想像の斜め上をいく新世代アーティスト!?ーー絵恋ちゃん、過去作品を一挙ハイレゾ配信スタート

「ろっくあんどせんちめんたる」をコンセプトに作られたクレイジー・パンクな楽曲とアイドル・ポップな歌声を武器にライヴ活動中のアーティスト、絵恋ちゃん。ライヴでお客さんたちに反復横跳びを促すなど、その場にいる人たちを圧倒するパフォーマンスで、じわじわと注目を集めている。そんな彼女がこれまでにリリースしてきた楽曲を一挙ハイレゾ配信するとともに、絵恋ちゃん、そして彼女の楽曲を手がける作曲家・中村友則にインタヴューでその実態に迫った。新しい世界の扉を一緒に開きませんか?

絵恋ちゃんのアーカイヴを一挙配信!!

2012年10月に発売されたファースト・アルバム

『ERENISM』

【配信形態】
24bit/44.1kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC
※ファイル形式について
※ハイレゾとは?

【配信価格】
単曲 432円(税込) / まとめ購入 3,000円(税込)

【Track List】
1.ほしがたせんちめんたる / 2.絶体絶命 / 3.もうどうにもえったんこ / 4.あんにゅい! / 5.しゅぎ☆ミ / 6.憂鬱日和 / 7.きみがロリコンだから5年後もわたしを好きとは思えない / 8.やっぱり返して! / 9.めかにずむ / 10.流れ星まじっく


2014年9月に発売されたセカンド・アルバム

『絵恋ちゃん、ちゃんとして!』

【配信形態】
24bit/44.1kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【配信価格】
単曲 432円(税込) / まとめ購入 3,000円(税込)

【Track List】
1.カラシメンタイコ / 2.それゆけ!でことらんど / 3.ナポレオン・ボナパルト / 4.社交辞令 / 5.いちころのトキメキ / 6.心の声、そして満ち足りた時間、あるいはかけがえのないもの / 7.体調不良 / 8.悩んでもへこたれても / 9.就職しないとナイト / 10.なぜか涙が出ちゃうんだ


2015年6月発売の最新ミニ・アルバム

『世の中がワルイ!』

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC / AAC / mp3

【配信価格】
単曲 324円(税込) / まとめ購入 1,380円(税込)

【Track List】
1.あなたも私も悪代官 / 2.カラシメンタイコ / 3.キリタンポ! / 4.アルルの女 / 5.就職しないとナイト / 6.it's my precious day


絵恋ちゃんのシングル作品も一挙配信スタート

※10月11日リリースの最新作『天狗』をOTOTOYでは1週間先行で10月4日より配信予定!! 現在、鋭意製作中!!

INTERVIEW : 絵恋ちゃん

アイドルの"困り眉"について、アイドル本人が「日々困った人の相手をしてるので、しだいに眉毛も困っていくよ」と質問サイト「ask.fm」で答えているのを見たとき、またとんでもないやつが現れたなと衝撃を受けた。気になってそのアイドルのライヴに行くと「就職しないと気まずい!」と絶叫していた。そしてファンが突然ライヴ中に反復横跳びをはじめるなど、想像の斜め上を行く空間に、ただただ圧倒させられた。

彼女の名は絵恋ちゃん。鬱屈しすぎた感情を、振りきれた歌詞とロック調の曲に乗せて爽快に歌う。ライヴではその独特すぎるキャラが炸裂、多くのファンを熱狂させている。訊けば、学生時代のストーカー活動からアイドル暦がスタートしたという。絵恋ちゃんとはいったい、何者なのか。彼女の楽曲の多くを手がける中村友則と、絵恋ちゃん本人を招きインタヴューを実施。もともとユニットを掛け持ちしていた彼女がソロに至った経緯や、これまでの活動を振り返りつつ、絵恋ちゃんが作り上げる世界観とその魅力に迫った。

インタヴュー & 文 : 前田将博

ひとつの作品として、絵恋ちゃんというものを作ろうって

ーーアイドル活動をはじめたのはいつ頃なんですか?

