artist image

D.A.N.

RockDance/Electronica

2014年8月に、桜木大悟(Gt,Vo,Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。様々なアーティストの音楽に対する姿勢や洗練さ れたサウンドを吸収しようと邁進し、 いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求したニュージェネレーション。2014年9月に自主制作の音源である、CDと手製のZINEを組み合わせた『D.A.N. ZINE』を発売し100枚限定で既に完売。2015年7月にデビューe.p『EP』を7月8日にリリースし、7月にはFUJI ROCK FESTIVAL ‘15《Rookie A Go Go》に出演。 9月30日に配信限定で新曲『POOL』を発表。2016年4月20日には待望の1sアルバム『D.A.N.』をリリースし、CDショップ大賞2017ノミネート作品に選出される。7月には2年連続でFUJI ROCK FESTIVAL’16の出演を果たす。

Official site: http://d-a-n-music.com/

Discography

Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』 初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバム! ~Revolution Changes 今 時代の変わり目~ センセーショナルな1stアルバムで2016年の音楽シーンの話題をさらったD.A.N.があれから5年。バンドサウンドに拘り続ける中で、EPや2ndアルバムで果敢にチャレンジし常に海外を見てきた3人の新しい挑戦となるアルバム3作目。インストゥルメンタルも挟んだ全12トラックは、ディストピア且つどこまでも美しい情景を浮かばせるSFムービーともいえる一遍の作品となっている。よりエレクトロニックに進化し、テクノ、ハウス~ヒップホップやアブストラクトに傾倒、川上の躍動するドラマチックなドラム、ベース市川のダイナミックな世界を無限に拡げる随所に冴え渡るエレキ・チェロ、そして独自の哲学でマインドトリップするリリックと、これまで以上に自由に舞い、縦横無尽に歌い演じた櫻木のボーカルは圧巻。今作は1stアルバム以来となる<Utena Kobayashi>が、ボーカル、スティールパンで更なる彩りを加えている。 昨年から猛威を振るうパンデミックにより地球規模で大きく変わろうとしているこの時代と向き合い、制作に約一年を要して一曲毎に掛けた計り知れない熱量と、高度なミキシングによる繊細な音の粒子によるレイヤーによってリスナーを深くまで引き込み、表と裏、光と闇、バーチャルとリアル… そんな錯綜した"今"と重なる混沌とした世界へ迷い込んだサウンドスケープを展開。日本が世界に誇るバンドを証明する、2021年日本の音楽シーンを揺さぶるであろう問題作となる一枚。改めてD.A.N.のセンスに翻弄されて下さい。
12 tracks
Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』 初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバム! ~Revolution Changes 今 時代の変わり目~ センセーショナルな1stアルバムで2016年の音楽シーンの話題をさらったD.A.N.があれから5年。バンドサウンドに拘り続ける中で、EPや2ndアルバムで果敢にチャレンジし常に海外を見てきた3人の新しい挑戦となるアルバム3作目。インストゥルメンタルも挟んだ全12トラックは、ディストピア且つどこまでも美しい情景を浮かばせるSFムービーともいえる一遍の作品となっている。よりエレクトロニックに進化し、テクノ、ハウス~ヒップホップやアブストラクトに傾倒、川上の躍動するドラマチックなドラム、ベース市川のダイナミックな世界を無限に拡げる随所に冴え渡るエレキ・チェロ、そして独自の哲学でマインドトリップするリリックと、これまで以上に自由に舞い、縦横無尽に歌い演じた櫻木のボーカルは圧巻。今作は1stアルバム以来となる<Utena Kobayashi>が、ボーカル、スティールパンで更なる彩りを加えている。 昨年から猛威を振るうパンデミックにより地球規模で大きく変わろうとしているこの時代と向き合い、制作に約一年を要して一曲毎に掛けた計り知れない熱量と、高度なミキシングによる繊細な音の粒子によるレイヤーによってリスナーを深くまで引き込み、表と裏、光と闇、バーチャルとリアル… そんな錯綜した"今"と重なる混沌とした世界へ迷い込んだサウンドスケープを展開。日本が世界に誇るバンドを証明する、2021年日本の音楽シーンを揺さぶるであろう問題作となる一枚。改めてD.A.N.のセンスに翻弄されて下さい。
12 tracks
Dance/Electronica
サードアルバム『NO MOON』よりシングル「The Encounters」リリース
1 track
Dance/Electronica
サードアルバム『NO MOON』よりシングル「The Encounters」リリース
1 track
Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』。初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバムからの先行配信シングル。
1 track
Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』。初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバムからの先行配信シングル。
