より33週間連続(!?)でリリースする企画『Biff Sound』。同企画から、初となるセレクション作品が登場。毎週の配信を「週刊少年ジャンプ」に例えるならば、本作品は単行本的な意味合いもつ作品といえるだろう。3月にリリースされたパッケージのなかから選りすぐりの11曲を収録。配信価格はまさかの無料!! ぜひこの機会に、33RECORDから届いた音楽の招待状を田畑猛(AARHNND)のライナーノーツも併せて、お楽しみください!!

View More Discography Collapse
Collapse

Articles

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』も大団円!! セレクション作品第7弾「Biff Sound Selection 07」フリー配信&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』も大団円!! セレクション作品第7弾「Biff Sound Selection 07」フリー配信&インタヴュー!!

33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も無事33週を走り抜けた。思えば、この企画がはじまったのは大雪が降る冬のことだ…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第32弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第32弾をリリース&インタヴュー!!

33週間にわたり、浦安にある倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioでレコーディング・セッションを行い、その音源を毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も32週目を迎えた。あと1週!! さあ大団円というところで、大きな変化が起こり…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第27弾をリリース&VENOM、kokko、Kampowとインタヴュー・セッション!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第27弾をリリース&VENOM、kokko、Kampowとインタヴュー・セッション!!

倉庫を改造したスタジオ・Ice Cream Studioを舞台に、週末の深夜から朝にかけてレコーディング・セッションを行い、その音源を33週にわたり毎週リリースしていく企画「Biff Sound」も、早いもので27週目を迎えた。筆者は、月に1度ほどIce …

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第23弾をリリース&金子泰介、金子祐二、アレックス・ケレハー、インタヴュー!!

都会に住んでいても、季節は変わっていくんだな。のっけから、感傷的な気持ちになった。基本的に部屋にこもって原稿を書いているような人間としては、季節がいつの間にか過ぎさっていたなんてことなんてざらで、季節に想いを馳せるなんてことはそんなにないのだけど、毎月、浦…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第18弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第18弾をリリース&インタヴュー!!

浦安に来るのも5ヶ月目。すっかり季節は冬から夏へと変わってしまったが、その間休むことなく毎週末レコーディング・セッションを続け、音源をリリースし続けてきた33RECORDの面々。彼らのことを本当にタフな連中だと実感する。今回は、一般応募をしてくれたアーティ…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第14弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第14弾をリリース&インタヴュー!!

溶けてしまいそうな暑さが迫るなか、浦安にある秘密基地的スタジオ「Ice Cream Studio」でも、様々なアーティストが溶けるくらいぐっちゃぐちゃに混じり合っていく、セッション・レコーディングが行なわれていた。33週連続で音源をリリースする企画「Bif…

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第10弾をリリース&インタヴュー!!

インタヴュー

33RECORD、33週連続リリース企画『Biff Sound』第10弾をリリース&インタヴュー!!

33週連続で音源をリリースする企画「Biff Sound」が3ヶ月目に突入した。はやくも今週で10作目となるが、そのクオリティは落ちるどころか、より実験的なものになってきている。それは「Ice Cream Studio」に集うメンバーの息が一層合わさってき…