絵恋ちゃん(以下、絵恋) : 同じ学校にアイドル活動をしていた子がいて、その子のストーカーをしていまして…。私、人見知りだったので、お友だちになる勇気はなかったんです。それでブログとかをチェックして話を合わせたりしていたおかげで、その子が企画をやるときに「受付をやってくれないか」って頼んでくれて。私はアイドルをやる前からメイドカフェでバイトをしていて、それをその子も知っていたので、同じ萌え産業をやっているものとして声をかけてくれたんです。そんな感じで何度かお手伝いしたのがきっかけで、今度はそのライヴに出てみないかって誘われたのがスタートですね。

ーーメイドカフェは、どういうきっかけで働いていた?

絵恋 : 本当に人がダメで、女子高だったので男性も苦手で、このままじゃヤバいと思って接客業のバイトを探していたんですけど、いきなり居酒屋とかはハードルが高すぎて怖いじゃないですか。メイドカフェだったらお客さんが気の弱いオタクの人だから、優しくしてくれるんじゃないかと思って。ミスをしても「ドジっ子萌えだな」みたいに許されるんじゃないかと(笑)。それまでは磁石工場で3年間、まったく人と話さずに働いていました。

絵恋ちゃん

ーーメイドカフェもアイドルと通じる文化があると思うのですが、そういう世界に興味があった?

絵恋 : 憧れがすごくありましたね。オタクの人って、みんなひとつのことに夢中になっていてすごいなって。私もオタクになりたかったんですけど、自分にはそういうものがなかったから、単純にかっこいいなと思ったんです。

ーーオタクに憧れていたと。

絵恋 : そうなんです。オタクのオタクみたいな感じでした。でもオタクの人たちと接触する機会がなかったから、なにを考えて生きているんだろうって。

ーーアイドルとしての初ステージは、どんなことをやった?

絵恋 : 一緒にメイドをやっていた子を誘ってユニットでやりましたね。その子がアイドル・ソングよりはロック寄りな曲が好きだったから、「みかんのうた」(SEX MACHINEGUNS)とか「恋のメガラバ」(マキシマム ザ ホルモン)とかを裸足で歌いました。

ーー当時からロック志向だったんですね。そこでアイドルのおもしろさを知った。

絵恋 : そうですね。私はブレブレというか、ひとつのことをやっても続かないので、やりたいことが次々浮かんできちゃったんですよね。それからユニットを3つ掛け持ちすることになって、アイドルっぽいやつとロックっぽいやつ、サブカルっぽいやつをやっていました。結局、全部消滅しちゃったけど。

ーーなぜ消滅したんでしょう。

絵恋 : みんな我に返ったんですよ。しっかりした子たちだったので、こういうことをやっていても未来がないって。もともと誘って入ってもらった感じだったので、それで売れたいとかはなかったんです。全員、就職しました。

ーー「ぱんち☆らぶ」というユニットは、いまも絵恋ちゃんのディスコグラフィーに載っていますが、これもそのなかのひとつなんですか?

絵恋 : そうです。それだけ私が作ったユニットではなくて、私以外のふたりがやっていたところに新メンバーとして入りました。そこにいた壱川壱子ちゃんっていう子のストーカーをしていたんですけど、最終的に向こうが誘ってくれましたね(笑)。

ーーストーカーからメンバーにまでのしあがったと(笑)。このユニットは2011年3月12日にラスト・ライヴを予定していたのが、震災で中止になってしまったんですよね。

絵恋 : 前日に号泣しながら、みんなで話し合ったんですけど… 日本はそういう状況だし、やったところで微妙なんじゃないかということで。結局そのあとも解散ライヴはやらなかったですね。

ーーそのあとにソロ活動をはじめた。

絵恋 : ユニットが全消滅したときに、やりたいことを全部を混ぜた「ろっくあんどせんちめんたる」っていうコンセプトを決めて、ソロで活動していくことにしました。それまではお友だちとアイドルごっこみたいな感じでやっていたんですけど、これを機にちゃんとひとつの作品として、絵恋ちゃんというものを作ろうって。

全然人に媚びないし、プライドが高くて内に閉じこもっている

ーー中村さんとは、ぱんち☆らぶ時代に出会ったんですか?

絵恋 : そうですね。だからソロは最初から中村さんに曲を作ってもらってやっていました。
中村友則(以下、中村) : ソロ初ライヴからオリジナル曲だったよね。2011年4月だったかな。


絵恋ちゃん / それゆけ! でことらんど

ーー中村さんは当時からアイドル楽曲の制作をやっていた?