1 track
Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』。初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバムからの先行配信シングル。
1 track
Dance/Electronica
前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作『NO MOON』。初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒップホップまで昇華させた待望となるサードアルバムからの先行配信シングル。
1 track
Dance/Electronica
D.A.N.がこれまで発表してきたRemix作品をひとつにパッケージした初のRemix album『The Remixes 2016-2020』をデジタルリリース! 参加リミキサーには、JAMES BLAKEのバンドメンバーでもあるRob McAndrewsによる<AIRHEAD>、20年以上の活動で世界中に熱狂的ファンを持つグラスゴーの至宝、轟音ポストロックバンド<Mogwai>の海外2組が参加。国内からはエレクトロ・ミュージックの代表格でもある<Kuniyuki Takahashi>や<AOKI takamasa>、今年7月にUKの主要レーベル”Hyperdub”と契約を交わし新作を発表した<食品まつり a.k.a Foodman>なども参加。またD.A.N.がこれまでREMIXを手掛けた、UK・ブリストルで活動するスリーピースのエレクトロ・ポップバンド<Elder Island>と、映像と音を駆使しながら、エキゾチックなダンスミュージックを奏でる<VIDEOTAPEMUSIC>の作品も収録した全10トラック。D.A.N.のアザーサイドを記録したドープなアルバムになっている。
10 tracks
Dance/Electronica
D.A.N.、ワンマンライブ「D.A.N. ONEMAN 2020 “Strand”」の模様を収録したライヴ音源『LIVE ARCHIVE : STRAND』をリリース
9 tracks
Dance/Electronica
D.A.N.、ワンマンライブ「D.A.N. ONEMAN 2020 “Strand”」の模様を収録したライヴ音源『LIVE ARCHIVE : STRAND』をリリース
9 tracks
Dance/Electronica
James Blakeのサポートギタリストでもあり、JBが主宰するレーベル"1-800 DINOSAUR"や"HEMLOCK"などから作品をリリースするUKの奇才プロデューサーAirheadによるremix
1 track
Dance/Electronica
James Blakeのサポートギタリストでもあり、JBが主宰するレーベル"1-800 DINOSAUR"や"HEMLOCK"などから作品をリリースするUKの奇才プロデューサーAirheadによるremix
1 track
Dance/Electronica
D.A.N. × Mogwai、まさかのビックコラボによる Remix D.A.N. が昨年配信限定リリースをし、非常に高い評価を得ていたアンビエンド曲「Bend」を、ポストロック界の世界的重鎮、「Mogwai」がリミックス!
1 track
Dance/Electronica
D.A.N. × Mogwai、まさかのビックコラボによる Remix D.A.N. が昨年配信限定リリースをし、非常に高い評価を得ていたアンビエンド曲「Bend」を、ポストロック界の世界的重鎮、「Mogwai」がリミックス!
1 track
Dance/Electronica
D.A.N. × 食品まつり a.k.a foodman リミックス! D.A.N. が昨年配信限定でリリースした人気シングル「Elephant」を、食品まつり a.k.a foodman がリミックス! アブストラクトで稀有なアレンジへと仕上がった。
1 track
Dance/Electronica
D.A.N. × 食品まつり a.k.a foodman リミックス! D.A.N. が昨年配信限定でリリースした人気シングル「Elephant」を、食品まつり a.k.a foodman がリミックス! アブストラクトで稀有なアレンジへと仕上がった。
1 track
Dance/Electronica
1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』振替公演が決定

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』振替公演が決定

延期されていたBIM x D.A.N. x No Buses x 髙城 晶平(cero)の4組によるオールナイト公演『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 –』。 その振替公演の日程が12月29日(水)に決定した。 すで

D.A.N.が3rdALから先行配信SG「No Moon」が8/25リリース

D.A.N.が3rdALから先行配信SG「No Moon」が8/25リリース

D.A.N.が3rdアルバムより表題曲「No Moon」を先行シングルとして8/25 に配信リリースすることを発表。さらに同日21時にはMVがYouTube にてプレミア公開される。 監督はUK・Londonを拠点に活動する映像監督・木村太一による 実写