中村 : 絵恋さんと関わる1~2年前からですかね。でも、僕はそんなにアイドルや運営には興味がないんですよ。書いた曲が高く売れればいい、女の子たちが有名になれば曲も売れるなってくらいです(笑)。

ーー中村さんはお芝居や映画の音楽制作などもされていますが、作家としての活動歴は長いんですか?

中村 : 10年以上前からじゃないですかね。もともとバンドをやっていたんですけど、表に出るのが苦手だったんです。曲を思い出すのに時間がかかるので、舞台を楽しむどころじゃないし、緊張もする。それで、自分が作った曲が歌われるのを観ている方が楽しいなって思って、裏方の作曲の方にいこうと。

ーーふたりが出会った頃のことって覚えていますか?

中村 : ぱんち☆らぶが主催ライヴをするときに「今日からひとり新人入ります」っていわれて、めんどくさいって思ったくらいの印象です(笑)。
絵恋 : 私も当時は中村さんになんの興味もなかったですね(笑)。でも、曲はすごいなと思って。本人がアイドルに興味がないから定番と違う曲を作るので、それが私に合っているなと。あと全然人に媚びないし、プライドが高くて内に閉じこもっている。
中村 : (笑)。
絵恋 : 結構フリーの作曲家さんて、使ってくれるのであればタダででもお願いしますっていう方がいらっしゃるんですけど、中村さんは「おれは高いよ」って感じをいつも出していたので。確かに中村さんは中村さんにしか書けない曲を書くので、そこは信頼しています。
中村 : 絵恋さんには高くないよ(笑)!
絵恋 : まあ、じゃっかん安くしていただいているんですけど(笑)。
中村 : だから、まだ回収しきれてないです。
絵恋 : お互いさまだと思いますよ。中村さんだけで売れているわけではなくて、私の天才的なヴォーカルとコラボすることによって売れているわけなので。

ーー絵恋ちゃんに才能は感じますか?

中村 : みんなにはない独特のセンスはありますよね。
絵恋 : はじめて聞いた(笑)!
中村 : ほかの人に曲提供するときは、どうしても似たり寄ったりになってしまう部分があるんですけど、それではつまらない。自分も変な曲というか、唯一無二な曲が書きたいと思っていたので。そんなときに絵恋さんはほかで書いていた変な曲を「おもしろい」って言いだすようになって。
絵恋 : 普通じゃないおもしろいことがしたいっていうのでは一致していたんだよね。
中村 : いまはどこまでOKなのかっていうのを確認しながらやっている感じですね。「それは共感できません」って言われるときもあるし。

ーーダメ出しもあるんですね。

絵恋 : 私にもこだわりがあるから、直しまくりです。やっぱりアーティスト気質なので。
一同 : あははは(笑)。
絵恋 : アイドル的な受け身ではないんですよ。ひとつの作品を一緒に作るものとして、意見があれば妥協せずにバンバン言っていきます。これはイメージ的によくないぞっていうのはやめさせたりとか。

ーー「これはないな」っていうのは、どんな曲だったんですか?

中村 : 下ネタってことだよね(笑)。
絵恋 : 「カラシメンタイコ」とか「キリタンポ」とか、なんの説明もなかったのでそのままいただいてしまったんですけど、「実は下ネタなんだよ」ってあとから言われまして…。今回の新曲「天狗」は事前にそのパターンだって説明を受けて歌詞を読んだので、ちょっと直しました。
中村 : 最初はダイレクトに入れちゃったから「それはないだろ」と(笑)。その結果、完全にファンタジーの世界に変えてしまいました。

ちょっと人に嫌われるくらいのことでも言っていかないと

ーー絵恋ちゃんの歯に衣着せぬキャラは最初からだったんですか?

中村 : 最初は絵恋さんが、ぶりっ子アイドルと個性派アイドルの狭間を行き来していましたね。観てるのしんどかったな…。
絵恋 : ぶりっ子アイドルをやりたかったんですけど、才能がありすぎてそこからはみ出ちゃったんですよ。テレビとかに出てくるようなピンク担当の電波系みたいな人を目指していたんですけど、あれはテレビだからいけるんだって気づいたんです。お客さんがひとりやふたりの時代にあれをやっていましたから、観ている方はつらいだけだったかも。

ーー曲の方向性もいまと少し違った?

絵恋 : 一番最初は応援ソングを作っていたんですよ。お互いクリエイターとして残せるものはないかって話していて。

中村 : 震災の時期だったこともあったしね。

ーー2013年に「カラシメンタイコ」、2014年に「就職しないとナイト」が音源化されていますが、このあたりはいまのライヴでは定番ですよね。

絵恋 : 1stアルバムの頃から憂鬱なロック曲をやっているので、そこはブレていないと思いますね。「カラシメンタイコ」も憂鬱な歌だし。
中村 : 自殺の歌だけど、メンヘラ女性の歌でもありますね。もともとは下ネタの曲だったんですけど、そのままじゃあれだからそういう世界観に変えました。
絵恋 : でも、曲のジャンルとかはなるべく固めずにいこうと思いますね。
中村 : いまはどんなジャンルの曲を作っても絵恋ワールドになるもんね。
絵恋 : なるようになりましたね。だから、まだやっていないような曲をどんどんやりたいです。

ーー絵恋ちゃんのライヴをはじめて観たとき、曲中にお客さんが反復横跳びをはじめたのが衝撃的でした。ほかにも「デパス」コールがおこったりと、ライヴはかなり独特ですが、ああいうのはどんなきっかけではじまるんですか?

絵恋 : 私が新曲を発表するときに提案するんです。私のオタクは消極的な人が多くて、自分でコールを決めたりするTOがいないんですよ。だから自分が仕切りをやって、みんな従順だから言われたらやってくれる。私は性格がドSなので、これはおもしろいなと。だんだんそれがエスカレートしてきて、反復横跳びをやらせるようになりました。やっぱりね、恥ずかしいことや非日常なことを叫んだりするのは、すごいストレス発散になるし、人間にとって楽しいことなんですよ。

ーー絵恋ちゃんが自分で提案していたんですね。

絵恋 : でも、「あなたも私も悪代官」のミックスやコールだけは、もともと入っている状態で中村さんが作ってくれたんですよね。オタクのコーラス部分まで曲に埋め込んだら、CD聴いて覚えてこれるしって。
中村 : そこは僕も勉強しないとなって。
絵恋 : アイドルだから決まったミックスを入れるのはつまらないし、人がやっていることはやりたくないですからね。ロック系のアイドルに対する憧れもあるんですけど、いまは曲調がロックでダイブしたり、デス・ヴォイスでヘドバンしたりとかするアイドルって結構いるじゃないですか。そういうのは避けたいと思っていますね。そうじゃないと一緒になっちゃうから。

ーー絵恋ちゃんと言えば、切れ味抜群のask.fmの回答も話題ですよね。あれで絵恋ちゃんを知った人も多いんじゃないかと。

絵恋 : 鼻がもともと悪くて、鼻炎の手術をするためにライヴをちょっとお休みしていたんですよ。でもファン・サービスはしたいと思って、askに登録して答えていたんですけど、おもしろがられてツイッターで拡散されるようになりました。今年のはじめくらいですかね。私は人が傷つくことをあまり考えずに、ウケる方を取っちゃうんですよね。それで、数々の失敗をしてきたんですけど…。

ーー絶妙なセンスで、ちゃんとネタとして昇華されていると思いますけどね。

絵恋 : マジになるのって、つまらないじゃないですか。音楽をやっている人って、その時点でふざけた人生なのに、なんでみんなかっこつけたり真面目になったりするんだろうって。だから私は開き直って、おもしろいことだけやっていきたいです。ツイッターでも、ちょっと大げさなことを言った方がリツイートいっぱいされるんですね。炎上商法じゃないですけど。私は事務所に入っていないから、宣伝してくれる人がいない。だから人の目に触れるために、ちょっと人に嫌われるくらいのことでも言っていかないとって。まずは人の目に触れることの方が大事だから。

絵恋が作っている曲は、女子供にウケるためのものです

ーー事務所に所属したい気持ちはある?

絵恋 : 私がやる以上のところがあれば入りたいですね。入りたいとはずっと言っているし、オーディションを受けたりもしているので。

ーー中村さんが運営をやる可能性はないんですか?