D.A.N. 、3年ぶり3rd AL『NO MOON』が10/27リリース

D.A.N. 、3年ぶり3rd AL『NO MOON』が10/27リリース

D.A.N.が約3年振りとなる待望のフルアルバム『NO MOON』を10月27日にリリース決定した。 前作『Sonatine』から3年の時を経て、新しいD.A.N.へと進化を遂げ完成させた超大作。初のコラボ作品も交え、独自のミニマルメロウからクラブ~ヒッ

D.A.N.、向井太一ら6組出演〈City Connection〉開催

D.A.N.、向井太一ら6組出演〈City Connection〉開催

ニューヨーク生まれのバッグブランドManhattan Portageによる都市型音楽プロジェクト〈City Connection〉が、人数制限のもと2021年7月18日(日)リキッドルームで開催される。 またZAIKO LIVEでの生配信も実施される。

LIQUIDROOMメッセージTシャツプロジェクトに新色が登場

LIQUIDROOMメッセージTシャツプロジェクトに新色が登場

昨年からスタートしたLIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナ・ウィルス影響下のメッセージTシャツプロジェクト〈We will meet again〉。 今回、新たに1色ずつバリエーションを増やし第一弾として、電気グルーヴ、坂本慎太郎、TOG

D.A.N.ワンマン公演「Airplane Mode」東阪で開催決定

D.A.N.ワンマン公演「Airplane Mode」東阪で開催決定

先日リキッドルームでのceroとのツーマンを大盛況に終え、2021年のスタートを切ったD.A.N.。 そんな彼らが、6月に待望の東京・大阪でのワンマンライヴを開催することが決定した。 チケット先行受付は本日3月25日(木)18:00からスタート。 ■ライ

View More News Collapse
ceroとD.A.N.のツーマンが恵比寿リキッドで3/24開催

ceroとD.A.N.のツーマンが恵比寿リキッドで3/24開催

2021年3月24日(水)恵比寿LIQUIDROOMにてceroとD.A.N.のツーマンイベント〈LIQUIDROOM presents cero × D.A.N.〉の開催が決定した。 どちらも2021年にさらなる大きな動きが期待されるなかでのひさびさの

〈BIM x D.A.N. x No Buses-エレクション大作戦-〉公演延期+髙城 晶平の出演が決定

〈BIM x D.A.N. x No Buses-エレクション大作戦-〉公演延期+髙城 晶平の出演が決定

12月29(火) に開催予定だったBIM x D.A.N. x No Busesの3組によるオールナイト公演〈エレクション大作戦〉の開催延期が決定した。 本公演は、東京都から発表があった酒類の提供を行う飲食店及びカラオケ店への営業時間短縮要請と、現在の新

BIM x D.A.N. x No Buses ポスタープレゼントキャンペーンがスタート

BIM x D.A.N. x No Buses ポスタープレゼントキャンペーンがスタート

12.29(火) at TSUTAYA O-EASTで開催されるBIM x D.A.N. x No Busesの3組によるオールナイト公演 (有観客+配信)〈- エレクション大作戦 - 〉のポスタープレゼントキャンペーンと、渋谷の街頭ビジョンでの放送が

LIQUIDROOMドネーションTシャツ・シリーズにD.A.N.、yahyelが参加

LIQUIDROOMドネーションTシャツ・シリーズにD.A.N.、yahyelが参加

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、サカナクション、女王蜂などが参加してきた、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナ・ウィルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉。 今回は、カウントダウンやアニバ

「BEAMS RADIO FES.」にD.A.N.、CHAI、長谷川白紙、スチャら全20組が登場

「BEAMS RADIO FES.」にD.A.N.、CHAI、長谷川白紙、スチャら全20組が登場

ビームスのラジオトーク番組「BEAMS TOKYO CULTURE STORY」から音楽に特化した新企画「BEAMS RADIO FES.」が始動することが発表された。 「BEAMS TOKYO CULTURE STORY」はBEAMSのコミュニケーショ