絵恋 : 中村さんは、そんなにやる気のある人間じゃないので(笑)。
中村 : 邪魔臭いことはしたくないですね(笑)。むしろ、自分を運営してくれるマネージャーがほしいくらいです。
絵恋 : 中村さんは私以上にコミュニケーションが得意じゃないんです。人としてやばいくらい。だから、あくまで作家と曲を歌うヴォーカリストっていう関係じゃないとダメですね。性格はもともと合わないので、いまのビジネス・パートナー感がちょうどいい。

ーー絵恋ちゃんは自分でも曲を作っていますが、中村さん以外に曲提供を頼むことは考えていない?

絵恋 : 中村さん以外だとどうしても違う絵恋になっちゃうから、いまの感じを続けていくとすると難しいですね。自分でメロディを作った曲を、中村さん以外に編曲してもらうっていうのはできるかもしれないですけど。
中村 : 絵恋さんの曲は楽曲のメロディやジャンルとかよりも、どういう世界観を言葉にするかっていうことの方が重要なので、そういうセンスが問われるんじゃないかな。特に作詞に関しては。そういうセンスがある人がいれば、代わりはできるかもしれないけど。
絵恋 : たまにはおしゃれでもいいかなと思うこともあるんですけど、そういう曲は絵恋が書けるので、それでバランスは取れるかなと。絵恋が作っている曲は、女子供にウケるためのものです。
中村 : そうだね。「やよいちゃんにはかなわない」にしても「体調不良」にしても。


絵恋ちゃん / 就職しないとナイト

ーー最近はお客さんもどんどん増えてきていると思いますが、いかがですか。

絵恋 : 徐々にって感じですね。1回1回のチャンスを無駄にしないようにしているんです。フリーで活動しているので、いいライヴがいきなり舞い込んでくることはないですから。自分で営業に行ったりもしているんですけど、そのときにいいチャンスがあったら絶対に手を抜かない。例えば投票制のライヴでは絶対に1位を目指していたし。そういうふうに地道にやってきた感じなので、なにがきっかけでってことはないですね。あとは増えてもいくし、減ってもいく。オタクは、ところてん式なので。

ーーそれでも4年以上ソロで活動してきて、吉田豪さんが帯を書いた全国流通盤を今年リリースして、徐々に流れがきているような気がするんですけど、まだ手応えみたいなものは感じていない?

絵恋 : うーん。まだ全然ですね。もっとできると思うし、おもしろいこともまだまだあると思う。

ーー夢や目標はありますか?

絵恋 : 新宿LOFTさんでワンマンするのがいまの夢です。

ーー武道館とかではなく、なぜ新宿LOFTなんでしょう。

中村 : おれは武道館に立ってくれた方がいいけどね(笑)。
絵恋 : その方がCDも売れるもんね。
中村 : でも、最初は「60人のえれにすと(ファン)を集めたい」って言ってたじゃん。だから、それに比べたら目標が上がって良かったと思っているよ。あのときは、あまりの低さに絶望した(笑)。
絵恋 : 活動しはじめた頃は、60人でもすごい高い目標だったんです。絶対に武道館に立ちたいとか、テレビに出たいとか、想像もつかないような夢が立てられないんですよ。でも、これって決めたことは全部達成してきたので。自分にとってはちょっと高いけど、がんばれば辿り着けるような目標を1個立てて、それに向かってがんばってやっていくだけです。

ーーじゃあLOFTワンマンが現実的になったら、また違う目標が見えてくるかもしれないですね。

絵恋 : そうなったら自分のなかで見えるものも変わるから、新しく更新されていくかもしれないですね。新宿LOFTは好きで一番かよっていたし、いろんなものをもらっているから、少しでも返したい思いがあるんです。そこに少しでも届くために、今回の新曲3曲も手を抜かずに魂を込めてレコーディングしたので、たくさんの人に聴いてほしいですね。

RECOMMEND

みきちゅ / 天才の羽根(24bit/48kHz)

活動休止前に届けるみきちゅの新作。アイドルとしてシンガー・ソングライターとしての要素をたっぷりと詰め込んだヴォリュームになっており必聴。とある1枚のファンレターに書かれていた「みきちゅの十字架を少しでも背負えたら楽になるかな?」という一言がキッカケになり曲が出来上がった。編曲はひめキュンフルーツ缶やnanocuneを手がけている山下智輝。

>>特集ページはこちら

ヒロネちゃん / きみの死因になりたいな

『目に見えない暗い暗い闇に潰されながら 光を探してた 19歳の夏』。19歳鍵盤弾き語りヒロネちゃん。 ピアノと声。そのシンプルな音世界が真っ暗な世界を縦横無尽に駆け巡る。自主盤『神様』がDISK UNIONインディーズ・チャート1位、大森靖子のLIVEオープニング・アクト抜擢など、いま話題を集めるヒロネちゃん初の全国流通音源『きみの死因になりたいな』術ノ穴より発売!!

>>特集ページはこちら

Maison book girl / bath room(24bit/48kHz)

コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ、Maison book girlが、待望の1stアルバムをリリース!! 楽曲制作、世界観構築など、全面プロデュースを行っている音楽家・サクライケンタによってプロデュースされた同アルバムは、現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品に。わずか8ヶ月ながら〈@JAM〉や〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉に出演するなど、アイドル・シーンでの人気も上昇中の彼女たちのデビュー作をハイレゾ配信。

>>特集ページはこちら

LIVE INFORMATION

『潜行』出版記念イベント
2015年9月27日(日)@2.5D
時間 : 18:30
料金 : 1,500円(+1D)
出演 : 姫乃たま / 絵恋(@erenism) / 濱野智史(@hamano_satoshi)

DOPE IMPACT Vol.1
2015年9月27日(日)@新宿LOFT
時間 : 開場11:30
料金 : 2,000円(+1D)
出演 : 2& / じゅじゅ / Maison book girl / NECRONOMIDOL / MIKA☆RIKA / 絵恋ちゃん / Hauptharmonie / ライムベリー

絵恋ちゃん生誕ライヴ
2015年10月11日(日)@目黒鹿鳴館
時間 : OPEN16:00 / START16:30(予定)
料金 : 前売 2,400円 / 当日 2,900円 (各D別 600円)
出演 : 絵恋ちゃん、2&(ダブルアンド)、偶想Drop、熊田佳奈絵、姫乃たま、森乃真琴、ぱいぱいでか美、合法幼女症候群、星名ふみみ、少女閣下のインターナショナル

新シングル『天狗』も発売

渋フェス
2015年10月31日(日)

PROFILE

絵恋ちゃん

「ろっくあんどせんちめんたる」をコンセプトに作られたクレイジー・パンクな楽曲とアイドル・ポップな歌声を武器にライヴ活動中。作詞作曲やグッズのデザイン等なんでも大雑把にこなすが、コミュニケートは大の苦手なので事務所に入ることを夢見ている。美大出身。