VIDEOTAPEMUSIC、アルバムからのシングルカット第二弾はD.A.N.とMogwaaのリミックス収録の10インチ

VIDEOTAPEMUSIC、アルバムからのシングルカット第二弾はD.A.N.とMogwaaのリミックス収録の10インチ

VIDEOTAPEMUSICが昨年発売したアルバム『The Secret Life Of VIDEOTAPEMUSIC』より、「南国電影」に続き、ボーカルと作詞にフィリピンのシンガーのMellow Fellow、コーラスに同じくフィリピンのシンガーAnd

生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉第2弾にGOOD ON THE REEL、第3弾にD.A.N.、Yogee New Waves、ZOMBIE-CHANG決定

生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉第2弾にGOOD ON THE REEL、第3弾にD.A.N.、Yogee New Waves、ZOMBIE-CHANG決定

東京都が運営する動画プラットフォーム「東京動画」のコンテンツとして、東京都の魅力を発信する生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉。 3回に渡り開催されるライヴの、第2弾アーティストとしてGOOD ON THE REEL、第3弾アーティ

映画『アボカドの固さ』4/11(土)から劇場公開決定

映画『アボカドの固さ』4/11(土)から劇場公開決定

第41回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門PFFアワード2019にてひかりTV賞、第20回TAMA NEW WAVE ある視点部門入選と、自主映画ながら高い評価を得た映画『アボカドの固さ』。 本作が4月11日(土)よりユーロスペースにて劇場

「岡山YEBISU YA PRO」を運営するFIASCOの10周年記念企画が発表

「岡山YEBISU YA PRO」を運営するFIASCOの10周年記念企画が発表

岡山を代表する秋フェスに成長した〈STARS ON〉を主催し、全国的にも認知されつつあるライヴハウス・クラブ「岡山YEBISU YA PRO」を運営するFIASCOが、会社設立10周年を迎える。 それに伴って、2020年4月から10周年記念企画がスタート

D.A.N.ワンマン公演が東阪で開催決定、サポートアクトに食品まつり a.k.a foodman

D.A.N.ワンマン公演が東阪で開催決定、サポートアクトに食品まつり a.k.a foodman

D.A.N.が東京と大阪でワンマン・ライヴ〈Strand〉を開催する。 サポートアクトとして、食品まつり a.k.a foodmanの出演が決定した。 チケット先行受付は明日2月13日(木)12:00からスタートする。 (内) 【ライヴ情報】 D.A.N

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学  and more

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学 and more

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉。 その第5弾ラインナップが発表となった。 発表されたのは、4月4日(土)、4月5日(日

Yogee New Wavesの自主企画ゲストにNOT WONK、TENDRE、D.A.N.、カネコアヤノ

Yogee New Wavesの自主企画ゲストにNOT WONK、TENDRE、D.A.N.、カネコアヤノ

Yogee New Wavesの自主企画〈Dreamin’ Night Tour 2020〉のゲストアクト4組が決定した。 全5都市、ヨギーが同世代でリスペクトするアーティストが各都市で出演。全てヨギーとの2マン公演となっている。 ■各都市ゲストアクト

リキッドルームでD.A.N. × ペトロールズの2マン開催

リキッドルームでD.A.N. × ペトロールズの2マン開催

2020年2月12日にLIQUIDROOMにて、D.A.N.とペトロールズによる2マンライヴ開催が決定した。 チケットは2020年1月11日から一般販売が開始。 プレオーダーは、本日正午より12月26日18時まで受付中となっている。 LIQUIDROO

LIQUIDROOMカウントダウンに石野卓球、D.A.N.、Tempalay出演決定

LIQUIDROOMカウントダウンに石野卓球、D.A.N.、Tempalay出演決定

2019年を締めくくるLIQUIDROOMのカウントダウン・イベント〈liquidroom presents NEW YEAR PARTY 2020〉。 本日、3組の出演アーティストが公開された。 まず、2019年は激動の1年となった石野卓球。この日はガ

新生渋谷パルコ開店記念公演にTempalayワンマン公演追加

新生渋谷パルコ開店記念公演にTempalayワンマン公演追加

いよいよ2019年11月22日にグランドオープンする渋谷パルコ。 その渋谷パルコと渋谷クラブクアトロがタイアップし、新生オープンを飾るにふさわしい豪華ラインナップで記念公演を開催する。 クラブクアトロは東名阪広・4大都市で運営する唯一のライヴハウス。クア