>>絵恋ちゃん Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月22日・【祝・15周年】DUBを軸にしたオルタナティヴ・ミュージックの本拠地ーーmao代表・石本聡インタヴュー 2002年9月、「electric / acousticを問わず全てのfree style musicを志を持って無秩序に提示する」をコンセプトに設立されたレーベル、mao。エレクトロニカ、ポストロックの流れを汲むタイトルでスタートしたが、2004年の『Seeds of Dub』のリリースを境にダブの要素を内包したアーティストをメインとした流れに特化。同時にギター・インストゥルメント作品のリリースも開始するなど、広義の意味での「オルタナティヴ」なアーティストを発掘、紹介し続けてきた。 そんなmaoが今年15周年を迎える。レーベル・オーナーの石本聡は、あらかじめ決められた恋人たちへのメンバーとしてPAを担い、DUBmixをリアルタイムで行うなどライヴでもバリバリ活躍中のミュージシャンでもある。近年はマネジメントを手がけるなどレーベルとしてのあり方をアップデートしていた石本が、2016年に3アーティスト、3作品をmaoからリリースする。しかも、年齢もジャンルも性別も様々。なぜ、このタイミングで石本はmaoを
by 西澤 裕郎
滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──民族音楽とポップスの境界
[CLOSEUP]・2016年07月21日・“なまり”が彩る境界線上のポップス、滞空時間新作を独占ハイレゾ配信──特別対談 : 川村亘平斎 x Shhhhh OOIOOなどへのガムランでの参加、さらには影絵師としてもceroの「Orphans」のPVにも参加、ワークショップや個展を開催するなど、さまざまな活動を行う川村亘平斎のメイン・ソロ・プロジェクト、滞空時間(便宜上、ソロではあるがほぼ固定のメンバーによるバンド形式)。前作『RAINICHI 来日』から3年振りとなる新作3rdアルバム『ウミトヨル』をこのたび完成させた。ガムランを中心としたアンサンブルながら、いわゆる“ガムラン”のインドネシア古典ではなくどこの国のものともつかない不思議なポップ・ミュージックを奏でる。本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ(24bit/96kHz)で配信。今回から加わったスティール・パン、さらにガムランの倍音、その歌声など、ハイレゾでぜひとも隅々まで聴いて欲しい1作となっております。 今回は本作の道先案内人として、滞空時間の音楽性とも共通する、民族音楽とモダンなダンス・ミュージックをDJで結びつけ、プレゼンし続けるDJのShhhhhに登場してもらい、その魅力を語ってもら
by 河村 祐介
GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月19日・GANG PARADE、シグサワアオ脱退インタヴュー POPから改名し活動中の5人組アイドル・グループGANG PARADEが、改名後初のシングル『WE ARE the IDOL』をリリース。表題曲は松隈ケンタ作曲、ユメノユア作詞によるグループ初のバラード曲。「私たちはアイドルとしてやっていくんだ」という強い意思を表現、歌詞と連動した物語性のある内容となっている。また、カップリング曲「これはきっとaventure」は、田仲圭太作曲、ヤママチミキ作詞のスカチューン。グループの新しい顔を見せる作品に仕上がっている。そんな同作のリリース前日に渋谷WWWで開催されたワンマンライヴを大成功に収めたGANG PARADEだが、メンバーで最年少のシグサワアオが8月5〜7日にかけて開催される〈TOKYO IDOL FESTIVAL 2016〉をもって脱退することを発表した。OTOTOYでは急遽シグサワアオに取材、脱退インタヴューを掲載、彼女の想いに迫った。 GANG PARADE改名後、初シングルを配信スタート!GANG PARADE / WE ARE the IDOL【配信形態】ALAC、FLAC、WAV、AAC、mp
by 西澤 裕郎
KONCOS 3枚目のアルバム『Colors & Scale』リリースインタビュー
[CLOSEUP]・2016年07月20日・KONCOSインタヴュー――〈出会い〉と〈繋がり〉によって生まれた、祝祭感たっぷりのパーティー音楽 元Riddim Saunterの佐藤寛と古川太一によるデュオ、KONCOSがなんと3ピースのバンドに変貌を遂げた。ドラマーの紺野清志が今年4月に正式加入し、新体制となって初のフル・アルバム『Colors & Scale』(通算3作目)は、これまでのポップさにロックなグルーヴが加わり、完全にフロア向けの躍動感ある一枚に仕上がっている。そんな新作について、そして彼らがバンドになるまでの道のりについても、古川にじっくりと語ってもらった。彼の言葉を聞けば、アルバムが聴きたくなると思う。願わくば、ライヴハウスへと足を運んでみてほしい。絶対に最高だから。インタヴュー&文 : 田山雄士 バンド編成になって初となるアルバム。ハイレゾ配信もKONCOS / Colors & Scale'【配信形態 / 価格】【パッケージ】ALAC / ALAC / FLAC / WAV / AAC / MP3価格(24bit/48kHzハイレゾ音源) まとめ購入 2,700円(税込)/ 単曲 324円(税込)価格 まとめ購入 1,851円(
建築作品にインスパイアされた作曲家/ピアニストの中島さち子の2ndアルバム、ハイレゾ配信&三者鼎談
[CLOSEUP]・2016年07月04日・音楽、建築、映像が横断して湧き上がる"鳥肌"の立つ美──中島さち子の2ndハイレゾ配信 作曲家、ピアニストとして活動する中島さち子が新プロジェクト、”Space”の名義にて自身2枚目のアルバム『Time, Space, Existence』をリリースした。今作には建築家、岡田哲史の建築作品にインスパイアされて制作した楽曲を収録。ピアノを基調に、ビブラフォン、バリトンサックス、フルート、ドラムが折々に融合し「和」のイメージを喚起させる音色から、日本の原風景や人々の何気ない日常の暮らしが見えてくる。 今作は岡田哲史がヴェネツィアにて建築作品の展示を行うことになったことから始まった。展示方法として選ばれた"映像上映"、その映像に必要とされた"音楽"、かくして映像作家の坪井昭久と共に中島は岡田の建築作品に触れることになったのである。特集ではこの3人を招待して鼎談を実施。今作についてはもちろん、異なるジャンルに身を置く3人が共有する"美の本質"について話を訊いた。 Space -Sachiko Nakajima's Project - / Time, Space, Existence【Track List】01. 光
by JJ
ふくろうず、徳間ジャパン移籍後初アルバム発売記念、オワリカラ・タカハシヒョウリと対談
[CLOSEUP]・2016年07月13日・内田万里(ふくろうず)とタカハシヒョウリ(オワリカラ)が語る「人生における選択の積み重ね」 2010年、東京新宿を中心に「TOKYO NEW WAVE 2010」というシーンが熱い盛り上がりをみせた。オワリカラのフロント・マンであるタカハシヒョウリを中心に、SuiseiNoboAz、シャムキャッツ、東京カランコロンなど、当時20代前半だった東京の若手バンドを集めたコンピレーション・アルバムもリリースされた。あれから約6年。同時期に頭角を現した2組のバンドーーふくろうずとオワリカラが、徳間ジャパンよりフル・アルバムをリリースした。ふくろうずは2014年6月リリースの『マジックモーメント』以来となるフル・アルバム、オワリカラは待望のメジャー1stアルバムとなる。OTOTOYでは2組の最新アルバムをハイレゾ配信。そしてフロントマンである内田万里とタカハシヒョウリの対談を行った。果たして2組はどのような想いで音楽を紡いでいるのか? それぞれのルーツや想いに迫った。 約2年ぶりとなるオリジナル・アルバムをハイレゾ配信ふくろうず / だって、あたしたちエバーグリーン'【Track List】1. 白いシャトー2. メ
by 西澤 裕郎
huenica『田の人と旅の人』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2016年07月13日・生きている時間、全部を音楽に注ぎこみたいーーフォークロアを詰め込んだhuenicaの2ndをハイレゾ配信 2012年にギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガー・ソングライター伊藤サチコの2人により結成されたユニット、huenica。独特な声質の2人が重ねるハーモニー、ギターとピアノだけによるアコースティックな温もりから生まれる緻密な音楽にはすべてモデルとなる人物や街が存在し、この時代のフォークロア(民間伝承)として人々の心を動かしている。そして年150本超のツアーをまわる彼らが、前作より約2年、2ndアルバム『田の人と旅の人』を完成させた。自宅スタジオ(huenica Studio)と、愛媛県道後のプライベートスタジオ(Village Hototoguiss studio)でのセルフ・レコーディングで、細部の質感までこだわった本作を1週間先行でハイレゾ配信&1曲フリー・ダウンロード。2人へのインタヴューとともにお届けする。音楽への愛に満ちたその楽曲に触れてみてはいかがだろう。 >>>まずは聴いてみよう!! 「田の人と旅の人」のフリー・ダウンロードはこちら 約2年ぶりとなる2ndアルバ
by 岡本 貴之
Ryo Hamamoto、3rdソロ・アルバムをハイレゾ配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2016年07月13日・"ロックンロール"という様式美の最先端──Ryo Hamamotoの3rdアルバム、ハイレゾ配信 moools(モールス)やハリネコにて卓越したギタープレイで魅せてきた浜本亮が、バンド名義の前作から4年、ソロ名義"Ryo Hamamoto"としては9年ぶりとなる、3枚目のアルバムを完成させた。 今作に収録されたのは声、ギター、ベース、ドラムという最もシンプルなロック・ミュージックのフォーマットで描かれた全9曲。先行7インチ・シングルに収録された「Last Train Home」、「カリブに配属」が異なるミックスにて、さらに濱田岳主演のショート・フィルム『Miss Fortune』のエンディング・テーマとなった「The Photographer」が新録にて収められた。プロデューサー兼ドラムには盟友、神谷洵平(赤い靴、大橋トリオ、Predawn等)が、ベースにはガリバー鈴木(Predawn等)、ミックスおよびマスタリングは原真人(細野晴臣、大森靖子、ザ・なつやすみバンド等)が参加。高純度で紡がれた楽曲をOTOTOYではハイレゾ配信する。 さらに特集では4年ぶりにインタヴューを敢行。ここから彼を知るという方には是
by 渡辺 裕也
筆者について
前田 将博 (純三)

V系生まれハロプロ育ち、aikoは俺のファムファタル。 Twitterは @junzo99 です。

同じ筆者による他の記事