D.A.N. 5人編成で巡る全国ツアー「TOUR 2019 PERMANENT」追加公演で沖縄決定

D.A.N. 5人編成で巡る全国ツアー「TOUR 2019 PERMANENT」追加公演で沖縄決定

現在、サポートを2名迎え5人編成で活動しているD.A.N.。 今月半ばからスタートする全国ツアー「TOUR 2019 PERMANENT」に沖縄での追加公演が決定した。 新体制で沖縄でのライヴを行うのは今回が初となる。 会場は、12月に場所を新たにオー

D.A.N. 新曲『Aechmea』を10/16デジタルリリース

D.A.N. 新曲『Aechmea』を10/16デジタルリリース

D.A.N.が今週金曜からのワンマンツアーを控え、新曲「Aechmea」を解禁した。 9分に及ぶ大作となっているが、2部構成となりⅠ,Ⅱと2トラックにセパレートされている。 今回も海外テリトリーはUKのPIASよりリリース。 さらに今作についてOTOTO

WWWの周年イベントにD.A.N.、KID FRESINO、釈迦坊主、Tohjiら出演

WWWの周年イベントにD.A.N.、KID FRESINO、釈迦坊主、Tohjiら出演

2019年のこの秋、渋谷のライブスペース「WWW」はオープン9周年、上階の「WWW X」はオープン3周年を迎えた。 両会場の周年にあたり、今年も「WWW & WWW X Anniversaries」と題して特別シリーズを開催。 第1弾発表として5公演がこ

Collapse

Articles

力強いグルーヴが描く、壮大なる第3幕──D.A.N.の傑作サード・アルバム

インタヴュー

力強いグルーヴが描く、壮大なる第3幕──D.A.N.の傑作サード・アルバム

再生ボタンを押す、ブロークン・ビーツじみたドラムが助走するように回りはじめる、1分後、疾走するシンセ・リフとともにアルバムは重力を振り切って、軽快な足取りで走り出す。気づけば一気にラスト、幕引きを図るピアノの音色でふと我に返る。 端的に言って、D.A.N.…

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

インタヴュー

D.A.N.主催のストリーミング・ライヴ企画〈Supernature〉開催

国内外のダンス・カルチャーとの接点、その現場感をわりと自然体に体現できるバンドは、ここ日本では少ない気もするのだが、わりと彼らはクールに、自然体にそれをやりのけている。6月13日(土)に主催ライヴ・ストリーミング企画〈Supernature〉の開催を控えて…

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

インタヴュー

D.A.N.2019年後半を語る! ツアー〈PERMANENT〉スタート、そして次なるシングルも!

東名阪ツアー〈BEND〉や夏フェス・シーズンを終えたD.A.N.から早くも新曲のプロモが届いた。名前は「Aechmea」で、壮大な世界観を持ち、最近のライヴで垣間見せる表現力のさらなる高まりを感じさせることのできる楽曲となっている。本作は、10月半ばにスタ…

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

インタヴュー

D.A.N.ツアー「Bent」スタート&会場限定シングル・リリース

昨年は2nd『Sonatine』をリリース、ここ数年はヨーロッパや中国など他のアジア諸国など海外の活動も増えているD.A.N.。ワンマン・ツアーの開始とともに、ツアー会場限定の3曲入りシングルをリリースすることを発表した(OTOTOYハイレゾ配信中)。『S…

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

連載

連載『D.A.N.の新譜放談』第7回:COWON PLENUEシリーズで聴いてみるの巻

ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』。2ndアルバム『Sonatine』リリース後、フジロックや中国、台湾、タイなどを巡ったアジア・ツアー、さらには香…

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

インタヴュー

2ndフェイズ、D.A.N.──『Sonatine』ハイレゾ配信開始!

1stリリース以降、各方面から評価を受け、まさに破竹の勢いでその活動の幅を広げてきたD.A.N.。先ごろも全国ツアー、そしてツアー・ファイナルとなる赤坂MYNAVI BLITZのワンマンをソールドアウトで終えたばかりだ。1st『D.A.N.』リリースから2…

【ライヴ・レポート】鉄壁のトライアングル──D.A.N.〈DELTA〉ツアー・ファイナル!

【ライヴ・レポート】鉄壁のトライアングル──D.A.N.〈DELTA〉ツアー・ファイナル!

待望の2ndアルバム・リリース間近のD.A.N.。5月よりUK公演を挟んで行われたツアー〈DELTA〉。日本全国9都市を回り、そしてツアー・ファイナルは、これまでからワンステップ大きな会場となる赤坂MYNAVI BLITZにて行われた。OTOTOYでは、去…

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

連載

連載『D.A.N.の新譜放談』第6回:祝、2ndアルバム・リリース決定!

ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』が帰ってきました! と、なんと本日5月11日に記念すべき2ndアルバム『Sonatine』の7月18日のリリースが…

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

連載

連載『D.A.N.の新譜放談』第5回

ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』が帰ってきました! 飛ぶ鳥を落とす勢いの彼ら、2017年には新作『Tempest』をリリース、さらには最近では東名…

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

インタヴュー

白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース

1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年…

OTOTOY AWARDS 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──

コラム

OTOTOY AWARDS 2016──気になる1位は? 10位から1位を発表──

50位から発表してまいりました、OTOTOY AWARD 2016。アルバムやシングルなど、とにもかくにも2016年を印象付けた作品を50枚選出して発表しています。そして、こちらのページは映えある2016年の、OTOTOYが配信するさまざまなジャンルから選…

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

連載

連載:『D.A.N.の新譜放談』第4回

ということでひさびさになってしまいましたが、あーだこーだ新譜を聴きながらしゃべるD.A.N.の、音楽しゃべり場な連載『D.A.N.の新譜放談』。アルバム・リリースで一区切り……というわけではなく、今後も続きますよ(間が空いてしまったのは編集担当の河村の不徳…

View More Articles Collapse
独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

インタヴュー

独占ハイレゾ配信 : 1stアルバム『D.A.N.』リリース特別座談会 : D.A.N.x 石原洋

まぁ、とにかくやつらはニクいほど完璧なのだ。ついにリリースされたD.A.N.の1stアルバム『D.A.N.』。昨年夏リリースの1枚の4曲入りEPと配信シングル「Pool」──世に出たのはたったこの数曲。それで幅広いリスナーから注目の的となったバンド。しかも…

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

連載

1stアルバム・ハイレゾ版予約開始&先行楽曲配信『D.A.N.の新譜放談第3回』

ついについに、D.A.N.の1stアルバム『D.A.N.』のリリースも約1週間後の4月20日に迫りました。ということで、連載第3回目に合わせて、OTOTOYでは1週間先行でハイレゾ版の予約販売を開始しちゃいます。しかもすでにライヴでは人気曲となっているアル…

D.A.N.の新譜放談──第2回──

連載

D.A.N.の新譜放談──第2回──

1stアルバムのリリース告知とともに突如はじまった新連載、『D.A.N.の新譜放談』。第1回はなんとなくのキーワードを「ジャズ」として、OTOTOYで配信中のいろんな曲を聴きつつ、あーだ、こーだとしゃべってもらったんですが、D.A.N.の作品を読み解く上で…

D.A.N.の新譜放談

連載

D.A.N.の新譜放談

と、いうことで先ほど4月20日に1stアルバムのリリースが発表されたD.A.N.の連載が唐突にはじまりました。前回インタヴュー時の雑談にて、「あれ聴いた?」「ああいうの好きだと思うな」という会話に端を発し、だったらOTOTOYで配信中のおもしろ音源を。ディ…

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

インタヴュー

D.A.N.、配信限定シングル『POOL』リリース&インタヴュー

今夏デビュー作『EP』をリリース、〈FUJI ROCK FESTIVAL'15〉の「ROOKIE A GO-GO」ステージ出演も果たし、いっそうの注目を集める3ピース、D.A.N.。早くも新曲を配信限定でリリース。制作には引き続き葛西敏彦がサウンド・エンジ…

ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求する東京出身3人組、D.A.N.の初作品ハイレゾ配信&インタヴュー

インタヴュー

ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求する東京出身3人組、D.A.N.の初作品ハイレゾ配信&インタヴュー

覚えておいてほしい、D.A.N.はこの作品をもって瞬く間に広がるだろう。ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求する、東京出身21歳の同い年3人組、D.A.N.。彼らが初の公式音源となる『EP』をリリースした。今回はバンドの自主レーベルSSWB…

Collapse